【学校現場の風景】 の記事一覧


今日から後期

体育の日が終わりまして
(昔は10月10日固定だったから,晴れの特異日だったらしいけど,ハッピーマンディは1日中雨でした)
今日から2学期制後期です。
3日間の休みだけで
それも運動部は地区大会があったりで
あんまり区切りのはっきりしていない学期末。

評価についても,今月の通知表渡し(子どもに渡します)なんか
忙しいだけで,緊張感もありがたみもないって話

今年から地元の私立校の中には3学期制に戻す所が出てきました。
夏休みと冬休みの前で一区切りというのが
日本人の生活リズムには合っていると思うのですが

行政は何を考えているのやら・・・
この辺については,今年の私の教研レポートの課題なので

「教研ふたたび」

そのうち長々と話したいと思います

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへようこそおいでくださいました。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
ありがとうございました

秋の眠りも暁を覚えない

彼岸過ぎまで暑い日でしたが
最近やっと朝晩涼しくなってきました。

同時に朝が眠いのは,夏の疲れってのでしょうか。
とにかく眠い・・・・

春眠じゃなくても眠いのは眠いんですね。
(こういうのは惰眠っていうのかも)

午後一番も強烈に眠くなるので
生徒も一緒かもしれません。

ユウさんとこでは,眠らさない授業の工夫をって話をしていましたが
なかなか講義の中身だけじゃ難しいですね。
説明の段階になると,一人ずつ討ち死にしていくのがわかります。

やっぱり,立たせて,動かして,
隣としゃべらせて,なんならちょっと歩かせたり,走らせたりしないと
なかなか脳は活性化しないようです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

○○の秋

みなさんにとっては、何の秋でしょうか。すずめの秋は、仕事の秋になってきました
(だから、ぼけるよっていうの)
10月、11月の土日がみな仕事で埋まりました。

コンテスト(もちろん、自分が出るのではない。)に生徒を連れていなくてはならないし
成績もきちんとしなければなりません。

さて、どこから手をつけましょう

と思っていたら、なんと別の意味でどこから手をつけたらいいのか
わからなくなってきました。

こういうときは・・・
頭リセットして、寝ちゃおうかな

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

試験期間

試験休みです。

部活もないし、放課後がちょっとだけゆったりします。

それにしても、勉強時間が少ない・・・・

彼らの半分以上は、家庭学習の時間が2時間以下

学年での目標は1年で105分、2年は120分です。

試験勉強じゃないですよ。

普段の学習時間です。

も〜、夢のまた夢って感じです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

生徒会役員に立候補すると・・・・

明日が役員立候補の届け出締め切り日です。

昼休みに生徒が一人相談にきました。
いえ、私のところじゃないですよ。
部活の顧問のところです。

先生に生徒会役員をやってみてはどうかと勧められたけれど、
どうしようかということなのです。
その子は人望もあり、役員にはうってつけ。
でも、本人は、生徒会の仕事で部活動が満足にできなくなることと
そのせいでスタメン落ちするのがイヤなのです。

もしかしたら、「止めとけ」といわれるのを期待していたのかもしれません。
でも、ちょっと体に故障を抱えている彼に
顧問は中途半端にしか練習に来れないのに、役員を断る意味がない。と切ってしまいました。
ちょうどその場に居合わせてしまったすずめは、彼のすがるような目に、これもまた、きっぱり、練習が満足にできないのなら、いっそ思い切って生徒会役員をすればいいと言い放ってしまったのです

なんと、彼は泣き始めました。
こうなると、圧倒的に教員の分が悪いです。
通る人がみな、「先生、何泣かせたん?」と私を責めていくようで、
もー居心地の悪いこと!!

ついに隣のクラスの担任が、彼を救出していってしまいました。

次の時間に彼は、すっきりした表情で現れ、「生徒会長やります。」と
とどけ出ていきました。
昔、自分が生徒会の担当していた頃なら
徹底的に面倒みるから心配しなくていいと見栄の一つもはるんですけど、
担当を外れた今では、あんまり無責任なことはいえません。

もどかしい選挙です。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

心が動く時

で,その運動会なんですけど,うちの学校は縦割り3団にわかれて競技をします。
応援団長もいて,彼らは夏休みから応援の練習を始めます。
わざわざ応援リーダーをやるために,前期は会長副会長をやる子だっているんです。
(応援リーダーは,クラスの会長と副会長が中心)
熱の入りようは半端じゃありません。

教師としては,それくらいのエネルギーで勉強もしてほしいと思うのですが
イベントに使うエネルギーと授業に対するエネルギーは別のところから出ているようです。
でも,これだけの盛り上がりで終わらせてしまっちゃ,意味がないのです。

前日の練習が終わった後,イベント担当の教師が相談役になって
応援団長がコソコソと物陰に集まって相談し始めました。
種まきです。

そして閉会式。
成績発表,表彰式と続いて,生徒会副会長が閉会宣言をしようとしたとき

「みんなぁ,聞いてくれぇ」

と応援団長が叫ぶのです。

「僕たちに,ここまでついてきてくれてありがとう。」

でた,青春ドラマ。昨日の種まきの収穫です。

「先生と,みんなのおかげで,こんな楽しい運動会になりました。
この感動を忘れないために,みんなで円陣を組もうと思います。」

オイオイ,今年は円陣かよ。みんなはどうするかな?とみていると,
案外素直に「オ〜〜〜〜」と掛け声をかけています。
「みんなで大きな円をつくって,肩を組んでください」
え〜〜,全員で広がるの?場所足りるかなあ・・・といぶかっていると,
「先生も一緒にお願いします」
ゲッそう来るかい。でもここでモジモジしていると終わらないので
教師もみんなグランドへ。
大きな大きな円になりました。
「みんなの協力と頑張りで,今日の運動会はこんなに楽しいものになりました。
これからもこの絆を忘れないように,僕たちが声をかけたら,みんなでオーと言ってください」
その場のノリって怖いものです。あんなこと,ふつうはできませんし,みると,男の子と女の子も肩組んでるじゃないですか。
見ていた応援団長の母はすでに涙目です。

そうそう,これでいいんです。
どんなことでも,ああ終わった,だけでは,なかなか心の中までは響いていきません。
みんなで気持ちを共有し,できればそこに涙の一つもあって
心が動いた瞬間に生徒は何かをつかみとります。
子どもたちの心の中に,少なくとも応援団の心の中に,
もめたり,悩んだりした夏休み以来の日々が,このとき確かな成果になって刻みつけられます。
新たな事への挑戦と頑張りのエネルギーが植えつけられていくのです。

ああ,よかったな。
明日からはもうちょっと勉強してね。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

いらしてくださってありがとうございます。

もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
よろしくお願いいたします。

気温33度,炎天下の運動会

今日はさすがにのんびり過ごしたので,けっこう元気モリモリ
映画も見に行ったし,山ほどの洗濯もしたし,
しかし,台風のせいで暑い....(フェーン現象です)

昨日は運動会でした。3日前の天気予報では曇り時々雨,降水確率70%だったものが
前日には10%,予想最高気温33度。当日には降水確率0%になりました。
喜ばしいことですが,暑い....

しかも,私の仕事は日陰のない運動場のど真ん中にいなくてはいけないのです。
これは,焼けるだろうなあ。
顔から首筋にかけてSPF50(女の人ならわかりますよね。最強の日焼け止めです)の日焼け止めを念入りに塗り
大きなツバのサンバイザーにバンダナを挟み込んで首筋を隠し,
本部との連絡用のトランシーバーをその上からつけました。

イヤホンとマイクを付けたまま運動場近辺をうろうろしていると,
生徒はプッと噴き出していきます。(そんなにおかしいか!)
中には寄ってきて,わざわざ「先生,それなにするの?」と聞いていきます。
「本部に○▲くんがまだ持ち場についていないので,放送で呼んでくださいって連絡するのよ。」と答えると,
いや〜と言って逃げていきます。(意味不明)

お母さん軍団に見つかりました。
「いや,先生,ディレクターさんみたいですよ。かっこいい」
「そうですか?」と振り返ると
「きゃはは,先生,キャディーさんやわ」
ま,そんなもんですね。

午前中はまだ風も涼しくてよかったんです。
それは午後2時ごろのことでした。
1年生の障害物競走がなかなか進まないなあと,ぼけーっと突っ立っていると,
ジリジリジリジリ.....
(皮膚の焼ける音です)
見る見るうちに腕の表面がもらもらに赤くなり,熱く火照ってきました。
ものの30分ほどでいい具合にこんがりと。
うそ〜,真夏じゃないんだけど。
タオルで汗をぬぐおうとすると,ヒリヒリ痛い。
3時過ぎにちょっと手があいたので,職員室に戻って,腕を水で洗ってみました。
ヌルヌルしてるのですが,こすると痛い。
これじゃ完璧ヤケドじゃん。

家に帰ってシャワーをかぶると,また腕がヒリヒリしみます。
夏休みの海水浴じゃあるまいに,こんなに焼けてどうするの。
メラニン色素が,皮膚がんが・・・

雨どころか,何もここまで晴れなくてもってくらいの炎天下。
誰も熱中症が出なくてよかったねと終わった運動会でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おサボりしていてごめんなさい
いらしてくださってありがとうございます。

もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
よろしくお願いいたします。

生徒会って生徒全員が会員なんだけど

秋の学校は何かとあわただしい。
運動会があり,文化祭があり,新人戦があり・・・・
うちは2学期制なので
そろそろ成績も付けなければならない。

その合間を縫うように,生徒会役員の選挙がある。
「生徒会」というと,なんとなく7人の執行部だけが生徒会のようなイメージを生徒も先生ももっているような気がする。
それだけに,役員を選ぶのもひと騒動になる。

誰も出てこない年もある。
まさか欠員のままというわけにもいかないので,誰かを無理やり説得して出すことになる。
その前に立ちはだかるのが部活の顧問。
主力選手なんかだと,猛烈に反対することになる。
私は自分が運動部の経験もなく
生徒会の担当を長くやっていたこともって
全面対決になるばあいもある。

時にはとんでもない目立ちたがり君や,とんでもないいい加減なやつが,内申書が良くなるという理由で出て来ることもある。。
これも,最初は苦労するし,教師とぶつかることもある。
それでも,こっちはそれが仕事なんだから,暴れ馬を乗りこなすように頑張らなくちゃいけない。

やってみれば,得るものも多いし,7人の部活のようで
なかなか楽しみもあるのが執行部だと思う。
卒業してからもお付き合いのある子がじわじわと増えてくることになる。

願わくば,生徒のみんなが「役員なんてどっか遠い世界の話」
「生徒会って,私ら関係ないし」じゃなくて,
自分も当事者なんだと認識してもらいたいものだ。
先生の中にさえ,「生徒会って特別の生徒」のように思っている人がいるのが現状というのが悲しい。

さて,今年はどうなるんだろう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

え?男子もダンス?

