【教師の日常】 の記事一覧


かなり疲れてきました

4月の初めは,6時間中5時間学活,1時間集会なんて日が続きます。
経験から,少しは先読みも,流れを作ることもできますが
やはり体力的にはキツイです。
何しろ,朝の朝礼に行ったら,それっきり4時まで職員室に帰ってこれないわけですから。

小学校の先生って大変だな・・・・。毎日こうなんでしょ。

で,組織が決まり,係が決まり,班が決まって,子どもが動き出すと
少し教師は楽になります。
やっと掃除までこぎつけました。
ほっとくと,どう動いていいかわからない人達ですから,
1から教えます。
それでも,伝達や指示を聞いてなくて,
仕事が回っていない・・・・なんてしょっちゅう。
それで,「これはだれの仕事?」と聞いたときに誰も反応しないと
雷雨になるという図式です。

家で仕事をやりつけていない子どもたちですから,
とにかく動かないでおこうとするんですね。
でも,仕事の分担は,必ずひとり1役ではなく,誰かが休んでも,次の誰かに責任が行くようにさせてあります。
だから,どんな場合でも,誰も責任者がいないということにはなりえない。
そこで誰かが逃げると,班全体が絞られることになります。
1か月もすると,ちゃんと反応するようになりますから,こっちもあきらめずに雷やら嵐やら起こし続けるわけです。
それでなんとか,自分もクラスの一人として責任あるポジションにいるんだとわかってくれれば,少しは自尊感情もわくってものでしょう。
なにしろ,彼らは役に立ってきていませんから,
動かない上に,自尊感情もない。

家の中で,褒める種を作ってこなかったところに根っこがあるわけですから,時間がかかる作業です。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

PC?それとも手書き?

クラスが動き始めると,いろいろな活動が始まってきます。
もうじき授業も始ります。
時間割表に始まって,クラスの組織表や班活動,掃除場所,今年の目標などなど,掲示物は山のようにあります。

私の隣の担任は,全部PCで作っちゃいます。だから,整然と,とってもきれい。
ラミネートまでして,もーこれ以上はありませんって感じです。

私は,全部子どもの手書き。
あったかみはあると思うけど,ところどころ「ん〜〜〜」ってこともしばしば。
それでも,やめるつもりはありません。
隣の担任は,「すずめさん,なんなら作ってあげましょうか?」っていってくれるけど
「けっこうです」
きっと負け惜しみだと思ってるだろうな。

だけどね,これ以上なんでも揃えてあげていたんじゃ,
生徒が工夫したり,考えたり,自分で作ったりする部分がなにもなくなっちゃうと思うの。
その先に待っていることっていったら,
工夫しなくなって,人任せになって,そのくせお客様感覚で批判とクレームだけ言うくせに,自分で行動しない人なんじゃないかなって
だから,生徒が,一人じゃできないけど,何人かで工夫して,協力して,面倒くさいけど自分の手で何かを作る作業を残しておきたいのです。

だから,最後の一人になっても,私はPCで打ち出してやったりはしないよ。
残念だけど,私の受け持ちになったら,その辺は諦めておくれ。
求めるのは「自分たちで運営できるクラス」
先生の手なんか借りるんじゃない。
自分たちでまとめて好きにしたらいい。
そのノウハウならいくらでも教えてあげるし,仕掛けも後押しもする。
でも私は直接は動かない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

入学式はつつがなく

去年の入学式は悪夢でしたが

参考:たぶん一生忘れられない入学式です

前日から
「今年は骨折しても,代わりはしないから」と,教務主任に宣言し,教務主任には,「外出禁止」
無事,今日の日を迎えました。

今年は,去年の教訓もあって,何事もなく,無事に式は進んでいきました。
去年は,最後のアトラクションに出る生徒を案内する教員がタイミングを間違え,プログラムの順番を一つその場で入れ替えたのですが,
今年はそれもなく,すべてが順調。
悔しいくらいに平和に終わりました。

そんなもんだよなぁ。

なんだか,ものすご〜く疲れた1日でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学級通信のタイトル

クラスの担任が決まると,毎年一番最初の作業は学級通信のタイトルを考えることです。
クラスのナンバーが入って,語呂が悪くなくて・・・・。
しょーもないと思われるでしょうが,
始業式の日に,No1を出して,そこで方針について語りたいのです。
途中で続かなくなってしまうときもあるのですが
最初はやっぱり出さないと。

自分でも,バカなことしてるなあと思わないでもないんですが
周りを見ると,けっこうよく似た人がいて(笑)

みなさんはどうやって学級通信のタイトルをつけているんでしょうね?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

準備委員会

ほかのところではどうしているのかわかりませんが,
新年度のことをいろいろ決めるために,学年2人ずつが出て,校長,教頭と,準備委員会というのをやります。

職員の学年配置を決め,
持ち時間数をある程度確定し,1週間の時間割運用とか
年度当初の予定とかを決めていくのです。

4月1日の職員会の準備をするので
準備委員会と呼ばれています。

今回は新採の子が一人いて,
その子の初任研がらみが色々あります。
講師も何人かいるのですが
なんと,全員が新人さんです。
こりゃあ,たいへん。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ぐぅわ〜,風邪ひいた

花粉症ではないと思う。私の季節は5月(イネ科です)
まだちょっとはやい。

風邪だと思うが,やたら鼻が詰まる。
鼻で息できなくなるので,口が開く。
鼻をぐずぐず言わせながら,半開きの口で,ふがふがやってれば
まぁ,しまりのない顔になる。

もうちょっときりっとした顔になってもよいのに
あーやだやだ

明日は準備委員会
早く寝て治そうっと

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

クラス替えこぼれ話

この時期になると,生徒の関心は来年度,誰と同じクラスで,担任は誰かってことで
教師としてはつい,からかいたくもなってくる。

「来年は私のクラスで,毎日怒ってあげるから」
「はい。あ・・・?」

「あ,って何よ」
「いえ,いいです」
「いいって,なにが?それは,私が担任じゃヤだっていうこと?」
「あ,いえ,そうじゃなくて。」
「じゃあ,毎日怒っていいのね」
「いえ,いやです」
「え?あたしの担任じゃいやって言うの?ふ〜〜〜ん」
「あ,いえ,そうじゃなくて」


かわいそうに生徒は勝手に無間地獄に落とされて
からかわれるわけであるが
けっこうウワサ話を楽しんでいるところもある。

困ったものなのは親たちで
わが子のことを考えるのはいいが
わが子のことしか考えない人も多く
誰それと一緒にしないでほしいの,誰それと一緒にしてほしいのと
最近は真顔で平気で言ってくる。

いざこざがあって,そのわだかまりから教室に入れなくなるとか
派手な喧嘩をおっぱじめるとか
他にはなかなか友達ができないとか
それだって,「アンタ,社会に出たらどうするの?」って言いたくなるけど,
この人と一緒にいたら,わが子の成績が下がりそうだからなんて
本気で言ってくる親の神経を疑いたくなる。
それでクラスを考慮していたのでは,クラス替えなんかできない。

どうしてそこまで自分本位にジコチューに考えられるんだろうかと
不思議に思うくらいだ。
そんなわがままを言うことは,周りまわって
自分の子どもが,もしかして,「この子と一緒にすると,成績が落ちそうで」なんて言われてるかもしれないってことを,考えたりはしないのだろうか。
少なくとも,その程度の理由でわが子が「一緒にしてほしくないリスト」に入れられるかもしれないって立場を考えたら,人さまの子にそんな失礼なことは言えないはずなんだがと思ってしまう。

それでも,面と向かってそう答えると,次の日には
名指しで教育委員会に電話がかかるので,
ほんと親って怖いのである。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

完成!研究紀要

まあ,一応できました。
あんなもの,どこの学校でも作っていますが,
読む人なんかどこにいるの?って
それを真剣に作らなきゃいけないのもなんか,むなしい。
あんな苦しい思いでまとめとあとがき書いたんだから,
ほかの学校のもちょっとは読んでみようかな,なんて
変なところで気をまわしてみたりしました。

綴じて本にするより,CDに焼いたほうが安くて場所とらなくていいんじゃないかと誰かが言いました。
それはいいと誰かが賛成しました。
原価計算してみると,問題にならないくらい節約できます。
来年度はそうなるかな?

とにかく,これで一区切り。
今日からコメントも読んでお返しに行こうっと

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

休日の学校 2

3月らしい穏やかな陽気で
南向きの職員室ではもうストーブなしでも過ごすことができた。

4時間輪転機を回し,印刷は終了
通知表の準備もOK。要録の下準備も終わったようだ。

あと出来上がっていないのは紀要のあとがきと,添書。
でも,改めてみると,こんな程度の悪いもの
出してもいいのかと自己嫌悪に陥る。
やっぱり底の浅いすずめに研究なんて仕事は向いていない。
だから目標管理でも自己評価はC。
これ以上自信をなくさせるようなことはしないでほしい。

あ〜,やだやだ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

足元を見つめなおそう

そろそろ年度末ということで,来年度のことやら
今年度の後始末やら
私の場合は研究紀要がどうにも終わらないという
かなり切羽詰まった状態になってきた。
だいたい,昨日までにあらかたはめどがつく予定だったのに
どこぞの坊やが整わないことをしでかしてくれたり
どこぞのお嬢が面倒なことを言ってきたりするので
なかなか予定通りすすまない。
まったく,親が忙しいと子どもが熱を出すって
あの気分である。

土日は学校に泊まり込みたい気分だが
そんなわけにもいかないので,とにかく頑張るしかない。

あんまり頭を使わない作業だと
つい,今年一年のことをいろいろ考えてしまう。

思えば,4月の学力テストに始り,学力向上の一斉唱和に踊らされた1年だった。
終わってみれば,テストの点数は変わらず,落ち着かなかった分だけ子どもの企画力や計画性を仕掛ける手順をおろそかにし,その分だけ,ただでさえ生活体験の少ない子どもたちの幼児性をそのままにしながら,面倒を見すぎた感じがする。
それは表面的には「世話をしっかり焼いてほしい」という保護者の希望でもあったかもしれないが,長い目で見れば,決してそうではない。
しっかり自分の面倒を見ることができる子どもを育て,親離れさせてやることが,結果的には社会のニーズに合うはずである。
目の前のことに追われて,結果を損ねた感がある。
特に,親自身の社会性にも不安がある場合,多くのサンプルを見ている教師が,もう少し相談に乗ってもしかるべきであろう。

