【中学生の日常】 の記事一覧


女子中学生ってわかんない

さすがこの時期になると,3年生たちも受験モードで,休み時間でも放課後でも,いろんなところで勉強をしている。
いろんなところというのが問題で,どうして暖かい教室を出て,暗くて寒い廊下の隅っこで問題集を広げているのか
まあ,その辺はおいておいて,

「先生,先生,先生,この問題わからん」

なぜかおねだりでは名前を3回呼ぶ生徒たち

「なに?」
みれば,抱えているのは数学の入試問題集。
あのぅ,私,英語なんですけど・・・・。

学年の数学の教員は2人いるのだが,たまたまひとりは生徒と面談中,
ひとりはどうも校外に出ているらしい。

じゃあ,他学年の教員でもいいじゃないか,と彼女の部活がらみの教員を薦めると,イヤだという。
なんで??

まぁ,いいか。
え〜〜〜,数学の問題なんて,30年ほど解いてないよたらーっ(汗)。とけるの?

なんとか解いてみたのはいいが,解答の解き方とちがう。
しかも,見てもわからないexclamation×2

それでも彼女のうるうる目に負けた私は問題を職員室に持ち帰り,ああでもない,こうでもないと解くはめになってしまった。

と,そこへ登場したのがさっきの部活の数学教員。
どれ,とのぞき込むと,あっという間に解いてしまった。
さすが,数学・・・・。
しかも,模範解答とは比べものにならない簡単な式。
この人,密かに頭いいぴかぴか(新しい)

その解答をもって生徒に説明に行くと,
これまた簡単に理解してしまった(だから,直接聞きに行けばよかったのにどんっ(衝撃)
「せんせい,頭いい〜〜〜!!」
あのねぇ

可愛いがよくわからない,大人なんだか,子どもなんだか,
私も昔はそうだったのかなあ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

子どもが悪くなればいいと思う親なんていません

まだ師走には間があるが,成績やら進学やら事件やらで,毎日バタバタと忙しい。

帰ってきてみると,もう・・・・

kurazohさん,お返事ができないってことは,コメントにも書きましたが,なぜかコメントがうまく投稿できないのです。
で,記事にあげることにしました。

ブログという性質上,いろんな人が見ます。
実名も載せて,更新してらっしゃる方もありますが,
私のところは時々とは言えない放言のため,そこまではしていません。
その結果,どうなるかというと,ここを読む人は,当事者性のない所で
いってみれば対岸の火事を見るようなもので,「自分のことではない」と思っています。
もちろん,ほんとの当事者もいるかもしれません。
それでも「自分だ!」とは確信できない程度のことしかかかれていませんし,多少ねじ曲がっていることもあるかもしれません。
今回の記事も,確かにわからないかもしれないなとは思いましたが,声に出た部分より,私が勝手に思っただけのことが大半ですし,その経緯もほんの一部しか書かれてはいません。

kurazohさんは親の批判を子どもの前ですることに敏感になっていらっしゃるようですが,
これは私としては,たとえネグレクトで,虐待を繰り返し,今は「あんたなんか産むんじゃなかった」と公言している親でも,
実際はレイプの結果できてしまって,すでに中絶もできなくなってから露見してどうしようもなくて産んだ子どもであっても
その瞬間は父と母が愛し合い,望まれて生まれた命であると信じるところから始まります。
そこがないと,自分を肯定できません。
最終的にはどんな事実があっても,ここにこうして存在し,友達と泣いたり笑ったりできるのは親が産んでくれたからなのです。
ありがたいことなのです。

そして,どんな親でも,本気で自分の子どもが悪くなればいいと思っている人はいません。

困ったことに,最近,まるでひとりで生きているような顔をする子どもが増えてきました。
親も,子どもに要求するレベルがとても低くなってきているように思います。
6歳,7歳ならいざ知らず,14,15にもなってしまえば
今更親がちょっとやそっと変わっても,自分は変われないかもしれませんし,今更親にしても,方向転換なんかそう簡単にはできないでしょう。
ならば,18での,高校卒業の時にあわせて,子どもが自分の意思で独立していけるように手助けできればいいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あなたたち,それじゃペットと変わらない・・・・

門限の話から,いろいろな家庭でのルールの話になった。
おもしろいルールでは,お風呂に入る順番から,日曜日の外食から,
家庭によってほんといろいろって思ったが,
中に何人も,「ルールなんてない」って子がいた。

じゃあ,何時に帰ろうと,食事の後をほっぽらかしにしようと,誰も何も言わないの?

「言わない」

決まったお仕事も,あなたがやらなきゃ!ってこともないの?

「ない」

え〜〜〜〜〜,じゃぁさ,あなたがいなくたって,誰もちっとも困らないじゃん。それってペットと一緒。
役にも立ってないし,誰からもあてにもされてないってところに
責任感なんか育つはずがない。
粗大ゴミ化する前に,家族の中で役に立たなきゃ。
可愛いうちは大事にされるかもしれないけど
それで勉強しないわ,金はかかるわ,親の期待通りにならないわとくれば
そのうち蹴飛ばされるときが来る
いや,いつまでも可愛い可愛いと猫かわいがりされたのでは
それこそ社会的に自立できなくなっちゃうよ。

ねぇねぇ,何不自由なく,家で大事にされている子どもたち
いや,あなたたちが悪い訳じゃない。20年後の自立を考えずにひたすらかわいがってきた親たちの,必死の愛情が裏目に出てるだけなんだけど
家の中で何か仕事を作ろう
最小の社会的単位の家族の中で,譲り合って,考えて,お互いの役に立つことができないで,社会に貢献なんてできないよ。
何時に帰ろうと,何をしてようと,誰も怒らないなんて,ペットの猫以下じゃん。
猫だって,柱ひっかけば怒られるし,犬だってむやみに吠えれば怒られるんだ。
まずは「やっぱりあなたがいないと困るわ」って家族に言わせるところからだ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:家族 子育て

もうじき試験

試験期間に入った。
でも,どうも勉強していない。
今日は生徒の一人がいきなり言いにきた。
「先生,先生は中学生の時,どれくらい勉強していましたか?」
実はたいして勉強していなかったすずめ。
それでも,テストの前なら1日4〜5時間は机に向かっていた。
そういうと,へぇ〜〜とかいって驚いている。
あたりまえだ。彼らの勉強時間は試験直前でも3時間していればいい方なのだ。
(もちろん,ごく少数,6時間とかする子もいるが,たいてい塾での勉強時間である)

4〜5年くらい前からだろうか。
家庭での勉強量が不足している。
どうなっちゃったのだろう??
試験の前でも1時間が限度って子もいる。
テレビに携帯,PCでのゲームや漫画の本・・・・

楽しいことをあげればきりがない

そりゃ勉強時間に回す時間なんて,ないよなぁ。

でもね,もう少し「意志の力」ってのはないんかい??
1週間はゲーム断ちとかできないもんかね。
この時期になると,毎日学習時間の記録を書かせ,コメントを入れて返すのだが,空しくなることもたびたびなのである。

今日はちょっと愚痴っぽかったですね。
気を取り直さなくっちゃ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:学校 テスト

なんでやろ??

今日,世間話から女子生徒の服装の話になった。

女の子たちはスカートの下に短パンをはいていることが普通だが
(そういえば,私のころはブルマをはいてたっけ)
短パンはいているのをいいことに,人前でもスカートをめくりあげて中を直したり,膝をおっぴろげて座ったりする。
短パンを腰パンに引き下げると
場合によってはスカートの裾から短パンが見えることがある。
あれはどうもいただけないし
「やめなさい」というのだが
「なんで?」と返ってくる。
どうしてそれが恥ずかしくないのかこっちがききたい・・・・。

それにしても,なんで女の子の制服はスカートなんだろう?
パンツスーツにしてもいいんじゃない?
両方あって選べてもいいんじゃないかと思う。
セーラー服にパンツは似合わない?
セーラー服ってもともとは海軍の軍服じゃん。全員男だ。
つまりオリジナルはパンツにセーラーだったはずだ。

新設校の制服を決めるときに,
PTAの代表たちは,どうしてもセーラー服と学ランにしたいと望んだ。
なぜセーラー服にこだわるのか?
海軍の制服だったことと関係があるのか
それとも,コスプレにも通じるオヤジ趣味なのか
その辺のところはわからない。

どうも大人の思い込みというか,
変な先入観がぬぐい去れないままいるのだと思う。
なんでも壊せとは言わないし,大事にするものもたくさんある。
でも,制服=セーラーで女の子=スカートって言うのは
納得できる根拠なんかないと思った。

だれか,それなら納得!って理由をご存じだったら教えてほしい。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

チャンスはピンチ?

夏休みの宿題になっていた「私の主張」作文を発表することになった。
クラスで予選をし,学年で発表し,その後校外への発表会に推薦する。
クラスで代表に選ばれた子がぐずぐず言い始めた。
学年の予選に進むのがいやだというのだ。

「そんなん,いやです」

嫌とか,気が進まないとか,そんな理由じゃ話にならないのだが
どうも目立つのがいやなのと,
うまく発表できなかったらどうしようという不安があるのに加え
よくよく話をきいてみると,
学年選考で「落ちる」のが恥ずかしいらしい。

しまいに「休む」とか言い始めた。

黙って聞いていると,
「適当に読んで,間違えれば学年選考で落ちるから,そうすればいい」
なんて,内心は落ちたらどうしようなんていう中途半端な自信というか,身の程知らずおそれおおいことを考えているのとは裏腹に,「いい加減にやっとけば,先に進むことはないだろう」なんてことをいう。

あのさあ,ピンチはチャンスなんだから,人前で発表するって経験は貴重だし,しかも作文が認められてるんだから,精一杯やればいいじゃん。
大人になったら,仕事の上ではとりあえず返事は「はい」で頑張らないと認めてもらえないよ。

というと,即座に返事が返ってきた。

「そんな!チャンスはピンチだよ。先生,なんで私だけこんな目に遭わなきゃいけないわけ?他にもうまい子いるじゃん」


はぁ,クラス代表は貧乏くじなわけ?

「だって,面倒じゃん」
という理由をどこにでもだしてくる生徒たちを頑張らせるのは,なかなか苦しいものがあります。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

最近の子どもたち?