なんかねぇ,一応ほんとに忙しかったんですけど

まぁ,いいか。

今日はこのニュースに笑ってしまいました。
中学で武道必修化へ 「伝統文化」重視、女子は戦後初
9月4日21時59分配信 産経新聞

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070904-00000930-san-soci
学習指導要領の改定作業を進めている中央教育審議会の体育・保健部会は4日、中学校の体育で選択制の武道を必修化する方針を決めた。礼儀や公正な態度など、日本の伝統文化に触れる機会を広げるのが狙い。平成23年度にも実施される。男子の武道は4年度まで必修だったが、女子について必修化するのは戦後初めて。

 同部会主査の浅見俊雄東大名誉教授は「必修化で一層、日本の伝統に親しんでもらいたい」と話している。

体育部会は「多くの領域(種目)の学習を十分にさせた上で選択できるようにする」とし、全種目を履修させることにした。武道とともにダンスも1〜2年で必修化する。武道は、柔道と剣道、相撲の3種目が指導要領に明記されているが、なぎなたや弓道なども地域の実情に応じて認めている。ダンスは、創作ダンスやフォークダンスなどが例示されている。


え〜〜〜男子も踊るの?と思わず声をあげてしまいました。女子は創作ダンスを今でもやっているので,
つい同じことを男の子がやっている姿を想像してしまったのです。
でも,よくよく見ると,創作ダンスから,ヒップホップまでなんでもありと文科省は考えているとか。
今度はうちの体育担当(専門は柔道)がヒップホップを踊る姿を想像してしまい,
どうにもおかしくてたまりませんでした。

武道で伝統ってのも単純だなあと思いましたが,それに抱き合わせでダンスってのも,なんだかなあ。
それでバランスとってるつもりかなあ。
誰が教えるんだろう?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

いつもおばちゃんのところに来てくれて,心から感謝しております。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。ありがとうございました

新学期

いよいよ明日から新学期です。
っていっても,2学期制ですから,前期後半に突入するだけですが。
どうもあの,2学期制というのは日本人の体にはなじまない気がするんですね。
学期末ではない長休みがあると,
親も教師もついでに委員会も,生徒を遊ばせることに不安を覚え,
「学びの連続性」だのなんだのと理屈をつけて生徒を学校に出てこさせようとします
サマースクールとか,チャレンジ教室とか言って
実にさまざまな取り組みを行い,
あの手この手で生徒を呼ぶのです。
じゃ,いっそのこと中途半端な休みなんかなくして,授業すればいいんじゃないの?と思ってしまいます。
次の学習指導要領では,授業時間数も増えるそうですけど,
夏休みを半分にするだけでも75時間は浮いてきますし,
そのまま9月半ばまで前期をやって,2週間を休みにして後期をスタートさせたってそんなもんです。

で,教師からみても,家族でどこかに行くということもほとんどなく
部活と宿題と,相変わらず学校に追われてたいした変化も冒険もなく
いつの間にか終ってしまった夏休みを終えた生徒が登校してきます。

給食で永らえていたような子どもたちは,元気に過ごせたでしょうか

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

そういえば・・・・

最近ではとんとみかけなくなってしまいましたが
ちょっと前までは夏休みといえば,クラスや部活での合宿がありました。
いえいえ,強化合宿ではなくて,いわゆるお泊まり会
少年自然の家や,青年の家なんかへ出かけていって
そこでみんなでレクリエーションをするのです。
これを読んでいるみなさんはやりませんでしたか?

なんで消えちゃったのかなあ。
塾の夏期講習?部活?親がやかましくなった?
申し込みや,お金の計算など,面倒くさい面もたくさんありましたが,いつもと違う生徒の横顔を発見したり,いろいろ楽しいエピソードなんかもできたりして,あれはあれでいいものでした。
オリエンテーリングやネイチャーゲームもいいのですが,
私が一番気に入っていたのは,学校にお泊まりするパターンです。

なにしろ,学校は夜は無人ですから,半ばやりたい放題です。
管理人もいませんし,隣近所から怒鳴り込まれるようなことさえしなければ,なんでもありです。これがいい。
施設も完璧です。調理室がありますから,食事の心配は要りませんし
(できない子には心配か・・・・)
夜のレクリエーションである,きもだめしには,学校程うってつけの場所はありません。たいてい何かしらウワサ話や,七不思議があって,心霊スポット顔負けの場所があります。
も〜,おばけ仕込むにはこれ以上のシチュエーションはありません。
雨降っても大丈夫だし。
体育館がバンバンですから,どんなレクリエーションもできます。
1日ぐらいお風呂に入らなくても死にません。
運動場が広いので,花火をしても大丈夫です。
で,どこに寝るかというと,体育館です(爆)
ここに,1晩500円の貸し布団を敷いて寝ます。
広いので,好きな場所に布団を広げてOK
次の日は玄関まで運んでおけば,業者さんが持って行ってくれます。
宿泊代はこの500円と,食費,花火代,その他ですから,40人もいれば,一人2000円もあればお釣りが来ます。

どこのクラスも競ってやっていましたが
気がつくとなくなっていました。
ちょっと淋しいなあ。

明日は生徒を引率してブロック大会に出かけて,そのままお泊まりです。
明後日帰ってきたら,その中でも忘れられない学校合宿のことをお話ししましょう。あれは,生徒も忘れられないと思いますが,私にとっても忘れられない合宿になりました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

一気に夏全開

今年はこれまでずっと涼しくて,最高気温が30度に到達しなかったので,夏休みらしくない夏休みでした。
台風のおかげでしょうか。
一気に真夏日。
南向きの職員室にはエアコンというものがありませんから
そりゃあもう,暑い暑い。
サウナに行きたい人にはダラダラ汗をしぼれますが
ほとんど脱水症状のすずめです。

すずめは天職が芸者さんではないかと思うほど,
特に顔に汗をかきません。
ということは,それだけ熱がこもってしまうということで
炎天下では気を付けないと,熱中症になります。

今でこそ,運動嫌いのすずめは日陰でチュンチュン涼んでいますが,
子どもの頃はそうもいきません。
体育の時間など,汗をかかないすずめは,一生懸命やっていないとみなされ,やり直しをさせられたりします。
なんとかついていっているうちはいいのですが,
そのうち熱がこもりだすと,頭がガンガンして顔が真っ赤になってきます。
それでも汗はでません。
体育の時間が終わっても,熱は引かず,ガンガンの頭痛と気持ち悪さと,顔のほてりは残ります。
いつまでたっても,赤い顔を熱く火照らせ,ぼーっとしていることになります。
男の子なら,頭から水をかぶるとかするのでしょうが,女の子のすずめは
せいぜい濡れタオルを首筋とおでこにあてて,熱を取るくらいしかできることはありませんでした。
夏場の体育はいやでした。
わかってくれない体育の教師もイヤでした。
「まだ汗かいてないじゃないか。ほんとに真面目にやっとるんかい!」

かといって,強冷房も冷えて苦手なすずめです。
死体のように(と言われました)冷たくなります。
体が贅沢なのかもしれません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
タグ:暑さ 熱中症

褒めるのも楽じゃない

そろそろどこの学校も通知表渡しの保護者懇談が行われる時期ですね。
たいていの学校では,保護者懇談に先駆けて,生徒との個人面談が行われていると思います。
数年前から,この個人面談の時に,すずめは生徒と,保護者懇談でどんな話をしようか,相談することにしています。
どこかいいところと,どこか努力して欲しいことっていうのを生徒と話すのですが,せっかく褒めてあげたくて親に話しても,かえってそれがトラブルを巻き起こしたりすることがあるのです。

その子は成績はボチボチなのですが,
何でもクラスの先頭に立って積極的に動く,とても頼もしい子でした。
私としてはとても頼りにしていて,その子も元気に学校生活を送っていたのです。
保護者懇談の日,先に口火を切ったのはすずめのほうでした。

「積極的なお子さんで,クラスのリーダーになって働いてくれてます。楽しみな子ですね」

後で反省するならば,その時の母親の表情を,もっと注意深く見ておくべきでした。

帰宅した母親は,子どもを前に,こう言ったのです

「あんたね,なんでもやりゃあいいってもんじゃないでしょ。どうでもいいことにばっかり一生懸命にならないで,もうちょっと勉強したらどうなのよ!」

彼は次の日,学校に来て言いました。

「先生,お母さんに,なんていった?」

「ん?積極的なリーダーで頼もしいって言ったよ」

「おかあさんに帰ってきてから,怒られた。どうでもいいことに一生懸命になってないで,もっと勉強しなさいって。」

げ,そんなのあり?
すずめは言葉を失いました。褒めたつもりのことで,生徒が怒られるなんて。
そのお母さんには,お勉強以外はどうでもいいことだったんですね。
多分,普段から,行事や部活に一生懸命になる息子を,歯がゆく思っていたのでしょう。そのエネルギーで勉強すれば,もっと成績だって上がるはずだと思っていたのだと思います。

今,この場で親の批判はしません。大人になってしまっている人の価値観はそう簡単に変わらないし,子どもはその親のもとで生活しなければならないのです。
それからは,生徒と相談して,褒め言葉が裏目に出たり,正確に伝わらなかったりしないように気を付けるようになりました。
前出のような母には

「頑張ってますよ。点数はそんな簡単には上がりませんが,学習態度も生活態度も申し分ないので,お母さんがあまり気にしない方が伸びるかもしれませんね。」

実際,お母さんが成績ばかり気にしているうちは,子どもの成績は伸びないケースが圧倒的です。
このように言っちゃった場合,息子の成績は母のせいだと暗に言うことになるのですが,とりあえず,息子は怒られたりしなくなりますし,私が褒めたい気持ちも伝わるようになります。
3年生の時点で,もう一度この親子は対決せざるをえなくなりますが,どこかの時点で子どもの現実を受け入れるのが親の宿命です。

ほんと,親の前で生徒を褒めるって楽じゃないんです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

来そうで来ない。でも雨は降る。。。

3連休です。
台風が来そうで来ないようで,でも雨が止まないので
外でやる部はほとんどできません。
大会を来週に控えて,練習試合ができず,朝からYAHOOの天気予報とにらめっこしている人もいます。
校舎内を走るのですが,湿度が高いせいで汗が乾かず,
体操服が透けて見えるくらい汗をかいている子もいます。
時々男の子の体操服で,お腹の辺りだけ茶色く汚れている子がいるのですが,
見ていると,滴る汗を体操服のお腹を持ち上げて,タオル代わりに顔を拭いています。
なるほど,それでこすられるところだけ茶色く汚れてくるのですね。
洗濯するお家の人も大変です。

さて,夏休みの予定を書けというので(教師も生徒みたい・・・・)
予定表を書いていたのですが,
予定される管制研修と,部活の大会と,登校日と,学校での研修会,
職場体験の見回り,などを入れたら,元気回復のための5日間の特休(わかりやすく言うと夏休み)を入れる場所がなくなりました。
行政職なら7月から9月の間に取ればいいので,教頭に
「特休入れる場所がなくなっちゃったんですけど,9月じゃダメですか?」と試しに言ってみたら「アホ」といわれて終わりました(笑)

『休まず,遅れず,働かず』が一昔前の公務員の姿だったそうで,
いちおう働いてはいるつもりですが,『休まず,遅れず』を地でいっています。朝7時半には学校に着いて,8時ごろまで学校にいるのです。夏休みぐらいくれ〜!
と騒いでいたら,
すずめちゃん,学校に来てた方が,生活のリズムができていいよ。
家にいても,ダラダラするだけでしょ。
と人の生活を見透かしたようなお言葉。
ガン!!