今一度,足元を固めなおさないと,来年度は育ち切れていない子どもたちの逆襲に遭うかもしれない。育ち切れずにうまく思春期のごちゃごちゃを乗り切れていない子どもは,短絡的にギャングエイジそのままの荒れを見せるか,自己嫌悪からひきこもって手首を切るか,極端に言うと,どちらかになる。
どっちにしても,学校は荒れ,教育はますます荒廃するだろう。
不幸な予言はするものでないというが,
私には同じように足元を見失った学校が荒れるに任せる現状が多発するのではないかという懸念がある。
しっかりかけるべきとことにかけるべき時間をかけ,
止められる波は止め,ゆったりした時の流れを取り戻すことが大切なような気がする。
少なくとも,自分の学校,自分の学年は,
行動面を強化し,まともな人間を作る手だてを優先しよう。
テストの点?悪けりゃ教師が「すみません」と頭を下げよう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

新指導要領説明会

文科省からお役人が来て,新指導要領の説明をしていった。
厚さ1cmにもなるかっていう,新指導要領をダウンロードして,一応打ち出して持っていった。
90分きっちり,思いっきりしゃべっていったが
なんかなぁ・・・・。

ただ,今回感じたのは,文科省の言ってることが
教委のフィルターを通ると,どこか歪んでしまうっていうこと。

今回の改訂で,ひとつは短時間のモジュール授業が中学校にも認められた。
つまり,朝学習などの時間,その教科の教師がしっかり内容を管理していれば,教科担任じゃなくても,学級担任がついていることで,その10分間を教育課程に位置付けることができる。

もうひとつは,総合などの時間,ねらいやそれに迫る手だてがはっきりしていれば,総合と特活の乗り入れが可能だが,自然体験などを総合に位置付け,それを夏休みに行った場合でも,授業数にカウントできる。

ちょっと「はい?」って思ったのは
すべての教科と道徳が連動していること。
教科の特質を考えながら,道徳と絡めて教えること,って内容の文が,すべての教科に入っている。
なんか,再生会議か何かの攻撃をかわすために,文科省,必死の防戦って感じに見えた。


みなさん,静かに聞いていたけど,ほんとにわかってるのかな?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

おばちゃんの役得

おばちゃん頑張れっていわれて,思わず自分のことかと思ってしまったのですが,残念ながら,私はそんなすぐれたおばちゃんじゃなくて,
ただのおばちゃんでした(笑)

でも,実はおばちゃんには役得がたくさんあって,
昔は女で損だと思っていたのですが
今はおばちゃんでよかったなと思っています。

ただし,辞める云々にかんしては,
まだやめるわけにいかないので,定年まで働かせていただくつもりなのですが,ずっと,40歳になったら辞めるつもりでいました。
昔,自分が生徒だった頃,40を過ぎて,魅力的と思える人がいなかったからです。40過ぎて,生徒の前に生き恥をさらすようなことはしたくない。ずっとそう思っていました。

さて,おばちゃんの役得の最たるものは
セクハラになりにくいということだと思っています。
女の子なんか,超マセガキなので,特にオジサンに対する態度は厳しいものがあります。
下手に触ろうものなら,もう大騒ぎになってしまうし,
いくつになってもオジサンはオジサンだから,
女の子たちから嫌われる人も多いわけで,かわいそうだなあと思ってしまいます。
もちろん,慕われる素敵なおじちゃんもいますよ。
別の意味で,母から慕われるおじちゃんも大変かもしれませんけど(笑)

その点,おばちゃんは楽です。女の子に触ってもまず問題ないし,
男の子にとっても,ほぼ母と一緒なので,
どうでもいい存在なのでしょう。
私がいても,男の子たちが平気で着替えを始めるのがその証拠です。

もう一つの役得は,親の文句が少ないことです。
若いころは親も頼りないと思うのでしょう。
いろいろ言われます。
だんだん年が近くなり,逆転するにいたって,
文句はパタリとなくなってしまうのです。
代わりに愚痴と相談ごとは増えましたが,
そんなことぐらいなんでもありません。

かくしておばちゃんは,今日もわがままに思いのままに生きていくのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教員に残業手当ねぇ。もう少し考えたほうがいいと思うよ

残業手当をつける方向で調整に入ったって。

難しいんじゃないかと思うな。
今の4%一律っていうのを切りたいんだろうけど,
これってある意味よく考えられてると思うんです。

まず,教員の仕事って,家に持ち帰れるものも多いので,
特に子どもの小さい女性教員なんかは,すべてを家に持ち帰るわけで
すずめも昔は,スーパーのカゴと同じくらいの大きさのカゴに,一切合財詰め込んで,職場と家の往復をしていました。
プリントの準備,教材の作成,テストの丸つけ(最近ダメって言われますが)のような仕事は,子どもが寝てからが勝負。夜中の3時ころまで頑張る日も少なくありません。
当時は,職場に残って残業できる男性教員が偉そうにふるまうのが我慢できず,「誰かが家でごはん作ってくれてるから,ここに残って仕事ができるってことがわかってるの?」なんて過激な発言をしたりしました。

残業手当をつけるってことは,こんな男性諸氏にますます勘違いさせることになるわけですね。
それから,部活動で土日もなく年がら年中学校に来ている熱血部活の顧問。否定するわけじゃないですが,あの時間は半端じゃない。
確かに今は,7時間で2400円なんて,ふざけてるとしか思えない特別手当がつくので,もうちょっとなんとかしてもいいとは思いますが,
下手すると,10時間も部活してる教師に残業手当付けたら,どんなことになるか,考えてみてほしいです。

もうひとつはすずめのように,半分学校を住まいにして,だらだら残ってしまう残業手当泥棒が増えるんじゃないかってこと。
すずめだって,無駄な時間だと言われれば,否定できない時間を学校で新聞を読み,DVDを見て,他の教師とおしゃべりしながら過ごすことがよくあります。
でも,毎日見ていないと,新聞のいい記事取り逃がすし,DVDの隅々まで見ないと,使うところ探せないし,他の教員と話をしているうちに,いいアイディアがぽこっと出てきたりするし,無駄なようで結構大事な時間なんです。

そんなこんなをちゃんと区別して,みんなに文句のない残業手当をつけようなんて,土台無理な話だと思います。
で,たぶん,予算あっての話なので,月10時間とかいう頭打ちになるんでしょう。
それじゃちっとも意味がない。
で,どっかのぐうたらな教師が,まただらだらと学校に残っていることを余計なところでしゃべるかなんかして,マスコミにたたかれて,
カラ残業だろうって痛くもない腹さぐられて,またバッシングにあうのです。そんな残業手当ならいらない!

ほんとにメリハリつけたいのなら,もう少し考えてみてほしいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あれもこれも・・・・

欲張りすぎかもしれないが,いろんなことが押し掛けてきて,
アップアップ状態のすずめです。
22年度からの学習指導要領をみこして,総合と選択に手を入れようとして
「そんなもん,まだ考えんでいい!」と怒られ
でも,来年の研究テーマを考えなければならず

研究なんて程の研究してるわけじゃないのに,
なんでどこの学校にも研究テーマが存在するのかが
よくわからなかったりする。
そのテーマのときと,あのテーマのときで,することにほとんど差がないようなきがすること20余年なんだけど,それでもやっぱりやるのね。

でもって,地域本部の立ち上げが,進んでいるようないないような。
現在は何とか進んでいるけれど
新年度になれば,どうなるやらわからない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教師がやらなければいけない競争

前の記事で,教師に「競争」は似合わないと書いたが,
あくまでも,人事考課がらみの競争であって,すべての競い合いがないことをよしとしているのではない。

真面目な教員ほど,給料や,査定や,自分への評価や,そんなもの関係なしに同僚と張り合ってクラスの団結力を高めたり,成績を上げようとしたりするものである。

合唱コンクールや球技大会などのクラス対抗行事なんかになると,
担任はそりゃあもう,生徒より熱くなってクラスに声援を送る。
そういう部分がないと,学級経営だってうまくいかない。

生徒は教師が思っている以上に,シビアに教師を査定している。
子どもだからって侮ってはいけない。
しかも,かなり,客観的で,あたっている。
子どもたちは,だれが自分たちに一生懸命で,誰が自分たちのためを考えているか,ちゃんと分かっている。
だから,子どもに迎合する教師の評価は低く,しっかり怒ってくれる先生への評価は高い。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

私のやってることは体罰になるのか

学校教育法により,体罰が禁止されていることは,誰もが知るところである。
生徒でもしっていることなので,小賢しいヤツになると
それを逆手にとって,やれ体罰だの先生の処分だなどとうるさいのが出てくる。
精神的苦痛ということなら,ガチャガチャうるさいそんな生徒や親の存在こそ
教師への体罰みたいなもんだなんて,思わず考えてしまうこともある。
かくいう私も,生徒の腕を掴んで,「体罰だ」と騒がれたことがある。
指一本すら,触れるときには気をつけなければならない学校はいくらでもある。

すずめはもしかしたら,学年では1,2を争う体罰教師かもしれない。
「だめですよ,忘れものしちゃ」
「油断しないで,授業聞きましょうね」
「掃除はサボってはいけません」
なんて優しく言っても,効果なんか0であることは明らかであるし
だいたい,こんなに何文字もしゃべっている時間ももったいない。
こんな,もともと大したことのない忘れ物なんかにこそ,
「先生,教科書忘れました」
ゴツン「隣に頼んで見せてもらってください」
ぐらいで済んでおくのが,あっさりしていいと私なんかは思うのだけれど。
もちろん,生徒と私の人間関係がきちんとできていることが前提であって,
初対面の生徒にできることではない。

だいたい,生徒だって,中2にもなれば,男の子ならほぼ全員が,
私より背も高くなり,力もずっと強くなっている。
私の「ゴツン」がほんとに耐えられなくて,私にやり返せば,
私なんかひとたまりもなくすっとんでしまうだろう。
今のところ,不満も文句も聞いていない。