私が教師になったころの学校は,どちらかといえばやんちゃな時代。
子どもたちもはっきりしていて,面白くないときには露骨に表わす。
夏休み前のこの頃なんて,テストもなく,やるきなんかもっとなく,
授業を成立させるのはなかなかしんどい作業だった。

自分の中学校時代を思い起こしてみると,
授業中は何をしていたのか,はっきりいって記憶はない。
覚えているのは,たくさんの本を読んだこと(オイ)

なのにこの子たちときたら,
寝ちゃうことはあっても,お行儀よく座席に座っている。
えらいもんだ。

時々思う。
あのさ,もうちょっとやんちゃでいいんだよ。
いろいろ取りざたする人はいるけれど,
教師の仕事って,基本的には頭を下げることだと私は思っている。
やっちゃいけないこと,失敗,たくさんやって,謝り方とその後の対処を学べばいい。
学校の中のことだ。先にごめんなさいと頭を下げている生徒を,再生不能まで追い詰めたりはしない。
もっと先に頭を下げ,生徒たちが謝る準備をし,
外部でやらかしちゃったことにはどこへでも行って頭を下げる。
謝罪の電話をし,名刺を置いて「またよろしくお願いします。ありがとうございました」
ありがたいもので,外の人たちも,
「わかってもらえばいい。先生も御苦労さん」と言ってくださる方がほとんどである。

お勉強も大切だけれど,人間関係はもっと大事。
悩んで,怒られて,たくさん考えて,
いっぱい成長してほしい。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

みんなが頑張る,自分もがんばる

どんな状態をクラスの理想とするかは教師の考え方によって違うだろうし,その年のメンバーによって,クラスの色も違うから
どこを目指すかは年によっても多少違ってくる。
昔の肩に力が入っていたころは,自分の色に染めようとずいぶんもがいたものだが,
所詮教師の力なんて,生徒40人のパワーにかなうはずもなく,
やんちゃ坊主がありとあらゆるものを破壊した年もあるし,
アマゾネス(なんて言っても分からない人も多いかもしれないが)と呼ばれた女の子たちが主導権を取った年もあった。
こんな風に書くと,クラスが崩壊していたように聞こえる人もいるだろうが,どちらも,元気で居心地のいいクラスだったし,
頭を抱えたくなることもたくさんあったが,楽しいことももっとたくさんあった。

最終的に,仕上がったな,と思えるまでには,いくつかの通過点があって,一度はお先真っ暗な中を通らねばならない。
それはつまるところ,お互いの意識の違いを受け入れつつ,同じ方向を向くことなのだが,
お互いの違いを受け入れるという作業が,どうしても「ことば」を介して行われるので,特にコミュニケーション能力の低い子には,その子が他を受け入れることも,また他がその子を受け入れることも,とても難しいものになってくる。
これを打破する手助けになるのが,行事のような共通体験で,これを通して,子どもたちは,おたがいの考えを知り,意識の差を越えて協力していくことを学んでいく。

そんな意味では,合唱コンクールのような行事は,クラスで取り組む最高の機会である。
その中で,泣いたり悩んだりという負の部分がないと,成功体験にたどり着けないので,教師はぎりぎりまでリーダーやキーになる子どもを追い込んでいくことになる。

そんな中で,まずはリーダーに学ばせなければならないのが,「一人じゃなんにもできない」ということ。
だから,リーダーも集団で,5〜6人ががっちりタッグを組めるようになることが第1段階である。
今年はリーダーくんが熱い人なので,なかなかドラマも熱い。
どんな仕上がりになるのか,楽しみになってきたところである。
(しかし,教師の体力を超えている・・・・・)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:仲間 学校

行事の目的

今は合唱コンクールに向けて,学年は担任も巻き込んで熾烈な最優秀争奪戦が展開中である。
なんだかえらく生徒たちが燃えるので,担任も黙ってはいられなくなってきたというところだろうか。

昔,私が生徒会に手を染め始めたころ,
生徒会主催の学校行事の計画を立てることは,楽しくはあったが
大変なことでもあった。
去年のとおり,なんて安易な計画の立て方をしていると,
お目付け役がばっさり。

「目的のない行事はない」
去年もあったから,今年もなんて計画を立てるんじゃない。
と斬って捨てに来る。
浅はかなすずめは,それから行事ってなんのためにするの?ってことを考え始めるのであった。

あれから20年あまり。

生徒に説明する時も,何のためにするの?ってことをきちんと説明していない人がいるんじゃないかと思う。
合唱コンクールのように,賞の絡むものは特に,最優秀を取るということはとても難しい。
けれど,最優秀じゃなかったら,もう行事の意味はないのか?というと,そうではない。
目標としては最優秀!ってことを掲げたりはするが,
そこに至るドラマから,クラスがガッチリまとまること。
一つの目標にむかって,みんなで努力することの素晴らしさを知ることである。

今子どもたちの中には,なんでもしてもらって当たり前で
〜〜してくれない,だの,〜のはずなのに,だのとぶつぶつ文句はいうくせに自分から汗をかいて,かっこ悪い思いもしながら主体的に頑張るなんてことはしない奴が多い。

そんな奴らに,みんなで頑張る楽しさを教えるって言うのは,なかなか骨の折れる作業なのである。
なかなか一生懸命にならないし,頑張る子の気持ちだって分かってはもらえない。
何度か泣いたりケンカしたり,つまりモメながら少しずつお互いの気持ちに寄り添っていくことができるようになってくるのだ。

それでも,みんなで頑張る楽しさを覚えた子は
仲間のためにがんばることができるようになる。
ちょっとぐらい気の向かないことがあっても,
わがままを抑えてみんなのために頑張れるようになる。
強い帰属意識を持ち,誇りを持って仲間のために働けるようになってくる。
そのために行事はあり,教師の怒ったり,褒めたり,仕掛けたりという指導があるのだと思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:学校行事

性教育はどこまで必要?

性教育と聞くと,教える側も気恥ずかしさが先に立って,
突っ込んだ話ができなくなってしまう。
先般,行きすぎた性教育ってことで,いろんなことが言われて
調査まで回ってきたが,
中学校といえば,女の子も,最近は男の子でさえも
成人男性からすれば,垂涎の商品となりうるので,
やはりある程度の知識は与えておかないと
自分の身を守ることができなくなってしまう。
よしんば,そういった危険を回避できても,
先進国で唯一,今もうなぎのぼりに増えるエイズ患者ということを考えると,やはり知識が少なすぎるのだろうと考えざるを得ない。

そこで毎年,性教育を入れていくのだが
今年は,学年にもうじき産休にはいる女性の教師がいるので
これを使わない手はないと,先日教室で話をしてもらった。

その時に「母親ってたいへんだね」と言っていた子どもたちが,
先週の性教育講座で,助産婦さんの話を聞いて,
妊婦体験とかで,5kg以上のおもりをお腹に巻いてしばらく過ごすことになった。
「○○先生ってたいへんやったんやなあ。重たくてかなわん」というのが体験者のコメント。
そうやねぇ。実際は母の体も太るから,もっと体重増えて,階段でも息が切れるし,膀胱が圧迫されて,トイレが近くなる。
しかも,5分じゃなくて,1日中ずっと。

「あんたたちもそうやって生まれてきたんやよ」というと
ほんとにうれしそうにうなずいていた。

命を大切に思う気持ちを理解できても,行動に結びつかなければ役に立たない。
またなんぞ,話をしなければならないだろうし,
どこかで性の営みの話もしなければならないだろう。
どこでどうやって話を持っていくか,頭の頭を悩ませているところである。
面白いのは,えっちとか,性の話になると,男の子が照れ隠しにもぞもぞ動きだして止まらないことだ。
もっと面白かったのは,照れ隠しもできなくなると,寝た振りをしだす子どもがいたこと。
やっぱり意識する年頃なんだなぁ。

この後は養護教諭と計画を立てているのだけれど
さて,どこまでどう話をしたものかはやはり悩むところである。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:性教育

中学生の言う,携帯解禁年齢は

教科書に「携帯電話の是非」なんてところがあって
いろいろ意見を考えないといけないらしい。
とっかかりに,携帯を持つことについてどう思うかを考えさせたところ,(所持率は約3分の1)
どうもはっきりしない。
どうやら,持っていない人が持っている人を悪く言うことにならないかと心配しているらしい。
では,小学生ならどうなんだ?と聞いてみたところ
ほぼ全員が口をそろえて,

そんなもん,まだ責任能力もはっきりしていない小学生に携帯電話は早すぎる。もう少し分別がついてからにすべきである。

とのご意見であった。
では,いくつになれば分別がつくのかと聞くと,
中学生と高校生がだいたい半々である。

なるほどねぇ。

携帯を持ってる子と,ほしいけど親に反対されてる子が
「中学生になれば,分別もつく」と考え
さほどほしがっているわけでもない子が
「高校生まで待つ」と考えているのかなと
その辺は勝手な推測をしていた。

もちろん,自分が持たせてもらえなかったことから,
小学生なんぞに持たれてたまるかという気持ちもあるのかもしれないが
ほぼ全員が「小学生携帯電話禁止」派なのにはちょっと驚いてしまった。
中には,はっきりと,
高校生になるまで携帯を持たせるべきではないと思います。
ネットの被害にあったり,変な人と会ったりすることになり
百害あって一利なしだと思います。

なんて言う子もいて,けっこう新鮮に驚きながら聞くことができた。

次の英作文のテーマはこれにしようっと

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

エネルギーのない子どもたち

一昔前の,「問題を抱えた子どもたち」といえば,エネルギーの発散方向をちょっとばかり間違えている子どもが多かった。
むしゃくしゃする気持ちをケンカにもっていったり,
とんでもないことをやらかしてみたりして,はらはらさせてくれた。
だから,スポーツに打ち込んだりして,ガス抜きしてやることで
バランスを保つことができた。
もちろん,家庭にいろいろ問題を抱えている子は少なくなかったが
みんな学校で友達と遊ぶのが好きだった。
居場所のない子も,とりあえず学校に来ていた。
学校にも来ない子は・・・・どこにいるのかわからなかった。

今日も一人生徒が休んだ。
家で親に怒られて,気持が悪くなったのだ。
学校に友達がいないわけではない。
むしろ,学校にいれば,親と顔を合わせる時間も少なく,
友達に話も聞いてもらえる。
私たちに言わせれば,「学校で友達といればいいじゃない」
どの子も「うん」というのだが,休んでしまう。
「すべてがいや」だとその子は言う。
友達といるときが唯一心の休まる時だというのに,出てこれない。

そんな子がクラスに一人や二人は必ずいるのだ。

親も心配しているが,顔を合わせれば文句になってしまう。

いつ学校を休むのか,親も教師もはらはらしている。

彼らに共通する点として,
家にいても面白くないといいながら,部屋に閉じこもってしまう。

体内エネルギーが少ないとしか思えない。
動きたくても,動けないのだろう。

どうしてそうなのかもわからないし,
どうすればいいのかもわからないが,
もう少し強くなってほしいと願わないではいられない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

どっちが手玉に取られているのか

土曜日は朝から部活が多い。
2週間後に大会を控えているのでなおさらたくさんである。
あいにく雨模様だったので,サッカーの生徒はかわいそうなくらい濡れている。
そのサッカー部の子が終了後に職員室へ上がってきた。
カギのかかった部屋に忘れ物をしたので,それを取りに行きたかったらしい。

先生
職員室にいた職員が一斉に彼を見る。

全員「先生」なんだけど,どの先生?

じゃあ,すずめ先生
「じゃあ」かよ,と思いながら,返事をする

はい,何でしょう


鍵がどうかしましたか?