ま,いいか。
仕事もたくさんあるし。
今年は授業に重点をおいて頑張ろうって4月に決めたんだから
夏休み中にネタ考えよう。
楽しくて,教師は楽で(最近体力に自信がない)生徒の稼働率が高くて,それで実質トレーニングになるような技。
だれか,ヒント下さい<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

なんでこんなものが売れるんだろう(笑)

こんなもの,どこか遠い世界の話だと思っていたら,
なんか,みょ〜に最近身近になってきたんです。
なんだと思います?
これです。これ,ビリーズブートキャンプ ↓


Billyさんの軍隊トレーニングからできた,7日間集中ダイエット脂肪燃焼運動なんだそうで,ビリーと一緒に脂肪を燃やし尽くせ!!ってやってるんですね。
誰かがやり出すと話題が話題を呼んで,広がっていったらしいのですが
インターネット,テレビショッピング,通販で評判のものってくらいしか私には認識がなくて,
まさか,こんなにじわじわ浸透していたなんて,ビックリでした。
体育の先生が自分のトレーニング兼シェイプアップ用に購入したっていうのは,まだ納得がいったのですが
若い講師の子が,脇腹も曲がらないくらい筋肉痛になっているかと思えば,
普段だったらヨサコイソーランかなにか踊りたがる生徒たちが,選択の授業の中で一生懸命汗を流したりしてるんです。

なんでそんなに人気があるのか
およそスポーツと無縁の私には理解できなかったりします。
でも,ちょっとやってみたかったりして(笑)
どなたか,やってご覧になった方はいらっしゃいますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

気になるのは明日の天気

夏休みも近くなり,やる気もだんだん失せるこの梅雨時

実は生徒に負けない程教師のやる気も失せています。

子どもら,頑張るよなあ,このジメジメした天気
脳みそまで黴びそうな中,ちゃんと座席に座って,ノート広げてるなんて,尊敬してしまいます。
この時期,まさに,生徒を見習って授業をしているすずめです。

こんな時は,ちょっと気分直しに映画でも。
最近はDVDも安くなって,手に入りやすくなりました。
下手に借りてきて,時間を気にするより,自分で買っちゃった方が楽です。
ちょうど合唱コンクールの前だし,「天使にラブソングを2」でも見せるかな。(って教師は気楽に言いますが,聞き取りさせられる生徒はどっちが楽なんだか。。。。)

あ〜,あいにくエアコンの効く部屋は空いていません。
ってことは暗幕しめて見ますか?
うわ,へたするとサウナだよ。
雨降って欲しいなあ。
涼しかったら,映画にしよう。

「先生,明日の英語はなんですか?」
生徒が聞きに来ると,
「明日の英語は英語をします」
だいたい,前の時間にきっちり予定は話してあるので,聞きに来る必要はないはずなんですけど,聞きに来るってことは,聞いていないのか,忘れているのか。
たまに,言ってもいないことを予定黒板に書かれることもあります。
今回も,映画だと予告してあるのですが,やっぱり聞きに来ました。
「涼しければ映画」
「は??」
そりゃそうです。いったい何度なら涼しくて,何度なら暑いんでしょう?
実は30度超えても,映画に決まってるんですけど,
ごめんね,混乱させて。単なる私の願望なんです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 授業

七夕です

七夕が近いので,教室に笹を飾った。
生徒の家からもらってきたもので,天井まで届いている,立派な笹だ。
生徒たちは思い思いに短冊を書き,好きな場所に吊している。
ムシがついている枝があったらしく,青虫が落ちてきて生徒を怖がらせている。
男の子が一人,器用にいろんな飾りを作って飾ってくれた。
最近,忙しさに流されて,忘れてしまいがちになっているが,こんなことが大切なんだろうなって思う。

生徒の書いた短冊を見て,思わず吹いてしまった。
何でも略してしまう日本語のクセで,合唱コンクールを略すと「合コン」になる。
教室中に「合コンがうまくいきますように」なんて貼られると,
不純な教師はヘンなことを想像してしまう。
明日,いろんな先生たちが授業に来て,なんと言って帰ってくるかが楽しみなような,怖いような・・・・。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 七夕 行事

出る出る変質者

季節のせいか,最近変なのが多い。
朝の新聞にも露出で逮捕の記事が出ていたし,
先日はバスを待っている女生徒の後ろから首筋を舐めたという
なんとも気持ちの悪いのがいた。

変質者が出るたびに,生徒たちには注意を呼びかけるが,
部活の帰りなんか,けっこう時間も遅かったりするし,ほんとにやっかいな世の中になったものよと嘆かわしくなる。

そんな話をしていて,思い出したのだが
前任校での話
通勤の途中にけっこう急な坂道があり,しかも途中で幅員が狭くなっていて,脱輪したりする事故が時々起こる箇所があった。
凍結した朝なんか怖いもので,ブレーキなんかかけた日には
ぐるりんと回って,後ろ向きに滑るなんてこともおこる。
同僚の中にはぐるりんのあと,ずるっと滑って,そのまま車の後ろ半分が畑に落ちた人もいた。
その恐ろしい坂道で,雪の日に,ついに脱輪してしまった女の教員がいた。
夕方でそろそろ暗くなってきており,困った彼女は車を降りて,途方に暮れていた。
と,工事現場帰りと見られる厳つい男たちが通りかかり,3人がかりで車を持ち上げてくれたのだそうだ。

それを聞いた口の悪い同僚たちは,
え〜,こんなおばちゃんによく手を貸してくれたなあ」と驚いて
結局,薄暗がりの中で,年齢も見えず,単にスカートをはいていたから,男たちが不憫がって手伝ってくれたのだと結論づけた。
とんでもないセクハラ談義である。
じゃあ,誰なら手を貸して,誰なら手を貸さないのか。
やっぱり男じゃダメだろう。
いや,暗いからわからんかもしれん
じゃあ,ごつい生徒指導のK先生じゃダメかな?
う〜ん,カツラでもかぶって,スカートはかせれば,だまされるかも。
いや〜それじゃ待っている間に変質者にされるのが関の山だ。
と,まあ好き勝手なことを言って笑っていた。

思えば仲のいい学年で,とても楽しかったが
会話はとても生徒に聞かせられるものではなかったなと思う。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

夏休みって何のためにあるの?

そろそろ暑い季節がやってきました。
教頭が,「やってられるか,やなあ」といいながら,クールビズに関するお達しを読んでいました。

クールビズといえど,
バミューダパンツのようなものはいけない
袖無し,襟なしはいけない
Tシャツは好ましくない
過度に透けて見えるものも良くない
というわけで,結局そこそこの服を着ていろと

それ自体は別に当たり前のことで

じゃあ,何が問題かというと,
エアコンのない職場では,室温が平気で体温以上に上昇するにもかかわらず
28度設定の役所内と基準が一緒って,そりゃ無理とちゃいまっか?ってこと。

でもね,素朴な疑問
夏休みってやっぱり,暑いから休みになるんでしょ?
エアコン入ったら,別に休みにしなくても良さそうな気がするんですけど。
ほんとのところってどうなんだろうなあ。。。。

でも,エアコンもないのに,休みだけなくなったら,これもたまらないしなあ。
誤解のないように言っておきますが,夏休みの間も勤務はあります。
毎日体温以上の職員室で過ごしています。
研修がいろいろ併せて10回ほどあります。職場体験の関係で4日間ほどは留守にします。検診があって,文化祭の準備があって,部活の大会があって,盛りだくさんな夏休みです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 学期末

何でもありの授業は個人的趣味かも

今でこそ,行くヒマもなくて,ほとんど映画なんて見れなくなってしまったけれど,若いときはずいぶん映画館に通いました。
ほぼ1週間に1回。昔は田舎の映画館は二本立てでしたから,年間3桁の映画を見ていたことになります。

今でも映画は好きで,授業にも使います。
難しいんですよ。その選定基準が。
まず,授業が50分ですから,2回で100分。休み時間まで食い込ませても,120分以下に抑える必要があります。
その長さの問題が最大なんです。
次に,やはり中学生ですから,明らかに夫婦のキスシーンでさえ過敏に反応します。エッチなシーンのないものを選びます。これがまた少ない!
男の子たちにはまだるっこしいドラマは持ちませんから,やはりギャグ的要素があって,笑えるシーンが必要です。
授業なんですから,少しはメッセージがあって,できれば涙の一つもほしい。
英語の授業なんだから,英語版のものに限ります。
とくると,かなり条件がキツくなります。

これはいい!,と選んだ「キッド」(ブルース・ウィリスが出てるもの)は,難しすぎて,愛すべき単細胞たちが「先生,これ,どういう意味?」って,まったくついて来れませんでしたし,

自分が涙涙だった「マイ・フレンド・メモリー」は男の子から「くだらん」と一蹴されました。

今現在生き残っているのは,鬼才(と,勝手に決めている)ジャック・ブラックの
「スクール・オブ・ロック」「パパは雪だるま」というマイケル・キートンの映画です。

この前見た「ナイトミュージアム」が発売になったら,次に見せてみようと思っています。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。


へ〜×10 日本語でYou Tube

YouTube日本語版が公開に
6月19日16時58分配信 ITmediaニュース

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070619-00000085-zdn_n-sci

YouTubeは6月19日、日本語版サイトを公開した。「動画」「カテゴリ」「メンバー登録」など、各種のメニューが日本語化されている。
 従来も日本語による動画の検索などは可能だったが、メニュー部分やアカウント作成・ログイン後ページなどが日本語化され、日本人には使いやすくなった。


やった〜って思ったけど,よく考えると,どーせ英語の検索するのに,関係なかった(ショボン)

このね,いちばん感動したのはキング牧師の演説。
いままでも,The Daily Wavだったかな,ってサイトがあって,そこからダウンロードして生徒に聞かせることはできるんです。
試しに聞いてみてください
あれは3年最後の英語教材。音も悪くて聞き取りにくいけど,
意味がわからないなりにも迫力があって,生徒はみんな圧倒される。
英語の名演説とされるものですから,あの,「いつの日か子どもたちが肌の色でなく,その持てる資質によって評価される日が来ることを」という2分ほどのくだりを聞かせるんですね。
それが,You Tubeだと,動画であるんです。
もっと迫力。もっと緊迫感。意味なんかわかんなくても,何かを感じてじわ〜んとくるんです。生徒たちは。
よくCDにして売ってるんですが,あれはダメです。本物の迫力がない。

で,最後にJackって映画を見せて終わるのが3年間の締めくくり。
じゃ早速日本語のYou TubeでJackを検索
(だから,関係ないって,どうせ英語なんだから)




これは,往年の名監督フランシス・フォード・コッポラが描いた,1年間に4歳年を取るJACKって男の子の話。
JACKが17歳で高校を卒業するときの演説を聴かせるんです。
(多少ご都合主義の所もあるんだけど,それは無視)
17歳ですから,体はその4倍の68歳。もう老人です。

10歳の時,「大きくなったら何になりたい?」という作文に,クラスメートの女の子が「28歳になってから結婚するの」というのを聞いて,自分の体が28歳では28×4の112歳になってしまっていることから,「生きていたい」ってつぶやくシーンもいいです。
自分に未来があることと,生きているだけで輝いているんだってメッセージを彼らが理解するかどうかは,私の自己満足なんですけど,これが私のメッセージって最後を締めると,何故か締まるんですよね。
(ちょっと他力本願でした)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

制服だからこうなるのか,制服だからこれで済むのか

前回,校則について書いたものに,「とてもいやな感じで,生徒に納得のいく説明ができないものを押しつけても,教師の信用が失墜するだけ」とのコメントをいただきました。

たしかにその通りだと思います。
それでも売り言葉に買い言葉になってしまう項目としては,
主に化粧,爪(マニキュア),アクセサリー(特にピアスとネックレス)髪の毛を結ぶゴムの色といったものです。
時には不要物という点での携帯電話やガム,お菓子といったものも争いの種になります。
10年前までなら,ほんの一部の子に限られていた事が,最近はまったく普通の事になってしまいました。

下着が見えるほどのスカートを短くして(お辞儀なんかしないから,見えないかもしれないけど,見えない方が男をそそるってわかってるのかね,この子たち)上着の下はブラジャーだけ。(しかも,花柄ピンクのブラが透けて見えたりする)手をあげれば脇から素肌がのぞき,冬でもそのままだから,冷えてお腹が痛くなるんです。それに化粧して,香水つけて,マニキュア塗りたがるんですよ。教師の不祥事が多いのはそのせいじゃないかって(ウソウソ)
でも,こんなこと書くと,不審者が侵入してくるかもしれませんね。男の人たちには鼻血ものの女子学生がうじゃうじゃいます。(写真投稿したら売れるかも)

確かに,欧米の中学生は香水も付ければ,化粧もピアスもしているわけで,「日本では,中学生が化粧するのは周りからヘンに見られるだけで,決して美しいとは思ってもらえない。15歳のすっぴんがよほど可愛いし,下手に安物の化粧をしてても,将来肌が荒れるだけだし,男の人たちからは安っぽい女に見られるだけだよ」ぐらいじゃ納得なんかしないんですね。最近の「ガマンのできないお子様たち」は

