【その他】 の記事一覧


最終ページ

覚悟はしていましたが,4月に異動になりました。
これまでより30分早く家を出なければいけなくなり,
周囲の状況がめまぐるしく変わって
洗濯機の中で撹拌されているよれよれ雑巾を想像していただければ
私がどんな状態なのかがおわかりいただけるかと思います。

職員が自負する「荒れとは無縁の学校」
そのためにこんなことを,あんなことを,こんな風にしているのだから
あなたもしっかりやってください。

言われたけれど,すずめには旧態依然の息苦しさが残る
なんだか酸欠になりそうな環境で
生徒の座席の並べ方一つから他の職員と衝突してしまい
まさか4月から好き勝手もできず
丈夫しか取り柄のなかったすずめが
体調不良をきたし,いまだにすっきりしません。

どんな理由かは知らないけれど
津波のように押し寄せる学校研究。
最初から成果を予想され,報告書の結果に向かって研究が進んでいくのです。

私がやりたいことと違うんですけど・・・・。


もっとダイナミックに学校改革ができたら
なにか子どもも変わってくるかもしれないと
もう少し周囲を説得しながら,機会を待とうと思います。

あきらめないから。

ありゃあ,どうしよう

しばらくほったらかしておいたら,どこからどう手をつけていいのかわからなくなっちゃいました。
ヘンな商売トラバやコメントついたらイヤだなと思い
しばらくコメント,トラバ切ろうかと思ったのですが
皆さんの様子見てると,それもいけないかなと思っています。

1月に入っていきなり事件で
しかも被害者も加害者もどっちも生徒で
どっちも擁護しなきゃいけなくて
でも,どうにも加害者の意識が理解できなくて
それでも指導しなきゃいけなくて
どっちにも動揺があり
どっちも進学を控え
まさかしょーもないことをするヤツは高校行かなくてもいいなんて
被害者はそう思っているかもしれないけど
加害者にも親がいて,可愛い我が子を心配してるわけで

もー
毎日口をきくのもイヤになってかえってきていましたので
ブログどころか,メールを見るのもイヤで
ネット依存症のすずめにしては珍しく
PCにもさわらずに眠っていました。

もうあとちょっとで受験もおわりそうなので
それが終わって元気がでるか
もっと落ち込むかわかりませんが
もうしばらく引きこもります。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,ちょっと元気になれるかもしれません

なんとも・・・・

事件の後始末と受験の準備でひっくり返っている間に
ブログは大変なことになっていたようで

いろいろ書き込んでくださったみなさん
ありがとうございました。
ひとつひとつお答えすべきなんでしょうが
とてもその気力も体力も残っておりませんし
現在本務も佳境を迎えておりまして
受験だというのに全くその自覚のない無邪気なボクちゃんたちに
毎日説教し,面接の練習を繰り返し,生活の管理を手伝い
確認の電話をし,保護者と話し,約束し,確かめ
それでも昨日の約束をもう守れない・・・・
しばらく書き込みまでたどり着けそうにありません。

おそらくkurazohさんの書かれたことが一番当たっていると思います。さすが,外も中もご存じの方なのでしょう。
批判される方もいらっしゃいますし,人格として私ができた人間でないのはこれは仕方ないですが,
夜中の出動なんか,あとから夫とのバトルもあるわけですよ。
「おまえは自分の子どもをなんだと思ってるんだ」ってね
じゃ,帰ってきて子どもの面倒をみてくれるかっていうと,それはない。

そんなこと繰り返してて,なかなかそんなできた境地にはたどり着けませんよ。辛抱強くはなりましたけど。
あと,母の気持ちはよくわかるようになりました。夫たちにさんざん文句を言われ,子どものことはすべて「おまえのせいだ」と言われ,
なにかあるごとに怒鳴られて,とても夫婦の話し合いなんかにならない夫婦がどんなにたくさんいるのかも見えてきました。
教師の前ではホントのことを話さない親たちも。

私が,不憫よなあと思うのは,そんな家庭に育つ子どもたちが
あたかも自分の考えのように親に言われていることを語り
ちょっとやそっと何か言ったぐらいじゃ自分のホンネを語らないこと。

考えてみれば,教育の現場もどろどろしてますね。悲しいほどに。
子どもが病んでる。

話がごちゃごちゃしてますね

すみません,私も混乱状態のようです。

しばらく,ごめんなさい

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ケータイ替えた

高くなりましたね。ケータイ。
分割払いで2年間払い続けるそうです。うわ,長!

でも,新しいケータイは手触りもよくて,薄いし軽いし,いいわぁ。

しょーもないんですけど
「ヒツジの執事」ってのがいるんです。
ケータイの中に
それがなかなか愛嬌があって
ついじーっと見てしまうんです。
バカやなあと自分でも思うのですが,見てしまいます。

イルミネーションがきれいで,気に入ってしまったケータイです。
使いこなしもできないくせに(笑)

今のところ,生徒は気づいていないようですが
そのうちまた騒ぎ出すんだろうなあ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

この薄いのに,ワンセグも見れて,海外でも使えて,
どんどん優れものになっていきますね

霍乱,錯乱?頭も混乱

風邪引きはのどに来て,咳,鼻水,涙と汚いことになりました。
久しぶりにお医者というものにいきまして
お薬なるものをいただきました

「熱は,たいしたことないですね。関節は痛みますか?」

「いいえ,痛みはありません。」

「そうですか。インフルエンザではなさそうですね」

こっちだって専門家ではなくても,人間50年近くもやってて
そのうちの15年程は「虚弱児」と言われて育ったんです。
インフルエンザか普通の風邪かぐらいはわかろうってものでしょう。
だから,風邪だって言ってるじゃないですか
まぁ,お医者がいろいろ可能性を考えてくれるんですから
良心的なんでしょう。

「じゃあ,咳と炎症止めを出しておきましょうね。2日分でいいですか?3日分にしましょうか?」

「3日分お願いします」
2日分じゃ,たぶんもう一回来なきゃいけなくなると思ってそうお願いしてみた。

「そうですか,じゃあ,もし熱が38度を超えたり,関節が痛んできたら,来てくださいね。このお薬は,眠くなりますから,運転は止めた方がいいですよ」


医者の言うことは聞くもんだ。
その日帰って薬を飲んだのはいいが,その後はどろどろに眠くなって
パソコンの前で溶けてしまった。
次の日は午後,車を運転して,危うく居眠り運転をしそうになってしまったのである。
不思議な物で,今日になると,少しは頭もスッキリしてきて
なんとか今まで覚醒を保っていることができた。

学校では,一生懸命しゃべってもひ〜〜とかふぃ〜〜とか情けない音しか出ないので,生徒は面白がって真似をするし,
同僚たちは「聞くに堪えないから帰れ」というし,
ありがたいけど,授業も足りてないし,崩壊したモンキーパーク賑やかで元気なクラスを他の人に任せていくのも気の毒さみしくて,つい出勤してしまうのである。

今日はようやく元気もでて,ここまでたどりつけたというわけである。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

風邪引きです

2〜3日前から何となくのどの奥がイガイガするような気がしていたが
本気で風邪引きになったようだ

あ〜〜〜
頭がぼーっとしている。

明日も授業があるし

早く治さなくちゃ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif


最近あまり風邪引かなかったんだけどなぁ

やっぱり抵抗力弱まってたのかな

寒い!!

北海道の人にはそんなことは言えないが,
夕べから寒い!
寒のうちだから仕方ないが,ヒーターを入れてもなかなか温度が上がってこない。

今日は除雪当番だった。

天気予報はきっちり当たって,夕べから雪

この辺の雪は湿気を含んでとても重い。

冬は筋肉痛の季節でもある。

毎日除雪をするのは決まって年寄り

年寄りのいる家は,毎朝6時にはきっちり除雪が完了していたりする。

ああいうのを見ると,雪国の女性は辛抱強いとかいうのもわかる気がする。
以前に住んでいた家の両隣はそんな家
両隣できっちり雪をよけられた日には
私一人がサボるなんて訳にはいかない。
よって毎日否が応でも除雪を余儀なくされるのであった。

今日の除雪は,そうは言ってもたいした積雪でもないので
遊びのようなものである。
ひとりはせっせと雪だるまを作っているし
ひとりはスノーダンプと呼ばれる道具を押して走り回っている。
子どもは元気だ。
来るまでは,やれ起きられないだの,イヤだの,サボるだのと言っているが
いざ来るとそこそこに働いて,しっかり楽しんでもいる。

しかし,大人は,疲れた(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あぁ,仕事・・・・

今日は稽古始めでした。

終わった頃に気がついたのですが
一つ仕事を忘れていました。

ガーン

学校に戻ってやり始めましたが,
終わりません・・・・

宿題がまだの子どものようです。

なんとか明日は乗り切れそうですが

7日までには何とかしないと

あ〜〜〜
冬休みが終わりました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんてこった

みなさん,年賀状はちゃんと書きましたか?

年賀状を書くのが面倒くさくて,煩わしくて
すずめはずいぶんサボりました。
結果…

なんのことはない
元旦から山ほど年賀状をかくはめに陥りました。

でもね,以前の生徒たちって誰から来るかわかんないし
当たりをつけるのもけっこう難しい
で,これは仕方なく1日に書きます。

親戚や毎年年賀状の交換がご挨拶代わりの元上司や恩師
これは外すわけにはいかない所もあるので
なんか適当に書きます。
適当といっても,書き出すと一人一人に書かなきゃいけないことがあったりして,つい長々書いてしまったりするのです。

今日になってもまだ,書いてなかった所から年賀状が届いたりするので
また夕方になってから何枚か書いて出しに行きました。

考え方によれば,普段から交流しているわけではない所と
50円でつながれるのだから出さない手はないと言うことになるのでしょうが,ぐうたらになってしまうと,なんだかおっくうになるのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あぁ,正月休みが終わる

今日から初売りのところが一気に店を開けますね。
最近は元旦営業も増えて,初売りもばらばらですが
今日でみな出そろうって感じです。

これから生徒が英語の補習に学校に来るので出かけます。
もう明日は部活の稽古始め,明後日は出勤でいよいよ正月休みも終わりです。
今日はもう普通の土日ですね。

生徒には27日の土曜日の次は気がついたら3が日終わってるかもなんて脅しておきながら,私が一番その通りになっています。
あ〜〜,昨日まで何をしていたんだろう
年賀状も面倒くさくて,減らそうと頑張ったのですが
減らしたぶんほど書いてない所から来てしまって,
結局元旦からせっせと年賀状を書きました。
教材探そうとYOU TUBEに立ち向かったのですが
なかなかいい具合のが見つかりません。
レンタルCDの店に行けば,まるで人を見透かして誘惑するかのようなセールを行っていましてまたまた山程借りる羽目に・・・・
当然見てます。
マズイ,こんなことでは生徒のことを言えない!