教室の鍵ください。

あげるわけにはいかないけど,なにするの?

教科書忘れた

それを取りにいくの?

はい(最初っからそういえばいいやろう!)

横から別の教員が口をはさんだ。

じゃ,もう一回きちんと言ってください。

えっと,忘れ物をしたので,教室の鍵をください

え〜〜?あんまりかわってない・・・・。
やっぱりもう少し日本語教えなくちゃ。
って言いながら,結局単語でしゃべるのを許してしまっているのだから,やっぱり教師って甘いものです。
いいように利用されているだけなのかもしれません。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

中学生に携帯は・・・・

<教育再生懇談会>小・中学生の携帯使用を制限 報告に盛る
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080517-00000070-mai-pol
5月17日19時31分配信 毎日新聞

 政府の教育再生懇談会は17日、東京都内で開いた会合で、6月初めにまとめる報告書に小・中学生の携帯電話の使用制限を盛り込む方針で一致した。報告書は小・中学生に極力、携帯電話を持たせないよう保護者らに促す一方で、所持する場合には法規制をかける内容となる見通し。

 町村信孝官房長官は会合で「携帯を使った犯罪に子供が巻き込まれている以上、ある程度の規制の検討も必要だ」と明言。出席者からは「携帯依存症が懸念される」など携帯電話所持に否定的な意見が相次いだ。
 こうした意見を踏まえ、報告書には
(1)小・中学生に携帯電話を持たせない
(2)機能を通話と居場所確認に限定する
(3)有害サイトへの閲覧制限を法的に義務付ける
などの内容が盛り込まれる見通しだ。
 ただ、(1)に関しては実効性が問題視されており、(2)の携帯電話は商品開発が進んでいない。(3)には「表現の自由」との関係で異論がある。

 小・中学生の携帯電話使用にはGPS(全地球測位システム)の居場所確認機能を念頭に「安全・安心の視点から普及している」との肯定的な意見もあり、法規制実現は難航も予想される。



言いたいことはわかるんですけど,
先日も子どもから違反の携帯を取り上げて,2〜3日預かるからと申し渡したところ,先に音を上げたのは母親でした。
不便だから,返してください。
つまり,親が便利で,安心できるんです。
親の思ったときに声が聞けるわけですから。

禁止にしたら,大反対の声が起こるでしょうね。
先日の私の記事に通りすがりの人が書いていましたが,
簡単に禁止にできるなら,とっくにやっていますよ。

ただし,問題を起こすのは,ほとんどの場合,ネットへの接続です。
上の(2)にもあったとおり,子どもに持たせる携帯は,GPSつけて,通話オンリーにしておけば,フィルタリングも裏サイトもプロフも関係なくなります。これなら,親とコンタクトはとれますが,プロフを書き込んだりはできませんから,一応の被害はくいとめられるはずです。
ただし,企業側がそれだけのものを発売するかどうか,企業倫理と利益追求のなかで,今の日本の企業に子どもたちへの配慮なんか感じられませんので,やはり無理かなと。

自治体の中には,町をあげて,中学生に携帯を持たさないキャンペーンをして,効果をあげているところもありますが,
ここまで深くかかってしまっている携帯を即座に全面禁止というのは,あまりに無理があるように思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

連休明け

連休明けは子どもだけでなく,教師もぼけーっとしています。
4日間も休みがあったわけですから,無理もありません。
春季大会が近いので,部活に明け暮れた子どももたくさんいます。
連休ぐらい,部活休ませて,家族でどこかに行けばいいとも思うのですが,なかなかそんな家族は少なく,学校を託児所代りにしている家も少なくありません。

今日は英検の校内締切日でしたが
やっぱり忘れている子やら,部活の試合と重なることが分かっていながら申し込みを出して,顧問から「英検のほうがいいなら,試合に出なくていいよ。出たい人はいくらでもいるんだから」と言われて困っている人やら,いろいろでした。

危機感がないというか,のんきというか,やっぱり甘えて育ちすぎていると思うのは,
顧問に怒られながらも,締切の後になって,やっぱり申込用紙を取りにくるという不思議な子どもたちで,
先生に言えば,何事もなんとかなると,先行き甘すぎというか,あまりに楽天的というか。
で,確かになんとでもなるのだけれど,すんなり通しては,やっぱりあとが困るだろうと,イヤミの一つも言い,口のきき方も改めさせて,「お願いします」を言わせてからと思うのは,すずめが根性悪だからでしょうかね。

なんだか,イヤミおばさんで1日が終わった後味の悪い水曜日でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

え?うれしくないの?

修学旅行では,体験をするので,今時珍しく民宿に泊まります。
民宿の部屋なのですが,大きな広間があったので,
昔の修学旅行の夜を満喫させてもいいかなと思い,男の子たち全員一緒の部屋にしてみました。
最近の修学旅行では,ホテルに泊まることが多いので,2〜3人部屋。
夜は,やはり人数が少ないと,寝ます。
昔のように,大部屋で,寝てる子もたたき起こして,一緒に話し込むなんてことも,まくら投げ合戦もありません。
監督は楽になりましたが,どうなんかなあ?と思っていました。

で,みんな同じ部屋って聞いたら喜ぶかなとおもいきや
「で,女子は女子で一部屋。男子は男子で一部屋。みんな一緒の部屋だから。
と伝達すると,

え〜〜〜,とも,ふ〜ん,とも,いや〜〜,とも,うそ〜,とも
なんとも言えない不思議な雰囲気。
え?この人たち,うれしくないんだ。なんで??

後になって,いろいろ聞いて,どうも,普段は自分の部屋があって,プライバシーが完全に守られている中で,または仲良しと2〜3人でしか過ごしたことのない彼らにとって,大部屋は初体験。
どう反応していいのかわからなかったらしいのです。

なるほど,管理しやすい理由でホテルに入れていたのは,いつの間にか子どものライフスタイルに合っていたわけだけれど
昔なら当たり前の体験が不足してきていたのです。
雑魚寝スタイルまで,学校で指導しないとわからなくなってきているなんて,逆の意味でさみしいというか,信じられませんでした。
そうですよね。下手すると,中学生でバスにも電車にも一人で乗ったことがないのですから。
親元から離れたことも,大人数の他人に放り込まれたこともないのでしょう。
もしかしたら,不適応で熱出す子もいるかもしれません。

なんだかこっちまで心配になってきました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:修学旅行

息切れ状態の生徒たち

新学期が始まって10日あまり,
そろそろ生徒たちにSOSの症状が出てきた。

緊張して頑張って,1週間は乗り越えたが
土日をはさんだ頃になって,疲れが出てくる。
友達ができない
先生に馴染めない
クラスの空気がなんとなくイヤ
だいたいそんなところであるが
熱が出たり,腹痛に苦しんだり,気持が悪くなったりする
それで学校をぼちぼち休み始めるのだ。
心身症である。

5〜6年前からだろうか
クラス替えの時に熱を出す子が増えてきた。
どうしてそんなに簡単に体に症状が出るのか
私としては半分うらやましくさえあるのだが
とにかく症状がでる。
もちろん病院に行ったって,どこも悪くないので
「風邪でしょう」という話になるのだが
ここまで症例が増えてくると,はっきり『不適応症』だと言っていいと思う。

何しろ,子どもがヤワだ。
そんな子どもたちだから,努力なんてできるわけがないし
ちょっと追い込むと,母から電話がかかってくる

でもね,お母さん
まあ,私はあと1年でどんな生徒でもおさらばなので
それでも構わないっちゃ構いませんが
これからもずっと付き合っていかなきゃいけないお母さんとすれば
もうちょっと鍛えてもいいんと違いますか?

「子どもが,辛そうです」
「そうです」?そこまで慮ってやらなくていいです。
子どもが泣いて訴えるまで待ちなさい。
じっとこらえて我慢してるなら,えらいねって我慢させてやればいい。

「体調不良だと言っています」
それって「ズルです」って言ってるのと一緒じゃないですか。
たまにそんな日もあるかもしれませんが,1日目が勝負なんですよ。
ずるずる行くか,パスっと諦めて学校へ行くかは
お母さんの対応次第。
で,ずるずる休まれたら,結局,困るのはお母さんじゃないですか?
子どもはちっとも困ってない。
パラダイスでぬくぬくとテレビゲームとネット三昧させてどうするの。


子どもって,思ってるより丈夫だし
ちょっとやそっとのことじゃ壊れないんです。
もっともっと負荷かけていい。
でも,真綿で15年もくるんでからじゃ鍛えることはできません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あん?初日から置き勉??

夕方,教室の机の整頓にいった。
机に手をかけると,なんか,重い。
中をのぞくと,なんと,教科書が・・・・。

もう3年生じゃなかったっけ?
勉強頑張るとか言ってなかったっけ?
まだ初日で,ほんの2時間ぐらいしか授業なんてないはずなのに
それですでに置き勉?
(置き勉とは,業界用語で,文字通り,学校に教科書などを置いていくこと)

見つけたからには黙っているわけにもいかないので
没収してきた。
明日,誰が一番最初に気づくだろう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学級組織決め

4月にクラスがスタートして,学級組織が動き出すまでの担任はわけがわからなくなります。
係まで決まって,動きだしてしまえば,担任がお休みの日でも
クラスだけはちゃんと動いていきますから,心配がないのですが
最初は何しろ1から10まで担任です。
しょっぱなに会長副会長を決めると,とりあえずあいさつや出席簿の運搬が始まり,後ろの黒板に書記が日程を書き始めます。
これで一つは楽になります。

リーダーを決めたあとは,班決めがあります。
私はいつも班長に班員を決めさせるので,最初の1回は
みんな仲良しグループを作りたくて出てきます。
ところが,わがままをいいあい,好きなものを取っていくと,
あっという間に行き詰まります。誰からも取ってもらえない子が出るのです。
誰ひとり泣かせてはいけない。

そこで班長は悩み始めます。
班長同士の思惑やら損得やら,いろんなことがからんで,
結局,好きなものをとっていては話が進まないこと,自分から取りたくない人もとっていかないと,折り合いがつかないことを学んでいくのです。
大方決まったところで,追いうちの一発。
「この子たちはこれでハッピー?」
望まれなかった子たちにも人間関係があります。
仲間はずれもつらいし,せっかくの数少ない友達と離れ離れで
気の合わない子ばかりと一緒でも楽しくなんかありません。
また班長は悩み始めます。

みんながちょっとずつガマンするって意味が,ちょっとだけ分かってもらえたかな。

これから,新しい班で協力することを学べば,
今は「お荷物」と思っている子のいいところも見えてくるからね。
早く,新しいクラスに馴染もう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんかヤな雰囲気を壊したい

今日は朝からスタバタの1日でした。
もう,あと実質4日で1年が終わるというのに,
何がそんなに落ち着かないのか,ケンカはある,給食はもめる,挙句の果てにパソコン室のプロジェクターが言うことをきかなくなり,
授業まで落ち着かない雰囲気でした。
しっとり終わりたいのに・・・・。