ただし,ほんとの意味での体罰は,これはやっかいである,
だいたい,教師は神でも何でもないのだから
その教師の制裁で,本人たちの罪が償われるなんて,それはありえない
それに,体罰教師の存在は,実はほかに悪影響を及ぼしてくれる。
痛みや恐怖によって行動することを覚えた子どもは
痛みや恐怖によってしか動かなくなる。

つまり,その教師の言うことしか効かなくなってしまって
すずめのような非力な教師の言うことぐらいじゃ動かなくなるのである。
これでは,学校の中では生徒が教師に従うという,契約にもにた人間関係が構築できない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

こんな学校終わっとる・・・・

なんて,愚痴を言いながら,やっぱり生徒はかわいい教師バカ・・・・

今日はまず,お行儀の悪いボクを職員室まで引っ張ってくることから。
先生に反抗して暴言を吐いちゃった。
いろいろ聞いても,話をしない。
ほんとはあまり好きではないが,いろいろ質問していくことになる

朝ごはん食べてきたの?
「ううん」
おかあさん,起きてるでしょ?
「うん,。。。」
ごはん,作ってあったんじゃないの?
「うん」
なのに,食べてこなかったの?
「うん」

てな具合で,30分ほどもかけて,聞き取り調査
も〜,日本語ぐらい喋ってくれないかな。

ま,総合すると,先生に反抗するってほどのつもりはなかったけど,
イライラしていたので,売り言葉に買い言葉だったらしい。

でも,教師に暴言を吐くのを許しておくことはできないので,
やさし〜くお話をすることになる。

最近の子の特徴として,とにかく自分に自信がないので
お話をしたあとでも,必ず,
「私は,あなたが憎くてこんな話をしたのではなくて,
怒っても,あなたのことを嫌いになることはないから,
困ったことがあれば,必ず相談にくるのよ」と
この,「あなたが心配メッセージ」を付け加えないと,
「先生はどうせ僕のことなんか,嫌いなんだ」とすねたり,荒れたり
ややこしいことになってしまう。
一昔前の子どもたちのように
おこっても.怒っても,やっぱり「せんせい」と慕ってくれるような
そんな無邪気な良さは無くなってしまった
だいたい,何のためにこんなに甘やかさなきゃいけないんだろうと思いつつ,まあまあ,と自分をなだめて,にこやかに,さわやかに

ちょっと前までなら
悪いことをして呼んできた場合には,まず
「そこ,座りなさい」
と,床に正座させて事情をきいたものだった。
正座は体罰にあたるのだそうで,いつの頃からか,使うことはなくなってしまった。

親の中には
「先生,うちの子はぶったたいてもいいから」
なんて言う親がいるが,言葉どおりにたたいたりしちゃえらい目にあうこともある。
だいたい,叩いてもいいから指導してくれって
それって他力本願過ぎませんか?って

こうして,図らずも,朝から晩まで生徒のご機嫌取りをしながら,学校は動いている。
これは決して,生徒のためにはならないと思うのだが,
どうにも止まらない状態なのである。

次は体罰のお話を少し話そう

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:体罰 責任

モンスターとネグレクト

突然メールをいただいた。
モンスターペアレントについて,最近どんな親がいたか教えてほしい・・・・
申し訳ないが,マスコミの期待に沿うような親には出会ったことがない。
し,そんなことを,また興味半分(ではないだろうが)に騒いでほしくない。
基本的にモンスターさんたちは,自分の子どもに目が向いている。
中にはそうでない,とんでもない身勝手な親もいるが,
それはごく少数で,たいていの親は,自分の子どもかわいさに,視野が極端に狭くなっている場合が多い。

まあ,クラス写真の中央に自分の子どもがいないのはけしからんとか,
自分の子どもに,家でもさせていない掃除をさせるなんてとか
そんなわけがわからない寝言のようなことを言ってくる親には,
私はまだお目にかかったことがないので,どこまで要求がエスカレートしているのかという実態は
よくわかっていない。

むしろ,最近困っているのは,子どもの面倒を見てくれない親。
育児放棄に近い親たちが増えていることだ。

遅刻ギリギリで来た生徒が,身なりからしてバタバタなので,
ちょっと呼んできいてみると,
母が寝ていて起こしてくれないから,自分で起きてくるのだが
今日はちょっと寝坊したという。
ご飯は冷凍庫の肉まんをチンして食べてきたそうな。
母はパート勤めで,朝10時頃出ていくので,息子が学校に到着するころ,やおら起床となるのだそうだ。

信じられないことだが,そういう子がひとクラスに1人や2人必ずいる。

子どもの朝ごはんくらい,食べさせろよ。
眠けりゃそれからもう一回寝ればいいだろ!!


以前に持っていた男の子は,
制服のズボンがだんだんほつれて破れてきていたのだが,
母は縫わず,自分でも縫えず,そのまま登校していた。
ある時ついに,ちょっとしたところにひっかけてビリッ
大破してしまった。
職員室で,「明日までに母さんに縫ってもらう」というのだが
どうも胡散臭くて,追及
やっぱり,母に縫ってもらえるあてなどなかった。
「いいです」というのを,無理やり持ってこさせて,私が縫う。
子どもは,申し訳なさそうに私の手元を見ている。

ズボンの他にも,女の子のそで口,胸元のホック,カッターのボタン,・・・・
特に卒業式間際には,縫物が忙しい。

親は何しとるん?

ネグレクトの親たちの話題ならまだまだある。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

日曜日の電話はモンスター?

テストが終わって,今日は採点で1日が終わってしまった。
日曜日に学校にいると,時々電話がかかってくる。
たいていは生徒だ。

「○○先生いますか?」

日曜日なので,そんなに職員が出ているはずもなく,いないと返事をすると,たいていは「わかりました」と切るのだが,たまに,なんでいないのかと尋ねてくるヤツがいる。
これが親になると,もっとで,電話口であからさまに怒ったような口調で
「今日はいらっしゃらないのでしょうか?」
なんて聞いてくる。
そんな,休日の職員の動静までわかんないよ〜と心の中で思いつつ
丁寧に返事をすると(したつもり)
「わかりました。いいです」
とガチャーンと電話を切っちまう。
だから休日の電話は嫌なんだよなぁ。。。。
これも一種のモンスターかな?

最近よく公務員の服務について世間で取りざたされるが,
日曜日に学校にいないのが,そんなに悪いことなんだろうか??

そういえば,最近,塾の講師からの抗議電話ってのもある。
たいていは試験がらみだが,
出題の範囲が広すぎるとか,問題が難しすぎるとか,この前は答え方に求める基準が厳しすぎるってのもあった。
前日まで試験範囲が終わらないのはおかしいってクレームに加えて,
この前のすずめじゃないが,試験前に説教で授業をつぶしたと塾の先生が抗議してきたこともあった。
あんたの知ったこっちゃないでしょ!
と言ってやりたいが,名乗りもしないし,一方的にガーガー言ってくるので,ハイハイと流してしまうことが多い。

そんな,試験範囲や,採点基準まで塾にどうこういわれたくないんだけど。
モンスターペアレントならぬ,モンスター塾講師?
なんか,言ったもん勝ちになってしまうのが気に入らない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

自問自悶々・・・・

昨日のことについて,一晩考えてみた
(嘘,さっさと寝ている)
これってあの,「滝山コミューン」の世界につながるかも。
班長(リーダー)に徹底的にお節介を焼かせて
無理やりコミュニケーションを作り出していく
私が昔々,今はもう退職した先生に習った手法

いいのか悪いのか
答えは,ない



にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

説教たれてんじゃないよ!

あ,いえ,ちょっと,今日はぐちです。ハイ
スルーしてください。
頭来たもんで,どこかで吐かないとやってられなくて

今年は自分のクラスってもんがないので
各クラスの会長,副会長に少し働きかけて,ま,その,お節介おばさんになろうかなと思いまして
で,勉強の取り組みを降ろしたわけです。
各クラスで会長,副会長が呼び掛けて,取り組みが始まったわけなんですが,
そこがそれ,今まで大したこともしてきてないし
ま,リーダーといえど,お子ちゃまたちなもんで,そんなにりりしくないわけです。
背中おしてやらないと,何事も始まらないので,
一応,担任の先生たちには,
「リーダーたちがこんな動きをしますから,背中押してやってください」って言ってあったわけです。

で,こっちも,朝からコソコソ会長とコンタクト取っては,あれせ〜,これせ〜と,ちょっかい出してたわけなんですね。
それというのも,リーダーの子たちに,主役取らせて
最後にはいかにも,自分で考えてやったみたいに自信つけさせるためなわけです。

担任の先生たちに説明したのは,リーダーの足引っ張ったり,
「なにしとるんじゃ!!」ってリーダーの子たちが間違って怒られたりしないためで
だから,黙って,「リーダーに任せておいてください」って言ったわけです。

にもかかわらず,わざわざご丁寧様に,この時間のないところで,生徒に趣旨説明までして
「お前ら,リーダーに協力しろ」って訓示垂れてきた担任がいたわけです。
え〜な,お前が前面に出たら,リーダーはただの先生の犬になっちまうやろが!!
なんでそこで,ありがたい説教でなくて,
「なんかするんやってな。がんばれや」って激励の言葉にならんかったんか
自分のクラスで独自の取り組みを展開できてないから
こっちからお節介焼いてこそこそリーダー動かしてるのに,
しょーもない説教たれるんなら,自分だけでずっと垂れてろ!!と
しかも,その担任,朝礼から帰ってきて,私に言うわけですよ
「ちゃんと説明してきましたから」

はぁ?だれが説明してくださいっていった?