それに加えて,一部とはいえ,保育園児の頃から,パーマをかけさせ,髪を染めて,「○ちゃん,かっわいいわぁ」と携帯メールを撮りまくる,これまた茶髪のヤンママたちがいるわけで,そんな規制なんかかかるわけがないのです。
現在の40歳以上の方にとっては,今の中学生以下とその親たちは宇宙人だと思った方がショックが少ない場面はいくらでもあります。もちろん,大半は常識的な子どもと,協力的な親たちなんですよ。で,その宇宙人子たちだって,純粋な子どもに変わりはないのです。

それで,本論なんですが,
2〜3年前から,この制服,それも夏服で気になることがあるのです。
たいてい夏服は,洗い替えのことも考えて買いますし,家で洗えるものがほとんどです。洗濯機でじゃぶじゃぶ洗います。
私の息子の学校は,変形を防ぐとかいうもっともらしい理由でそのカッターシャツの素材まで一般のものとちょっと違い,必ずアイロンをきっちりかけないと,しわくちゃになるものでした。あれは大変でしたが,普通はアイロンまでかけなくても形状記憶のきくカッターが出回っています。
それが,女の子でも,襟のところが茶色に汚れたり,どう見ても3日以上前についたとしか思えない汚れがいつまでもその時のまま残っていたり,乾燥機の中に入れたまま一晩放置したのか?というくらいくちゃくちゃよれよれのカッターを着ていたりする子が出てきたのです。

確信したのは2年前の内科検診の日でした。
内科検診なんて学校でするのはやめてほしいと真剣に思うのですが,
男の校医さんだと,脱ぐのを嫌がる女の子がかなりいるのです。
それでも,聴診器をあてますから,脱がないわけにはいかないし,
教師は「脱げ」という指導をするわけで,なんで私が女の子を脱がさなきゃいけないのよ,と毎年自己嫌悪になるんです。
その時に,仕方がないので,校医さんの前に立てられたついたてのスペースに入る前に制服を脱いで私に手渡し,出てくるところで私から受け取って,するっと着ていくということをします。
で,夏服の季節なので,夏服を受け取るのですが,
何人かの制服が,汗と汚れでズシッ,ペトッとしているわけです。
これ,ハッキリ言って着るのは気持ち悪いと思うのですが,
女の子たちは顔色ひとつ変えずに着ていきます。
洗ってないのかな?
自分で洗ってもそんなものなのに。

それぞれの事情はあるかもしれません。
制服だから,汚れたままなので,Tシャツなら洗ったものを着てくるのか,
それとも制服だから汚れていてもその程度で,Tシャツになったら寝間着のまま出てくることになるのか,
私には恐ろしくて想像できません。
最近,暑さも増してくると,首筋がもらもらに黒い生徒も出てきて
思わずあかすりでこすってやろうかという気も起こってきます。
ちょっと前の,1日2回のシャワーに朝シャン,鏡の前で30分っていう子どもはいなくなってしまったのでしょうか。
いったい子どもの世界にどんな変化が起こっているのか,ちょっと寒くなる話題でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

さて,と

今日はこれから大会です。
文化系の私には本来,運動部なんてとても。。。なのですが,
そうも言ってられませんし,部活動参加率95%,
そのうち85%が運動部であることを考えると,
まあ,仕方ないかな,と。

勝ってる顔見てると,やっぱり勝たせてあげたいなと思いますし,
学校の名前が出ると,私も嬉しいのですが
勝ち進んでいる限り帰れないのですよ(笑)

昨日も朝8時から,夕方6時半(生徒は4時頃解散)でしたし,
今日は何時に帰れるのかな

で,明日はまた月曜日。。。。。
あ〜,洗濯が,掃除が,授業の準備ができていません。

昨日,昔からの知り合い何人かでおしゃべりに行き,
(大会から真っ直ぐ食事会に行って,帰りが10時って,我ながらパワフル)
夜,めげてしまって何もせずに寝てしまいました。
制服,校則の件について,コメントを読み,説明不足だったなと思う点と,制服の最近について思うことに関しては,
元気があれば,夜にでも書くことにします。
つくづく,文で表現するのって難しいですね。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

私が校則 何が悪いのよ!

公立の中学校ですから,制服に始まるいくつかの校則があります。
校則違反というと,みなさんにはどんなイメージがあるでしょうか?

まあ,私服で通い,けっこう何でもありの小学校生活を送ってきた生徒たちには,中学校はちょっと窮屈かもしれません。
ちょうど年頃で,大人に反発もしたい思春期の子どもとしては,
そんな自分の意志ではないところで決められた「きまり」を破ってみせることで,自分の成長を主張しているのかもしれません。

ただ,周りの大人としては,この子たちをきちんとした社会人に育てなければいけないわけですから,なんと言われようがきちんとさせたいと思います。特に「荒れ」は服装に始まるというのが教師の間の長年の経験則ですから,べつに,服装そのものがその子の心を100%反映するわけでもないのですが,制服の着方には敏感になります。

平均的な大人の目からみて,安全に,清楚に,中学生らしく見えるという観点で,見た目に関する校則は決められています。
ですから,本来,そんなものに法的な根拠などあるわけがありません。
生徒たちから
「何でや?」「誰が決めたん?そんなこと」
と言われて,一瞬教師がたじろぐのは,そこに教師だって明確な根拠を見いだしていないからです。
だからって,そこで負けるわけにはいきません。

「なんでや?」「誰が決めたん?そんなん,法律でもあるんか?」と生徒が対決を求めてきたら,
「私が気に入らんからや。文句あるんか」
と行くしかありません。
たいていの生徒はそこでウッと言葉を飲みます。
できれば,こういう対決をする前に,おとなしく従わせておきたいのですが,甘ったれで口の減らないお姉ちゃんたちには,たまにはこういう事もあります。
「だって,○○先生(たいてい隣のクラスの気の弱い先生か,前の担任のことが多い)はいいって言っとったし」(もちろん出任せ)
この,他の先生は認めたというのがまた,教師の苦手な言葉で,
つい,指導の手を緩めてしまうポイントだと言うことを,生徒は経験から学んでいるのです。
「残念やったね。私は認めんよ。隣のクラス行くか?行くなら2度と帰って来んくていいけど」
これでほんとに机を持ち出して,隣のクラスへ行けば,それはそれでたいしたものだし,別の指導をしなくてはいけませんが,たいていの生徒はそこまではしません。
「ケチ!」
「あれ?それってケチではないと思うけど」ここで日頃からのやりとりがものを言います。
日頃から,生徒に捨てぜりふを許していると,これはケンカに発展するのですが,普段から捨てぜりふなど吐こうものなら,2時間は説教してるのを見せておきますと,ここでフンとはなりません。
「え,う,あ,。。。。」
これで,別に生徒がすぐに言うことを聞く訳じゃないのです。
でも,逆らっても仕方のないこともある。
納得するしないにかかわらず,守らなきゃいけないこともある。
すべてが思い通りになる訳じゃない

ってことを,生徒は体で覚えなきゃいけないと私は思っています。

親御さんに制服の着方や持ち物の事をお願いすると,
「私の言うことなんか聞かないんですよ」とよく言われます。
でも,親なんですから,どんなことをしても死守するポイントはあると思うし,「言うこと聞かない」で終わらせてはいけないこともあると思うのですね。まして,服装や持ち物なんか,親が買ってる訳ですから,基準に介入できないわけがない。
そこで,子どもを王様にはしないでほしいのです。
あとで困るのは子ども。後でツケを払うのは子ども自身なんです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

職場体験の前によのなか科の授業

今年1月以来の取り組みになります。
夏休みに職場体験を控えた2年生で,職業について考える授業を行うことになりました。
よのなか科のワークシートに13歳のハローワークのマップ。
それに,例の「考える授業」を組み合わせて,4時間程の授業です。
子どもたちの脳みそと経験ではわからない部分も多く,
ちょうど来ていた教生さんの知恵も借りての授業になりました。
本物のよのなか科,杉並区の和田中学校では,
どんどん大人が入っての授業が行われていますが,
私も大人の力が欲しい!と切に思った1ヶ月です。
準備不足から誰かを頼むって事はできませんでしたが,
来年への申し送り事項で,実現できたらいいと思います。

さて,どんな授業かといいますと,
1年生から,職業について,どんなものがあるかとか,
働くってどんなことか,等を話し合ってきたのですが,
今回はたくさんの職業から,ひとつを選んで,それを紙の中心に書きます。
好きなものでいいです。
それから,その仕事に就いている人が,どんな職業の人に職業上出会うかを考えて書かせていきます。書いた先から,またどんな職業の人に会うかを書いて,web状の関連図がどんどん伸びていくことになります。
生徒の中には,保母さんから始めたのに,いつの間にか給食関連から農薬会社までつながって,自分でビックリしている子もいました。
授業の目的は,世の中の仕事がひとつで独立しているのではなく,
ものすごく複雑に絡み合っているのだということに気付くこと。
そうすることで,望むものになれなくても,望む職に就けなくても,セカンドベストが見つけられる,発想の転換を図れるようになるのではないかと考えたのです。

それから,たとえば,ハンバーガーショップで,流行っている店と,流行っていない店を考え,いったいどんな要素が店の売り上げを左右するのかを考えました。値段や店の立地もありますが,店員さんの態度や,さわやかなあいさつという,自分たちでも,行ったその日から実践できる要素で,お店の売り上げが変わるってことに気がつくのです。少しは職場体験に臨む姿勢が前向きに変わっていくことを期待しての授業です。

今から控えているのは,また,たとえばラーメン屋さんへ行ったら,どんな仕事があって,自分に任せてもいいとお店の人が思うのはどんな仕事だろうと考えてみる授業です。ラーメン屋といっても,店がある以上,掃除もあれば,ゴミ出しも,トイレ掃除もあるはずです。
まさかラーメンゆでさせてもらえるとは思えませんから,じゃあ,何ができるか?って言うと,
掃除?メニューやpopを書いたり,割り箸を揃えたり?彼らが,仕事って単純じゃないやと感じ,いくつもの地味な仕事で商売が成り立っているのだと感じてくれればいいな。と思います。

職場体験の前に,どんな事前指導をしているのか,他の学校の様子も知りたいものです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

いたるところで道徳の時間

いろいろいい方も,たとえもあると思うが,教師には多かれ少なかれ自分のクラスで,生き方を語る時間がある。
わざわざ道徳の時間を構えなくても,終礼や授業の最後,説教の折など,いろいろな場面でそれは繰り返し出てくるし,教室に張り紙になっていたり,掛け物になっていたりしているものだ。

山崎中教審会長の言ったこととはちょっと意味合いは違うかもしれないが,この,日常的な指導が入っているという部分においては,なにも1週間に1時間しかない道徳の時間なんか,わざわざなくても,教師は十分に道徳の授業をしている。

表現の違いはあるだろうが,その中に,「濁点のある人生を生きよ」というのがある。
「自分がやらなきゃ,誰かやる」と「自分がやらなきゃ誰がやる」との違いを考えさせて,

「自分がやらなきゃ,誰がやる」


と自分から行動を起こせと教える。
私も好きで使う言葉のひとつだけれど,なかなか子どもたちには浸透はしない。
当たり前だ。頭じゃわかってるだろうけど,家でこれを実践する必要なんかない。自分がやらなくても,母たちがすべて整えてくれるからだ。

先日,話の成り行きで,子どもたちに家事の手伝いをするかと聞いたところ,毎日すると答えた子どもなんて3分の1もいなかった。
ベッドすら自分で直さず,いつの間にかお母さんかおばあちゃんが綺麗にしてくれていると答えた子どもも何人もいて,さすがに衝撃を受けてしまった。

前にも書いた藤原和博さんの「校長先生になろう」にも,
「お腹空いたでしょう。チンと電子レンジをかける,母の愛情が子どもをダメにしているなんて・・・・」ってくだりがあったけど,
周りの大人たちがよってたかってくちゃくちゃにしちゃったのが今の子どもたちなんだと改めて感じてしまった。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 道徳

過保護脱却!!情報収集は自分で

中学校1年生というのは,学校にも不慣れだし,初めてのことがたくさんあって,何でも説明してやらないとわからないものである。

「先生,明日部活ある?」
毎日あるのに決まっている。活動日を決めてある部は・・・顧問に聞かないとわからない。
「先生,明日給食ある?」
6時間目まであるのに,給食ないわけないやろ!
「先生,明日の理科ってなに?」
知るか!理科の先生に聞け!