ここへきて,何が気に入らないかというと,
レクリエーションをしているときに,ズルして勝つ子がいるのです。
その子に対して,誰も何も言えない。
その場で止められなくて,結果が出てしまってから不正が発覚し,
勝敗がチャラになりました。
一般ピープルの生徒たちにとって,これほど面白くないことはないはずです。
一部のわがまま人間の好き勝手で,クラス中が右往左往するわけですから。
放置すれば,声の大きい図々しい奴の言うことだけがとおり,
他の人たちが小さくなって生活しなければならなくなります。
文句を言おうものなら,「お前なんかだまっとれ!」って意地悪されたりなんかして,ヤクザのようなガキが君臨することになってしまいます。
それだけは避けたい。

どこから手をつけよう・・・・

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

もうじき卒業式

入試が終わると,3年生の中学校生活も一気に終焉に近づいていく。
卒業式の準備が本格的になってきた。

私は卒業式では泣かないのだが,1度だけ泣いた卒業式がある。
生徒からのサプライズがあった卒業式で,その時ばかりは耐えきれずに涙し,生徒を喜ばせてしまった。
それ以外は,生徒をいかに泣かせるかがイベント女の根性だと思っている。
まぁ,ほとんどの場合,生徒はほっといても泣くのだが。

この学校に来たときは,3年生をそそのかして,先生へのメッセージを仕込み,学年の先生たちを泣かせた。
また,その年の教師陣は涙もろい人が多く,サプライズメッセージを味わう間もなく号泣していた。
教師を泣かせる卒業式は,それはそれで生徒の胸に残る。
自分たちで仕込みをし,秘密の練習を重ね,タイミングを見計らい,
教師の裏をかくのである。
もちろん,それまでに教務主任と教頭には生徒がこっそり頼みに行って,自分たちの邪魔をしないように根回しもする。

生徒といえど,子どもだ。
親のような教師に,秘密を持ち,しかもその秘密が教師を泣かせるなんてことは,想像するだけでわくわくドキドキするのだ。
そして当日,本番は,もちろん,ばれてはいけないので,一発勝負のぶっつけ本番である。
ドキドキしないほうがおかしい。
後で聞くと,校長先生の話も,PTA会長の話も,全くおぼえておらず,ひたすらタイミングを待っているらしい。(校長先生,PTA会長さん,ごめんなさい)
校長のほうも,上から見ていると,怪しい目くばせがわかるらしい。
何かある,と感じるという。

かくして,教師にとっても,生徒にとっても,忘れえない卒業式が出来上がっていく。
卒業式は厳粛でなければならないと,粛々と進めたい人も多い。
が,一生忘れられない卒業式もいいものだ。
仕掛けて泣かせて,何が悪い!と私は思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

みんなで取り組むという良さ

昔は予餞会と言ったらしいが
行事精選のあおりで,とっくに消えてしまった学校も多いはずである。
3年生を送る会

なぜそこまで「送る会」が目の敵にされるかといえば,

まず学期末のこのあわただしさの中で準備しなければならないこと
娯楽的要素が強いこと
多くの場合,3年の職員が,恥ずかしい思いをしなければならないこと

が原因だろうと思われる。

さて,うちの学校ではその送る会が昔のまま残っている。
その準備がいろいろあるわけで,今日はつくづく参ってしまった。

横断幕を作っていたのだけれど,
大張りきりで布を持って行ったは良かったが,なんだか進まない。
様子を見ていると,色塗りにすっかり頭がいってしまって,
誰も下書きをしようとしないのだ。


そういうことをさせてこなかったものだから,
段取りを組むということを知らず,やりたいこと,楽しいことだけが想像のまま頭の中で膨らんでいるらしい。8mもの横断幕を作るといっても,イメージはぬり絵なのである。

あのね,まず,言葉をしっかり決めて,
次に鉛筆で下書きをして,
色を塗るのはそれから!

で彼女たちはようやく諦めて下書きに取り掛かった。

その次は,

先生,部活行ける?

冗談じゃない。

明日までにたっぷり2時間や3時間はかかるというのに,今部活に行かれたんじゃ作業は完成しない。

は?今日と明日は諦めて。何時に帰れるかもわからないのに,部活どころじゃないし。

え〜〜〜〜!!!

勘弁してほしい。部活命なんなら,はじめから係りになるな!


6時を回ったころ,ようやく彼女たちも腰を据えて作業に取り組むようになった。
もう部活なんて言い出す子はいない。
おしゃべりしながら進める作業。力を合わせて,ひとつのものを仕上げる楽しさに目覚め始める。
これで大丈夫。次はなかなか帰らなくなるはずだから,そこをなんとか帰さないと,最近は不審者なども出て,物騒である。

「よし,今日はこれまで。ごくろうさん」
宣言したのが7時だった。

「先生,明日もある?」

あるよ。本番は明後日だ。明日はもっと何時になるかわからない。

しばらく行事からはとおざかっていたすずめのお祭り女の血が騒ぐ。
行事ばかりしていればいいとは言わないが,協力し,段取りを組んで作業して,みんなで完成の喜びを分かち合うという経験は,行事の中でこそ強烈に味わうことができる。そんな行事を大切にしたいとすずめは考えている。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:協力 行事

もっとモメなきゃいかんと思う

人間がたくさんになれば,もめごとは起きる。
どうも,そんな当たり前のことを学校ってところは避けて通ろうとしているのではないかと思う。
クラスで,イジメとまではいかないが,事件が起きた。
本人としてはちょっとからかったつもりが,
思わぬ反撃に出られて,ビビったらしい。


問題は周りだ。
当然,クラスの中での事件である。目撃者が多数いる。
その時には誰も止めにも入らないし,教師にも言わなかった。
つまり,一番無責任な「傍観者」。まさに大衆の無関心。
そのくせ,あとになって,ぼそっと一言。
「いつまでもガキ臭くて,迷惑なのよ。」

あ〜,も〜,言ってよ!その時に。

「どうせ,言ったって,聞きやしないし。傷つけちゃ悪いじゃん」
違うの!
人は,立場が上の者から少し怒られたぐらいじゃ開き直るだけで,行動パターンは変えられないけれど,
同じような立場の人間からバスッと言われると,結構堪えるし,気をつけようと思えるものである。
クラスメートというのは,好きも嫌いも1年間,一緒に過ごさなきゃいけなくて,その中で,人間関係をいろいろ学ぶもののはず。
程度はあるが,自分と違う価値観の人間がどう感じているかを知る良い機会なのだともう。
だから,もめてほしい。
たかだか中学生だ,お金が絡むわけでも,利害関係があるわけでもない。(ことがほとんどである)
もめて,考えて,反省して,学んでこそ意味がある。
そんなところで,「みんな仲良し」のいい子ちゃんをふるまう必要などどこにもないのだ。
むしろ,しっかりもめて,しっかり話し合い,傷つく中から自分の在り方を探ってほしい。
この辺で細かい傷をいっぱいつけておくことは,必ず将来役に立つ。
班活動の中なんかだと,意図的にモメさせたりもするのだが,
今の子たちは自分たちで解決するこがヘタクソで,最初から教師に頼る。しかも,モメないようにすることを教師に要求する。
モメることは,よくないことだと思っている。ケンカと同義だと思っている子もいる。親にしても,生徒同士がモメることは,教師の落ち度のように思っている人がいる。今きちんとモメないと,あとでひきこもっても知らないぞ!と思うのだが,なかなかその意図は伝わらない。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

君ら,関心なさすぎや

今日は少し授業に余裕があったので,3年生になることについて話をしていた。

受験生になるんだってことは意識してても,
具体的に何が変わるなんてことは,あまり分かっていない人たちだ。
その中で,4月22日に全国学力テストがあるよと話をしていると
子どもたちが怪訝な顔をしている。
日本国内のすべての中3が受けるのだよというと,まだ変な顔をしている。
「今の3年生も,受けてたでしょ?」と聞くと,
「知らない」と答えが返ってきた。

あんなに新聞にも出てたのに,知らないって?
忘れてる子もあるとは思うけど,念のため
知らない人!って手を挙げさせたら,8割以上は手を挙げた。

ほんとに知らないの?

あんなに大騒ぎしていたのに,なんなんだ?
この子たち,新聞も読まないのかなぁ

新聞だって,クラスによっては毎日,「今日のニュース」とかって関心を引いた記事をクラスの前で報告させているところもある。
まぁ,38人いれば,1か月に1回回ってこないくらいの計算になるから
自分が当番のときだけしか見ないのかもしれない。

それにしても・・・・

自分の日常以外の所に関心なさすぎじゃないか?
芸能人と,お笑いと,ミュージシャンと,アニメと,ゲームに漫画
そんなものにしか興味を示せないまま大人になっちゃったら
日本の将来危ないぞ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ギャングエイジを抜け出さない子どもたち

小学校の3〜4年生あたりの子どもに言われる言葉,ギャングエイジ。
徒党を組んで,文字通り,よく動き,よく走る。
取っ組み合いも多いし,やんちゃもまく。
怖いもの知らずに偉そうな口をきいて,どこにでも突っかかっていく。
リトルギャングたちの群れである。

それが今,学ランを着たギャングが増えてきた。
やっていることが9歳児と変わらないのである。

まず,群れる。
廊下や階段の踊り場に,猫の集会状態で,うざうざに群れている。
女の子たちが通ると,冷やかしたり,悪口を言ったりするので,
おとなしい子たちは通るのを嫌がって,遠回りして避けたり,こっそり逃げたりする。

で,取っ組み合いをする。
学ランがかぎ裂きに破れたり,ズボンに摩擦で穴があいたりする。
何より,体も大きいので,ほんとにぶつかると,どちらかがケガをすることになる。力の加減ができないのだ。

一人だとおとなしい子も,群れると,一緒になって憎まれ口やら冷やかしやらをする。
人の揚げ足を取る,失敗を大げさに笑う,うわさ話をする。
9歳児ならかわいげもあるが,14歳児になると,流石にかわいさは減ってくる。

ガキンチョたちを前に,毎日説教である。

あんたたちね,学ランを着るってことは,もう取っ組み合いやケンカは卒業するってことなの。悪気はなくても,あんたたちの体は大きくて,力も強くなってるから,あたればケガする,ものが壊れる。
自分たちでじゃれてるつもりでも,その年で,町の中でやってごらんなさい。一発で警察が来て事情聴取になる。そういう自覚を持たなきゃだめ。


親も,都合のいいようにかわいがってきたものだから,
このときになって「ちょっとうちの子,幼いんですけど」と相談にくる。
お母さん,そのうち,いやだと言っても,子どもは大人になって行きます。ひとりで生きなきゃいけない時が来るんだから,お母さんが子離れすることですよ。ほっときなさい。

ピーターパン・シンドロームだかアダルトチルドレンだか知らないが
間違いなく周りの大人の責任である。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