補習の後少し仕事してこよう

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

正月といっても,いつもと変わらない1日

お里帰りをするわけでもなく,どこかに行くわけでもない我が家は
いつもと変わらない1日でした。
今日から初売りというところもあったので
ふらっと街に出かけました。

お正月はいつもたくさん映画が来るので楽しみですが
今年の映画はあまり前評判がよろしくありませんでしたので
どれも見にいっていませんでした。
今日はふと時間があったので,ウォーリーを見てきました。



一応吹き替え版もあるのですが,別に英語だって
どうせウォーリーとイブがお互いを呼び合うことぐらいしか台詞がないので,どっちでも変わらないかと思います(笑)
とても楽しい映画でした。
700年の未来,全く動かなくていい生活をしている人間たちは
みんなデブで,自分で歩くことすらままならないのです。
なんだかその様子が妙にリアルで,笑うに笑えませんでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

新しい年を迎えました

明けましておめでとうございます。
勢いと思いこみと,ちょっとその場のノリと,
そんなことで書き進んできたブログですが
今年もよろしくお願いします。

冬休みの間にやってしまいたいことがいくつかありましたが
ちっとも進んでいません。
子どもと一緒です。

今年はもう少し仕事に集中して取り組みたいと思います。
更新は鈍るかと思いますが,感じたことを書いていきたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

やっぱりストーブがいいなあ

もう長いこと教師をしてきてしまったけれど,
そのうち半分ぐらいの期間はストーブの学校でした。

毎年,11月半ばになると,ストーブの設置に入ります。
座席も少し移動して,ストーブの入る場所を確保しなければなりません。
各教室では,ストーブ係というのを決めて,毎日灯油を取りに行く子とになります。

みなさん面倒くさがるストーブですが,
私は実はスチームよりこっちが気に入っています。

まず,一部屋だけ暖めておけます。
保護者懇談や,お残り学習の時,そこだけ暖めておくことができるのです。

次に,節約が目に見えます。
空き教室になるとき,掃除のあと,せっせとつまみを調節したり,
こまめに消したりすることで,灯油をケチることができますが
その結果が目に見えるのです。
スチームの学校で,多少ツマミを調節しても,どれだけ重油の消費量が変わったかなんてわかりません。
ガンガンにヒーターを強にして,それで窓を開ける男の子たちに注意していても,ピンと来ていないのは,そんなことにも原因があると思います。

また,そうやって灯油をケチった結果,灯油タンクがいつも満杯に近い状態だと,気持ちが豊かになります。
人間なんて単純なんですから,それもいいじゃありませんか。

と,ストーブ推進説を唱えるのですが
誰も真剣に聞いてくれないんですよね(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:省エネ

なんで一太郎じゃダメなのよ

一太郎で作った文書を添付して送った所,
「ソフトが違っていて開けません」と言われてしまった。
抜かった。いつもはそういうこともあろうかと
一般の人に送る文書はpdfにするか,ワードに変換して送っていたのだが
学校関係者だし,いいだろうと思ったのが間違いだった。

しかし,どんどんシェアが少なくなってないか?一太郎くん

IMEはATOKの方が数段優れていると思うし
太郎くんの方が日本人の発想にマッチしていると思うんだけどねぇ。
そりゃワードの方がビジュアル的には美しい物を作ると思うけど
仕事の文書なんて,別に美しくなくてもいいし。

徳島のちっちゃい会社だったジャストシステム。

一太郎はアカデミックパックでも7000円とかするけど,ワードならウィンドウズのOS積んでるパソコンなら,ほぼ例外なくプレインストールされている。
値段でまけるわなあ
でも,そういうのって独占禁止法違反?抱き合わせ販売?じゃないのかな?

なぁんてしょーもないことを考えているすずめなのでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:パソコン

なんか・・・・景気悪いですね。

集金の担当の教員が,帳面を片手に学級担任に声をかけています。
集まらないんですね。
学年に3〜4人ずつ未納の生徒がいます。
うちの学校の強者は,6人兄弟。
今が3番目ですから,もう3人いることになります。
「なんでそんなに産むの!」って思わず言いたくなりますが
そこはぐっとこらえて。
でもね,そこの家,就学援助を受けているので,
小中学校に在籍する子の分,何万ものお金が毎月振り込まれているのに
払ってくれない。生活費に回っちゃうんです。
確かに苦しいと思います。
でも,携帯電話とかゲーム機買う前に,給食費払ってよ!!
って思っちゃうんです。
だって,中学生も,小学生まで持ってるんですよ,ケータイ。
なんか,払う順番が違うんです。

それにしても,このとんでもない不況の中,
例年よりずっと,私立受験をしない生徒が多いように感じます。
例年,ほとんど滑り止めの私立を受験していたのですが,
すでに私のクラスだけで片手に足りないぐらいの子が公立のみ一発受験。
奨学金の申し込みも,例年にない高ペース。
出てきた家庭の納税証明を見ると,あ〜苦しいだろうなって・・・・。
不況に強い公務員,ボーナスまでもらっちゃってごめんなさい。
(だからって返さないけど)

まだそれでもうちの学校あたりは,地方都市のせいもあってか
まだのんびりしています。
自動車関連の都市だと,季節労働者や派遣の首切りがすごいだろうから
不況も半端じゃないんだろうな
名古屋あたりとか,どうなんだろう?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

明日は我が身

またひとり,難病の指定が出た。
前からここでも言っていることだが,
障害者というのは毎年どんどん増えるのであって
決して生まれたときに決まるものではない。

生まれつきでも,乱暴に見積もって20人もいれば,ひとりや二人障害や異常を持った子が生まれてくる。
同僚で障害児教育に携わってきた教員は,そんな子を「医者に相談しなきゃいけない子」と呼んでいた。

その後も病気になる人や事故,怪我により後遺症の残る人で,障害者はどんどん増えます。
今日は元気でも,明日は病気か事故で自分自身が障害者手帳を持つかもしれない。

人には言わないだけで,障害者は実は結構いる。
明日は我が身と考えるだけで,少しは見方がかわらないか?
少なくとも,健常に生まれたことを喜ぶのは意味のないことで
「まだ」障害者じゃない人は,将来障害者になったときに困らないようより便利な社会,優しい社会を作る努力をするべきであろう。
将来誰にも助けてもらえない人にならないために,功徳を積んでおくというのも,あながち無駄ではないのかもしれない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
 
タグ:障害者

あ〜〜,映画が終わる

最近,土日の出勤が長引いて,朝イチから夜まで学校にいたり,イベントに貼り付けだったりしていたもので
週末の映画のお楽しみからすっかり遠ざかってしまった。

もともと封切り直後は混雑したりもするので
ちょっと経ってからのんびり行くのが好みなのだが
3週間もすると,今度は終わってしまう。
それも,ちょっと興味を引かれるマイナーなものほど
当たり前だが早く消えてしまう
悔しい,いくつも見逃し始めた。
仕事と一緒で,計画的に追っかけているうちはいいが
追っかけられるようになると,おたおたになってしまう。

仕方がないので,レンタルでも寄って帰るか・・・・
TSUTAYAは8のつく日が安いはずだ。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

長い1週間でした

先週の日曜日でしたか。中山さんがテレビで放言しちゃったのは。
ご本人もあれから政界引退とかいう話にまでなってしまわれて
今はどう思っていらっしゃるのか。
後悔はしてないと思うんですけど,失速はしていることでしょう。
でも,まさか,こんな遠くの方のちっちゃなブログがそれで炎上しちゃうなんて今でもご存じないでしょうねぇ。

すずめは先日も申し上げましたとおり,
今まで接点のなかった人たちともお話ができてとても有意義だったと思いますし,考えることも多々ありました。

平作さん,あなたの見る沖縄戦に関する日本軍の関与については
すぐとはいいませんが,書いてくれたらうれしいです。
私学教師の妻さんとは別の話題でもお話ししてみたいと思います。
やっぱりメールの方がいいのでしょうか??
それから,wanaさん,しょうさん,みなさん,ご心配をおかけしてすみませんでした。
私のせいで立たなくてもいい矢面に立たされてしまったような気がしてなりません。ブログのタイトルが悪いといわれそうですが,これはねぇ,最初からついてたので,外すのはねぇ・・・・。

それから 九郎政宗さん,お金になるとかならないとか,そんなことじゃなくて
あなたの知識を生かした書き込みをしてくださいな。
どうやら次々敵を作るかたのようなので,心配です。たまには遊びにいらしてくださいね。

まぁ,2年近くも前にこのブログを立ち上げたときには
ちょっと刺激しすぎたらどうしようかなと思ったりしたのですが
ぜ〜んぜん,静かなものでして,それで1年半以上,ほんとに?って思うほど平和に過ごさせていただいたあげくの1週間でしたので,
まぁ,読み切れないし,疲れるし,どれが誰やらわからなくなるし
名前のないのがたくさんあるし,死ねの消えろのと,中学生のネット被害みたいのもあるし,混乱のうちに,まだお返事していないコメントやらメールやらがあると思います。すみません。
アクセス解析もついてるんですけど,じつはよく見方がわからない(笑)

今週は学力向上のための対策をまとめて市教委に提出する書類を作らなければなりません。
その中で思ったことなどをまた書いていきたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:日教組

素朴な疑問

あれは日曜日でしたか,中山さんの発言にひっくり返った後から
とんでもない数の方がここにググって来られた。

死ね死ね攻撃も有るにはあるが,
少し落ち着いてきている。
たんなる誹謗中傷ではなく,
いろいろな書き込みをしてくださるみなさんは
いったい最初,何を思って検索のなどに「日教組」と入れたのだろう。
もしお暇があれば,教えてください

これもそれも結果的に中山さんのおかげなので,

実はちょっと感謝したりもしている。

あの人が問題発言をしてくれて,いろいろなことが始まった。
すずめは単純思考なので,今まで話したことのない人とお話ができると,それだけでワクワクしてしまうのである。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

戦争は必要悪か?