後ろの黒板には次の日の予定を書いてあって,
係がそれを終礼で読み上げて伝達するのだが
宿題を書いてあるにもかかわらず,忘れてきた子がいた。
「え〜〜,知らんかった」
ウソや!あんなにでかく書いてあるやろ!
「係,伝達した?」
どこまでも人のせいにする。

も〜,とにかく自分で何とかしようという気持ちがない。

あんまり頭に来たので,

今日から,終礼での係の伝達はしない。
各自,後ろの黒板を見て,用意しなさい。
日程も伝達はしないから,
書記はしっかり職員室の黒板を見てきて,
ちゃんと書いてないと,みんなが困るよ。


生徒一同,ポカンとしている。

次の日から,持久戦である。
といっても,私はただ怒るだけ。

忘れたり,抜けたりしたヤツは容赦なくつるし上げる。
この子に手荒く注意したりしたら,親がうるさいとか,学校に来なくなるとか,小学校からの申し送りにはいろいろ書いてあったが,一切無視。ひたすら,
「ちゃんと見てないオマエが悪い」

理由なんて聞いてると,話がややこしくなるだけだし,
やってない,持ってきてないという事実にかわりはないので,
優しく注意とか,指導とかではない。
全員の前でドッカーンと雷が落ちる。
当然,周りにもとばっちりはいく。

先生に聞きに行くのを忘れたら→自分で考える。
黒板に予定が書いてなかったら→隣のクラスのをさりげなく見て帰る。
先生がいなかったら→自分で考える。

少しずつではあるが,生徒にも学習機能はついていたらしく,
次の日の事などは自分で考えるようになってきた。

緊急のもの以外伝達はしないし,緊急はたまに忘れるし,
それでも,生徒たちは隣のクラスを見て,
担任は頼りにならないとあきらめたらしい。
なにより,宿題ごときを,私のせいにはしなくなった。

2年生になって,クラスはシャッフルされた
40人がバラバラになって,いろんなクラスに散った瞬間
また元の木阿弥になってはいるが,
あきらめずにまた怒り続けたいと思う。

現実,卒業した後に,
宿題はこれとこれよ。ちゃんとノートに書いた?
なんて誰も言ってくれないのだから,
少しは自立してもらわないと困る。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

どうしたらやる気が出るのでしょう

これもよく聞かれることです。
これも,通訳しますと

先生,もうちょっと宿題でも何でも出して,家でも勉強するようにしてくれなきゃ困るじゃないですか。勉強しないのは先生が甘いからでしょ!
という母の心の叫びですね。

これも男の子に多いように思うのですが,私は「ぐうたら病」と呼んでいます。

で,親が
「勉強しなさい」

「いまからしようと思っとったんに,やる気なくなった」

「宿題は終わったの?」

「ないし」

「復習はしなくていいの?」

「おわった」(もちろんウソ)

「予習は?」

「うるさいなあ」

もうとりつく島のない状態ですね。完全に悪循環。

この悪循環を断ち切るには,どうすればいいのでしょう。

「おかあさん,○○すればいいんですよ」
というと,必ずお母さんはいいます。
「○○するところなんか,ありません。無理です」

なんだと思いますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
押してくれたら教えてあげます。ってウソです。続きをどうぞ。続きを読む

> 中高の母さん?へ  3度目のお願い

『生きてる事が楽しいのは小学校に上がるまででたくさんです。』
は、ないでしょう!
最近思うのですが、小・中・高とある中で、中学校は異色ですよね〜先生が...
まぁ確かに一番扱いにくい年頃なので、つい先生方もいき過ぎてしまうのでしょうが...でも子供たちなりに良い先生・悪い先生見極めてます。
お願いです!
厳しい指導OKです!(甘いとすぐつけ上がるので...)
でも、子供に対する愛情だけは捨てないで下さい。そして物のような扱いはしないで下さい。すごく傷つき憎しみに変わり、全く聞き入れようとしなくなります。無反応に見えて、先生の心、ビックリするほど伝わってます。


というコメントをいただきました。
ちょっと調子に乗って,熱くなった部分があり,私の意図がよく伝わらなかったようです。
己の表現力のつたなさを十分反省し,もう少し研鑽を積まなくてはと思いました。
ちょっと文をかえてみましたけど,これでどうですか?
まだ伝わらないでしょうか?

良心的に考えたいと思います。
教師への何らかの不信がおありのようですが,
親御さんが教師への不信を露わにされるのは,あまりいいこととは思いません。
まずは子どもが教師をなめてかかりますし,
最近の子どもたちには,親と教師以外の大人に触れる機会が少ないですから,
やがては親をなめ,世の中をなめ,思い上がった青年に育っていきます。
子どもは大人を値踏みしていますから,人の批判ばかりしている大人を尊敬はしません。思春期の子どもの目は容赦ありませんから,
何を言っても,信用してくれなくなります。
大人を信じられない子どもは可哀想です。

相手が担任なら,よく話し合って見てください。
案外,分かり合えると,とてもうまくいったりします。

〜〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

と思いたいのですが,
中高の母さん,IPアドレスがおかしいです。
まさか,操作しているとか?
前にもよく似たような書き込みがありました。
同じ方でしょうか?
だとすれば,悪意しか感じられません。
人の揚げ足をとって,叩く機会をねらっているのですか?
これで3回,捨てハンでの投稿はやめて欲しいとお願いしました。
アドレスもURLもないハンドルネームでは,
信用できないとも書きました。

批判は批判として
きちんとお話がしたいと思います。
見えないところから,石だけ投げて逃げていって,
遠くから,人がケガをしている様子を見て喜ぶような真似は
やめてください。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

学校にお泊まりすれば。。。

今じゃもう,そんなおおらかなこともできなくなってしまったし
塾や部活で,生徒たちの予定も合わなくなってしまったけれど
15年程前までは,夏休みといえばクラス合宿でした

だいたいは少年自然の家とか,○○青年の家とかに行って止まるのですが
ある年,計画をたて遅れたおばちゃんのクラスは,
もうどこにも泊まる所を押さえられなかったのでした。
どうしようかと考えていると,
教頭が一言
「学校でもいいよ」

学校にお泊まり?

最初は面食らいましたが,考えてみれば,学校にはたいてい何でも揃っていますし,
バスや電車に乗って移動することもありません。
これはいいかも,と早速計画に入りました。

寝る場所は,貸し布団1組500円を借りて,
体育館に確保。
1階は女子,2階は男子
食事は調理室にて自分たちで用意
冷蔵庫はミルク室用のものを使い放題
レクリエーションは校内全域を用いたお化け屋敷と
体育館でのバレーボール
その他,運動場での花火大会

体育館は風通しが良く,明け方は寒いくらいでしたが
誰も怒る人がいない学校では
生徒たちは真夜中までドッジボールにバレーボール
深夜のバレー大会は後にも先にも経験がありません。

お化け屋敷は,文句半分言いながら,やりたくてたまらない男の子たちがおばけを担当。
こんにゃくだの,水風船だの,ゴム手袋だのを仕入れてきて
やりたい放題でした。
女の子たちの
「キャ〜〜〜〜〜」という悲鳴に満足してはいたものの
暗がりに待っているのはなかなか怖かったようです。

運動場は広いので,
打ち上げ花火OK,ネズミ花火OK,当然線香花火を束にしてもOK
何でもありの花火大会は,近所の人たちが
最初は不良集団かと心配して出てきたのですが
クラスだとわかると,笑って首を振りながら家に戻っていきます。
40人も入れば,山のようにあった花火もすぐになくなってしまいました。

食事もまた,大騒ぎです。
班毎に好きなものを作るのですが,
魚を焼く班あり,ハンバーグを作る班あり,
上手なのもいれば,下手なのもいる。
それでも,自分たちで作るのですから
まあ,文句も言わず,食べます。お腹さえ壊さなければ
不味いご飯もまたいい思い出です。

ずいぶんやんちゃな合宿で,今なら苦情の1本どころか
委員会まで行っちゃうかもしれませんが
まだまだ何でもありの時代でした。
生徒たちもやんちゃでしたが,生きることを楽しんでいました。

この時期になると,ちょっと思い出してしまう
懐かしいあの頃です。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

授業力ってなんだ?

どこの学校でもそうだと思うのですけど
そろそろ7月の前期分学校自己評価ってのを作らなきゃいけない時期にきています。
去年,重ねての通達が出て,
学校は前期と後期,自己評価を行い
それを元に分析,考察して「学校評価委員会」なるものにかけなくてはならないのです。
評価委員会は,校長と,外部の誰か有識者によって構成されます。

はぁ?そんなもん,自分の子どもが通ってでもいない限り
そこらの中学校の中がどうなってるかなんて,わかるわけないやろ!
と言いたくなるのですが
そこはぐっとこらえて

今年は授業力向上のため,生徒による授業評価を入れることになりました。
ところで,授業力ってなに?
どんな授業がいいの?
生徒に聞く項目って,んんんんん。。。。?

いろいろ調べると,授業力は適切な教材を揃え,生徒のニーズと実態をきちんととらえて,適切な方法で授業をする力で,教師の精神力がこれを支える。と
なんかまとめると,そんなようなことになるらしい。

へぇ〜〜〜〜。

最近の自分の授業はというと,
生徒の稼働率を上げるのが課題。
つまり,じっと聞いている時間をできるだけ減らして,
生徒に活動をさせたい。
極端なことを言えば
私が前でふんぞり返っていても,生徒全員が50分間教科書を読んで,暗記したり,練習したり,相談したり,何かを作ったりしていてくれれば,50分×40人で,2000になるわけで
これが,私の講義50分を生徒がみんな静かに聞いていたら,
活動の時間は0分×40人で0,
10分間の練習時間の後,一人1分のパフォーマンスをみんなで聞いたら,10分×40人+1分×40人で440になる計算。
このかけ算をできるだけ2000に近づけたいのです。

ところがこれがなかなか難しい。
ついつい長々と説明をしてしまう訳で
この辺が自分の課題なわけです。

これを読むみなさんは,どんな授業を理想としていますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

担任がないなら,全クラスの副担任しちゃお

今年は持ち時数等の関係でクラス担任をはずれてしまったすずめです。
何しろ15年ばかり続けてきた学級担任なので
生活にリズムが染みついています。
どうも調子に乗れません。

まずは朝から違います。
7時半過ぎ,教室に行って,朝の簡単なそうじ
机の乱れを直して,棚の整理をして,最初の生徒がぼちぼち登校するので,その子とおしゃべり。
8時10分に生徒が登校完了。集めるものを集めたり,
荷物の片づけを促したり
昨日のお残り生徒なんかで,お持ち帰り作業のあった子を呼んで
宿題の確認をしたり
8時30分からの朝礼では,その日の伝達に加えて,
余計なことのひとつも言い,
生徒が毎日書いている生活記録を集めて職員室へ
空き時間を使って,40冊に目を通し,コメントを3言ぐらい
(コメントが短いと,生徒がなかなか生活記録を出さなくなる)