中学生のデートDV

高校生の間に,デートDVが広がっているというが,
中学生だって,無関係ではない。
「付き合っている」以外の男の子とは口をきいてはいけないとか
何をするにも,行動を逐一報告させられる女の子は珍しいことではないのだ。
大人が考えると,ただ,「付き合っている」と表面上言っているだけで
四六時中一緒にいるわけでもないし,ましてや中学生の話で,
一生続くなんてこともないだろうし,
とっとと別れちまえばいいと思うのだが
彼氏(彼女)がいるという満足感がほしいのか,
それがステイタスなのか,なんだかよくわからないが,
それくらいのことでは別れようとしない。
(そのくせ,信じられないくらいまた,あっさりと別れるのだが)

男女共同参画だか,男女同権だかしらないが,
多くの場合,男の子が女の子を束縛し
理不尽ともいえる要求をし続ける。
やれ,行動を報告せよ。自分以外と口をきくな。
携帯からほかの人のメルアドを消せ。
だいたい,男女同数のクラスにいて,
男女混合の班で活動しているのに
ほかの男の子と口を利かないなんてことが続くはずがない。
で,しょっちゅう,「話していた」「ニッコリ笑った」などと,言われては泣いている。

加虐に走る男の子は甘えん坊さんが多いように思う。
支配することを愛情だと勘違いするところには,
相手に対する底なしの甘えがある。
何をしても許されると誤解し,思い通りにならないと暴れることで思いを通そうとする,幼児のダダに似た部分があろう。
それを容認してしまい,受け入れることが愛情だとまた錯覚する女の子も悪いと言う人もいるが
自分の娘がそんな目にあっても同じことを言えるのだろうか。

私には,幼い時から大事にされすぎて,程度を見極める能力を損なわれた子どもが,相手に,してはならない要求をしているようにしか思えない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

漠然とした危機感

英検の2次試験があった
2次は面接である。
ひとり5分ほどだが,面接官と1対1で勝負しなければならない。
面接で落ちるなんてありえないと思っていたが
今日の結果はひどかった

もちろん,英語で言わなければならないというところに苦しさはあるが,「○○はすきですか?」と聞かれて
「YES」で答えて
そのあとに「なぜ」とか,「もっと話して」といわれて
固まってしまう子が多かった。

それも,英語が一部出てこなくて,という詰まり方ではなくて
何からどう言ったらいいかわからないという顔をするのだ

これは,英語力の問題ではなくて
「ことば」の問題なんじゃないかと思うわけだ。
ちょっとマズイんでないかい?

どうすればいいとか,どの程度どうとか
なにも根拠のある話ではないが
少し考えなくちゃいけない問題だと思う

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

バレンタインか・・・・

バレンタインデーということになれば
学校でのチョコレート狩り?ってことが出てくる。
ちょっと前までは,そっと生徒指導の先生に袖の下?を持ってくる女の子がいたりして,それはそれでなかなか微笑ましかったが
ここ2〜3年は,ちょっと趣が違う。
友チョコとかいう,女の子同士でやり取りしちゃうケースが増え,
しかも親がかりで材料をそろえて,クラスにばらまく子まで出てくると,
あんまり乙女心なんてものとも縁がなくなって
単なるイベント化しちゃったような気がする。

まあ,学校でも,「不要物は持ってこないように」って
無味乾燥なとおりいっぺんの指導はするが,
実はそこまで真剣に摘発しようとはしていない。
ただ,野放しにしちゃうと,それはそれで
やれ誰それはいくつもらったの,もらえなかったのと
とんでもないところでトラブルになるケースもあるので
一応,禁止の建前はとらせてもらう。

すずめはおばちゃんの図々しさで,
「見つけたら全部私のものだから」と言い放って
実は全然見てなかったりする・・・・

そのすずめ自身だが,おバカなことに,生協の通信販売で,1か月ほど前から面白そうなチョコレートをいっぱい売り始めた。
その誘惑に勝てず,そんなにいくつもあてがあるわけでもないのに,食べきれないほど注文してしまったのである。
一つ一つはそんなに大きくないのだが,ちょっと変わったチョコで
(すずめは変わった食べ物と,季節限定に弱い)
なんともおもしろそうだったのである。
で,どんなチョコを注文したか忘れてしまったものだから
届いた包みを見ても,中身の想像がまったくつかないという事態になった。
欲張るものではない。。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

週末も盛況

土曜日といっても,学校は賑やかである。
今日も朝から,3年生の受験勉強組,2年生の補習組,部活,デッサン練習組が,雪にも負けず登校してくる。
生徒がいるということは,必ずそこには教師がいるので,
土曜日といっても,職員室が閉まっちゃうことはない。

職員室の電話が鳴る。
最近は土曜日でも,まったくふつーに電話をかけてくる親も多い。
子どもが休みで,どうして学校に教師がいると思うのかわからないが
下手に待たせたりすると,委員会まで
「あの学校の電話の対応がなっとらん」と苦情が行くので
なんで???と思ってしまう。
たいていは学校に忘れ物をしたとか,部活の時間がわからなくなったとか,まあ,その程度である。

今日は生徒が一人,職員室までやってきた
「すみません,明日の英検のことで」
よからぬ予感がしたが
「受験票がないのですが」
でた!受験票をなくす奴
「それで?」
「どうすればいいでしょうか」

思わず「残念でしたね。あなたはもう受けられません」と言ってやりたくなるのだが,なんだか気の弱そうなぼくちゃんなので,
あんまりからかうのもかわいそうだ。
しかたなく,まともに応対する。

「あのね,受験票がなくなったら,再交付ってのをしてもらうの。学生証をもって,明日,早めに会場へ来なさい」

「あのぉ,何時かわからないんですけど」

おまえなあ,願書にも説明にも,時間はちゃんとかいてあっただろうが!それくらい見とけよ!!

と思うが,またぐっとこらえて,

「4級なら午前,3級なら午後だけど,どっち?」

「えっと・・・」

おい!たのむぞ!自分の受験級ぐらいわかっててくれよ!!!
どうみても,また英語のできそうなふうには見えないし,4級だろうとあたりをつける。どう考えたって,受験級も忘れる程度の中学生が3級を受けて,受かるとは思えないし。

「いいわよ。4級なら午前だし,もし間違ってても,午後もう一回来ればいいんだから,9時にいらっしゃい」

「わかりました」

お母ちゃんに受けろって言われたんだろうが,
こんなことでほんとにいいのか??と疑問に思ってしまう土曜日であった。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

百人一首大会

1月はやはり百人一首の季節である。
寒い体育館で学年の大会をするのだが,準備がなかなか進まない。
たかが,集まってカルタをするだけなのだが,子どもにしてみれば,けっこう厄介な仕事であろう。
よい。なんとかなるところはなんとかしなさい。
なるようになるし,それこそカルタぐらい,失敗したって,大して影響はない。それで反省するなら,それもいい。

それにしても,一般生徒はなかなか無関心である。
1枚もおぼえようとしない生徒もかなりいる。
おぼえて,取れなければ,面白くもなんともないのに,
結局面白くない時間を過ごすだけだ。

仕方がないので,いろいろいちゃもんをつけては,おぼえさせることにした。
理由はどうあれ,上の句でとれる楽しさは,言葉では表せない。

私自身は中学校2年の時のカルタ大会で,面白さに目覚めてしまった。
全部おぼえて,暇さえあれば友達とカルタに興じていた。
おかげで中3の学年大会では優勝できた。
うれしかった。
高校ではクラブに入って,ますますカルタにのめりこんでいた。

百人一首を知らないくらい,
受験にも関係ないし,別に恥ずかしいことでもなんともない。
しかし,この年になって,教員をしているせいもあるが,
何かの折にさらっと歌のひとつが出てくると,
それはそれで楽しいし,文化的な会話に参加できる。
子どもの頃の暗記が教養に結びつく例ではないかと思う。
今からなんて,覚えられるはずもないし,そんな気力もない。

理由なんかどうでもいい。
おぼえたもん勝ちだ。
その時のテストには関係なくても,確実にその人を豊かにしてくれる。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

最近・・・・

男の子がよく食べる。
かつて,仁王立ちになって見張っていないと,
弱い子の給食まで食べつくされてしまう教室があったが

おかわりしに,男の子たちが食管に群がるようにやってくる。
数のあるものならじゃんけんで
分けられるものは半分奪い合いで
すごい勢いだ。

食べざかりなんだろうが
母たちはこんな様子を知っているだろうか。

昔,遊びに来ていた生徒も,高校生時代
お茶碗じゃ足りなくて,ジャーからそのまま食べていたっけ

完食するのはみていて気持ちいいが
群がってくる様子はあまりいただけない(笑)
お願いだから,譲り合って食べてね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:給食 学校

いまどきの中学生

国民投票を18歳からにするとか,成人は18歳とか,「20歳になったら」という成人式の存在が変わってしまいそうな事が言われている。
だが,今の中学生たちを見ていると,男の子はますますガキに
女の子はますますすれっからしに,2極化していってるように思えてならない。

中学生の女の子たちは,今も昔も,恋に恋する年頃である。
ただし,最近の怖い点は,男をアクセサリーか何かのように思っているところがあって
クリスマスやバレンタインに彼氏がいないのは,何か持ち物が足りないように感じて
あせって相手を見つくろうということをする。
(もちろん,純情な子もいるが)
男の子は,もともと単純らしく,そんな女の子にコロコロだまされて
短いおつきあいを繰り返す。
お付き合いといっても,メールのやり取りをするか
他の人に「誰それは誰それの相手だ」と公言するだけで,
学校内でも一緒にいるわけでもなく,休みの日にデートするわけでもない。
それってほんとにカップルなん??とこちらのほうが不思議になってくる。

そのくせ,女の子たちの中には,経験だけ先に進めたい子が多く
それもあって,望まない妊娠も後を絶たないし,親を巻き込むトラブルもなくならない。
中には,「誰かの女に誰かが手を出した」とか言って,隣の学校まで男の子が殴りこみにいったりして,
はぁ????となることもある。
で,よくよく話を聞くと,その女の子が何も考えずに二人の男の子と頻繁にメールをやり取りしていたら,
周りが大騒ぎになったということで,
いったい,あんたたち,なに???と頭を抱えたくなるのである。
そして,その後はお決まりのように,その女の子が妊娠しただの中絶しただのというデマメールが学校中に飛び回ったのは言うまでもない。
大人顔負けというか,あまりに狭量というか,なんで中学生がそうなるの?
(これも,ケータイの功罪かも知れないけど)

そろそろバレンタイン。デパートの広告が目につきだした。
宣伝もいいが,あんまり中学生までカモにしないでほしいものだ。
彼らはちょっと前にはやった「6ポケット」という,ほぼドラえもんの4次元ポケットに匹敵するほどの強力なスポンサーをバックに,大人顔負けの準備をする。
母に手伝わせて,クラス全員分のチョコを作るという女の子も珍しくない。