檜山さんとおっしゃる方から,戦争は必要悪だというご意見をいただいたのですが,
在日云々の問題については,個人的に知り合いもおり,
その人たち個人のことを考えると,単純にいいの悪いの言える問題ではありませんので,ここでは勘弁してください。
ここに来て,相反することをいろいろ見聞きし,
日教組の場合と同じように,どこかによくない部分があって,
多くのそうじゃない場合の存在を隠してるのかもしれないと思います。
檜山さんも,まさか在日の人が一人残らず極悪人だなんて言わないでしょう?

で,戦争なんですけど,たぶん,低迷する経済を一気に好転させ
(日本における朝鮮戦争のように)
増えすぎた男子人口を減らし,
国民に一丸となる気持ちを植え付け,
社会の構図を一気に変えてしまうものとして
力関係で世界の勢力図を塗り替えるものとして,
戦争はきわめて有効なものだと言うことでしょうか。
確かに,男子人口が増えすぎると,血の気の多いのも増えて,国が安定しなくなり,戦争に向かって行くのだと聞いたことがあります。
あたかも,増えすぎた動物が共食いや大量死によって,強制的に数を調整するように。

そんな側面もあるのかもしれませんが
そのために払うものが,あまりにも大きすぎるような気がします。
負けた方の国の経済はメタメタになりますし,
多くの人が愛する家族,夫,子ども,恋人を亡くします。
そこで「間引き」とか,「淘汰」なんて言葉で死んだ人の理由をつけられたら,残された人は可哀想すぎますし,大事な人は当然戻っては来ません。
悲しすぎる現実でしょう。

日教組のスローガンの最大は「教え子を戦場におくるな」です。
今は女性兵士もいますから,父,母,子ども,兄,姉,妹,弟・・・・
そのすべてを「教え子」がカバーします。
つまり,誰一人,戦場には行かせたくない。
でも,イラクには自衛隊がいっていますから,戦場に教え子を送ってしまったわけですが,ひとりでもそんな人を少なくしたいと願う気持ちもわかってください。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

たくさんのコメント,メールありがとうございます

中山さんの発言から,まぁいろんな方の訪問を受けました。
コメントもたくさんいただきました。
メールにもお返事も出さないままほったらかしになっております。
コメントも,とにかくなんか一言残さずにはいられなかった的ものから,
励まし,疑問,おしかり,批判と,多岐にわたり,
それがどれもけっこう考えさせられるものでしたので
読むだけでまだ返事も書いてないものがほとんどです。
特にメールをわざわざくださったかたには,
少しずつお返しいたしますので,どうぞ勘弁くださいね。

ここでご質問にお答えできるものはしていきたいと思います。

今ひとつ,みなさんのコメントを読みながら,
日教組っていったい何なんだろうって
改めて考えると,わかんないんですね・・・・

日教組は本体がおそらく公立小中学校の教職員が中心で,
それに高校,大学,私学にそれぞれ組合があります。
それぞれが微妙に独立していますので,独自に活動したり,協力したりします。
本体の中には,教職員部,事務部,養護教諭部,障害児教育部があります。年齢や性別により,青年部と女性部もあります
大変大きな組織を持つ労働組合です。

中学校の公民でも習うと思いますが
公務員であろうと,民間であろうと,労働者にはいくつかの権利があって,労働者の生活を守っています。
普通は労働3権で,団結権,団体交渉権,争議権ですが,公務員には争議権が認められていませんから,ストライキは違法です。
教組がストライキを打てば,一発で処分が来ます。
(30分以上職場を離れることで処分の対象となるので,29分集会とかいうのをすることもあります)
でも,組合を作り,任命権者と話をすることは違法ではありません。
時々,「公務員になぜ組合があるの?」と言われる方がいますが,
これはあってもかまわないのです。
ですから,日教組ほど取りざたされませんが,国家公務員にも各省庁ごとに組合があります。

と,ここまではごく当たり前の組合活動で,
それでなんでここまで目の敵にされるんだろう??ってことになります。

と,そこで出てくるのが思想団体としての日教組の側面で
たぶん,それも,勝手にやってる分にはそこまで脅威はなかったのだと思うのですが,なにぶん次世代の担い手に影響があるもんだから,一般の人にまで恨まれちゃうのかなと思うのですが,
すずめの周りにはそこまで左の人も,極端にかぶれた人もいないので,
実はよくわからないのです。すずめの単組がおとなしいのかもしれません。組織率は抜群に高いのですが・・・・
(問題の学力調査は,まあ,上3分の1ぐらいかな)
ですから,コメントでもいろいろ言われる韓国,朝鮮???はぁ???
すずめにお答えできる知識はありません。

そんな教育をするようにという指令もありません

日の丸,君が代も,昔は支部単位でいろいろありましたが,
きちんと決められて,すべての学校で日の丸が掲揚され,君が代が歌われています。
それについての指令は,ありません。

日教組についての一部の報道や,世論は,
29万人あまりいる,最大規模の労働組合に対する,政権政党の強迫観念ではないかと思っています。
なんと言っても最大規模で,昔は力もありました。
産休,育休の権利,年休の行使,福利厚生,日教組は他に先んじていました。
いってみれば,民間労働組合に「ほら,日教組はこうなってる」と言える存在です。
企業側にとっては,ありがたくないやんちゃな組合です。
働く側にとっては,ありがたいところです。
すずめがつとめも辞めずに,実質母子家庭状態で子どもをなんとか育てられたのは,この諸権利のおかげです。
子どもが熱を出して,保育園から電話がかかっても,
飛んで行けたのは,教員だったから。
それで母たちからは「だから女の先生はハズレなのよ」とそのときは言われたかもしれませんが
今はその分,他の女性をかばい,休みなしで働くこともできます。
組合には叱られますが,去年もすずめの年休40日は,38.5日を残して終わりました。その1.5日も,何回かの組合の集会で取った1.5だけです。
それでも年休を取って組合の活動をしたって言われるかもしれませんね。
授業に穴はあけていませんよ。
私たちは休みを取るときは,授業の進度もあるので,時間割を入れ替えて,できるだけ授業をきちんと済ませて出かけます。ですから,なおさら,そんな日は,トイレに行く暇もなくなってしまうのです。
水飲むひまもないので,トイレにもあまり行きたくなりません。
絶対からだ壊すとは思いますけど(笑)

たしかに,いろんなライフステージ,家庭の事情,体の状態などで,
授業の準備がままならない時期もあります。
そのときに不運にも当たってしまった子どもには,それがすべてですから,申し訳ないと思うこともありますが,
(特に女の身にそう言うことが降りかかりますから,男,もっと働け!!って思うことはあります・・・乱暴ですが)

そんなすずめには,ですから,組合にいる仲間たちに助けてもらった過去の恩もありますし,組合=悪⇒すずめは悪者⇒出て行け!とくっつけられると,アン??と感じてしまうわけです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ご質問にお答え・・・・になってないかもしれません

たかたかゆびさんからのご質問ですが

1 組合員か否か
組合にもいろいろあります。非組合員もいます。よく調べないで中傷するのは単にあおっているだけだと思います。
2 生活調査との相関関係
そういった資料についてぜんぜん議論がないのは、あの調査は単に体裁のためだけだったのでしょうか。
また、組合組織率と相関させるのは、組合たたきのためだけ。本当に日本の若者を何とかしなくては、と思うのであれば、生活保護率や離職率、自宅所有率、無職率などと相関して、どうしていけばいいかについて論議すべきでしょう。
自分の好き嫌いの感情のためにやった。では世論から反感があってしかりでしょう。
3 組合員の子(わたしの子)いじめ
私の子が何かしたのでしょうか。
一般論のようですが、私の子は、悪い子ではありません。すくすく育っています。でも、世間様からいわれのないいじめの言葉を受けているようでかわいそうです。
オームの子のように…。


ちょっとよくわからない部分もありますが,
私は組合員ですが,学校には確かに組合に入らない人もいます。
加入の呼びかけってのはしますが,効果があるかどうかは微妙です。
組合員じゃないからといって,仲が悪いわけではありません。

生活調査は学校によって扱いに差があると思います。
ただ,比較しようと思ったら,去年と項目が違う,答え方も違うんです。比べるだけでフーフーいってしまいます。でも,今回私の学校では,生活アンケートでの分析の方が的を得ているようで。そっちで考察を書いています。

3ですが,それは許せません。子どもに罪はありません。いじめの構造そのままですよね。でも,悲しいかな,日本人には多いように思います

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

読み切れないんですけど・・・・

いろいろご忠告くださってる方やら
ご心配くださるみなさん,ありがとうございます。

仕事が終わって帰ってきてからしかPCにさわることができませんので
「おまえ,無視しとるやろう」って思われても,コメント全部読むことすらできていません。
ごめんなさい。平作さんかな??
個人的なこと書かせてしまってごめんなさい。
昔のつらいこと書いてくれたんですよね。
確かに,いると思います。殴りたくなるのも。
私にも無神経な失敗はありました。
いろんな事情の子ども,背景,ありますから,つらい思いをさせてしまったのです。100%教師の非ですが。
でも,それって,その個人の短絡さと未熟さ故の話で
組合がそう言えっていったことはないと思います。
少なくとも私はそんな教育をするように言われたことはありません。
その先生には,でも,誰かが教える必要があります。
いつまでも続けてもらっちゃ被害者が増えるばかりだし,
本人の信用問題ですから。
直接言えるところなら,「自衛隊の子も,警察官の子も,教員の子もいるんだから,安易な職業批判しちゃだめです。」って言えるんですけどね。なにしろ,自衛隊学校を毎年勧めてるすずめです。なかなか受かりませんけど。(おっと,関係ないですね)