これが全部なくなっちゃいました。
え〜〜〜,何しよ

することがないおばちゃんは,学年の先生のためのコーヒーをわかし,
玄関に出て,生活指導に混じって朝の声かけをすることに
「おはよう」のあとに
寝癖がたってるだの,襟が曲がってるだの,ねむそうだの,などなど
生徒はきっとうぜぇばばぁが玄関に増えたって思ってるだろうな。

気にしない(笑)

ただ,今年の学年構成は,級外に私と学年主任と講師
しかも,担任の教師たちの中には,ハッキリ言って
ちょっと心配なのもいる。
これはマズイやろうということで,
学年主任と相談のすえ,副担任複数制というややこしいことをすることにしたのです。
ま,簡単にいうと,学年主任か私かがすべてのクラスの副担任になる。
講師の子も業務には携わってもらうのですが,
バックには必ず学年主任か私がいるというわけです。
さらに,朝学習の時間は
学級担任がそこにいようと,嫌な顔をしようと
級外すべてがすべてのクラスの中に入り込んで順番に声かけをし,
朝学習を促すことにしました。
補欠の時間も,自分が授業に出ていようがいまいが
ガンガン行って面倒を見ます。
給食の時間もシャッフルで,誰が行くかはお楽しみ。
生徒ももう慣れたもので,
「今日の先生は誰?」なんて聞いています。

一見節操のないシステムですが
これで,学年主任と私ですべてのクラスをほぼ掌握できますし
生徒の方も垣根がとれて,誰の言うことでも聞くようになります。
学年の教師が入れ替わり立ち替わり行くので,
情報交換が密になって,誰かが生徒や備品の変化に
素早く気付くようになります。死角が減るのです。

最初は教師の側の学級王国的な意識が邪魔をすることもありますし
抵抗もありますが,やってしまえばなかなか居心地がいい。
なにより,おばちゃんの物足りなさが,ちょっとだけなくなりました
学年を私物化してるといわないで下さい

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

教育に金はかけられないってこういう事なの?

つい先日,机の上に無造作に置いてあった紙に,ボトッと油が落ちていまして
何かが飛んだのかな?ぐらいに思っておりますと
次の日に,発表に使うはずだった原稿に再びボトッ
え?なに?これ。。。。

その辺を見回しても,油の飛んでくるような物はなく
上を見上げると,(・_・)......ン?
天井から油のようなものが
天井から油??

職員室の上の部屋は,辞書や辞典が置いてある部屋で
そんな油が漏れるようなものはなく
え?天井裏になにか?

校務士さんに聞いてみると,どうも蛍光灯から落ちているらしいと。
電気屋さんに来てもらったところ,蛍光灯の安定器だったかなんだったかの内部から油が漏れて,もう使い物にならない状態。

でも,予算がなくて,替えてはもらえないとの返事。

え〜〜〜,そんなぁ。


と,電気屋さんが,職員室の一番窓際の端っこ
ちょうどソファの上にあった蛍光灯と替えてくれたのです。
曰く
「ここなら誰も仕事してないから,少々暗くてもいいでしょ」
で,当分そこは電気なしになりました。
現在ソファの上空には天井に穴が開いていますが
近日中にボードで埋まる予定です。

それにしても,
そこまでお金がないんですね。

ほんとにそれでいいんでしょうかね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

部活,締め切り,授業の準備

連休後半も半分終わってしまい,後は普通に土日を残すのみです。
今日も学校に行っていました。
といっても,2時頃までですが。
午前中は部活です。
昨日までは締め切りに追われていました。

学校は,すべてが4月に始まるので,
5月初めまでに,その年の予定を立てるという作業があります。
研究発表なんか抱えていようものなら,発表までの綿密な予定を書いて報告しなければなりません。
出たとこ勝負,行き当たりばったり,その場しのぎのはったり人生を歩んできたおばちゃんには,これは耐え難い苦痛というか,限界を超えた能力を求められる作業なのです。

まずは管理運営計画と呼ばれるものを,作ります。
毎年,あれが足りない,これが書いてないと散々委員会に文句を言われ,(だんだん言うことが増えてくるんです。どこまで行くのか・・・・)ついに今年は100ページになってしまいました。

こんな分厚いもん,誰が読むんや?

でも,作らなくてはいけません。
つぎに,年間指導計画,全教科分。
教科書が変わった2年目なので,まだまだ変更箇所がたくさんあります。
これも,指導書なんかについているものを参考に作るのですが,
指導書にでているようなものをもう一回書く意味はなに?
しかも,今年,ちょこっと書式をいじったところ,
各教科の教師によって,何故か微妙にいろんなところに狂いが。。。。
パソコンぐらいマトモに使え!!
と怒りモードに入りながら,直しましたよ。全教科。
中には勝手にでっち上げたのもあって
大きな声では言えないけれど,
なんで技術の先生がエクセルぐらい扱えないの?
まあ,いいんですけど。

原稿に追われてまだ授業の準備ができていないので,
明日もちょこっとだけいってきます。

なんで今日やらなかったかって?
そんな根詰めて作業するのはイライラしてくるので,
どこかでポイッと気分を変えて,(なんて悠長なこと言ってられるのはまだまだヒマなのかな)ショッピングと映画に。

ちょっとすっきりして帰って来ました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:連休

連休真ん中の学校はやる気0%

学校というところは,融通の利かないところで,連休の中日だってなんだって,カレンダー通りに進んでいきます。
GWだって,2日間休みをずらせば,どーんと7連休になるのですが
そんな器用なことができるはずもなく,
今日と明日は授業です。

中には親が休みで,一人恨みがましく出てくる子もいます。

今日は朝から電話が止まりませんでした。

「朝から熱がありまして。」
「夕べから体調が悪かったのですが・・・」

そんなにいっぺんに調子悪くなるか?
多分,何人かは仮病で,何人かは家族旅行でしょう。

ちょっと悔しいので,休み明けはたっくさん宿題だしてみようかな。なんて,ひがみ根性半分のすずめです。

連休は,でも,教師にとっては溜まった仕事の解消と気持ちのリセットにとても大切です。
この間に4月のドタバタでやらずに終わらせていることや
4月中に提出しなければならない書類の整理を終わらせてしまうことができますから。

それにしても,提出書類多すぎませんか?

提出書類については,また別に書くことにします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:連休 学校

春の遠足

3年生が修学旅行にいってしまうので,2年生と1年生も遠足や研修に出かけることになっています。
昨今,授業時数確保ということで,ずいぶん行事が削られましたが,行事によって生徒の育つ部分も大きく,なんでも削ってしまうのは,私としては感心しません。

今日の遠足は,2年生の会長,副会長にとって,初の緊張の舞台です。
みんなの前にたってドキドキすることで成長する心があると信じていますので,会長,副会長には,特別ミッションの説明です。

教師に仕事をさせないで,自分たちで「できる」ことを見せる。
最終的には,自分たちで決まりを作り,自分たちで守ることができる,自立した集団になること。

みんなを整列させること,点呼することも,大人から見れば何でもないことなのですが,
初仕事の彼らにしてみれば,
「並んで〜」と叫んだって誰も動かず,うじゃうじゃしているだけのクラスメートに途方に暮れてしまうのです。

さらに,彼らには出発式と解散式の司会,忘れ物の点検,あいさつ,初注意といろいろな役目があります。
どこまでできるか,教師はできるだけ口を出さないで待っているわけです。
実際,最初は見ていられなかった「集合」も3回,4回目になると,教師が何も言わなくても時間を見て並べられるようになってきますし,会長同士が連携して,いっしょに並べ始めるという工夫もできてきます。

「移動するときには最後に忘れ物がないか見ておいで」

と言ってあっても,6人中4人はケロッと忘れて,中には

「先生,何を言われたか思い出せません!」
なんてのもいて,

「おまえが忘れもんじゃ!!!」となっていましたが

最後には解散場所の確認をして,報告に来ます。

「先生,忘れ物はありません!」

って,運動場の真ん中で解散してるのですから
忘れ物があるかないかぐらい,立っていればわかるってものなんですけど。。。。


がんばれ,がんばれ
今年こそはもう1ステップ
自律した集団をめざそう。


にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

多分一生忘れられない入学式です

事件は夕べから始まったのかもしれません。
9時頃だったでしょうか,携帯が鳴りました。
着信は教務主任。

はい
こんな時間に,ごめん。骨折した。

はぁ??また,なんで??

明日,無理かもしれんし,新任式の司会たのむ。入学式には間に合うと思う。
そんな,出てこれるん?

多分大丈夫やと思う。



でも,どう考えたって,骨折した人がそんな簡単に出てこられるとは思えず,その時何が一番心配だったかというと,


スーツが入るか?

期待通り,スーツはかなりパンパン
下手にくしゃみしたら,ホックが飛ぶかもしれないという,そこはかとない不安を感じながら登校してみると,案の定,教務主任は入院してしまって,入学式どころか,1週間は出てこられないらしい。

さて,それからが大変だった。

卒業式は,何回も打ち合わせを重ね,合同練習もして,
万全の準備をするが,入学式となると,相手が未だ見ぬ元小学生だということもあって,かなりぶっつけ本番のところがある。

それでも,あちこちと細かなすりあわせをして,さて,本番。
来賓が入場し,1年1組の先生の顔が見える。スタンバイOKらしい。よし,行け!

BGMにのって1年生が入場してきたまではよかった。
式は,何事もなくはじまった。。。。ように見えた。


一同,ご起立下さい。国歌斉唱!

し〜〜〜〜ん

なぜピアノが聞こえてこない?え?なぜ?
思わず目をやった先のピアノには,誰も座っていなかった。

うそ!?まさかの演奏拒否?

あ,っと気がついた職員が一人,伴奏者を捜しに行った。

一同,立ちつくすのみ・・・・

その時間の長かったこと。

なんでもない集会なら,バタバタ呼びに行ったり,大声で確認したりもできるのだけれど,まさか入学式でそれもできず,
まさか,私がおしゃべりで場を繋ぐなんて事も考えられるハズもなく
それでも,この場をどう説明しようかと私は無駄に言葉を探した。

結局,すみませんと頭を下げて,もう一度最初からやり直した。
焦ったせいもあって,いっぱいとちってしまって,
あとで,校長と教頭に「申し訳ありませんでした」と頭を下げに行ったとき,校長は,昔の自分の失敗談をだして,慰めてくれた。
ってことはよっぽどボロボロに見えたのだろう。
夢に見そうな入学式だった。

昔はともかく,今,ここの職場では,日の丸君が代に関しても,そこまでの反対闘争はしていない。
もちろん,歌いたくない人もいるし,特に韓国籍を持つ人の一部にとっては,鬼畜米英ならぬ,鬼畜日本である。
歌わなければ罰とか,まして生徒に歌わせなければ処分なんて,それは断じておかしいし,国歌たるもの,罰で歌わせるものではないと思うけれど,今日はまいった。

実際は,校歌披露に一生懸命になりすぎた音楽の教師が時間も忘れて,生徒の歌指導をしていて,遅れたのであって,悪気も何もなかったのだけれど,まぁ,まいりましたわ。


にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif

時間割編成作業

4月の忙しさのひとつに,時間割の編成作業があります。
校内で選りすぐられた(?)時間割編成委員というのがこれにあたるわけなのですが,
指導要領改訂以来,中途半端な授業時数があらわれて,どうしても年度途中で時間割を組み替える必要が出てきます。
いままで年1回で良かった時間割を,夏休み中にもう一度後期の時間割を組むというふうに作業を増やしてくれました。

時間割も,昔と違って,パソコンを使って組みます。
ずいぶん変わったと思います。
ところが,このパソコンってヤツは,ほんとに血も涙もないヤツで,
平気で,たとえば,1の1の国語がすべて1限目だったり,
誰かの持ち時間で,月曜日が5連発授業のクセに,火曜日には授業が1個しかないなんて時間割を組むのです。
みんなで「パソコンってほんとは頭悪いんじゃない?」なんて文句言いながら修正していくのです。