これは,本来,班か何かの取り組みで,班長動かして,あんたがクラスの中で展開するもんなの。
人にやってもらって,それを嬉しそうに説明なんかしてんじゃないわよ!
と,まあ,思うわけです。
そんなことまでいちいち担任に説明しなきゃいけないのかね。
それとも,生徒に,「先生にうざったい口出させてんじゃないよ。自分たちのクラス,自分たちで考えなきゃ,誰がやってくれるんだ?」って二言目にはいってる私の考え方がずれてるのかね。

あ〜,ちょっとすっきりした。



にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

年がら年中師走じゃないか

師も走るほどなんていうのが師走のいわれらしいが
どう考えても,忙しいのは12月だけではない。
あれもこれもと抱えて,トータルではやっぱり年度末の3月と
行事にふりまわされる11月が忙しいように思う。
3学期だと,12月は2学期の終わりなので,
成績を付けたり,集めっぱなしになっているものの整理,
保護者への連絡と保護者懇談の準備ってことも,12月の大事な仕事のうちである。

この,保護者懇談のためのお知らせが最近戻ってこないことがおおくなった。
どうやら,生徒たちが闇に葬っているらしいということがあって
チェックが面倒なことになっている。

おっかしいなぁと思うのは
保護者懇談の紙だから,おそらく担任によっては,
期日に返事の間に合わなかった親に対し,直接連絡を試み,
連絡係をしていなかった生徒は,あとで担任教師と保護者,両方からの厳しい制裁の処置を受けることになると思うのだが
その辺の計算が下手すぎるように思う。
それで落ち込むのなら,かわいげもあるが
まったく影響ない子,または,暴れたり,悪態ついたりされると,コイツら,どうなっとるん?とあきれてしまうのである。



にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

研究授業

あ〜,よかった,よかった。
無事に研究授業が終わりました。
生徒たちもお利口さんだったし,
なんとか時間どおりにもいったし
指導案どおりの展開といえば,そうなので
まあ,そんなもんだったと言えるでしょう。

当人はといえば,
自分が裏方をしなければならないような立場にありながら
自分が授業をしてしまったということもあって
研究会全体の雰囲気は,
まだまだだったと思います。
たくさんの方が来てくださったにも関わらず,
誰も声もかけず,資料が途中で足りなくなってしまったのに
取りに行くことも,マスズリすることもせず,
今となっては,どちらにきちんとお礼を申し上げなければいけないのかが
わからなくなってしまいました。

なんか,自分でも締まらないなあとなさけなくなってきます。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:研究授業

あ〜!研究授業3 不安です

私がブッチしてしまった授業の後始末も終わり,
ここでこんなことを書いていると,すずめの個人が特定されそうなんですけど
まぁ,別に悪いことを書いてるわけじゃないので,いいかな。

で,いまのすずめの不安は,
これって学校以外の人からはどう見られるんだろうってことです。
人によっては,忘れものごときで,授業を放棄する教師って
私が100%悪いと思う人もいるでしょうし
子どもたちの中には,話を面白くするために
友達や親に
「今日すずめがいきなり切れてさ,わっけわかんねーよな。あいつ」
なんて,忘れものの「わ」の字も言わないで言ってるかもしれません。

先日もテストの前に説教で時間をつぶして,勉強はどうなってる?
と電話をかけてきた親がいました。
まぁね,言いたいことはわかるんです。
でもね,じゃあ,お行儀や忘れ物の問題がどれだけあっても,
授業だけは気にせず進めて,放課後に説教はまとめてすればよかったんでしょうか?
なんか,それも気持ちの上で納得しかねます。
説教ってけっこうエネルギー要りますから
テンション下がっちゃうと復活できません。

こんなときって,何が正解なんだろうと,ちょっと不安になるわけです。




にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あ〜研究授業2 そして・・・・

で,教室に戻った私は,「なに,これ!!」と大声を発しつつ
猛烈な速さで計算をすることになる。
これですでに15分経ってしまっている。ここで次はどう出るのがいいのか。
延々と説教する?何事もなく授業に入る選択肢はなくなった。
でも,このままいけば,研究授業に間に合わない。
補習をするか?いつ?職員会があるのに,どうする?
いや,まずここを何とかしなくてはならない。
捨て置いて職員室に戻ったら,コイツら,迎えに来るかな。


怒られなれていないおこちゃまたちは,怒られた次をどうするかを知らない場合が多い。
しばらく考えさせるために,教室を出て行くのはいいが,
場合によっては休み時間まで楽しいおしゃべりタイムになるかもしれない。
ただ,一昔前は,教師への反抗から,指示が通らないことはよくあったが
今の子は悪気もなく,ただ経験不足から何も考えないことが多い。
ある意味,一から十まで教えてやらないと,対処法すら考え付かない。

「あんたたち,おしゃべりなんかしてたけど,私は誰の用事で下に行ってたわけ?」
「僕たちです」
「じゃあ,先生に自分の用事をさせておいて,あんたたちはおしゃべりして待ってるわけだ。悪いのは誰だったの?」
「いえ・・・あの・・・・」
「あんたたちはどうしてるべきだったの?」
「静かに待っていることです」
「だよね。で,どうしてたわけ?」
「しゃべってました」

ここらで初めて怒ってもいい準備ができる。
「あほくさ!自覚もなくおしゃべりしてる生徒のために,忘れものの手当をするのが教師の仕事?
その間,忘れものした本人は責任も感じないで,おしゃべりしてるわけ?どっちが悪いの?
やめた!!やってられないよ。ちょっとは考えたらどう?」

バチンと後ろ手で戸を閉めて,廊下に出てしまった。

あ〜〜,授業が。研究授業が。あ〜どうしよう
ヤツら,呼びに来るかなあ・・・・。
どこで取り戻す?やっぱり放課後補習しかないか。

職員室で待つこと5分
会長と副会長がのこのこやってきた。ヨシヨシ,いいぞ〜

「先生,授業をしてください」

しかし,1回目はだめだ。
「やだね。だいたい,なに?会長と副会長を代表で送り込んで,本人たち,またおしゃべりしてんでしょ?
やってられないわよ」

「いえ,忘れた人たちは立たせてあります」

立たせてって,コイツら先生?
「ふーん,今頃やっと立ってるわけ? じゃあ,みんな揃って謝りに来れば?」
「え,いえ,あの,でも・・・・。」

だよね。そこまで話し合えるとは思えない。
「帰って言いなさい。人にだけ仕事させて,自分は座っているだけじゃ話にならない。もう忘れものはしないで,真面目に授業の準備ができますって,みんなが言うなら授業もするけど,その確認はとれる?
それから,今日の飛んでしまった授業の埋め合わせに,明日は放課後補習するけど,
がんばって受けられるって,みんなが約束できたら,もう一度来なさい」

「わかりました」と会長は帰って行った。わかっているんだか,わかっていないんだか。とにかく待つしか仕方がない。

しばらくすると,また会長,副会長が戻ってきた。

「先生,みんなきちんと持ってくるそうです。放課後の補習も受けます。」
これで研究授業の前は決まった。
まだオマケがあるけど,また今度

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あ〜,研究授業1 でも許せない

たいていの学校では,毎年,研究授業というものがあって
それぞれの教師がいろいろと自分のやってみたいことや
どうしたらもっと効果的な授業ができるか考えてみたことについて
実践してみてほかの教員たちにみてもらい
意見交換する場とうのを作っている。
全員が何かをする学校もあれば,私のところのように,何人かが交代でやってみるというところもあって
まあ,持っていきかたはそれぞれであるが
今年は私に順番が回ってきて
すずめが研究授業をすることになった。

日程とクラスが決まれば,
次は授業で何をするかを決めなくてはならず,
いったいどこまで授業が進んでいくのかを計算して,研究授業をする場所の指導案を書くことになる。

すずめは恥ずかしながら,この指導案というのが苦手で困ってしまうのだが,
生徒とかけあいで漫才のような授業をしているすずめにとっては
でたとこ勝負の毎日に,そんな緻密な計画など,どうも嘘っぽくって書けないのだ。
それでもきちんと授業を読んで,指導案も書き,みなさんにも配って
委員会にも届け,指導主事の要請も終わった。
あとは授業をするのみである

と,きっちり予定をたて,
ジグソーパズルのように組み立てられた計画に沿って授業をしていたはずだったのに,

カチッ(生徒が地雷を踏む音)

あー,教師には,授業規律や生活態度において
許してはいけない瞬間がある
その場で雷を落として,生徒と対決しなければならない場面があるのだ。

よりによって,ここで地雷を踏むか?
あと1時間で研究授業という時に・・・・
この時間を説教に費やせば,研究授業の単元にたどりつけなくなる

でも,だめだ。
この1時間を許してはならない。

何があったかというと,
この1週間,研究授業のこともあって,差し込みの教材を使うことにしてあった。
先週から,授業中にも予告し,係りの生徒にもそう伝達してあったのだが,
係の生徒が伝達をきちんとしなかったのと
生徒たちがすっかり忘れていたこともあって
なんと,教室の半数が教材を忘れてきたのである。

それでも,最初は応急手段で,授業を続けようと思っていた。
ところが,きちんと反省を促し,静かに待つように指示して,教材を用意しに教室を離れた3分間を待てなかった生徒諸君は
私のいない教室を,和やかにおしゃべりの空間にしてしまったのである。
大急ぎで教材を準備し,教室にとって戻した私の眼に映ったのは,
自分の忘れ物を,まったく他人事のように悪びれも反省もせず,教師が用意してくれるのを当たり前に待っているおこちゃまたちであった。
もちろん,私にも非はある。
教室を出る時に,捨て台詞か何かで,きちんと押さえておかなかったから
怖くも何ともなかった生徒たちは
「なぁんだ,忘れたって先生がなんとかしてくれるじゃん」と,お気楽に時間を過ごしてしまったわけで,
誰の非で,誰のために,教師が大事な授業の時間を割いて,職員室へ行かなくてはならないのかを
脅しも交えて押さえておかなくてはいけなかったのだ。
そこをきちんとしておかないと,わけもわからない生徒諸君は
「教材なんて,持ってこなくても,先生がなんとかしてくれるから大丈夫♪」
責任感のかけらもないろくでなしに育っていってしまう。
「僕たちは,なぁんにもしなくて,座っていれば,先生がぜぇんぶ面倒みてくれるもん」
それは,申し訳ないが,何不自由なく育ってしまった生徒たちの甘えであり,
そのまま中学を卒業させてはいけないぐうたらポイントなのだ。


長くなりすぎたので,次に続く



にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

訓練が足らない

今日はよく怒ってしまった・・・・
最初のクラスは,昨日も忘れ物が多くて,授業の予定を少し変更したのだった。
それが,今日もまた忘れ物の嵐だったのである。

子どもたちは毎日終礼の時間に,連絡帳のようなものを書いている。
次の日の予定や持ち物を書いて,家ではそれを見ながら宿題や予習をするという名目になっている。
当然,昨日の終礼では,今日の持ち物を書いているはずである,
それでまだ忘れてくるなんて,どういうこと?
どうやら,確かめてないので,書き洩らしてもわからないし,
家でも見ないから,何を書いてあっても,関係ないらしい

それじゃ進歩がないので,少し怒ってやらなくてはいけない。
時間割さえろくすっぽ合わさないまま学校にきて
座席に座ってさえいれば,点数があたる。
世の中そこまで甘くない

忘れ物した子を立たせて注意していると
なんと,座っているこの一人が寝出した

なんて奴だ!
人の痛みがわからないというのは
この辺に始まるのではないかと思った。
あのなぁ,怒られて,どう切り抜けようか思い悩んでいる横で
「オレは関係ないし」って眠りに入られたら
そう来るか?って頭にくるやろう?