愛国心ですか・・・
日本人の心について書いた所とか,
もう一つの日米摩擦
あたりを読んでいただければ,すずめが何を大事に子どもたちに伝えているかがわかっていただけるのではないかと思います。
私は右寄りかもしれませんが,日本人として大切にしなければいけない気持ちというのがあると思います。
ただ,その「愛国心」という言葉を悪用し,それをさも国家に対する忠誠心のように教えるということは思いませんし,ましてやそれで人が命を投げ出すことを是とは思いません。

おっさんのご忠告も,ちょっと考えたんですけど,
私の方がずっと昔から,このタイトル掲げてるんですよ。
そりゃ,ちょっとは挑発する気持ちが最初,なかったとは言えません。
でも,おばちゃんらしくていいかなって思ったんです。
むか〜し,久米宏のなんか,番組があって,タイトル憶えていないんですけど,「何が悪いのよおばちゃん」ってのがありまして,
そこから取ったんです。
だからね,くっそ〜〜5日しか持たなかった大臣ごときに負けてたまるかって変な気負いがあって。

でも,さすがに,今日のアクセス,5000ですよ。
収まらないじゃないですか。
ちょっと弱気になってます(笑)

長くなってきたので,いったん上げます。
まだお返事もなにも書いていない方,(^∧^)
頭の悪いすずめのアタマが整理できた所からお返事いたします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あり得ないこの数字

帰ってきて,PC入れたら,まあある程度は予想はしていたものの
「日教組」でググって来た人が2800人,
リンク元からたどると,2chにURLが貼り付けてあって
なんと,誰かと誰かが手分けして書き込みをしているらしい。
どこかから指令(?)が出て,すずめんとこ行って,なんか書いてこいってことなんだね
おかげさまで訪問者が4000人。いつもの10倍だ。

2chから飛んで来ている人たちは使命があるわけで,
いろんな書き込みもまぁたくさん。

何日続く?
今日だけ?
中には反応する必要のないコメントもたくさんあるし
エスカレートしそうなら,一時制限かけるかもしれないけれど
しばらく様子を見ようと思います。

せっかく来たのなら,ゆっくりしていけばいいのに
中身も読まず,トップページのみ
で,なにか書いて去っていくってことらしい
そういえば,書き込みが反映されないって怒ってる人がいたけど
私は何もしていません
こんなにたくさんの人が集まるからで,たぶん他の人とぶつかるか何かしたのだろうと思います。

アクセス数が多いのって気持ちがいいけど
こんなのって居心地悪いですね。
しかも2chからのは辞めろ,出ていけの連呼ですし。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:日教組

日教組?中山さん,ちょっと言葉が過ぎません?

日曜日の朝だというのに,テレビをつけると,いきなり中山さんの発言が大写しになって,
「日教組をぶっ潰す先頭に立っていきたい」
思わず朝食の手が止まった。

はぁん??
ちょっと待ってや。どんな恨みがあるのかは知らないが,まだ一国の大臣ともあろう人が,公共の電波に乗せてそれを言うか?
(なんか,ちょっと前に私もそんなことを言われたような気が・・・・)
さすがに地元の後援会の人たちも渋い顔をしていたようで
思い切りがいいのか,自爆テロまがいの言ってしまえばこっちのものなのか,失言と言うレベルではなかったように思う。

一瞬,麻生さんが言わせて,大臣辞めさせたあとも言霊だけが残って威力を発揮させる,そんな作戦なのかと思ってしまった。
何しろ,日教組つぶしは安倍さんの大快挙になる予定だったはずだ。

で,朝のチェックに来てみると
なんだって?「日教組」で検索したPVが500
朝から尋常な数じゃない。
なに?これ・・・・

しかもちょっと昨日は調子に乗って物騒なことを書いたあと。
案の定,コメントは「やめてください」,「死んでください」

私のブログは普段,さほどの強烈な書き込みもなく,
みなさんが静かに読んで,おそらくマシンの向こうで笑ったりあきれたり,そんなはずはないと思ったり,うちも一緒やと思ったりと
してくれていたのだと思うが,
人が増えれば無責任な投石行為も増えるわけで
子どものネット環境もこんなんだろうなと思ってしまう。
それでも,捨てハン,名無しの書き込みには威力はない。

今日はこれから生徒を呼んであるので
2時間ほど学校で指導の予定。
夜はどんなことになっているのやら

次はできれば日教組には何がそんなに恨みなのかをきちんと教えてほしいと思う。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

エイズかもしれないなんて

毒入り給食で思い出した話がある。
もう10年以上も前のことだが,あのあと,本気で子どもたちにAIDSを語り始めたような気がする。

AIDSなんて遠い話だと思っていた。
普通に生活していれば,かかるはずのない病気。
だから,学んでいても人ごとだし,もしかしたら,偏見もあったかもしれない。
これを読んでいるみなさんも,おそらく同じように考えているだろう。
自分には関係ない病気
もしAIDSになったという人が身近にいたら,
あなたはその人の感染経路に疑問を持つに違いない。
怪我で輸血したりしていなければ,普通に生活している中で感染するのは注射針か患者との性交渉しかないだろう。
医者でもしていて,事故があったというのでもなければ,可能性はほぼ一つだ。

そのAIDSがいきなり身に降りかかってきたことがあった。

もちろん,誰かといい仲になったわけではない。
血液製剤である。
その昔,1980年代,HIVウィルスに汚染された血液製剤が世の中に広く出回ったことがあった。
ちょうどその当時出産を経験した私は,お産の時出血が止まらず,止血剤を打たれたのであった。
まだ意識が朦朧としている中,看護婦さんが事務的に「出血が止まりませんので,お薬が出ました」と耳元で言って,瞬間ブスリと針が刺さった。
自分では何が起こったのかそのときはわからなかったが
オムツのようなパッドを不気味な赤に染めていた出血がその後少しずつ少なくなっていった。
そんな記憶はそのうち忘れ去られて約10年が過ぎた。

ある時いきなり新聞に
お産の時の止血剤などに使われていた血液成分にHIVウィルスが混入していて,それによってAIDS発症の可能性があるという記事がでた。
それって,あれ??
一瞬目の前がすぅっと暗くなった。
私が・・・・AIDS?  うそでしょ?

私の意思ではない,責任でもない,それでもAIDSになることがあるんだ。
麻薬も注射の回し打ちも,AIDS患者との接触もなくても,こんなところから感染するなんて,あり得ないと思った。

まあ,結果的に白だったわけで,今でもHIV−のはずだが,
あのときの恐怖と一瞬の絶望は今でも忘れることができない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:AIDS

こういうのも楽しいな

沢田研二さんの歌で記事を書いたら,初めての人からコメントとトラバをもらっちゃいました。
それも,まったく畑の違う人からだったので,なんか,新鮮。
新聞読んでて見つけた記事だったので,
これもNIEのおかげかな。

新聞は読むのに時間がかかるし,たとえ教材探しでも,勤務時間中だとサボってるように見えるので
やっぱりすべてが終わってからしか見ることができません。
もしくは休日。
NIEやってる人が,休みの日,図書館に通って1日新聞に埋もれていると聞いたりしますので,
それはそれで結構な労力なんですけどね。

でも,これも何かのご縁かなって思います。
沢田研二さんのアルバム。聞いてみようっと。

そういえば,最近読む本も新聞の書評から見つけてくるので
新聞って嘘もかなりありますけど(私も体験者の一人)
やっぱり役に立つものですね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

怖いよ〜ナイト・シャマラン

夕方,車を飛ばして,映画を見に行った。
なんだかむしゃくしゃするし,暑いし(職員室にはエアコンがない)
それで見たのが「ハプニング」



いや〜怖かったっす。
「シックスセンス」の監督さん,最近では「ミスト」って映画も怖かったけど,スプラッターじゃない怖さってのが実は好き。
血だらけじゃないホラー。バイオハザードのようなグロさもないし,
でも,怖い。
大作じゃないし,娯楽映画でもないから
インディ・ジョーンズのような興行収入は望めないだろうけど
なんか引っかかる映画なんですね。
これって,もしかして,帰り道で私も死ぬかもって思わせる怖さがあるんです。

なんか,人間滅びるかも,って思いながら帰ってきました。

昨日の記事へのおっさんからのコメントじゃないけど,
ちょっと日本病み過ぎてるから,少し日本人減らしたほうがいいのかもしれません。
日本全国津々浦々の話でしょ。大分に限った話じゃないし,かえって都会には少ないかもしれません。
しかも,今回は教員でしたが,役所に入る公務員の試験だって一緒です。
みんな原因不明で死ぬほうがいいかも。

ってまた問題発言しちゃった

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

整理がつかないまま時間だけが過ぎていきます

自分の中でも,整理しようと思いつつ,書き始めてもなんだかうまく進まなくて消してしまう。
その繰り返しが続いています。

よたよたあひるさんがずいぶんいろいろ書いてくれたのですが
教職員の心のケアと「同僚性」・・児童転落死事故に ついて その2
ブログの言葉・・「議論」と「おしゃべり」 その1
「伝わる言葉」を語るために・・「議論」と「おしゃべり」 その2
関係性への依存 「議論」と「おしゃべり」その3

ご本人も釈然としたようなしないようなところがありますし
煩わせてしまって申し訳ないと思い,何か書かなきゃと思うのですが,
焦ってもなかなかまとまらないまま,ここにきています。

事の起こりは私のお騒がせ記事で,
あちこちから御指摘のあったとおり,足元を見失って,時と場所と立場と内容を考えなかったすずめの書き込みが,あちこちに波紋を巻き起こし,
それがタイトルと相まって,もともとは日教組組合員の教員だって,
仕事もしないで権利の主張ばっかりしてるわけじゃないのよ。といろいろ書き始めた場所だったにも関わらず,かえって信用失墜につながってしまったということで,
すずめの認識の甘さにあります。

ご迷惑をおかけした同業者のみなさんや,
気分を害された読み手のみなさんや
心を乱された常連のみなさんや
なにより,こんな教師に子どもを持たれているのかと学校不信を募らせた保護者のみなさんにたいへん申し訳なかったと思います。