今も昔も,年が若くても,おんなって怖いのかもしれない

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あだ名をつけるセンス

不謹慎な話を一つ。

生徒にも先生にも,人のあだ名をつけるのが感心するほどうまい人がいる。
注意力があるのか,センスがいいのか,よくわからないが,そりゃあもう,うまい。
ただ,たいていの場合,それらのあだ名は,本人からは歓迎されなかったりするので,不注意に口にできない場合もあり,
今の時代,下手に人に聞かれると,いじめに発展したりもするので,
注意が必要なのであるが,本人の顔を見て,あまりに似ていると,やはり吹き出したくなってしまい,困ることも多い。
あれはやっぱり才能なんだろうなあ。

かつて,私のクラスには,ある先生の言う「ガチャピン○○」という男の子がいた。ちょっと丸っこくて垂れた目の様子がそっくりで,
本物のガチャピンなら,ダイビングにスキーにと何でもこなすのだが,不器用だった生徒の方は,提出物が出ないといっては叱られ,
レポートの出来が悪くては残されて,
あまり出来のよろしい方ではなかった。
本人はもうすっかりおとなになっているはずなので,
会ってもわからないかもしれないが,
ガチャピンと呼ばれていたことは知らないはずである。

で,そのガチャピンたちは,その先生をなんと呼んでいたかというと,「イワトビペンギン」
いつもムースで髪の毛を尖らせていた先生は
当時CMのキャラクターだったペンギンくんに似ていたらしい。

まあ,彼らにかかったら,ここは動物園か?というくらい,いろいろな呼び名がついていた。

そのちょっと前の人たちが私を魔女と呼んだのである。
今はあまり着なくなったが,当時,私の衣装といえば,黒またはフレアスカート。
行儀の悪いすずめはタイトスカートがきつくて嫌いなので,
もっぱら裾の広いスカートをはためかせ,踵の高いつっかけを履いて,
片手に自分のホウキを持って歩いていた。
そのせいだろう,生徒の間には,すっかり魔女が定着してしまったようであった。


しかし,ここ2〜3年の子はあまり変な呼び名では呼んでこない。
単に隠れてよんでいるのか,そこまで先生に興味がないのか
よくわからないが,呼んでこない
先生とすら,うまくコミュニケーションが取れなくなっているのだとしたら,かなり困った問題かもしれない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:生徒 教師

これもモンスターの一人?

勝手に仲良しのユウ先生のところに,こんな記事が書いてありました。

【復帰第一号!?我が家に電話してきたモンスターペアレント!?問題編】

【復帰第一号!?我が家に電話してきたモンスターペアレント!?解答編】

さすがに私はまだ運転手にされたことはありません。
でも,読んでいて,先日の電話を思い出しました。

10時過ぎだったと思います。2コマ目の授業の最中でした。
生徒の朝自習の点検をしていた私は,不運にも,その電話に出てしまったのです。

「あの,3年3組の○▲ですけど,××(子どもの名前)をお願いします。」

お願いしますってったって,今は授業中。普通に考えたって,職員室に生徒の電話の取り次ぎはせんやろ。
でも,むげに断って,もし,親が危篤とかいうことで,間に合わなかったなんて話になっちゃ大変だし,これは,どうするかな。

「今,授業中なんですけど,休み時間にお家のほうに電話させるというのではダメでしょうか?」
「それじゃちょっと,困るんですけど。今呼んでもらえませんか?」
「どうしても,緊急でしょうか?ご用件をお伝えすることもできますが。」

ちょっとの空白。明らかに電話の向こうで考えている。やだなぁ。やっぱり危篤とか?親?じいちゃんばあちゃん?

「じゃあ,いいです。××が鍵を持って行ったか聞きたかっただけです。私が今から外出するもので。」

思わず「はぁ?」と大きな声をだしそうになるのを,とっさに止めた。

鍵を持って行ったかどうか聞くために授業中に呼び出せって言おうとした??休み時間だって,生徒の電話の呼び出しなんか,緊急以外せんぞ!んなもん,中学生じゃ。締め出し食らったってしばらく待っとるくらいできるやろ。
といいたくなるのをじっとこらえて
「では,休み時間になりましたら,○▲さんに,お母さんから電話があって,もし鍵を持っていないようなら,しばらく待っているようにお伝えしましょう。」というと,
「じゃ,お願いします。」
と母親は電話を切った。あほくさ!
休み時間に3組の当該生徒を呼びに行き,母からの用件を伝えると,
「鍵持ってるよ。いつも持ってるし」との返事。
別にかたき討ちをするわけではないが,

よほど緊急の用件でない限り,生徒の電話の呼び出しはしないから,用件を伝えるだけで了承してほしい。お母さんとは,できれば電話で呼び出しじゃなくて,なにか別の連絡方法を考えておいてほしい。と伝えた。

その後,家に帰った生徒が,母親とどんな会話をしたかは知るところではないが,
「お母さん,恥ずかしいし,電話なんかしてこんでや」
と言っていれば,成功だと思っている。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

日本語が通じない

最近困ったことの一つに,言葉が通じないことがある。

いや,教科の話ではない。
特に説教しているとき,生徒に日本語が通じないのである。

最近は給食のときだった。
お代わりをしにきた坊やが,サラダの中からきゅうりを避けて取っている。
一生懸命キュウリが混ざらないようにするものだから,時間ばかりかかって,次の子がお代わりできない。

「ちょっと,よらないでよ」(よらない=選らない)
無視
「知らん顔しないで。よっちゃダメだって」(コイツ,聞こえないふり?)

「あ?ぼく?」
「あんたしかいないでしょ。だから,よらないでって言ってるの」

「何もしてません」(は?何言ってるの?)

「え?キュウリよってるじゃない」

「え?」(あ,意味分かってないんだ)

「キュウリ選り分けてるでしょ?」

「え?」(うそ,選り分けるも分んないの?)

え〜な,イライラする奴じゃ。

「キュウリだけ残しちゃダメ」

「あ,だって,嫌いだもん」

「じゃ,お代わりなんか,はじめっからしなきゃいいでしょ。全部食べなさい」
「え〜」

「え〜,じゃないし。はい,次。さようなら」
そんなに難しい言葉を使っているわけではないはずだが,こんなことがしばしばある。

これが本気で怒っている途中だったりすると,振り上げた手の下ろし場所に困るようなことになる。
ほんとにここは日本?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

冬休み間近

あと正味4日で冬休みを迎えるわけで,今は休み前の作業が急ピッチである。
こんなもの,何になるんだろう??って時々思ってしまう学校評価ってやつもアンケートを終わって,集計作業に入った。
学校内のことや,授業についても職員と生徒にアンケートをとるのだが,
なにしろ,まだお子ちゃまのことゆえ,
時々,これ,評価じゃなくて,気分やろ?っていうのがいる。
客観的に見る目が育っていないので,
それはそれで,生徒の精神状態や問題性を表してくれる,いいものじゃないかと思ったりもする。

そういえば,数年前,授業中にグループで発表をさせたことがあった。
その後,相互評価で,一番いいと思ったグループに投票させたところ,
全員が自分のグループに投票して,結果が出なかったことがあった。

別にふざけていたわけでもなく,真面目に,ちゃんと考えて,そうなのである。
なぜ自分の班なのかを聞いてみると,
「みんなが一生懸命がんばったから」と答えやがった。
がんばれば,できにかかわらずいい得点をもらえるなんて甘い!



とその時は頭に来たのだが
なんとなんと,当時よりもさらに今,
生徒はガキお子ちゃまになってきている。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:学校評価

日本は本当に滅びるかも・・・・

テストの処理が終わって,授業も普通に戻った。
あれだけ練習もして,英作文は書けて,喜んでいたテストだったが,
結果はどん底
文法問題が全く解けていない。
しかも極端な2極化を招いている。
も〜減給ものだ。

そう,わかりやすく言うと,各クラスに20点以下の人が5人ぐらいずついて,平均点ががっくり悪かったのである。
しかも,彼らは,他の子たちが,もう一度そのテストを受けて,90や100点をマークしている傍らで,再テストでもほとんど変わらない点数しか取れなかったのである。

彼らの再テスト答案用紙をみていると,私には,彼らの脳が,
もはや学習という活動を拒否しているようにすら思えてくる。
普通に考えて,13歳14歳の健康な脳みそなら,たとえ真剣に覚えようとまでしていなくても,いくつかの事項は,頭に入ってしまうはずなのに,彼らにはその痕跡すらない。
つまり,何度やっても20点以下なのだ。
そして,さらにわかったことには,彼らはそろって数学でも悲惨な点数をマークしていた。

これは恐ろしいことである。

日本は本当に滅びてしまうかもしれない

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

いじめもネット被害も根っこは同じ

以前に「教室の悪魔」について書いたとき

それはそれはぞっとしたことを書いたと思います。
マスコミがなんと言おうが,文科省が罰則を設けようが
まして文科大臣がマニュアルを作るだなんて
どこのボケが寝言かましてるんかと思いましたが
「いじめられています」とは,深刻な生徒ほど言いません。
「なんでもありません」
「大丈夫です」
「ちょっとふざけただけです」
それはもう,「自分はいじめられて辛くて死にそうだけど,自分からは言えないから助けてください」と言っているのに等しいかもしれないし,そうでないかもしれない。
そして,それをかぎ分けられることを,本人は本気で拒否しているのです。

なぜ?
それは,もう,コミュニケーションの能力がそこまでしか育っていないということなんです。

自分の命を守ることすら,自分からはシグナルを出せない子どもになっているのです。

誰がそうしたのでしょう?