考えればわかりそうなものだが
それを考えようとしない
ちょっと気持ちを締めればいいことだが
そこが締まらないのである。
説教でそんなに簡単に事態が好転したり,生徒が変わったりするわけではないだろうが
あきらめては何もできないから
やっぱり毎日でも説教していくしかないんだろうな,と思った

そういうわけや,みなさん
やっぱりいじっかしく言わなくてはいけないのだろう
1回で変わらなくても10回で変わるかもしれない
200回でわかるかもしれない
それまであきらめず,言い続けていくしか道はないのだろうなと思った。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:忘れ物

人権の学習−子どもの権利条約

サクラですが,人権の学習会に行ってきました。
日頃はけっこう人権無視のすずめですが,聞いているととても興味深く,
新しい発見もできてよかったと思います。

「子どもの権利条約」とかってものが出てくると

そんな甘いことを言っているから,子どもがつけあがるんだ
と,また批判が聞こえてきますが
そんな批判ができる家は,子どもが十分に大事にされている家庭なので
そんなところに,権利条約は実はどーでもいいものなんです。
最近,真剣にあの権利条約が発効しなきゃいけないような家庭がジワジワ増え始め
これはマジな話なんだと,鈍感すずめでも思い始めました。

とても信じられないかもしれませんが
子どもの集金を親が使い込んじゃって,何か月も学校に滞納しながら
新しい車を借金で買っちゃう親。
当然,給食費も未納です。
いつ洗ったのかわからないカッターシャツを着て登校してくる子。
朝ごはんも夜ごはんも作ってもらえないので,
朝は抜き。給食をしこたま食べて,夜は友達の家を転々とし,お菓子をもらって飢えをしのぐ子。
虫歯だろうが,近視だろうが,医者に行かせてもらえないので,
虫歯はそのまま,眼鏡も作ってもらえない子。
お知らせを読んでもらえないし,そのうちゴミに捨てられてしまって
呼び出しても保護者懇談をブッチする親。
熱があって,早退させようとしても,給食を食べさせないで帰らせると
あとから抗議の電話がかかってくるときがあります。

父親からの性的虐待,母からのネグレクト,夫婦喧嘩のとばっちり
兄や姉からの暴力を受ける子もいます。
そんなこんなから,自傷行為に走る子も少なからずいるのです。

日本の法律でも,13歳になれば,新聞配達程度の就労はできますが,
親だけで契約はできないことになっています。
勝手に子どもを働きに出させて,学校にもやらない親が出るからです。

先進国のはずですが,お勉強に関心があって,塾にはやっても
生活の面ではどうなってるの??と首をかしげたくなります。
ほんとにこれが日本?こんな子どもたちのために,権利条約があるのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

掃除は誰の仕事だろう

朝一番の仕事は教室の整理と掃除でした。
もう何年もそうしてきたので,担任を外れるとすることがなくなってしまい,しょうがないので職員室を掃除したり,玄関を掃きに行ったりしています。
教室を掃除していると,生徒はよく「先生,掃除好きなん?」と聞いてきました。
別に好きなわけじゃないですけど,朝一番からゴミを踏むような教室では勉強できないと思いますし,すっきりした環境で落ち着いて座らせたいと,それだけの理由です。
だから,机も全部整頓します。たまに隣とわざと離すペアがいますが,これは私にとっては戦いの一部ですから,きっちりくっつけて並べます。
目の前で生徒が机を離したりした瞬間,「隣に『そばに寄るな。汚らわしい』って,今,態度でそういったんだけど,そういうことなん?」とつるし上げなければならないからです。小さいことですが,これを許してはいけません。

よく生徒の掃除にはうるさいくせに,自分では絶対掃除のの字もしない人がいますが,私は自分の教室ぐらい,きれいにするのは最終的には自分の仕事だと思っています。変なたとえですが,おむつと一緒で,きれいで気持ちのいい状態を味わわせておかないと,乱雑な状態を気持ち悪いと感じられなくなるような気がするからです。
だから,偏屈なようですが,掃除は生徒にさせなきゃいけないものと決めてかかって,どんなに乱雑で汚れていても,自分では何もしない人には,ちょっと違和感を感じてしまうのです。そんな人に限って,ちゃんと水拭きのされていない状態で掃除を終えてしまっていても,やり直しの一つもさせていない場合が多いような気がするのは,おばちゃんの先入観かもしれませんが。 にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。 もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。 ありがとうございました

ちょっとバランス崩れてますね

11月は学校にとって忙しい月ですが
今年は例年にまして目白押しのような気がします。

昨日は東京からの講師をお迎えに行っていました。
今日はその講師の方の講演会があります。
学校にお迎えしなくてはなりません
授業もあります

研究授業の指導案を作らなくてはいけません
まだ手書きのメモ状態です
週末の連休は研究大会があるので,サクラですが参加しています
今月はついに,3,4の文化祭に始まって
25日までなにもない日はありませんでした。
ということは,10月28日以来,お休みがなかったことになります。
熱心な部活の先生は,毎月こんなことしてるんですね。
そりゃ離婚も増えるわ(謎)
しかも,ほぼ12時間から13時間を職場で過ごしています。
寝てる時間を考えると,家にいる時間の3倍ほど職場にいることになります。
ちょっとバランス崩れてますね。
休みがほしいよ〜

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

後には引けない・・・・

学習指導要領の改訂が決まって,文科省の概算請求が出てきまして
そこに出てきました。学校支援地域本部
今から4年間で10000校に設置せよ
1万って,中学校全部じゃないですか。
そんな簡単にいくものなのかなあ

すずめの学校は今年,地域本部を作り始めたのですが
手探りなので,なにしろ,うまくいかないことだらけ
あれはどうする?これはどうしようって
文字通り暗中模索,五里霧中
でも,こんな動きになってきたとあれば,
もう後には引けないのでしょう。
行くしかない。

あ〜

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教師も勉強?

今日は東京でセミナーなんですけど
台風が来てるそうで
帰りの飛行機が飛ばなかったらどうしよう・・・・

この日帰りセミナー参加って
けっこう体力的にはきついんですけど
飛行機は行き帰りともけっこう混んでて
ビジネスマンらしき人たちがたくさん乗ってるんです

みんな大変なんだなあって前回感じました。
混ざって乗ってると
自分まで,なんかお勤め人!って感じがして
変な気分だったのを憶えています

無事帰れますように


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

今日もお仕事

おはようございます(早くもないけど)

「金八先生」へのコメントありがとうございました。
そうなんですね,やっぱりあんまり見ないようですね。

昨日はいきなり飲みに行ってしまい,午前様で帰ってきて
お風呂に入ったかどうかの記憶もなく,
歯を磨いたかどうかの記憶もなく,
布団に潜って寝てしまいました。

朝は,最近のウコンのおかげで,ほとんどアルコールも残っておらず
ちょっともたれていたのも,水飲んでトイレ行って治りました。

今日はこれから,イベントの準備と,英語のスピーチコンテストの準備に行ってきます。
イベントではA1サイズのパネルを10枚作るのですが
なかなか合格が出ません・・・。生徒の気分でもう一回作ってきます。

今日はその後で映画見てこようかな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

永年勤続って・・・

勤続25年も経ったそうで,すずめも永年勤続なんだそうです。
どこが??って感じですけど。

11月になんか式典があるそうで,今日は教頭に呼ばれて,知事さんに会いに行くと言われました。
一張羅着てこいって教頭は言うんですけど
卒業式か入学式でもない限りいいかっこなんてしません。
でも,卒業式の服はいくら何でも,それ着ていくのは恥ずかしい
入学式のスーツ・・・入るかな(シェイプアップ間に合わない)

着ていけるようないい服なんて持ち合わせていません。

それでも一生懸命考えました。
うーん,うーん,・・・・卒業式以外の黒のスーツ!

「教頭先生,喪服ならあります」

ブッと吹き出した,教頭,それでも食い下がります。(食い下がっているわけではないのですが)
「おまえ,着物はないんか?」
「着物ですか?喪服なら夏冬ともあります」

だって,本当なんです。1回も着ていませんけど。

「アホ,買ってこい」

「・・・・・・」

ゆっくり考えると,喪服で行くのもおもしろいかもって思ったのですが

職員室では受けました(受けてる場合じゃない!)

マズイです。ジャスコの10000円スーツじゃおばちゃん体型には無理だし
高いスーツ買うのは苦しいです。
ということは,あと1ヶ月で絞れるか・・・?
これから忙しくなるってことは,飲み会も多いのに。
と,昨日から悩んでいるすずめでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

採用試験

教員採用試験の結果が出ました。
団塊の世代の大量退職を控え,少しだけ倍率が下がっていると聞きましたが,
私の周りの講師たちは全滅でした。
誰が受かっているのでしょう??