じゃ,もと記事をなんとかしたら?と思われるのももっともなのですが,これは経緯としてここまで膨れ上がってしまったものは,とっておかなければコメントごと無意味になってしまいますので,自分への戒めと,証拠としてそのまま置いておくしかないと考えています。
頭に来る人もこれから後もいらっしゃるでしょうが,
それからの経緯も読んでくださいと言うしかないです。
これだけみなさんがいろいろ書いてくださったのですから。
ありがたいことです。

前にも書きましたが,当該教員は,きっと代わりに死ねればと考えているでしょうし,私がその立場でも,そう考えると思います。
教員であるものが,「親のせいじゃ」なんて涼しい顔をしていられるわけがありません。教員なら当たり前の話です。
私の書き込みで,そこがあっさり否定されてしまったということを,当の本人が認識していなかったのですが・・・・

後になって読まれた方は教員がみな,そんな人でなしだと思わないでください。

で,psycheさんに関しては,私は自分の「教訓は生かしてこそ教訓」への書き込みを読むまで,結局何を言われているかを理解しておらず,なぜ答えが答えになっていないのかが理解できませんでした。

今のところ私に言えるのはここまでで,
書いてみても,結局何を言いたいのかよくわからない文になってしまい,自分で納得がいかないのです。




にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

オーバーフローしてます

青春ドラマに区切りをつけてやらねばなりません。
これはテレビ番組か?ぐらい順当に進みました。
子どもたちも家に帰って珍しく話をしたところが多かったようで,
「中学生日記」みたいという感想をいただきました(どういう意味かな)
うまくいったからよかったようなものですが
もめごと,話し合い,意識の変化→仲間の獲得 と
進まなかったらえらいことでした。

コメントにも話し合った中身があふれていましたし
男の子も女の子もちょっと距離が縮まって,仲良く遊ぶようになりました。
ちょっとだけ意見を言えるようになって,行動に結び付くようになりました(一進一退するでしょうが)

よしよし,いいぞ。

クラスの中ぐらい,本音でぶつかれて,悪気がなくて,みんなの違いを受け入れられる空間でありたいと思います。
そこで協力した仲間は,きっと一生の宝になるからです。
卒業の時に,いい仲間と,いい思い出と,ここで過ごした誇りを与えてあげられたらいいなと思います。

さすがにへばっていまして,
ブログまで手が回りません。頭も回りません。
ごめんなさい

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教訓は生かしてこそ教訓

よたよたあひるさんのところの記事を見ていると,
ブログの言葉・・「議論」と「おしゃべり」 その1
「伝わる言葉」を語るために・・「議論」と「おしゃべり」 その2

まだまだ論議(と呼べない部分もあるようには思いますが)が尽くされていないのかもしれないと思うのですが,

それぞれの方が,それぞれのとらえ方で,それぞれに得るものがあったのではないかという点で,不毛ではなかったと思っています。

ただ,いちろうさんがpsycheさんのブログから禁止IPに付け加えられてしまったらしいことは,残念です。
どんな理由かは明らかにされていませんが,
psycheさんの基準の中で一定値を超えたということなのでしょう。
私が全面謝罪をしていないという点で,(半分意地になっているかもしれませんが)psycheさんの中の論議は終わっていないのでしょうが,私としては,「この辺で終わりに」と言いつつ,私がコメントを削除したことについて,私の説明では納得ができない(それはそれでいいです。それがpsycheさん擁護であったといっても,納得できないかもしれませんが,その根拠を示すと,また新たな火種になりますので,私は黙ると決めました。これ以上は書けません。)とおっしゃる。
それ以上は平行線ですし,本当はわかっていらっしゃると思っています。

以前にもネットの中で,いろいろな物を見聞きし,少しは気をつけていたつもりですが,脇が甘い,ウカツである。もう,何とでも言ってくださいって感じです。
生徒指導の教員が,生徒に
「掲示板やプロフに書き込みをするってことは,家の前に大きな立て看板をして,マジックで書いたものをさらしておくようなもんだ」と言っていまして,
確かにその通りだと思います。
今回のことも,私の知らないところで,もっと燃え上っていたかもしれません。見てないから知らないだけで。

私自身もいろいろ考えることや,学ぶことがあり,
kurazohさんの書き口もまずろさんの筆致も変わったと感じます。
今後にどう生かせるかというところが問題となるのだと思います。
(一番懲りないのが私かもしれません)

最後に,私がネットの中でよりどころにしているひとつに
「人にはそれぞれ発するオーラがあり,プラスはプラスに,マイナスはマイナスに作用する。己の発するものと同じ種類のものが集まってくることになるから,くれぐれも自分の発するものには気をつけるように」ってことがあります。リアルの世界でも,共通すると思いますが,
自分の発したものが自分にも向けられる。
今一度肝に銘じておきたいと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

トラックバックお願いします

いろいろなコメントについてまとめた記事で,よたよたあひるさんが詳しくわかりやすく説明をしてくださいましたので,
私もそういうことだったのねと理解したわけですが(鈍すぎやろ)
日本語ってほんと難しいですね。

ここはTBフリーなので,TBされたものを私が見て,
とんでもない商売用のものだったり,どえらい卑猥なものだったり,明らかないたずらだったりしない限り,削除することはありません。
(最近は減りましたが,一時期ひどくて,禁止のIPがどんどん増えました)

最初,まずろさんがご自分の記事を書かれたときに,私に「TBをおねがいします」とコメントされました。
私は,私にTBを送れということだと思い,記事を読みに行ったのです。
TBというのは,誰かの記事に対し,関連記事を書いたときに送るものですから,私は明らかに違和感を感じました。
だって,火元は私で,関連記事を書かれたのはまずろさんなのに,
しかも,こっぴどく(気に障ったらごめんなさい)こき下ろした記事です。
そこへ,本人にTBを送れってどういうことなのか,私は理解に苦しみました。
もちろん,その時点でも,まずろさんがTBしてこられた場合,私は削除するつもりはありませんでした。それまでにも,kurazohさんもよたよたあひるさんもTBしてこられていますし,批判的なものでも,責任をもってTBされたものを削除するほど傲慢ではありません。
でも,私に送れという要求ならば,意味は違います。
それって,口汚く言えば,
「お前,とんでもないこと書きやがって,そういう教員がいるから全体が悪く言われるんだろうが。俺様がまともな記事を書いてやったから,わびの一つも入れてきやがれ」(おっと失礼)
という,強迫とは言いませんが,脅しに近いものを感じました。

これに対するコメントは困りました。
「TBするのはあなたでしょう?」と言いたくても
真っ向きってはまた新たな火種になるかもしれないし,
そうかといって,「あなたのほうからTBお願いします」って私がお願いするのはもっと変です。
それを相手に伝える言葉を私は持ちませんでした。
黙るしかなかったのです。

この行き違いは,よたよたあひるさんがきっちり書いてくれるまで続きました。
ついに音をあげた私が,「だれか説明して!」とバンザイしたからだと思いますが,よたよたあひるさんの状況判断ってすごいですね。
当事者のわかっていなかったことも分かっているんですから。
脱帽しました。

自分がまいた種ですが,いかに多くの人を混乱させ,
また多くの人のお力を借りてここまで来たかということに
改めて感謝申し上げます。

また,記事の更新が滞ることにつきましては
ちょっとここには書けない生徒指導上久しぶりの事態を抱えて,振り回されているためで,
みなさんへの感情的なものではありません。
本気で闘わないと事態の収拾がつかないだけなのですが,
いい加減やっぱり年齢なのか,昔ほどタフなわけにはいかなくなってきておりまして,ここまでたどり着く元気がないのです。
すみません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

一連のコメントに関して

で,いろいろご批判をいただいているのですが,

psycheさんのご批判に関しては,
特にpsycheさんのコメントを削除したことに関しては,
私がいつpsycheさんのブログにお返事を書いたのだったかは覚えていないのですが,
PCを消す前に確認したところ,存在しなかったのです。
あとで思えば,反映される前だったのでしょうが,
私はなくなったと思いました。
psycheさんのコメントは,ご自分で再現してらっしゃいましたが,
多少変わっています。
かなり感情的な文でしたので,私としては,これ以上の混乱を避ける意味もあり,私が確認することで,コメントの役は終わったものとして削除しました。

一部だけですが
記事の内容を変えられましたね。
教師批判への牽制を削除し、学校の責任は認めつつも、
親の責務に対する重要性は指摘するという方向へ。

発言に問題があったと認識できたというところでしょうか。
完全というわけではありませんが、一定の評価できる修正であったと思います。

記事の内容も修正されたようですしこのあたりを引き際にしたいと思います。

(ただ、仮定の話は完全に削除すべきものです)
くだらない愚痴ばかりを言う集団に入るより、子どもの視点を持って仕事に向き合う方がやりがいをもてます。

kurazohさんに指摘され「自分なんて悪だ」とやさぐれるのでなく、
もっと前向きに考えてください。


psycheさんは,私が日教組に入っていることには興味がないとおっしゃっていましたが,
はっきり「くだらない愚痴ばかりを言う集団」と言及しています。
全文ではなく,一部抜粋したのは,混乱を避けるためとご理解ください。

psycheさんのコメントに関しては,その後,修正以前の文を再現させるなどされていらっしゃいますが,それでは修正の意味がありません。
書いた本人が違うと言っても,読まれたpsycheさんが「これは当該保護者に対する非難だ,責任転嫁だ」と感じ,その怒りを表していらっしゃるのでしょう?
それが「文章の独り歩き」なのであって,これはやはり私の責任なのですが,
私としては,じゃあ,どうすれば?と思っても,先に述べた理由でこれ以上修正も削除もできないと思う記事はそのまま残すしかありません。

納得はされないかもしれませんが,ご自身でも「これを引き際に」とおっしゃていらっしゃいましたので,これまでにしたいと思います。

まずろさんに対しては,それこそ感情論ですが,自分に対して批判的であるものに,わざわざトラックバックするほど残念ながら,私は人間ができておりません。
トラックバックは受け付けていますので,ご自分でなさるのなら,それを残すか削除するかは私に決定権があると思っていますが
むしろ,不思議に思いました。
なぜ??それを私にさせる??