国鉄のダイヤ改正でも,匠がいて,コンピュータよりも鋭く列車の時刻を入れ替えていきますが
時間割にも匠がいます。
ん,と時間割をにらむと問題の箇所のコマをスカスカと引っこ抜いていき,またスコスコと入れ替えていくのです。
私なんかは,どこをどう入れ替えたら,どうなるのかせいぜい2手先までしか読めませんが,
匠は5手6手先を読むことができます。
人間ってやっぱりすごいなって思います。



にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif

新年度は職員会議と辞令交付で始まった

4月になりまして,新年度が始まりました。
学校の新年度スタートは,おそらく一般の方からみれば,奇異なものではないかと思います。
果てしない職員会に始まり,その年度のことをいっぺんに決めるわけですから,会議に始まり,会議に終わるわけです。

この,1年をリセットするというのは,私のような飽きっぽい人間には大変ありがたい制度です。
イヤなことも,煩わしかったことも,とりあえず1年で終わり,新しく物事を決めるわけで,
もちろん継続されることもありますが,
働く身にとっては1年ごとに職場が変わるようなものです。
学年所属も変わったりしますし,積んだものを崩しているわけですから気分は新鮮です。

今年は新任が一人いたので,彼女とその指導教員が辞令交付に行きました。
通常,転任の教員は,校長から辞令を受け取るので,辞令交付式なんてありません。
ちょっとちょっとと呼ばれるだけです。

今年は久々の新採がいたので,彼女のことをこれからまた書いていけるかと思います。
さて,今日は職員室の配置換え。
ホコリだらけになってきます。


だよなあと思った方はこちら↓
にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
思わなかった方はこちら↑
1クリックお願いできませんか。よろしくおねがいします。

年度末 あれしてこれして・・・・

春休みに入ると,次の年度を迎えるために,やっておかなければいけないことがいくつかあります。

ひとつはこの年度受け持った子どもたちの記録をきちんと整理すること。
いわゆる指導要録というものを書かねばなりません。
最近は開示請求とかいうこともあって
何年も経ってから,「見せろ」とか言われて,
「あの担任,何を書いてくれとんじゃあ!だから高校に落ちたんやろ!」なんて恨みを買うことを恐れ,調査書と同じようにいいことしか書かないとか言う人も出てきました。
というか,説明責任を果たせるように,指導内容も書いて,プラスの表記をするように管理職も要求します。

だからって,悪いもんは悪いやろ!

って思いませんか?

その子の性格や人間性の面では,未発達の部分があるのは当然なんですから,私はガンガン書いちゃいます。

はぁ?恨むんなら,恨め!
毎日私に散々言われて,生徒も承知していることしか書いてないんです。
読んだら,あ〜〜,やっぱり。って反省しなさい!
無理かな・・・・

そういえば,生徒に最後に反省文と,2年生になったらどうなりたいかを書かせたら,
特に男の子たちは半分以上
「先生に怒られることが多かったので,2年生になったらもうちょっと怒られることを少なくしたい」
私ってそんなにおっとろしかったのかな??


だよなあと思った方はこちら↓
にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
思わなかった方はこちら↑
って一緒とちゃうんかい?なぁん,気のせいや

内申書に書かれていること

時々「内申書に響くから」なんて脅し文句をちらつかせたり,
親の方から「内申書に響きませんか?」とか
場合によっては生徒から「内申書が怖い」なんてことを聞くことがあります。

教師の中で,これを脅しの手段に使う人がもしほんとにいたら,情けない限りですし,そんなものを使わないと生徒に言うことを聞かせられないのなら,今度は指導力不足教員で研修を受けなければいけないと思うのですが,
内申書ってそんな怖いものじゃないのです。

高校に受かろうって生徒に,高校に受からせようって教師が書くものです。
いいことしか書いてあるわけがない。
美辞麗句のオンパレードです。

多分,高校の先生は話し半分に読むか,全く内容を無視していると思います。

じゃ,何が書いてあるかはまた夜にでもお話しします。

クラス替え真っ盛り

卒業式の前後,期末テストが終わった辺りというと,来年度のクラス替えが真っ盛りを迎えています。

生徒たちも気になるので,いろいろ聞きに来ますし
どうやってクラスが決まるのかは最大の関心事になります。


「先生,どうやってクラスって替えるの?」


「ん,こうして,みんなのカードを作って,順番にババ抜きするみたいに取っていくんや。」(とトランプの真似をする)


「ウソや,そんなん,ありえんし」


「でね,これはいらんなあ,と思う生徒のカードは机の上に残っていってね,最後はそれの取り合いになるんよ。」


「え〜〜〜,最後に残ったら,どうなるん?」


「みんなでジャンケンして,取るんや。あんた,宿題出さんかったら,最後まで残って,コイツいらんわ。宿題出さんし,ってことになるよ」


「え〜〜〜〜,ウソやし」


はい,ウソです。ありえません。そんなこと。
でも,けっこう,あの子がほしい,この子はいらんとわがままを言う人もいます。
表だっては言えないので,たとえば,同姓の子が重なって,どっちかを誰かと取り替えなきゃいけないような場合は,どの子と取り替えようか,いろいろ考える人もいます。

っていっても,4月になるまで,どのクラスを持つかわからないし,

だいたい,3月の異動が発表になるまで,自分がこの学校にいるかどうかもわからないんですけど,人間って不思議なもので,自分が担当して受け持ったカードのクラスを受け持つような錯覚に捕らわれるのです。

あ,仕組みがわからないかもしれませんね。
3月になると,学級担任は自分のクラスの生徒氏名を,一人ずつ個票と呼ばれる短冊型カードに書き込んでいきます。
成績,家庭環境,一緒にしてはいけない子(いじめられたとか,特に仲が悪いとか)一緒にした方がいい子(友だちを作るのがとても苦手な子で,特定の相手としか関われないような子とか,ハンディのある子で,面倒をみてもらわなきゃいけない相手とか)などを書き込んで仕上がったカードは,同時進行で,同じような項目を打ち込んだPCのシートと突き合わせで作業を開始します。

リーダーになりそうな子と,問題を起こしそうな子をクラスに配分した後,一般ピープルをクラスの合計点がだいたい同じになるように配分していきます。

相性や,同姓,PTAの役員になる人,などを見ながら,各クラス均等になるように交換作業でならしていきます。

だいたい,どこのクラスにも,問題を起こしそうな子が同じくらいになって,どのクラスを見ても,「うわ,このクラス,持ちたくない」って思う程でちょうどいいと言われています。

そんなもん,PCのシートがあるなら,カードなんかわざわざ作らなくてもって言う人もいますが,最終的にはカードを並べて,人間の目で見ないと,クラスの雰囲気はわかりません。しょせん,機械は機械です。

最後に4月になってから,転入や転出,さらには持つ人との相性なんかも見て,微調整をした後,担任と受け持ちの生徒が決まり,担任は,いろいろ書かれた個票を見ながら,その子についての事前学習をするわけです。

現在,作業は9分どおり終わり,同姓も見たし,付ける,離すも見たし,しばらく寝かせて,時間をおいてから,もう一度忘れた事や,不十分なことがないかを見る段階にきています。

来年はどんなクラスがあたるでしょう。
最近はどの子がいいとか,あまり何も思わなくなったおばちゃんは,若手の人や,転任してきた人に先に選んでもらったあと,残ったクラスをもらっています。

クラスによっていろいろあって,蓋を開けるまで相互作用は読めなかったりしますので,お勉強のクラスも,ジュラシックパークのようなクラスも,食欲のクラスも,頭の中まで筋肉だったクラスもありました。今年のクラスはおとなしいクラスで,おばちゃんが多少無理難題をいっても,誰もブーイングのひとつもしません。「おーい,誰か止めて」と心の中で叫びながら,毎日が過ぎていきました。あともうしばらく,子どもたちの心に思い出と,語った言葉を残していきたいと思っています。


にほんブログ村 教育ブログへ ブログの惑星 人気blogランキングへ

ちょっとあんた!子どもの卒業式ぐらい来なさいよ!!

寒い日になりました。
吹雪くことはなかったので,まだ良かった方としましょう。
それでも,時折雪の降る卒業式となりました。
誤算のその1はスリッパ。
「上履きをお持ち下さい」と案内には書いてあります。
今までの保護者懇談や,学校行事で,外履きのまま校舎には入れないこともわかっていると思います。
これまで3年間,学校に通ってきている親たちです。

でも,スリッパ持参の保護者は1割もいませんでした。
200ほどもあるスリッパがみるみるうちになくなっていきました。最後は,もう捨てようかと言っていたおんぼろスリッパも総動員して,それでも最後の数人の方は,この寒いのにスリッパがなくて,ほんとに気の毒でした。
中には家族4人でやってきて,全員スリッパを履いていってしまう人もいます。

「300ほど用意しなきゃいけないね。」と係で話していたのですが,釈然としない思いも残っています。
学校ってサービス機関なの?
お客様なの?保護者は。学校が上履き持参を求めることはおかしいことなん??それでまた「学校はスリッパのひとつも用意してない!」ってクレームが来るのって,それってあんまりなんじゃない?


式が始まって,受付をたたもうとしたら,まだ1割足らずの保護者が来ていないことに気がつきました。
来るか来ないかわからないので,すっかりたたんでしまうわけにもいかず,一人そこに残って待つことにしました。
来るかな?来ないかな?

中には不登校生で,すでに次の日,個人的に卒業式No2をすることが決まっている人や,受験に行っていて欠席の子もいて,そんな所の保護者は来ないだろうと予測はつきます。
でも,普通に今日,他の子どもたちと一緒に卒業式を迎えている子も中には混じっています。
同業者で,3年を担当している人は,まず来れませんから,これはわかります。でも,他は・・・・?

中に一人,教室には行けなくて,保健室登校を続けていた子がいました。今日はクラスに戻って,他の子どもたちと一緒に卒業式に出ています。その子のお母さんが来ていません。
お仕事が休めなかった?いえ,そのお母さんは夜のお勤めですから,お昼前はいつも家にいます。
体の調子が悪いのかもしれません。今日は突然やんごとない事情ができたのかもしれません。


でも,でも,来いよ!!
我が子の卒業式,ぐらい見てやれよ!!
ギリギリいっぱい,みんなと式場に入っている我が子の姿じゃないか
と思うと,おばちゃんは悲しかったのであります。

葬式を知らない生徒たち。晴の場ってわかんない

卒業式はなんといっても中学校では一番気を遣う式です。
お客様だってたくさんいらっしゃいますし,保護者も一張羅を着て,中には家族総出で子どもの晴れ姿を見に来るのですものね。

毎年のことですが,この時期は「日本人の心得」(日教組のクセに右翼みたい(笑))を語る時間が1時間(説教から始まって延々と語る。生徒が眠くなろうが退屈な顔をしようが,たたき起こして無理矢理聞かせる。ほとんど体罰に近い)

今日は授業も乗り気になれないし,ここで一発,と生徒のあら探しをしていると,まあ,計算したかのようにうまくハマってくれる人がいました。

よっしゃ,語るぞ!