その一方で,毎年新採の1割が2年目を迎えることなくやめていっているという数字もあります。

その人が教師に本当に向いているのかいないのか,
やっていけるかどうなのか,
面接だけではそう簡単に判断できないとは思います。
けれど,どうも,取るべき人が間違っているんじゃないの?と思いたくなるときもあります。
確かに教師になってほしくない講師もいますが,
この人こそ教師に!って誰もが言いながら,受からない講師がいることも確かです。

校務分掌上,講師には任せられない仕事もあります。
そんな仕事を任されないまま30も過ぎた講師は
結局教師としては使い物にならなくなったりもするそうです。
できようとできまいと,若い頃から責任を持たされないと,身につかないこともあるのです。

今の時代,子どもも減りますから,教員の採用を控えて,講師でまかない
人件費を浮かせようということもあるようです。
教育費もガンガン削られているわけですから
それも仕方ないなと思いますが,なんだか悲しい世の中だなと感じます。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

またまた部活動

今までにも何回か部活動に関して書いたことがあります。
コメントしてくださったこちおばさんが,どうもトラブルの渦中にあり
仲良し(また出た勝手に仲良し)のユウさんもかつて困ったことがあったそうで
もちろん,すずめにも数知れず・・・・

いままでにすずめが書いた部活動関連の記事

 「たかが部活,されど部活」
 「部活未亡人じゃなくて」
 「もう一度,部活動」

すずめは取り柄のない部活ジプシー(得意技がないので,毎年のように手の足りない部活の副顧問を渡り歩く人を業界ではこう呼ぶのです)
人ごとではありません

部活については,これまでにも書いたとおり

現在は教育活動には入っていません。

中学校における教育は,
必修教科と選択教科,
道徳,総合的な学習の時間,
それに特別活動
で成り立っています。

特別活動は,学級活動,生徒会活動,それに学校行事で
そこに部活動,クラブ活動の文字はないのです。

ですから,現在はどこからどうみても,部活動は学校教育における「モグリ」です。

しかし,その教育的効果や意義から
次の改訂では部活動を教育活動に位置づけるという方向に動きそうです。

現在は,ボランティアであって,ボランティアを超え,
正規でなくて,正規以上の
ある意味教員泣かせの部活動がこれからどうなっていくのか,とっても不安なところです。

私も含め,専門外で,指導なんかできるはずもない教師が顧問を任され,
教育活動ですなんて言われた日には,それこそ心も頭も病みそうです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:部活動

あれから1ヶ月たったんだ

今日は、秋の大会。朝から試合でした。
思えば、山形から1ヶ月経ちました。早いものです。
なんでそんなことを思い出したかっていうと

実は山形で、生徒を試合に連れて行き、会場で場所取りをしていたはずだったのですが
すずめはその場で貧血を起こしてしまい
まさか、生徒にもいえず、倒れることもできず
全身びっしょり冷や汗を流しながら、必死で耐えていたのです。

これでもすずめは女性なのですが、あまりバランスのいい体ではなく
貧血は劇症の生理痛なんです。
滅多にならないのですが、よりによって・・・・
まさか、これから試合に出る、緊張している生徒に、
「先生は寝てるから、がんばるのよ」なんていえないでしょう
でも、もう立ってることは無理でしたから
椅子に座ったままにこやかに生徒に手を振って見送り、
試合会場に入るのを確かめてから、ロビーのソファに倒れ込んで、しばし休眠。
周りの人たちはどう思ったでしょうね。
ほとんど血の気のない顔に汗をにじませて、おばちゃんが一人ソファに丸くなってる。

誰も人を呼ばなかったってことは、誰も気がつかなかったってことかな?

とにかく、あれからもう1ヶ月経ったんです。

3年生が引退して、初めての公式戦。

結果は、まあ、そんなものでしょう。

明日からの練習課題がはっきりしてきました

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

ようこそいらっしゃいませ。

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

気持ちのサプリメント

今日も33度。
「暑さ寒さも彼岸まで」ってもう彼岸だっていうのに、真夏日猛暑のこの暑さです。
終礼までやっと終わらせ、
さすがに30分ほどソファでくたばっていました。

こんな時でも生徒は元気ですね。
先生をサカナに遊べるとわかると、キトキトになってやってきます。
今日のネタは「脳内メーカー」
ありとあらゆる先生の名前をいれて、ああなったこうなったと大笑いしていました。
元気やわぁ〜

ついに私がまな板に・・・・

おそろしや、私の前の先生は半分がHで残りが愛と遊
本人は「あたってる〜」と大喜びしています。
「じゃ、次はすずめ先生!」と生徒の方はそろそろ体温を超えそうなはしゃぎ方で
それだけで暑い!!

で、結果

なんじゃこりゃ(笑)

すずめの脳内

笑って少し気分もよくなりました。
みなさんも笑ってみませんか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おいでいただいて、ありがとうございます。
もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

ガーン!せっかくの代休が・・・

運動会が今度の土曜日なので,火曜日が代休になります。

最近は中学校でも,たくさん保護者が見に来ます。
よく子どもが嫌がらないなあと感心するのですが
ビデオやデジカメもってやってきます。
私が子どものころだったら,絶対嫌でした。
何が嬉しくて,得意でもない運動撮られなきゃいけないんですか。
見られたくなんかありませんでした。

まあ,当人がそれでいいならいいんですけど

とにかく,保護者が見に来やすいように,土曜日です。

で,もし雨になって運動会が流れちゃうと,予備日が水曜日ですから
3連休をまたいで運動会を持ち越すことになります。

そんな,3連休のあとに運動会で,
土曜日にも授業なんて(雨で流れたら土曜日は休みじゃなくて,授業日)どう考えても最低
そうじゃなくたって,今日も情けないほどやる気がないのです。
昨日のことも全く覚えていない。
教員だって自分を鼓舞しないとやる気の持続は難しいですから
子どもに持たせろって,無理でしょ。

ところが,天気が心配。
いまのところ,曇で降水確率40%。
いけるとふんでいます。
それでもあやしかったらどうするか。
学校のグランドでやるのですから,両方の用意と着替えを持って登校させます。
やれるところまでやる。またはやれるようになったらやる。
2時間授業してから運動会に移った時もあります。
運動場に出ているときに雨に降られちゃったら,   着替えが役に立ちます。

行事だってなんだって,あるべきものがあるべき時にあるのが一番です。

で,久しぶりに平日がお休みになると思って,大喜びしていたら,
どこかの文化部関連のボスが会合を入れてくれました。
ありがたすぎて,涙ものです。

あ〜。仕事が終わっていないし
(後期の時間割が佳境です−−−−夏休みにやっとけっちゅうの)
(秋のコンテストの準備が今からです。イベントがあります−−−−相変わらずお祭り女や....)
(学校で行う寺子屋の立ち上げに雑誌の取材が入るそうです−−−−ううぅ,あとに引けない)


どうしよう
悲壮だ.....


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

いらっしゃいませ

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

フェーン現象の職員室

今日は台風の影響によるフェーン現象で,昨日に輪をかけて暑い1日でした。
しかも,風が強いので,途中で窓を開けられなくなり,
この天気で窓締めきりです。
まだ,さほど日差しがなかったので,耐えられましたが,
どんな状態になるかは,炎天下の車を考えて,想像してみて下さい。

で,どうなるかというと,
みんながお茶を浴びるほど飲んじゃいます。
(昨日はこれに断水が加わったので,まさに日干し状態になった)
それでトイレに行きたくなるのですが,
これがまた,男の人には想像できませんよね。
女の人ならわかると思います。
あの,肌に密着してしまう下着がどうなるか。
ストッキングなんて履いてる時にはどんな目に遭うか。
はい,1度入るとなかなか出てこれない。
いえ,これ以上は語りませんから,勝手に想像して下さい。

すずめは新聞を読むのが好きです。
職員室には偽レザー,つまりビニール張りのソファが置いてあって
そこに新聞も広げてあります。
ソファに座ると,まず,お尻の下からじんわり熱が伝わってきます。
このまま少し焼けて,皮下脂肪が燃焼すればいいのになんて
思ってしまいます。
ソファに触れている部分からじっとり汗が噴いてきます。
そして,立ち上がると,
汗による人型がソファにできてるんですね。
うわ。気持ちわる。

体育館に行けば,部活をしている子どもたちが走り回っているのですが,
みんなすっごい汗で,髪の毛なんか,洗髪した?ってぐらいです
ポタポタ落ちるので,床に落ちた汗が汗溜まりをつくっています。
体育館も風通しがいいとは言えず,
しかも発熱装置のような子どもたちが走り回るので,
まあ,サウナ状態は職員室と変わりません。
ほとんど修行の世界です。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
タグ:暑い

マズイ・・・・高値更新

気がつくと,はや夏休みに入って1週間が過ぎました。
何してたんだろう??

頭痛の種だった今日の研修会が終わって,
ちょっと一息ついたすずめです。

マズイ事態に気付きました。
授業がないので,大きな声を出さない。
遠い教室まで歩かない。
職員室にいることが多いので,ついつい食べる。
これじゃ太らない訳がない。
しかも,年1回の健康診断が終わってしまったので,
体重測定に怯えなくていい。
これは,よほど気を付けないと,また高値更新をしてしまう。
さらに,今週は飲み会が2回。
ん〜〜〜〜,どうしよう。。。。


今日は,全国大会に出場する子の交通費をどうするかでいろいろと悩みました。
今年の大会は東北で行われます。
すずめは山形まで生徒を引率します。
これがまた,遠いんです。
どうやっていくのが一番か。
値段を度外視しますと,一番接続がいいのは,東京まで行くことなんです。
東京からなら,どこへ行くのもアクセスが一番いい。
いいかえれば,すべてが東京中心で,日本海側の都市どうしなんて,誰も必要を認めないのか,お金にならないのか,きちんと整備されているとはとても思えません。

地方の切り捨てじゃん!!

と暴れながら,交通手段を探すすずめでした。
だって,公務員と,公立学校の生徒です。
基準は特急自由席って,特急ないじゃん!!
以下,教頭との会話です。

「新幹線乗っていいですか?」

「交通費ないぞ。一番安く行け」
「一番安くだと,6回乗り換えて,15時間かかるって」

冗談でしょ!中学生連れて,15時間の旅なんてあり得ない!!