あと,「通りすがり」さんというハンドルネームに関しては,いくつかの書き込みが同一人物であるとは考えがたく,
お二人かそれ以上の通りすがりさんがいらっしゃるものと理解します。
私の弁護をしてくださった方,ご自身のご意見を書いてくださった方,
ありがとうございました。きちんと文を練って,(いつも半分寝ぼけ眼で書いてますので)誤解のないように書き込んでいきたいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

お騒がせしてすみません

一つの記事に5日もたって,まだ反響があり,
他のブログにまで飛び火して,まだまだコメントがついてしまっているあたり,たいへん申し訳なく思います。

kurazohさんのコメントでは,
前半と後半ではずいぶんスタンスが違うのように感じるのですが,
しょうさんのブログ記事がきっかけかなと思います。
なるほど,私のタイトルがはじめっから開き直り系であることに加え,教師の自己保身ととられる記事を書いていたのでは,
理解を得るどころか,今回のように必要以上に反感を買うのではないかというご意見であったかと理解しました。


こういうことは,何人かの意見のやり取りの中で,最初の混乱や感情的な部分が削り取られて行くのではないかと思われます。
反応してくださった,しょうさんやよたよたあひるさんの冷静なご意見に感謝します。
私自身も,最初はしょうさんのご指摘通り,「それ来た」と構えてしまって感情的になった部分がありましたことを反省します。
もう少し冷静に構えないといけませんね。

繰り返しますが,今回の杉並区のお子さんに対して,また当該保護者に対して深くお悔やみ申し上げますし,
親御さんのショックもさることながら,目の前で死んでしまった友達を,しかも目撃してしまった生徒たちのどんなにショックだったことかを考えれば,のんきにそれを教訓なんていってられる場合ではありません。

また,柵がなくたって,教師が足跡に気づいて,もう少しきちんと事前指導していれば,そうでなくても,全員を屋上から出してしまってから,自分が階段に行っていれば,
こんな事故は起こらなかったかもしれないと考えられることから,
きっと自分を責めて,代わりに死ねたらと思っているであろう女性教諭に対しても,責任をすべて背負わすのはあまりに酷ってものじゃないかと思うのです。


あまりに反響のありすぎた記事ですが,
これを削除してしまえば,コメントのすべても一緒に消えます。
それはそれで別の問題を引き起こしますので,
少しずつ沈静化することを祈りつつ,触らないことにします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

梅雨っていうけど

梅雨に入っているはずなんですけど
雨がほとんど降りません。
今日はちょっと降りましたが,お湿りになった程度

きけば,九州や四国,近畿ではさんざん降ってるらしい。
そのうち降るのかな。

雨と言えば,中国の人たちと話したときが思い出される。
たまたま会合のあった日に雨が降って,
私たちの代表が「お天気が悪くて・・・・」みたいなことを言ったら
中国人の代表の人に怒られてしまった。

私たちの国では雨が降らなくて,水が足りなくて困っているのです。
雨が降ったら,よろこばしいことであって,
感謝しなければならないことです。どうしてそんな文句を言うのですかとたずねられました。
なるほどね。そうだよね。
所変われば・・・・いろんなことがあるものですね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

退職校長の記念パーティ

退職した校長先生の記念パーティがあって,
昨日はそれでさんざん飲まされました。
帰ってきたのは覚えているのですが,
どうやって寝たかは全く記憶にない。。。。
でも,朝起きて,まあ,二日酔いでもないのはウコンのおかげかな(笑)
何しろ,ビールで乾杯してから,焼酎(最近はめっきり弱くなったので,残らない焼酎にしてます)はなかったのですが,ワインに水割り,3つ並べて飲んでるという,恐ろしい状態でした。

前校長は,そんなパーティーはヤだから,って言ってたのですが
PTAに担ぎ出されたようです。
私はといえば,自分のクラスの母や学年の役員さんたち,
また,懐かしい元のPTA役員さんたちと賑やかに楽しく過ごさせてもらいました。

今年のクラスには,どうやって育てたらこんないい子に育つの?って男の子がいて,学年の役員さんたちに
「すずめ先生,選んだでしょ」って・・・・。
選べるものなら選びたいですけどね。
すずめの年齢になると,流石にわがままもいえなくて,
「どのクラスでもいいよ」と,最後に残ったクラスをいただきます。
たいてい,クラス分けをして,そこの一番気を使ってやらなきゃいけない生徒がどの教員と相性がよさそうか,学年で判断して組み合わせをきめます。
転入してきた人には無難そうなクラスを,みんなが手を焼く生徒は生徒指導担当に,たいていすずめは親より年上なので,
一番手を焼きそうな親か,口の立つ,問題女子生徒のクラスをいただくことになります(笑)
今年のことは部外秘ですが,選んだわけではないことに間違いはありません。
そんな話をしながらワイワイ盛り上がって,帰ってまいりました。

楽しくて,結構だったのですが,どうも
記憶がないってのがねぇ
困ったもんだわ。
(でも,どうやら,きちんと化粧をはがし,シャワーもかぶって寝たらしい・・・・)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんか救われない話だなあ

小6転落死、天窓すべてに足跡…児童ら以前から遊んでいた?
6月19日14時31分配信 読売新聞

杉並区の区立小学校で18日、6年生の男の子が校舎屋上の天窓から転落死した事故で,屋上に設置されたほかの天窓すべてに複数の児童の足跡がついていたことがわかった。
その男の子が天窓の上で跳びはねていたことも判明。警視庁杉並署は同校の児童たちが以前から天窓に乗って遊んでいたとみて,安全管理に問題がなかったか調べている。
校舎の屋上にはドーム形の覆いがある天窓が5か所に設置されており,男児が転落した天窓以外の4か所からも,児童のものとみられる複数の足跡が確認された。
同校は屋上に通じる階段のドアにカギを掛け,児童が屋上に上がることを禁止しているが、授業などで使用することがあった。
同級生の話では,事故当時,算数の授業で屋上にいた男児が,天窓に乗っているうちに覆いが破れたという。
この時,女性教諭(49)は授業を終え,階段付近でほかの児童に教室に戻るよう促していた。


救われない話だなあと思う。亡くなった男の子とその親御さんには言葉もないし,大変気の毒だと思うが,
最初のニュースと割れたカバーを見た時から,怖いもの知らずの男の子がふざけて飛んだり跳ねたりして,落ちたんじゃないか?と思われる割れあとだったし,
たとえ教師が最後の瞬間に気づいて「危ないから降りなさい」と声をかけていたとしても,「大丈夫」と飛んだり跳ねたりをやめなかったんじゃないかと思う。

今の子どもたちは,エネルギーはあっても,ちっちゃいころから危険ととなりあわせの遊びをしてきていないから,
想像力と勘が育っていない。
これくらいだと危ないんじゃないかってことがとっさに判断できなくなっている。
ちっちゃいころから氷の上にのって,割れたり,木の枝を折ったりしていれば,どれくらいの高さとどれくらいの強度で,どうしたら危ないかってことが直感としてわかるものだが,
最近の怖いもの知らずのボクちゃんたちは,ものを投げたり,どこかに乗ったりしたときに招く危険に対する想像力が極端に低い。
そのくせ,大人の指示には従わないから,中学1年生あたりを外に連れ出したりするときはヒヤヒヤハラハラしっぱなしである。
道路には平気でふらふら出ていく。
折れそうな木の枝や,細いパイプにも平気で乗っていったり,過剰な人数でぶら下がったりする。
あたりの人の危険など考えずに何でも投げる。(4階の窓からなんでも落とすってこともする)

結局は小さい頃に大事に育てて,怪我もさせずに大きくなっていることにあるのだろうと思うのだけれど,
今更そんなことを言っても帰らないし,その傾向は今もどんどん強くなってきている。

責任問題とかで,学校も教師も,杉並区も問われ,示談になって慰謝料を払うことになるのだろう。
死んでしまった子どもを悪く言うつもりはないが,
危険を判断する能力が育っていなかったことはほぼ間違いがない。
救いのない話だなあと思う。

親は100%学校と教師の責任と思っているだろうし,
追求されれば,そうとしかいいようがない。
でも,就学前に,大人の言うことをきちんと聞く姿勢と,
危険を察知する能力を親の責任で育てておかないと,
今度は屋上のカバーではなく,別の場所で起こるかもしれないし
大事に育てたわが子が犠牲者にならないとも限らない
とおばちゃんは思うのである。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:ニュース

ガソリン高!

すずめは軽自動車なので,そんなにガソリンはいらない。
しかも,毎日走りまわっているとはいえ,大した距離ではないので,
10日〜2週間に1度給油することにしている。

いつもの通り,いつもの給油場所へ給油しに行く→【参考 自閉症だった?すずめ】
ガソリンは今月に入ってまた上がり,来月にはまた上がるとニュースが言っている。天井知らずになりつつある。

たいして入らない軽の燃料タンクだが,
なんと,先月とは1000の位の数字が違う。
値上がりを実感してしまった。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

5月病はいいんだけど

花粉症がひどい
くわっと温度が上がった,天気のいい日がつらいので
なぜか家に帰ってくるとひどくなる。
ハウスダストもあるのかな

くしゃみがとまらなかったりするので
運転があぶない
後ろから見てると,きっとくしゃみのたびに車がゆれてるだろうし
前から見てると,くしゃみのたびに必ず目をつぶる瞬間があるので,恐ろしい話だ。

うぅぅ
鼻水がでる,涙が出る,くしゃみがでる
きたないなあ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:花粉症

もう1本救いのない映画

前回の「ミスト」もそうだったが,B級映画なのか,最高級なのか,私にはわからない。
アカデミー賞8部門にノミネート,その他数々の賞を総なめにしていると言っても大げさではない映画だったので,見に行くことにした。

「ノーカントリー」原題は「NO COUNTRY FOR OLD MEN」(年老いたものに帰るところはないって意味になるのかなあ)