周りの大人全部です。
親も,じいちゃん,ばあちゃんも,学校の先生も,もっといえば,道で行きかう近所の人も
みんなが揃ってそうしたんです。
子どもが要求する前にすべてを整えてしまって,
何も言わなくても快適で満ち足りた生活を与えてしまい
我慢させることをせず
そのくせ,いい意味のおせっかいを焼こうともせず,
待ちの姿勢がなく
お互いに,これぐらいのことは学校が,これぐらいは家庭で,こんなことは人様のことだからって
あなた任せの他力本願で,子どもといじっかしいかかわり方をしてこなかった
大人全部のせいでしょう。そういう意味では,コミュニケーション能力を問われるのは大人のほうかもしれません。

でも,いま,原因と犯人を探していても,子どもが死んでいくのを止めることはできません。
この子たちに,せめて自分の命を守るだけの意思表明,表現力,人とかかわる力を育ててやるのが急務です。私たちには,見つけた事実を解除してやることはできても,再発を防ぐことはできません。
なにしろ,ふつうの子どもたちが,まったく普通のこととして,ノリと,付き合いと,場合によっては暇つぶしに人を徹底的にいじめるのです。そして,平気でウソをつく。

この,ほとんど罪の意識もなく,いじめようという気持ちすら多くの場合持ち合わせておらず,
場合によっては,自分が傷つくのを避けるためだけに人を死に追いやるほどいじめてしまう
子どもたちも
コミュニケーションの能力不全以外の何物でもありません。

いってみれば,現在の子どもたちはほぼ100%がコミュニケーション能力不全で,
ゆえに,いつ何時殺人者になるかもしれず,そしてまた死んでしまうかもしれない
剃刀の刃の上を歩んでいます。

そして,これは,そのまま,ネットの中での被害にもつながっていきます。
やってはいけないことを,好奇心と,無知からくる怖いもの知らずと,時には知らないという傲慢さでやってしまい,あとでその報復ともいえる不利益に叩きのめされてしまう。
これは二つとも,同根の事象です。

周りの大人が,もっともっとおせっかい焼きになって,
うるさいくらい子どもとかかわり,微に入り細に入り,教えていかなくてはならないのだと思います。
そして,残念ながら,小さい頃にそれをしてこなかった親は,すっかり反抗的になってしまった思春期のわが子に,5倍も10倍も苦しい思いをして,それを教えていかねばなりません。
それは親の義務であり,責任でしょう。わが子の命を守るために。
いじめをみつけるとか,説教かますとか,そういうことではなく,オープンに何でも話し合い,
子どもの言い分も聞きながら,親の意見を言って,
子どもを押さえつけるのではなく,きちんと納得させることです。

周りの大人すべてに責任があります。逃げ続ければ,もしかしたら,明日は殺人者の親になるかもしれない,殺人者の担任になるかもしれない。わが子が自殺するかもしれないし,教え子が死ぬかもしれない。
自分の子どもが巻き添えになるという可能性だって0ではありません


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なぜ,今,進路学習なのか

進路の授業がひとまとまり終わって,次は12月に,具体的な高校の話に入っていきます。
いえいえ,3年生じゃありませんから,
自分の行ける範囲の高校がいくつあって,どんな種類の学校があって
それはいったいどう違うのかを知っていくだけです。
なにしろ,県立と私立の区別もつかない人たち相手ですから,

すずめの県は,進学率が98%。定員に余裕があるおかげで,望めばほぼ全員が進学できます。
たいへん恵まれたところです。
逆に言えば,普通に就職口はありません。求人はないと断言してもいいぐらいです。
それこそ,修行の道に入るか,なにか特殊な事情でもない限り,
進学するのが自然でした。

え?っとなったのは,3年前。
いきなり,お勉強のきらいな女の子が言い出しました。
「先生,高校って絶対行かんなんものなん?」

なんでそんなこと,言うんやろ?

「じゃ,高校行かんかったら,どうするん?」


「遊ぶ」


「そんな!高校に行かない人は働くの」

「え〜?面倒くさい」

そうなんです。
努力はイヤだし,遊びたいという理由での進学放棄
その傾向は今もあります。
だからこそ,この時期にちゃんと考えさせたいわけです。
で,できれば,親もいっそ授業に入れて
同じ授業をきちんと聞いてもらいたいと思いました。

でも,なかなか来てくれないんですよね

難しいなあ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ネットとケータイ4

あ〜あ,雨が降り出しました。

ネットとケータイについて,少し書いてきましたが
書きにくいこともたくさんあって,
ちょい苦しい部分がありますね
っていうのも,

かつてすずめ自身がネットにはまり,ケータイにはまり
幸い身ぐるみはがれたり,ストーカーに会ったことはありませんが
生活を壊し,仕事にも影響し,
ほとんど麻薬患者の日々を通り過ぎたからで

ネットの依存性に苦しみ,
毒性に傷ついて,今でも,何とかバランスを保ちながら生きているすずめにとって
とてもまだ過去のこととは言えないからです

数多くの中学生もこれに苦しみ
子どもかわいさの父母ゆえに,
思い切った手段に出ることができず
それがいっそう事態を悪化させ,子どもを苦しめる
それじゃあんまり悲しすぎると思いませんか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ネットとケータイ3

で,最近,このネットとケータイで
人に悪さをする,極悪人が出てきてしまったわけです。
こともあろうにネットやケータイで人をいじめて,
その大半の原因がヒマだったから,なんとなく。

あなたがいじめられた方の子どもの親だったら,
許せますか?そんな不届き者。
それが,「知りませんでした」「ちょっとふざけただけです」なんていいながら
誰かが学校に出てこれなくなるまで
「ウザイ」「死ね」なんてやるわけですよ
相手が学校に出てこれなくなったり
夜中に手首切ったりするまで
自称「冗談」の書き込みをするわけです。


ちょっとしたきっかけで「いじめ祭り」は始まってしまうようです。
教室で,時々聞こえるのは
誰かがメールをシカトしたとか
逆に頻繁にメールが来てウザイとか
女の子の中には,返事が遅れちゃ嫌われると,1時間以上も真夜中に返信を続ける子もいます。
それも,1分おきのように・・・・
たかがメール,されどメール
そんな打ち方してたんじゃ,体壊します。
眠っているはずの時間に,着信に反応して,メール打って,返信するんですから。
そして,その手間を惜しんだり,途中で寝入ってしまったら
いきなり掲示板に浴びるほどの悪口かかれたり,
ありそうもないうわさ話を書き込まれたり
「エンコーしとる」ってベッドの上に座る写真の首すげ替えて貼られた生徒もいます。

で,子どもが学校にも行かなくなってしまってから,
親が気づくんですね。
なんか変って
オソイ!って言うの!
で,「先生,どうしましょう」って

答えは一つです,ケータイ取り上げて,パソコンの電源消しなさい
1週間,(麻薬患者の体から薬抜くみたいなものです)頑張らせてください。
1週間過ぎれば,ネット仲間からは,もう死んだ者と扱われます。
一昔前のアラシとおなじように,台風みたいなものですから
抜けなさいと言うしかありません。

そんなかわいそうなって言う人もいますが
どっちがかわいそうなんだ?っていいたい。
無防備にケータイパソコンを与えてしまって
やりたい放題やらせておいて,さんざん傷つけられて,
ネットなんかなくたって生きていけます。
もうちょっと大人になって,少しは精神的にも丈夫になって
何より好奇心と,浅はかなノリに流されない程度の分別を身につけてからだって遅くありません。
学校が「持たせないでほしい」と保護者にお願いしているケータイです。
無防備に持たせた結果を,もうちょっと親にも感じてほしいものです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ネットとケータイ2

最近の業務用メールって(早い話が詐欺メール?)上手ですよね
多いのは「現金が当たった」ってヤツでしょうか
当選につられてのぞきに行くと,アドレスが確定されちゃうので
当選金受け取るための手続きにお金がいるとかいってくる
または,無料の出会い系サイトのような所に登録が必要とかいって
その次はやっぱりポイント購入が・・・って
小口のようだけど,2万円ぐらいかな?それだって10人引っかければ20万
2〜3万だと払ってもらえそうだしね。

次に来るのが,出会い系サイトに登録されましたって
こっちは何もしてないから,「してません」とかって返事させるヤツ
さも,こっちが誘ったみたいなメールよこして
「違うんなら退会しろ」って,入ってもいないサイトから
お金払って退会させようとする。

どっちも,絶対返事しちゃいけないし
請求が来たって,無視してかまわないし
受信拒否してはじいちゃえば問題ないんですけど,
なんか人間,弱くて払っちゃったり,つい返信したりするんです
まして,そんなメールが1日20も30も来れば
精神的にだって参っちゃう。
子どもならなおさらでしょ。立場弱いし
親に知れたら怒られるとか思うから,
なおさら下手なメールは来てほしくないしね
で,払え,払えの請求メールの嵐に,母親にそっと相談して
母が父に内緒で払ってくれたりするんですね
2〜3万ならなんとかなるんでしょう。
中には50万とか父に内緒で払う人もいるみたいですけど。

よしんば,お金払わなくてよくて,
逆に,おじちゃんにお金もらっっちゃって,ウハウハの女の子たちだって
それって決して褒められた状態ではなくて
ほんとに好きな人ができたりしたときに
死にたいほど自分のことがイヤになる。
自分がこの世で一番,汚くて,浅ましい,好きでもないオヤジに金もらうようなこと平気でする女だって
そんなこと,好きな人には死んでも言えないし,
苦しむのは自分なんです。金に目がくらんだって。
それも自分でわかってるけど,やめられない

でも,こういうのは100%フィルタリングでカットできます。
何でもありで親がケータイ持たせて,しかも無制限な使い方させるから
好奇心まんまんのくせに,危機管理のできないお子ちゃまたちは
あっという間に引っかかっちゃうことになるんです。
それって,どれだけ使い方を説いたって,実際つながっちゃうんですから,効果なんて望めません。
フィルタかけて,制限つけて,バッサリやるんです。
つながらないところに危険はありませんから

それを,親がしなくて,誰がするんですか?
子どもが反抗したら,契約切ればいいんです。
それで家出しちゃったら?
「2度と帰ってくるな!」と送り出して,警察に捜索願を出しましょう。
そんなくさった根性で家出する甘ったれは,そんなに遠くには行きません。
連れ戻されたら,照れずに,子どもが心配であることをきちんと話して,
折り合いのつく場所を見つけましょう。

親が子どもに遠慮してどうするの!

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ネットとケータイ

なんかね,うまくないんですよ。
書けないっていうか,詰まってるっていうか
忙しいせいもあるんですけどね

いけない,マイナスのオーラが出ている。
マズイ・・・・スランプか

今日はね,保護者懇談がありまして,
ネットとケータイの話が出てたんです。

最近はケータイもすごくって,私なんか使い方のたぶん2%ぐらいしか使ってません。
i-モードがでたころは,メールにショートメッセージって
それだけでも「すご〜い」の世界でしたのに
今のケータイの機能はなに?もうおばちゃんはついて行けていません。

ネットだって,私が使い始めて,生活壊した頃は
チャットもようやくjava script使ったものができはじめ
無料のレンタル掲示板が出てきたような頃で
その頃はパソコン通信時代からの筋金入りオタッキー(なっつかしいことば)たちが
ネチケットなるものを懇切丁寧に教えてくれた時期でした。
11時からが,なんて言ったっけ?かけホーダイ?料金一律で
みんなが11時を待って一斉にパソコンつなぐって状況がおこってましたね。

あの頃だってアラシはいたんですよ
たまにチャットや掲示板がやられると,2〜3日はじーっと過ぎるのを待ってね
時々ちらっとのぞいて,アラシくんがあきらめてくれるのを待つんです。

基本的に今と状況は変わっていないと思うんですよ。
95%のユーザーはまともなんですけど,
あとの人たちがひどい。
今のさらにひどい現状の一因は,無節操な宣伝メールですよね
出会い系だかなんだかわからないけど,山ほど来る。
今の私のところに来る正体不明の迷惑メール
私は懸賞サイトから漏れたと思っているんですけど
情報が流れて,アドレスが漏れたのだと思っています。

すると,業者さんはみなつながってますから
いろんなメールが山ほどくることになります。
アドレス拒否設定すると,また別のアドレスで送ってくる。
もー,止まらないんですよ