「大宮で乗り換えるのが一番便利なんですけど」

「何のために埼玉県まで行くんや?最短距離で行け」
「これが最短時間です」
「値段も考えろ」
と,突然の提案です。

「高速バスって手もあるよ。調べてあげよう」
なんと,在来線の電車を細かく乗り継ぐより,高速バスの方が速いんです。しかも,値段も安いし。問題点は一つだけ,目的地への到着時間が夜の9時頃になる。これじゃ,生徒は疲れ果てます。
結局,明日,事務ともう1度相談して決めることになりました。
公式戦なので,学校から派遣補助が出るのですが,
その規定に関してのやりとりなんです。
生徒の自己負担を減らしてあげたいと思うのも一つですが
派遣補助はPTAのお金です。
無駄に使えるものではありません。

正直言うと,文化部ばたけのすずめは,全国規模のコンクールとか,連れて行った事もありますが,生徒は自己負担でした。
なんで運動部だと交通費が補助されるわけ?
運動部ってそんなにえらいの?
なんて,ちょっとひがんでみたくもなるのです。

他の学校ではどうされているのでしょうね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

ニーって読まないで

昨日のNIEについてちょっと説明をしておきましょう。
NIEはエヌ・アイ・イーと読みます。「ニー」っていわないで下さい。ニートの親戚でもありません。
これは, ewspaper n ducationの略で、日本語で「教育に新聞を」という意味です。「青少年の活字離れに歯止めをかけよう」とアメリカで始まったキャンペーンです。

日本では,日本新聞協会が1994年度から本格的な推進事業を展開,97年度は全国約260の小,中高校が実践校に指定されました。
その後も実践校指定は続いていて,社会や国語の授業などで新聞を使った授業を行っています。また実践指定校には新聞購読料の助成(その地方で購読できる新聞がすべて,4ヶ月間支給されます)や,新聞関係者によるレクチャー,新聞社見学などの機会も与えられています。

現在,NIE事業は,新聞協会の関連団体である日本新聞教育文化財団に移管され,2006年度の実践校は459校(第一次指定),規模が年々拡大されています。2005年度には「NIE週間」も設けられ(11月),「わがまち新聞コンクール」など各種事業が全国各地で展開されています。

はぁ,
おわかりいただけたでしょうか?
すずめは国語でも社会でもないんですけど,新聞はよく使います。
英語だって,「意見を述べよう」なんて時には,教科書の例題じゃ面白くなさすぎるので,新聞を使います。
今年はSchool On Saturdays - Students should come to school on Saturdays again.として,賛成と反対にわかれました。
ほとんどの生徒がagainst(反対)にまわる中,少数賛成派もいて,なかなか楽しかったです。

他には,論文指導につなげる前段階としての,コラムの写経。
気になる新聞記事を切り抜いて感想を付けていくスクラップブック。
新聞記事から教材を作るなどなど,いろいろ使い道はあります。

いろんな人に言わせると,新聞は丸ごと利用できるそうで,
教材,習字やお絵かきの下敷き,窓ふき,防寒着,脅迫状の文字,トイレットペーパーと,その利用範囲は多岐にわたるそうです。(今時トイレットペーパーに新聞使う人なんているのかね)

ま,そんなわけで,楽しくお勉強させていただきました。
時々ご訪問下さるユウさんは社会の先生ですから,特に3年生なんかは新聞なしに授業できないくらい,よく使われるんじゃないかと思いますし,昔から,受験には「天声人語」と言われたほどでしたから,塾屋さんでもお使いになるところはあるんじゃないかと思います。
面白い利用法などありましたら,是非教えて下さいませ。

んじゃ,これから飲み会にお出かけいたします。
昨日は夜中に帰ってきて,今日は朝から部活で,夜は飲みに行き,明日も朝から部活です。明後日は夜の見回り当番が当たっていますので,地区委員のお母さんたちと夜回りです。いい加減,家にいないので,年寄りがあきれ果てております。
「あんた,いったい家にいる時間は何分?」
すみません。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

田舎もんで悪かったわね!

ただいま帰りました!(って出かけるなんて言ったっけ?)

お勉強会にいっていました。
雨の中を出かけたのに,あっちはピーカンの(でもないけど)お天気。
33度って気温にドライヤーの前に立ってるんじゃないかってくらい熱風が吹いてて,いや,暑かったわ。日本の南の方の方,お疲れさまです。梅雨が明ければ夏だったんですね。
こっちでは,夏休みに入ってもハッキリしないお天気に,
「今年は冷夏じゃないか?」なんて言う人もいたんですけど。

で,オマエはどこへ行ってたんだ?
って岡山へ行っていました。
NIEの大会があって,そこへ行かせてもらったんです。
岡山の人ってだれかいらっしゃいます??
コンベンションホールって新しくて,駅から直結で,とっても便利が良かったです。
昨日は開会ちょっと前に現地入りしたので,すぐ近くのデジタルミュージアムってところに寄って,会場入りしました。
ま〜山のような資料に,新聞までたくさんいただいちゃって,
紙って重い・・・・

とても楽しく,興味深い2日間でした。

細かいことについては,少しずつお話しようと思います。

昨日は朝の6時に家を出て,電車に乗って岡山へ。
田舎もんは,まず,新幹線に乗り継ぎするときに,切符を3枚重ねて自動改札機に入れなければならないところ,
余計な気を回してアウト!
だって,3枚も重ねて入れたら,機械が読めないって思ったですもの!
自動改札機に阻まれ,駅員さんに「なんでダメなんですか!」と抗議するも軽くあしらわれ,゚~(^O^゚~)))))ヒェェエ。
おばちゃんパワー全開で恥かきっぱなし。
駅員さん,ごめんね
今日も改札口間違えて,自動改札機に阻まれてしまいました。
だって,あんまりたくさんあったら,一番先に目に入った改札口に行っちゃうんですもの。
すずめの住むところは田舎なので,自動改札機なんてないんです。

今日は,さっき帰ってきたのですが,
もう,眠いです。寝ます。
おやすみなさい

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

夏休みの恒例行事

夏休みの恒例行事の一つに健康診断があります。
一番ヒマなこの時期を狙って,一斉に健康診断をするのですが
何しろけっこうな数になりますから,受け入れ機関も大変だと思います。
事業所に義務づけられている職員の健康診断ですが,
いったい,いくらかかっているのかなあなんて余計な心配をしたりしています。
指定日は,朝から100人ぐらいの教員の健康診断をするわけですから,健康診断の会場は教員でごったがえしています。
その雰囲気はあまり好きではありません。

項目として,身長,体重,視力,聴力,血圧,血液検査,尿検査,レントゲン(胸部,胃部),心電図,女性なら乳がん,子宮ガン,
オプションとして大腸ガンや骨密度測定なんかもあります。

だいたい流れ作業で順番に回っていくのですが,
流れを良くするために,係の人が一部,順路を変えて,個別に案内してくれることもあります。
今日のすずめはそうでした。
順番待ちしなくていいのはありがたいのですが,

「すずめさん,先にレントゲンを撮ってきて下さい」

あ〜,やられた。
一番最初にレントゲンってことは,バリウムも飲まなきゃいけないってことじゃん。
それがどういう事かわかりますか?
つまりですね,そろそろ体脂肪と血圧の2点で,メタボリックシンドロームにドキドキするすずめがです。
体重測定の前にバリウムを飲まなきゃいけないってことなんです。

え?まだわからない?
バリウムの重さは約300g
その後に下剤と共に500cc以上の水を飲まなくてはいけません。
体重を量るその前に,1kg近くの液体を流し込んだその値が健康診断表に記載され,それを元に結果が出て,数値を脅かすわけです。
しかも,前日10時以降は飲食禁止。
ほんのお湿り程度の水しか口にしていないすずめのお腹は,
半日ぶりに胃の中に入ってきたバリウムの液体を食べ物と思って
消化活動に入っているわけですよ。
そこでまた,高血圧に怯えるすずめの血圧測定が始まるわけなんです。
案の定,体重も血圧も最高値を更新し
書類の上ではすずめは順調に体脂肪を増やし,血圧を上げ,
生活習慣病予備軍から真軍(そんな言葉あるんか?)に格上げされるのを待つばかりになるわけなんです。いや〜,結果が怖い。

せっかく,これでも1週間程前から間食は控え,甘いものもおいといて,体重を落ち着け,今日の日の準備をしていたすずめの苦労はどうなるの!!
と,ぼとぼと言ってましたら,
隣の教員が口を挟んできます。
「オイラ,去年,前日の夜,10時までビール飲んで深夜のテレビ見て行ったら,γ-GTPの値が200こえちゃってさ」

そういうのは自業自得なんです。
私のは違うじゃないですか!

と,またまた暴れたくなるすずめでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

どうにも行儀の悪い教師たち

まあ,私もそのつもりがなくても,抜けてしまうときはあるから,
人のことを言えた義理ではないのだけれど
やはり教員の中にはルーズな人が多い。

7月は成績を出したり,保護者懇談の予定を組んだりと,かなり忙しい。
この週末にはどこの学校も,おそらく成績を締め,打ち出したり通知表を記入したりしている事だろうと思う。
ちょっと前までは,通知表も全部手書きで,ひとりふたり成績が入っていなくても,そこだけを残して後の部分を仕上げることができたが,PC入力,一括出力となると,一人でも未記入がいた場合,にっちもさっちも行かなくなってしまうのだ。

私の学校も,一昨日が〆切だったはずだが,いまだに入っていない人がいる。最後にまとめて点検する係が大変になるのだが,あっさり忘れてくれる。
仕方がないので,私はお電話をかけて,夜中でも出てきて頂くことにしてる。
まあ,自分も夜中まではいないから,「勤務時間終了後でも」が正しいね。
とにかく,容赦なくいかないと,なかなかできないというあたり,
「ったく,生徒といっしょじゃん」と思ってしまう。
いや,生徒ほど簡単に言うことをきかないし,やっぱりこっちのほうが手に負えない。

宴会なんかだと,行儀が悪いのが教師と警察官なんだそうで,
確かにお酒が入ると人が変わっちゃう人もたくさんいる。
ストレスの多い職種なのかなと言われるけれど,
そればっかりではないような気がする。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。                                                                                                      
タグ:学校 成績 〆切

教師なら勝負しなさい!