まあ,なにがすごいって,このシガーって殺し屋がすごい。
ハビエル・バルデムって役者が演じるこのおかっぱ頭で,酸素ボンベ(だろうと思う)を武器として使う殺し屋には,全く人情ってものが感じられない。感情の起伏も,自分の体の痛みに対する反応さえ見せずに,正確に相手の頭を打ち抜いていく。
見ていて,総毛立つというか,吐き気がするほど不気味だ。
でも,映画のプロモーションの写真では,やさしいとさえ見える笑顔だたし,かつらを取った素顔は,全く別人。
並べてみたって,同一人物とは思えないくらい違っていた。
役者って怖い。

で,この冷徹極まりない,人間を感じない殺し屋が追っかける「平凡な男」モスは,いかにも西部劇に出てきそうな風貌の男。
ふれこみでは「平凡」だが,その注意力,決断力,行動力ともに半端じゃない。平均的アメリカ人だとしたら,アメリカっておそろしい国だ。
私じゃ生きていけない。

んで,もう一人,淡々とストーリーをつなぎ,事件を追いかける老保安官をトミー・リージョーンズが演じるのだが,この人,渋い役者さんのハズだったが,BOSSのコマーシャルだったかに出て,イメージが変わってしまったような気がする。ハーバードの出身だそうだが,メン・イン・ブラックのおとぼけさだって,賢いおとぼけだったし,スペース・カウボーイでの老宇宙飛行士もいい味を出していた。
久々にいかにもそれ,って感じのトミー・リー・ジョーンズを見た気がした。

この3人が,つかず離れずで動いていく映画って感じがするのがこの映画。三者三様の行動パターンが絡み合って,ストーリーが展開し,最後はやっぱり救われない気持ちになった。

こんなに疲れる映画ばっかり見ていたのではちっとも娯楽にならないのだが,流れを変えてくれるのは何だろう・・・・。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

重い,暗い,救いがない・・・・

今頃なんだが,修学旅行が土曜日にかかったので,半日振替の休日になった。
んなこと言ったって,そう簡単に授業が代われるはずもなく
結局,「私はユウレイです」とかいいながら授業をして,それでも休めといわれるので,1時間ほど早めに出て,夕方の映画を見に行くことにした。(なんも休みになってない)

土曜日に勤務を命じられると,どうしてもその分をどこかで休まなければ,労働時間が基準を超えてしまうのだ。
公務員のいいところでもあり,融通の利かないところでもある。
そのくせ,じゃあ,夏休みのときまで持ち越したいと言っても,これも既定の時間を離れすぎているのでダメといわれる。

で,見に行ったのが「ミスト」霧という名前の映画である。
なんか,怖い映画らしいということはわかっていたが,シートに座って,スティーブン・キングという名前をみて,ちょっと後悔した。
スプラッターではないだろうが,怖そうである。

で,やっぱり救われなかった。
そこまで救いのない結末ってあるか?ってくらい救われなかった。
血の出るシーンも確かにあったが,そんなものじゃない気もち悪さと,人間の心の怖さがドーンと落ち込ませてくれた。
も〜,ありがとって感じである。

原作を読んでいないので,霧の正体も,霧の中にいる「なにか」もわからないが,見ているうちに何らかの原因でミュータント化した生物じゃないかということがわかってくる。
簡単にいうと,霧自体は無害っぽいが,中にゴジラ化した生物がうじゃうじゃいるようなのだ。しかも多種多様。1匹じゃない。
ゾンビとの違いは,彼らが必要以上に凶暴ではないので,籠城して外界から遮断されていれば,それを壊してまで襲ってはこないこと。
しかし,今度は「人間が二人いれば,やがては殺しあいになる」というセリフの通り,疑心暗鬼から人が次々と危険にさらされ,殺しあっていくことになる。
この人間の心理が,放射能かなにかより,化け物より怖い。
抑圧された状態で,人が簡単に洗脳され,暴徒化していく様子に背筋が寒くなる。
これこそスティーブン・キング


ネタばれになるので,最後は書かないが
ほんとにそれで終わり?って立ち上がれなくなるほど落ち込んだ。
人間不信になりそうな映画だった。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:映画

昔と違うパンダフィーバー

久々にパンダが話題になっている。
パンダと言えば,すずめがまだ子供だったころ,中国から2頭のジャイアントパンダがやってきて,一気に人気に火がついた。
上野動物園はパンダを見る人たちであふれ,上野まで行けないすずめのような田舎の子供でも,パンダのぬいぐるみを抱えて喜んでいた。
「客寄せパンダ」なんて言葉が生まれるぐらいだから,パンダの集客能力は半端じゃなかったのだろう。

そのパンダが上野からいなくなった。

石原都知事は相変わらずの発言で,パンダがなんだって感じだし,
レンタル料が1億って聞けば,そこまでしてパンダがいなくてもいいんじゃないの?って思ってしまったりもする。
しかも,そのパンダがいま話題のチベット地方にいるもので,
それを中国が外交手段に使うっていうので,いっそう話はややこしくなる。
およそ関係のなさそうな北京のオリンピックまで巻き込んで,
くるにしても,来ないにしても,賛否両論がいろんな根拠で出てくるのだろう。
抗議電話があいついでいるらしいが,
いろんな背景も,感情もごちゃまぜにして話をややこしくするのは
あまりいいことではないと私は思う。

というと,私も石原都知事と同じようなことを言ってしまうことになるのだが,
東京都にしても,日本政府にしても,1億という金額は,決して小さいものではない。パンダを呼ぶことに,その価値があると思われるのなら呼べばいいし,単なる外交手段で,押し付けられるだけなら,辞めればいいと思う。
最初のパンダから35年,昔ほどのフィーバーはないし,ワシントン条約に抵触する動物のやり取りで,チベット擁護の人たちの神経をわざわざ逆撫でする必要もあるまい。
しかし,あの大きな体のわりに愛嬌のあるポーズと動きでなごませてくれるパンダは,確かに魅力的な動物ではある。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

どこが「大いなる陰謀」なのか疑問だけど

どこまでも軽いノリのすずめなので
ついていけるかどうか,不安だったが
昔からなんとなく切れ者を演じるメリル・ストリープと
これまた昔は美形で(ブラッド・ピットが若い日のレッドフォードによく似ていると思うのは私だけ?)今は渋い監督さんになったロバート・レッドフォードにトム・クルーズがどう絡むのかを見たくて久々の映画に行った。

「57歳」と解雇通告をちらつかされて
それでもジャーナリストの良心を捨てきれないメリル・ストリープが
熱い女を熱演してて,
だんだん年を感じ始めているすずめは妙に思い入れてしまって
アーリントン墓地(戦没者が眠る)の横を通りながら
複雑な表情を見せるメリルに,わけもなくじーん。

で,これまたアメリカの理想を地で行くようなロバート・レッドフォードが
裕福で冷めた学生に説教するのだが,どうにも空回って
自分の昔やら,他の学生やらを引き合いに出しながらも
手ごたえが感じられず,時間ばかりが過ぎていくってのは
私自身が無気力な生徒にああでもないこうでもないと
いろいろ説教するのだが,のらりくらりとかわされる,まさにそのものだったわけで
これも他人事とは思えないシーン。

しかも,そこに引き合いに出される学生って言うのが
野心満々のトム・クルーズが仕組んだ
「どこがテロとの戦いやねん」と思わず突っ込みたくなるような
やらせの戦略(すずめには事情がわかんないから,あれはわざと敵の真ん中にヘリを落とさせて,攻撃させておいて吹っ飛ばすという作戦だと思った)の,いってみればエサになった兵士。
授業料が払えないから,志願して,帰還兵になれば授業料払わなくていいって悲しい事情を抱えてて,
優秀でも金のない奴はカスで,その一人や二人,死んでも痛くもかゆくもないってことを,公然と言う奴が大統領に大手をかけ
いい大学を出れば,一生涯金には困らないという裕福な白人たちが
のんべんだらりんと日常を過ごしている。

これって日本もそのままじゃん

原題は「子羊のためのライオン」って,どうも無能な上層部とその下の勇猛果敢な兵士たちという意味らしいのだが,
ライオンはいなくても,子羊以下の日本の上層部と
金にあかしてそれを「勝ち」だとほざく富裕層と
非正規労働者たちの苦しみが
日本をそのまま投影しているようで,悲しくも腹立たしくもなった1本でした。
重いよ。

結局日本もアメリカも,
一部の富裕層が,貧困層の犠牲の上に,
私利私欲を優先させて国益を吸い取ってる
と,ちょっと怒りモードになっちゃった映画でした。
読み取りの浅さは勘弁ください。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ネット上での誹謗中傷に対処するには

このブログのアクセスログにも,時々2ちゃんねるとかいうところからつながってきているときがあって
たどるとなんだか怪しげなことが書いてあるときがある。

昔,すずめがネットに浸っていたころ
掲示板やチャットでアラシにあったら,(今で言うなら炎上しちゃったら)
じっと隠れて過ぎるのを待てと言われた。
2〜3日でピークは過ぎ,気のすむように画面を埋めた奴らが,飽きて立ち去っていくのを見届けて,削除するものは削除し,画面上を少しお掃除して,またスレッドを立ち上げていくのだ。
竜巻か何かのように,アラシは掲示板を食いつくし,そして去っていく。

間違っても,暴れまわっている間に顔を出したり,書き込みをいじったりしたら,彼らは必ず勢いを得て,有象無象の加勢をえて,ますます自分が正義のように掲示板上を暴れまわる。
相手にすることは何よりも避けなければいけないことだった。

先日からここにも登場の飛鳥先生だが,
過激なしゃべりのせいもあって,さんざんにたたかれ,
限度を知らない輩に実名まで公表されて
ついに反撃にでちゃったらしい。

警察に訴えるとどうなるのかは私も知らなかったが,
なるほど,こんな風に進んでいくものなのか。

確かに,ネットにちょっと詳しい人なら,
アラシでも,そうでなくても,簡単に身元を割り出してくる。
ネットは匿名というのは,どうやらそう信じている人にとってだけであって,ネットに蠢く妖怪のような人たちがたくさんいるが,彼らには
みんなが名札を付けて書き込みをしているのと大して変わりはしない。