おっと,今日はもうダメですね
一度ここでおわりにします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

グループ学習のすすめ

グループでの活動は,昔から随所に入っていました。
コーラスでリーディングしたり,劇をしたり,会話の発表をしたりするのに使います。

ところが,今年は新たな壁が出現しました。

グループは,好きな子同士で組んだり,そのまま横にいる人とグループになったりします。

いろいろ問題があるので,おなじグループがずーっと続かないようにしています。

で,なにが新たな問題かというと,

せっかくグループで並んでいるのに,お互い質問はおろか,相談もせず,
一人ずつ黙々とプリントや課題に取り組んでいるのです。

「プリントは一人じゃつらいから相談してやっていいよ」といったら
次はどうしたかというと,よくできる子のプリントが次々と人の手に渡って行くのです。
書いた本人は,暇そうだし,写している人は,なにも考えていません。
これじゃ,ダメです。

音読をするように課した時もそうでした。
役割分担をさせると,自分の持ち分をいい加減に練習して,
合わせて練習するということをしません。


仕方なく,「全員ですべての文を声をそろえて読みなさい」
女の子の元気な人たちは,これで何度も何度も読み始めました。
男の子はほぼ全員が,全く取り組めませんでした

ちょっと変化が見えたのは,
授業課題のプリントが少し難しくて,要領のよい賢い子でも,そんなに簡単には埋まらない。
でも,答えは必ず教科書本文中にあるので,あまり英語の得意じゃない子でも見つけたり考えたりできるのです。
ようやく,お互いに話し合うということができました。

さらに変化が見られたのは,英作文とその暗記を宿題にしたときでした。
何回言っても,立たせても憶えなかった人が,グループの点数をひっぱるまいと,暗記してきたのです。
なるほど,自分のためとか言っても,勉強の「べ」の字もしませんが,
人のためなら勉強するのね。
おもしろいじゃないの。

というわけで,こればっかり頼るわけではありませんが,
一つか二つの課題をグループで取り組むということを,少し恒常的にできないかなと思っているわけです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

先生,高校行きたくない

さて,情けない状態になってきた教室です。
底辺のある子はいいます。

「先生,オレ,高校行きたくない。暴走族に入る。」

「そうなの?でも,暴走族ってアンタが思うほどいいもんじゃないかもしれんよ」
「え〜,かっこいいじゃん」
「そう思う?でも,20歳も過ぎて暴走族してる人なんていないよ。それからの長い人生どうするの?」
「ま,なんとかなるんじゃない?」
「そうかなあ,中卒じゃバイトしても給料安いし,だいたい,暴走族に入ってたなんて言ったら,雇ってくれる人なんていないじゃん。
それじゃ彼女もできないよ。惨めじゃない?」

「大丈夫や,先生。オレやし」
「どうしてそう思うの?」
彼だって,そのままじゃいけないってわかってるんですよね。
でも,努力ができない。
面倒くさいから。

こんな子が各クラスに2〜3人ずつはいて,よく似たもの同士が集まって徒党を組んで
数が多くなると,気も大きくなって
女の子ちゃかしたり,弱い子いじめたり
そのたびに先生から怒られるので,「先生はオレたちを差別してる。なんでも,オレらが悪いと思ってる」
ちょっと被害妄想も入って,そう信じています。

それでも授業に座っているのですから,まだまだいい子なもんです。
でも,ちっともちんぷんかんぷんの授業です。
そりゃ,寝るか,内職するか,窓の外眺めるか
そんなことにしかなりませんよね。
なんだか,不憫だなあと思ってしまうのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

遠足もう一つ

遠足では,かまどでBBQをしました。
値段の上限を一人800円にしてあったのですが
余裕でオーバーしている班もあり,
お腹の中に入ってしまっては証拠もありません。

まあ,お金のトラブルがなければ,最終的に問題はないんですけど。

と思って帰ってきたら,
問題はありました。

調子に乗った坊やたちは,やみBBQよろしく
いろんなものを鉄板に乗せ,(レタスやぷっちょまで焼いていたようです)
そうかと思えば,「豚のタタキ」とかいって
なんと生の豚肉まで食べたらしくて,
家に帰ってから,吐くの下すので転げ回ったということでした。

まあ,男の子ってやんちゃするものですけど
こういうのは,罰が当たったっていうことでいいんですかね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:中学生 遠足

遠足は楽しい

秋の遠足があったんですけど
川のそばを歩いていたときに,いきなり生徒が質問に来ました。

「先生,この川何川?」

川の名前を教えると

「ねえねえ,この川って,日本で一番長いんでしょ?」

「は?日本で一番長い川は信濃川でしょ?」

「え?でも社会の先生言ってたよ」

言うわけないと思うぞ・・・確かめてないけど。

ところが,話はまだ終わってなかったんです。

「先生,この川って,一番長い川じゃないの?」

「だから,違うって。この県では一番長いけど」

「え〜〜〜,なんでや?」

なんでや,じゃなくて,誰に聞いても,答えは一緒だと思うのですけど。

「じゃあ,一番長い川ってどこ?」

「だから,信濃川」

「それってどこにあるの?」

「だから,新潟県」

「新潟県ってどこ?」

「え?それ,どうやって説明すればいい?」

「いいわ,先生,わからんし」

いいわけないと思うんですけど。説明できないのでやめました。

この子も来年は卒業して,そのうち親になるんですけど
ちょっとまずくないですか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:遠足 中学生

子どもたちの無関心

同業の人なら,うんうん,あるあると思うでしょう。
知らない人は,また学校教育を嘆くかもしれません。
(これは日常の生命力の問題で,学校で教えられるものじゃないと思いますが)

翔くんのバトル鉛筆がなくなりました。
バトル鉛筆とは,側面にゲームのキャラといろいろな技や呪文が書いてあって,
友だち同士でころころ転がして,その出た面により勝負するものです。
ゲームの要素が強いもので,削って使ったりしないで,ころころ転がすだけなので,
学校では「不要品」として,持ってこないよう指導しています。
そうはいっても,持ち物検査など今時しませんので,休み時間に遊んでいる分には,ほぼ野放し状態。

で,なくなったバトル鉛筆探しが始まるわけですが,

順番に聞いていくと,女の子の何人かは,翔くんがバトル鉛筆をもっていたことすら知らない。
それどころか,翔くんってどの子?なんて目眩がしそうなことを聞く子までいる。
バトル鉛筆で遊んでたでしょ?って聞くと,「知らない」って・・・・。

同じ教室の中で,ほぼ毎時間,何人もの男の子たちが集まって,
にぎやかにころころやっていたのを
同じ教室で毎時間過ごしている人が知らない??

でも,ウソじゃないらしい。

別に彼女たちが,毎時間どこかに出かけていて,教室にいなかったわけではありません。

むしろ,ずっと教室にいて,やれ,誰それがどうしたの,どの子とどの子がつきあっているとか,
そんなうわさ話をぺちゃぺちゃやっている子どもたちです。

それでも,5mも離れていないところで,男の子たちが何をしていたかすら,知らないのです。

彼女らは,さも,「私たちは無関係です」とでも言いたげに
「何も知りません」と胸を張っています。

ついに,担任の堪忍袋の緒が切れます。

あなたたち,同じ教室で,隣の座席で誰が何してるかも知らないで,
誰かが困っていても,「私は何も知りません」っていうことは
次にあなた達が困って泣いてるときだって
誰も気付いてくれないってことなのね。
自分が困ったときには,誰もかまってくれないってブツブツ文句言いながらベソかくくせに,
人が困ってても知らないわけ?

ここに生活してて,教室内に起こってることを知らないってことは
極端な話,教室内に誰かが爆弾をひょいっておいていっても
だれも何も気がつかなくて
爆発してから,「気がつきませんでした」って
気がついたときには死んでるかもしれないんだよ!!


この時点ですずめの怒りは,禁制品を持ち込んだ翔くんではなくて
その他大勢の無関心傍観者に向いてしまっています。
女の子たちは,なんで自分が先生に怒られるのか,全くわかっていません。
そうですね。小さい頃から
「あんなお馬鹿さんは気にしないのよ。あなたはいい子なんだから」っていわれて育てば
「馬鹿は馬鹿で気にしない」って存在を無視することぐらい容易になります。
しかも,中1のこの時期,女の子はすでに思春期まっただ中ですが
男の子ははっきり言ってまだ幼い。
そのギャップは女の子たちをして「男ってバカ」といわせるに十分です。

今,子どもたちから,周囲に対する関心や好奇心がどんどん消えていっています。
何を見ても興味がわかない。
ある意味それは,大人のいうとおり,動かずにおとなしくしているいい子です。
でも,その結果は

好きなものと言えば,お手軽で簡単なもの
口を開けば「めんどくさい」

その無関心が問題を覆い隠して,大衆が隠れ蓑になる状態を創り上げています。

少しずつ少しずつ,周囲に関心を持ち,少なくとも自分の周囲,半径10mぐらいでは,何が起こっているのかを認識してほしい。

それって,いじめが云々よりも以前に,
人間が生き延びていくために必要な
最低限の注意力じゃないかと思うのですが,
彼らには,そうした注意力も,観察力も危機感も育っていないのです。

私には,いじめも含む,この自分以外への無関心は
彼らの命に関わることだと思うのですが。。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

いつもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
ありがとうございました

あ〜・・・ラ・フランス

8月の山形
はっぱばかりの果樹園にたわわに実っていたラ・フランス
先日の台風で落っこちちゃったらしい・・・・
10月が収穫って
もうちょっとだったのに
なんでも,摘果してもしばらくは置いといて
追熟させて食べるとか。
それが,一面に落ちちゃった・・・・・
なんてもったいない
なんて空しい
自然の力の大きさの前に,人間なんてほんとにちっぽけなもので
あんな台風1個の前になんにもできないんですよね。

被災された方々には本当にお気の毒です。



にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

タグ:果物 山形

山形C 道の駅

宿から歩いて5分ぐらいのところに「天童温泉 道の駅」がありました。
「道の駅」といえば,一般道路上のサービスエリアのこと。
なにか面白いものはないかしら。
そうそう,ここでお土産見ていこう。
そんなに店内は広くはなくこじんまりとしている。
あちこち見ていると,表に定番のソフトクリームショップが見えた。

こういうところのソフトクリームは,たいていご当地の妙なものを売っています
ここで見つけたのは3種
おみづけのジェラート,だだ茶豆のジェラート,ラ・フランスのソフトクリーム・・・・
これは食べてみんなんやろう

だだ茶豆っていうのは,要は枝豆のこと。
ですから,ジェラートも豆の香り。
これはなかなかおいしかったです。

あやしいのはおみづけ。
おみづけって,野菜を細かく刻んでつけたお漬け物なんですね。
ジェラートにも,緑色のツブツブが入っています。
で,当たり前といえば当たり前ですが,その一粒一粒がしょっぱいんです。
甘いジェラートとお漬物の風味は,何とも言えない組み合わせでした。
お立ち寄りになられる方がありましたら,挑戦してみていただけたらと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。