むっか〜〜!!と気持ちの中でブツブツが溜まってきたので,
暴発する前にちょっと吐き出します。
聞き流しといてください。

私もそんなにきちんとしている方じゃないので
てきとーに流すところはいくらでもあります。
だから,ひとのこと言えた義理じゃないこともあるんですけど
学校の中で,ここは押さえておかなきゃいけないポイントってあると思うんですよね。

たとえば,8時10分に生徒が着席するときには,
教師は8時に教室整備を終わらせ,朝の荷物の整理を促しながら
教室にがんばっていれば,10分には生徒も落ち着いて席に座っているから,声を荒げたりする必要もないんです。
それは躾の問題じゃなくて,朝から担任がにっこりおしゃべりの一つもしながら生徒を迎える,そんな「気持ち」の問題で,実はこういう細かいところが教師の勝負所じゃないかなってすずめは思うんです。
朝の一言で,コイツは今日はちょっとヘンとか,
コイツは朝ご飯食べてないんじゃないかとか,
前の日休んだヤツに「治ったか?」って声かけるだけで,その子は嬉しそうににっこりするし,
心配なヤツに宿題の確認をすることだってできるし,
そりゃ教師の個性もあるかもしれないけど,私のような非力な教師はそういうところできちっと詰めとかなきゃ,後々苦労するのです。

だから,朝のチャイムの段階で,教室に影も形もない教師で,教室の中も荒れ放題って人は,基本的に信用できません。
それでもあまりある指導力で,豪快にクラスをまとめる人もいますけど,生徒から逃げちゃって,朝の戦いを放棄してる輩には,思わず吼えたくなるってわけです。
子どもに罪はないですから,朝自習の世話や,欠席の確認など,いくらでもしますけど,やっぱり許せない。
「ば〜ろ〜,教師なら,勝負するとこはずしたらダメやろう!!」と罵声の一つも浴びせたくなるのを,まてまて,とこらえるのは神経に良くないという,まあ,そういうわけで。


数年前に,私のクラスへの関わり方をみて,隣の担任が,
「すずめさんって勝負師だね」
私はからっきし運がないので,ギャンブルはやりませんし,パチンコもしません。だから,勝負師と言われたのには驚きました。
きけば,賭博師と勝負師は違うらしくて,賭け事しなくても,勝負師にはなれるとか。
それから自分をよく観察するに,確かに生徒に勝負をかけてるんですね。
朝,掃除の時,さらには授業中,生徒とは細かい駆け引きや仕掛け,トラップを仕込んでいくわけで,言ってみれば一つ一つが小さな勝負なんです。で,教師は勝ってなんぼのもん。
だから,逃げるヤツを見るとイライラくるんです。
フォローはするけど,
「生徒と真剣勝負できないなら教師辞めてしまえ!」と怒鳴りつけたくなるのです。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

自主性は自主的には育たない

合唱コンクールが近づいてきました。
小学校では,所により,競争を避け,みんなが仲良くなんてやっているようですが,どっこい,中学校ではガンガンに競争が入ってきます。
その第1弾がこの合唱コンクール。
ここで入賞はともかく,クラスをどうまとめるかが担任にかかってきます。
最近の子は,ほっといても燃えません。
だいたい,クラスでもめて,誰かが泣いて,誰かがケンカしたり
もう出ないなんてゴネたりする中で,少しずつ協調性や団結力が高まってきます。もめ事は必要な通過儀礼です。
ほっとくと,そこまで行き着かないうちに本番がやってきちゃいますから,仕方ない,担任は責任者や指揮者を追いつめ,悩ませ,涙の一つもこぼさせないと,うまく事が運んでいかないのです。

よく「自主性」なんて言葉が出され,教師の中には「生徒の自主性」なんてまやかしのもとに,何も指導しない人がいます。
残念ながら,そんなことで自主性が育ったのは30年前の世界で,
経験の少ない生徒たちには,事細かに指示し,最初はとにかくやらせ,手順を教え,自信を持たせ,もう一回やらせて,褒めないと,自主性の欠片なんて見えなくなってきました。

今日も,並ばせてみて,次は並ぶのを待ち,歌わせて,褒めて,でもパートリーダーにはボロカスに言い,責任を自覚させ,少しずつ「やらなきゃどうしようもない」状態に追い込んでいきます。
本番は来週。それまでに間に合うか・・・・

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

教師の叱り方 トラップ

どこの学校でも班活動というのを取り入れていると思います。
生徒に自主性と責任感を持たせるために,いろいろ活動させるのですが,最近どうも生徒がうまく動かないのです。

すぐにサボってしまう子どもを出さないために,細かく仕事を割り振る人もいます。でも,私はそれが嫌いで,ちょっと大雑把に仕事を区切ったきり,あとは生徒にお任せです。
誰かが欠席したり,用事ができたりしたときに,誰がカバーに入るか。係が細かくなればなるほど,融通が利かなくなって,「休んだ人の分はやらなくていい」とか,「休んだ人の分は先生がやる」なんてことを平気で言い出すからです。

最初によーく言って聞かせるのは
「みんなでするってことは,誰かが休んだときには代わりに誰かが気付いてきちんと班の責任を果たすってこと。休んでいるからとか,サボっているからって言うのは理由にはならないから。誰かが気付いて,代わりに仕事を済ませ,あとでサボったヤツをみんなで責めるのならそうしなさい。泣き寝入りをするのなら,それも止めません。」

実はそれってトラップなんです。
自分たちで仕事を割り振った生徒たちは,たいてい人任せにするか,忘れるか,またはほんとに欠席するかして,仕事に穴を空けます。
さーて,説教タイム
たとえば,黒板が消してなかった。
まずは「黒板が汚いよ」だけ。
たいてい誰も動きません。
5秒で動かない場合は,
「黒板の班,全員立って」
そこから延々説教タイムです。
あえて,みんなの面前でボロカスに言います。
他の班に見せるためです。
仕事をしないと責任を問われることをわからせていきます。たいてい終礼の前が多いので,誰かが仕事をさぼると,みんなの帰りが遅くなる。
他の生徒からの冷たい視線と,担任の冷たい言葉で,少しずつ生徒は学んでいくのです。
夏休み頃までには,係の仕事と,給食当番の抜けはなくなってきます。
細かく割り振れば,責任は一人にかかっていくことになります。
6人ぐらいの班が,そういった責任に対処するのには最適です。
班がきちんと動いていれば,クラスの仕事は楽ちんです。快適です。
生徒が,自分の仕事に対する,誇りと責任感を持つようになってくれれば,担任はしばらく休んでも大丈夫です。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

説教に持って行くまでの長い道のり

一口に説教するとか暴れるとかいうけれど
実は説教にもっていくまでに,怒られ方を学習する必要があります。

教師が「こんなんじゃ,授業にならん」と怒って教室を後にしても,誰も迎えにはきませんし,
行儀の悪い生徒を廊下に出せば,拗ねて帰ってしまうこともあります。
まずは,教師が怒っている場合,どう対処しなければならないかを教えるところから始まります。

何度か小さいことででも,厳しく言われて,その後どうするかを考えさせると,生徒はすぐに自分がマズいことをやらかしたら
とにかく先生に説明して,悪かったことは謝るという構図ができます。
ここさえできてしまえば,滅多なことはありませんから
安心して生徒を指導することができます。

ちょっと前までは,そんな指導は不要でした。
教師が感情を爆発させても,生徒はなんとかついてきました。
(もともと子どもって柔軟なものなのです。ちょっとやそっと大人が手荒な真似に出たぐらいで壊れたりはしません。ましてや,相手の大人に真剣さを感じれば,子どもはきちんと応えるものなのです)
最近じゃそれはダメです。家でも怒られたことのない人が増えたのでしょう。必要以上に傷つく人も増えてきました。
先生が自分に厳しいことを言うのは,自分のことを嫌いなのに違いないなんて,訳のわからない結びつけ方をする人もいます。

少なくとも教師は大人です。生徒に対し,そんな好き嫌いで厳しいことを言っているなんてことはありません。
その辺をもう少し聞き分けてほしいなと思います

あ〜,ダメです,眠いです。何を書きたかったんだか混乱してきました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

指導主事というお仕事

学校には指導主事訪問というのがあって,多分自治体によって方法はいろいろなんだと思いますが,指導主事が一人または複数で学校に視察に来ます。(数年に1度,総合訪問とかいって,教育長以下大名行列のようにやってきて,席次まで決められた全体会なんてのがある。これはちょっと別格)

事務方の仕事が多い指導主事も,教員が異動でまわっていくので,いつまでたっても教育行政がピリッとしないとも言われます。
確かに優秀な人が引き抜かれて行くのでしょうが,必ずしも現場の優れた人材が,行政で優れているとは限らないので,うまくいかなくて悩む人もいるようです。
管理職を前にして,指導主事になって箔を付けると考えている人が一番多いと思いますが,必ずしも指導主事→管理職というわけではないのが最近の傾向です。

昔はこの指導主事は,自分よりもずっと年も上だし,だいたい授業をちらっと見ただけで,ボロ雑巾のように批評していったものですから,なんともおっかない存在でした。
だんだん年が近くなり,同僚だった人たちが指導主事になるに至って,それも良くないと思うのですが,まったく怖くなくなってしまいました。

もう,何年も前から,私は自分の授業には誰でもいつでも歓迎というスタンスになっています。ですから,指導主事だって,参観に来れば混ぜてあげるし,それなりに指名だってしてあげるし,楽しくやっています。(相手はいやがっているかもしれない)

その指導主事が来週訪問というので,それまでに用意しなきゃいけないものをリストアップし,それぞれの担当が用意しているのが今です。出勤簿にちゃんとハンコがあるか,とか,(そういえば,残業手当がないから,タイムカードってものがない)出席簿の記載がきちんとされているか,とか。私はとにかく書類の整理が下手なので,その時に言われても何がどこにあるのかわからなくなっています。これにはちょっとした裏技で対処しています。
今は少人数の加配をもらっているところや,特別支援が話題のスポットなので,この辺に関わる人たちは書類の準備が大変です。

訪問と言えば煙たがられ,指導するのがお仕事で,いろんな細かい点を指摘すれば,また嫌がられ,気の毒なポストだなあと最近は思うようになりました。匿名の学校批判や中傷や嫌がらせのような電話もジャンジャンかかってくるそうなので,まあ,体だけはこわさないでねって言いながら,それでも文科省なんかが,またしょーもない調査を降ろしてくると,
「ごめん。そこしか言うことないから言うけど,なに?これ。冗談じゃないし」と指導主事に抗議の電話をしてしまうこともあります。
抗議の電話が,その後延々慰めの電話になってしまったこともあります(笑)

つくづく,割の合わない仕事だなあと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。