むかし,私に対するあることないことの噂話も,
「書き込みはヤツだよ。ほらね」
と,捨てハンを使おうが,匿名にしようが,割り出してきて教えてくれる人がいた。
そこで反応しては,実世界まで及ぶ泥沼戦争になるので,
何もしなかったわけであるが,
昨今の生徒たちが巻き込まれるいろいろについては
断固とした手段に訴えて,本人をねじ伏せることも必要なんじゃないかと思う。
警察がそのもっとも激しくも正当な手段で,
考えようによっては一番フェアで安全なところだろう。

ネットの中には,アウトローな魑魅魍魎もうじゃうじゃいて,
それが誰に対して牙をむくかはその時次第だということを
忘れてはいけない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

飛鳥さん,がんばれ

昨日,「なんで?」って記事で,
飛鳥エイジさんのことを書きました。

冤罪で懲戒免職になり,今は雪辱を果たすべく,
証拠を並べながらブログを更新している,もと小学校の先生です。
         ↑
ブログ「転落教師の独り言」こちら

たぶん,そのブログに来ていらっしゃった方だと思うのですが,
ここにもコメントを残して行かれました。
ありがとうございます。
確かに口は悪いと思います。
でも,飛鳥さんの語りからは,悪人とは思えません。

ここにも,googleから「飛鳥エイジ」のキーワードで来る人が毎日数人いますので,
そのうち変な炎上の仕方をするのかもしれません。

何が真実なのかは本人しかわかりません。
ただ,飛鳥さんのブログを読んで以来,新聞の記事も,そのまま信じることができなくなりました。
私自身,取材を受けながら,事実とは全く違うように書かれたことがあって,子どもたちには,
新聞といえど,とても本当のこととは思えないことが書いてあるね。
自分のフィルタをきっちりかけて,何が真実か,見極めなければならないよ。

これから,どんな展開が見えるのかわかりませんが,飛鳥さんを応援したいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんで?

私がいつも読んでいたブログの中に
「転落教師の独り言」って懲戒免職になったセンセのブログがあって
豪快で口の悪い,ワイルド派教師が冤罪に堕ちていく様子をずっと書き綴っていたのです。
目的は復讐って,小説なら「モンテ・クリスト伯」のようになったのかもしれませんが,まあお世辞にもスマートとは言えない人間臭いセンセで,見ちゃいられない危なっかしさに惹かれるところがあるんですけど,
そのブログがいきなりブログ村から消えちゃったんです。

前にも私のブログのことを取り上げてくれて,
でも,コメント寄せてくれるのではなく,ご自分のブログで
「背筋が寒くなる」とかコメントされて,どうしようって思ってたら,いきなり次の日に消えちゃったブログもあって
(私は削除要請なんかしてませんけど)

なんか,どんな理由かわからないけれど
いきなり消されちゃう,それって何よ?って思っちゃうわけです。

本人の削除要請ならいざ知らず,
いきなり誰かの「情報提供」で消されちゃうのだとしたら,
それって違う意味で怖くないですか?
本人には理由がちゃんと知らされているのでしょうか?
基準は何なんでしょうね。

じゃ,私のブログもいきなり消えちゃったりするのかしらん?って思うと
ちょっとおっかなくなってくるのでした。

飛鳥先生はもがきながら書き続けているようですけど
判官びいきか知りませんが
いっそう「がんばれ!」っていいたくなるすずめなのでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

今年のクラスは

入学式でお迎えして,今年の3年生ですから
だいたいの子はどんな子かわかります。
そりゃ,遠くで見るのと,近くで見るのとは違う子もいますが
その子の性格の全体像ぐらいはつかんでいると思います。

新入生なんかで,落ち着かなくてクラスに入れないような時は
机の上にエサを置いておくと,教室に入りやすくなります。
昨日は,初めての日でしたから,机の上には学級通信の第1号を置いておきました。

私もうろうろして,生徒と雑談したり,教室を整えたりして,始業を待ちます。
チャイムが鳴って,他のクラスでは,まだ廊下に気弱な人たちがたむろっている中,私のクラスの生徒は誰も廊下にいません。
席について,通信を読んでいます。
まずはエサまき成功です。
「席に着きなさい」という一言を言わずにすみます。

教師には1日目で勝負しなければならないポイントがいくつかあります。
まず,カバンなんかを机の横にかけさせない(収納場所がちゃんときまっているので,そこへ持っていかせる)
遅れて入ってきたような場合には,黙って席につかせない(ほっとくと,理由を言いに来ません)
そんなようなことは,最初になあなあにすると,1年間徹底なんてできません。生徒の方に,「この先生はどうでもいいんだ」と思わせては,あとあとお互いにいやな思いをします。

そんな,腹の探り合いをする中で,
このクラスにはもともと人材として面白い子が何人もいると思っていましたが,
比較的几帳面な子が多そうであること,
教師への反応が素直であること(ってことは正直なんでしょう)
がわかってきました。
冷めた雰囲気にしないように注意して
あったかムードのクラスができるといいな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

送別会の夜

昨日はどこもかしこも送別会だったらしく,夜の繁華街は日付がかわっても,雑多な人たちでごった返していました。
バブルのころなら,こんな風景も珍しくなかったかもしれませんが
都会はともかく,今でも不況にあえぐ地方都市で,こんな風景は何年ぶりかって感じでした。
昨日がたまたま月末の金曜日だったので,すべての送別会が集中したのでしょう。
学校ってところは日程がかたまるので,飲み会も一極集中し,
夜の交差点で石を投げれば教員に当たるって状態になる日が出るのですが,あんなにいろんな人たちを一度に見たのはそう例がなかったように思います。

今年の送別会では,同期で異動してきた人の最後がかわってしまい,
ついに私が最長老,学校で一番の古株になりました。
いろいろな思い出のある人たちが,4月からいなくなるというのは
やはりさびしいものです。
一度だけ,数年前に,一緒に学年を動かしていた仲間がごっそりかわって,頭をかち殴られたような気分を味わったことがありました。
何でも相談し,役割分担し,協力して1年間やってきた仲間が,ある日突然,一人残らずいなくなり,気持の上で誰も頼る人がいない状態で,学年をまとめていかなくてはならなくなったわけですから,
さびしいやら,心細いやらで,流石に涙が止まらなかった憶えがあります。
組織ですから,誰かがいなくなっても,誰かが入ってきて,それなりにちゃんと動いていくものだということは,頭ではわかっていても,やはり気持の上では,そんなに簡単に納得できるものではありません。
4月になって,子どもが登校し,目の回る思いに寂しさが消えていくまで,悲しい気持ちは続きました。

今回は,取り残されるもののさみしさでした。
卒業生もたくさん来て,職員室はしばらく懐かしい顔でいっぱいになりました。
来年は自分も送られる立場なんだろうと思いながら,1日は感傷に浸っていました。
冷酷なもので,今日からは,新しく来る人のために,空いた机に新しい名札を貼り,下駄箱に名前を入れます。
新人さんが来る時には準備ができていないといけないので,
今日は今から行ってきます。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:送別会

みなさん,ごめんなさいの気分

15年,担任を外れなかったので
今の時期は当然のことながら,必死で指導要録を書いている。
来年度は,どうやら学級担任を免れそうにないので
来年の今頃は,きっと必死に目を三角にして湯気を上げているだろう。

でも,今年だけは・・・・仕事が終わった

なら後片付けくらいせ〜よ,と思うのであるが

人間,ぐうたらを覚えると,どこまでもぐうたらになるらしく

何もする気が起きない。

担任のみなさま,ごめんなさい。

ひとりでブログの記事なんかを書いているすずめをお許しください。

ほんと,なんか,こんなに楽覚えちゃって
4月から担任できるのかしら。

異動の発表も終わり,居残りが決まって,生徒の何人かは覚悟を決めているだろう。
終業式の日に,「じゃ,来年は私のクラスで」といつもいじめている子に言ったところ,いつものように抵抗がないので
「どしたん?嫌がらんの?」と聞いたら
「もう諦めました」ってしおらしく返事をしていたっけ。
あいつは間違いなく首を洗って待っているんだろうな。
実際は私のクラスじゃないってわかったら,なんて言うだろう・・・?

やっぱりみなさま,ごめんなさい<(_ _)>

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

試写会に行ってきました

大学のころはよくはがきを出しましたが
子どもができて,とんと御無沙汰になりました。
そのうちハガキを出しても当たらなくなって,あきらめていました。
今回は訳あってもらったハガキで試写会に行くことになりました。
何年振りだろう・・・・
6時半開場だから,6時過ぎに出ればいいかな。
真中は無理でも,一番前なら空いてるだろうから,
首は疲れるけど一番前でいいや。

「犬と私の10の約束」

(こんな本が出ています)

まぁ,この犬のかわいいこと!
レッドリバー犬は性格がおとなしく,吠えたりもあまりしないし,
子どもの相手にはもってこいの犬だと思うけれど
大きくなるので,エサは食べるし,力が強いので,きちんとしつけをしないと,散歩のときには引きずられちゃう。
実は私は退職したら,こんな犬と一緒に暮らすのが夢。

で,そのワンちゃんを飼うときの心得ってのが,この話のもとになってる「犬の十戒」
なんでこんなもので泣くのか,わけもわからないけど,ぼろぼろ泣けちゃって,瞼は腫れるわ,化粧ははげるわ。
犬は苦手だったお父さんが,そのうち犬とビール飲むようになり,
亡くなった妻に話しかけるように犬に話しかけ,並んで座り,妻にしたように犬の肩(?)に腕をまわして抱き寄せるんです。
犬がまた,賢いワンちゃんで,話を聞き,心を癒し,傍にいてくれる。
やっぱり大きい犬がいいって改めて,犬と一緒に住もうって気持ちを強くしたのでした。

豊川悦司って,クセのある俳優さんだけど,このお父さんはよかったなあ。
犬の演技も,すごいよなあ。
いつも思うけど,単に芸をしたり,走ったりするだけじゃなくて,
あっち向いてホイもしなきゃいけないし,死ぬ演技もしなきゃいけない。
この辺のトレーニングが並じゃないっていうの。
賢い犬なんだろうなあ。
飼うならやっぱりあんなかしこい犬がいいな

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。