日本人には昔から晴の場とけの場があって,卒業式は学校での最大の晴の場であること。

晴の場には相応の作法があって,日常と同じ気持ちでは臨んではいけないこと。

社会に出て,場をわきまえられないことはとても恥ずかしいことなのだから,学校できちんと練習をして,場の雰囲気を感じなくてはいけないこと。

「これくらいいいじゃん」といういい加減な甘えを捨てて,しっかりやることが人間の成長につながること。云々云々・・・・

もちろん,どれだけ言っても,どこ吹く風,のれんに腕押し馬耳東風,とまったく効き目のない子もいるのですが,何人かは,ふんふんと聞いています。

さて,ではやってみましょう,と呼びかけると,それぞれに髪を結んだり,止めたり,ネクタイを結び直したりといろいろするわけです。

よしよし,これで今年もうまくいくかな。と思ったのが甘かった。

なんと,髪をうまくピンで止めることができない生徒が山といたのです。

確かにいつも自分で髪を結んでいない,またはちゃんとまとめる練習をしていない子は,突然髪の毛を扱うことなどできません。
あまりのくちゃくちゃにあきれ果てた担任の明日の持ち物には,櫛とピン留めが加わりました。

さて,あしたはどうなるのでしょう。

卒業式前夜

明日が卒業式なので,今日は午前中で授業が終わり,生徒も教師も準備に入ります。
あ,いえ,お母さん方もですね。

ちょっと前までは夜中にガラスを割りに来る生徒や,スプレーで落書きをしたり,消化器をばらまいたりしにくる卒業生たちがやっぱりいたものですから,夜は生活指導担当が泊まっていたものでした。

数年前からはそんな事件もなくなりましたので,一応警察にお願いはするものの,泊まり込みまでしなくなった学校がほとんどだと思います。

私は女であるということもあって(これって逆の差別なのかな?)泊まることはありませんでした。9時頃まで残っていることはありましたし,巡回もしましたけど。。。。

そんな面では生徒はおとなしくなりました。
エネルギーがなくなってきたのかもしれませんし,
やんちゃは徒党を組んですることが多いので,コミュニケーション能力の低下により,仲間をつくることができなくなっていることもあるように思います。

悪のりもしないってことは,子どもの健全(?)なエネルギーのはけ口が減っているわけで,どこで発散していいのかわからない子どもが,ますます整わなくなっている気もします。

まだ若くて,自分も元気だったころは,生徒に悪戯を持ちかけ,けしかけ,「笑える悪さ」をしたこともありました。(なんで私がガキ大将??って思いましたが)それこそ,黒板消しをドアに仕込むとか,他の教師の車のボンネットの上に雪だるまのお供え物をして,どんな反応をするか楽しみにする,そんな程度ですが。学校という職場にもまだ余裕があり,そんなことを楽しめる気持ちのゆとりがあった頃です。

どんどん職場が多忙化し,そんなことを楽しむ気持ちのゆとりもなくなって,それも子どもを追いつめているのかもしれません。

卒業式からなんだかとりとめのない話しを思い出してしまいました。

今年はどんな卒業式になるのでしょう。

絶対評価といえど,絶対なんてあり得ない

そろそろ成績の〆切がきているので,今の土日は成績をつけていました。
今年度の後期の成績と,指導要録に付ける,年間の成績です。

10年ほど前から観点別の絶対評価が入り始め,昔の相対評価による正規分布というのはなくなってきました。
テストの点を並べただけでは成績にならないので,教師はそれぞれの教科に定められた観点にそって,どんな評価をするのか頭を悩ませているわけです。

それにしても,絶対評価って,
求められる水準までできるようになればAがつき,Aが4つ(国語は5つ)たまれば自動的に10(5段階なら5)がつくというわけで,極端な話,全員に10をつけてもいい。

って,そんなことは現実問題あり得ないのだけれど,どうしても相対評価より甘くなるのです。規準が。
しかも,どこでAとBとCを区切るかは,教師の主観に頼る部分も多く,そうかってあまりに極端な評価では,信頼性が亡くなってしまうばかりか,Aばっかり付ける教師は「あいつ,ただつけとるやろ」と言われますし,Cばっかりでは今度は授業が成立していないのではないかと疑われることになります。

結局それらしい人数にAをつけ,Cをつけ,残りの人間にBをつけるという,安易なところに行き着いてしまうことになります。

きめ細かくと文科省はいいますが,教科によっては800人の生徒を評価します。しかも週1回しか授業がないなかで。
それがプロやろう。と宣う方もいらっしゃいますが,人間の能力なんて限界があります。800人の生徒をどこまできめ細かく評価できるか。ご自分で一度,どんなものかなと考えてご覧になれば,わかると思います。

最近はパソコンも利用して,だいぶ素早く,間違いもなく,評価を出せるようになってきました。
今はエクセルを使って計算しますが,ちょっと前はロータスで,その前はマルチプランというソフトがありました。
あの頃は計算もよく止まりましたよ。PCが無限ループに落ちて,立ち直れなくなったり,作業領域が0になって止まってしまったり。

なんてちょっと懐かしいことを思い出してしまいました。

この話がわかる人は,けっこう年配の方なんでしょうね。

卒業式が近づくと

公立高校の入試が終わると,3年生たちは卒業式の練習に入ります。
卒業式といえば,また日の丸だ君が代だとうるさいのですが,個人的にはそんな些末なことで紛糾してほしくありません。
卒業生が10年経って,君が代を歌ったかどうかなんて,多分覚えていないし,君が代で生徒が感動するとも思えないからです。
(これで感動して涙を流すように指導しろといわれたら,私でも教師を辞めるかもしれません)

生徒はやはり15歳の段階として,自分の節目に何かを感じ,その場の雰囲気に飲まれ,全員の合唱に自分で酔って泣いていきます。
それでいいと思うし,その場を仕掛けるのが教師の最後の仕事じゃないかと思っています。
(基本的に私はイベント屋で,生徒を舞台の上で泣かすのが好きです)
卒業生退場の時に,生徒がベショベショに泣いてる顔を見て,よっしゃ!と小さくガッツポーズをする瞬間がたまらないのです。

一度だけ生徒に完全にやられた卒業式がありました。
なぜ一度だけかといいますと,2回目からは,やはりこちらにも免疫ができて,そこまでの感動がなくなったせいだと思います。
なんでも1回目はやはり,やられます(笑)

それは,けっこうやんちゃな学年でもありました。
いろんな事件がありましたし,やんちゃな生徒もいました。
何度も夜中に学校に集まって対策を考えたり,
警察にお迎えに行ったりもしました。

卒業式の当日,卒業の歌の途中で,ん?ピアノの伴奏がちょっと長い,と思ったその瞬間,「先生!」と声が上がりました。

私は誰かが気分を悪くして倒れたのだと思って,走り出そうとしました。教師全員がそれっ!っと動き出そうとしたその時
予定にはまったく入っていなかった生徒の呼びかけが始まったのです。
次々とせりふを言う生徒たちは,言ってみれば教室で手のかかったやんちゃな子たち。しかも,教師の手など入っていない生の言葉ですから,おいおい,そんなことまでいうの?という言葉ばかりです。
教師はみなあっけにとられて聞くしかありませんでした。

最後の一人が言い終わって,全員の「ありがとうございました」の呼びかけのあと,何事もなかったように歌は続きます。
後で聞けば,卒業式前日に連絡電話が回って,歌の間奏部分で決行が決まったとのこと。
伴奏の女の子は,アドリブでその場を繋いでピアノを弾いたのでした。

そういえば,公立の入試の前後,やたら3年生の朝の時間がうるさかったのです。誰かが教室から顔を出しては,うろうろしたり,ざわざわしたり。
教師は何も知らないものですから,「落ち着かないね」といい,
教室では「もうちょっとなんだから落ち着きなさい」などどトンチンカンな注意をしていました。
何のことはない。見張りを立てて,教師が職員朝礼で教室を空けたスキを狙って,せりふを言う生徒を決め,練習していたのです。

式が終わって教室に帰ってきたとき,にた〜っと笑う生徒たちに,もう言葉がありませんでした。
教師に最後のパンチを喰らわせて,全員泣かせた生徒たちは,涙の中にも満足の笑みを浮かべて校門を出て行きました。
恥ずかしながら,取り残された私は,余韻に浸ってしばらく声も出ませんでした。

当然,次の年からは,私が仕掛ける番ですから,生徒にこっそり種まきをして,卒業式の仕掛けを仕込んでおきます。
初めての教師は,間違いなく号泣します。
そして,生徒は,担任を泣かせた満足感を感動にプラスして卒業していくのです。
10年経っても忘れない卒業式。感動がたくさんある程,人の気持ちは豊かに育つ。
目指すところはそこだと私は思っています。

テスト終了

期末テストが終わって,教師はこれから一気に忙しくなります。後期の成績と指導要録,年間指導計画に来年度の校務分掌への申し送りなどなど,年度末のごちゃごちゃが押し寄せてくるからです。今年は校長も替わらないから,少し遅れても大丈夫だろうって,自分が異動していたりして・・・・。シャレにならない。

生徒の方はのんきなもので,テストが終わると,もう気持ちは春休みモード。
部活三昧,家庭学習0,教師が少々怒ってみても,どこ吹く風と知らん顔です。まあ,仕方ないけど。

3年生も今日で受験が終わり,あとは卒業式を残すのみとなりました。
明日からは卒業式の練習に入ります。
今年は珍しく,風邪も流行せず,みんな元気に3月,と思ったら,1年生で出ました。インフルエンザB型。
これから3年生にうつって,卒業式に発熱ってならないでほしいと願います。

委員会の調査,多すぎるって

さっきは話しが蛍の光にずれてしまったので,もう一度。

言いたかったのは,卒業式に何を歌うかまで報告を求める必要があるのか?ってことで,勝手に考えるには,あんまり細かいことまで縛りをかけると,結局それを全部管理しなきゃいけなくなるわけだから,委員会だって大変だろうに,どうでもよさそうなことで,お互いの事務を繁雑にして,首を絞めるのはやめたらどう?ってことなんです。

そうでなくても3月は,教育課程の実施状況報告だの,来年度のなんたら要請だの,なんたら計画だの,出さなきゃいけないものがドサドサあって,しかもひとつがエクセルのシートで15枚たら25枚たらって,最後に教科書が替わった年だから,来年度の教育課程年間計画(シラバスって形でだしてるところもある)ってのも提出しなきゃいけないんですよ。

で,また,後でいろいろ注文付けてくるところを見ると,出したものをかなり細かくちゃんと見てる。
ひとつ作るのも大変ですけど,20校以上もある学校の分を全部見て,直しを入れる委員会の手間だって,想像するにあまりあるじゃないですか。なんでそこまで事務量を増やす?

なんか,とっても無駄なことをしているような気がするのです。

卒業式に何を歌うかまで報告するの?

教育委員会からの調査が回ってきた。卒業式に何を歌うかだと。
これって暗に君が代を歌うかどうかの調査なわけ??
選択肢にはおなじみの歌に混ざって,新しげな歌も入っていたけれど,どんな回答が多いのかな。
大地讃頌も入ってたってことは,この歌も定番?
巣立ちの歌はなかったなあ。
そういえば,今年の1年生は蛍の光を聞いたことがないって事をこの前発見したっけ。
時代も変わったもんだ・・・。

英国出身のALTがお国紹介をしていたときに,スコットランドのAuld Lang Syneといって紹介してくれたので,私はボケのつもりで,「これって日本の歌だよね」

ところが生徒は無反応。あれ?おかしい。

あわてて追い打ちで蛍の光を歌ってみたけど,やっぱり無反応。
(・_・)......ン?

いつも表情豊かに反応してくれる賢太朗をみても,無反応。
歌が下手だった?

「みんな知らないの?」とおそるおそる聞くと,うんうんと頷いている。

「え?パチンコ屋で閉店の時に鳴るやん」というと,

「パチンコ屋なんか行かんし」

そりゃそうや。

「100均でも閉店に鳴るやん」といえば,

「そんな時間までおらんやろ」

はい,おっしゃるとおり。

と,接点はまったく見いだせずに終わってしまったのでした。

職員室で,「子どもらが,蛍の光を知らない」と大騒ぎしてしまいました。

時代は変わる・・・・・。ちょっとさみしいのは私だけ?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。