思いやりの心

愛情の反対は無関心であるとマザーテレサは語ったといいますが,
今の子どもたちの外界への無関心は,
私は極端な話,生物としての生存の本能すら衰えつつあるのではないかと疑います。

今日は何故か落着きがなく,掃除がなかなか終わりませんでした。

終礼の時間近くになっても,まだ水の入ったバケツが放置されているし,掃除したはずなのに,黒板が汚いのです。
やり直しにしようかとも思ったのですが,時間が押しています。
まあいいか,と水を捨てに行き,黒板を拭きながら終礼の用意を待っていたのですが,
終礼のときに聞いてみると,バケツの水を私が捨てに行ったことに気付いていない人間がほとんどなのです。
廊下でぶつかりそうになった子までいたにもかかわらず。
なかなか掃除が終わらないのを待ち切れず,持ち場の違う子が手伝ってくれていたことにも気付いていない教室掃除の子もいました。

そう,私がバケツを持っていても,なにも思わない子っていうのは,極論すると,私を掃除のおばさん以下にしか認識していないってことです。持ち場の違う子が手伝っていることだって,その子の掃除場なんて知らない子には,気づくはずがありません。
ねぇ,周囲のことになにも気付かないってことは,隣の子がいじめられて泣いていても,だれも気づかないってことだし,
ひっくり返せば,あなたが悲しい思いをしていても,誰も声もかけてくれないってことなんだよ。

そういえば,この子たちが1年生の時,教室の中にいつもと違うものが置いてあっても誰も気づかず,なくなっていても誰も言わないということがあり,「これじゃ,爆弾置かれたって,ドカンといくまで誰も気づかないじゃないか。みんな死ぬぞ」って思ったことがありました。

大げさかもしれませんが,
生物がもつ危険を察知する能力,それすら失いつつあるのでしょうか?

そんな人たちが,お互いへの思いやりの心を持って仕事にあたるようになるのは,卒業式に間に合うのでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
この記事へのコメント
同感です。
子どもも大人も今は無関心な生き物が増えていると感じています。
これは、人間だろうか?ってかなり心配してしまいます。
せめて、自分の周囲は、人間でいさせてやりたいと思っています。
Posted by モニママ at 2008年06月04日 09:35
バーチャルのやりすぎで、脳のセンサーが鈍化し、リアル社会での実存的対応力が低下した?
 早い話がリアル社会では何も考えていない状態になっている。 てのは穿った見方過ぎますでしょうか。
 ゲームで小さいうちから脳内モルヒネ出し続けると、絶対悪影響が出ると思います。
 大人だって、簡単にパチンコ依存症とかになりますものね。(タバコやめるより大変でした)
 学校単位、PTA単位で「ゲーム禁止」とかの風潮になることを願っています。
Posted by やまのおっさん at 2008年06月04日 12:42
バケツの水くらい教師が捨てたって
なんの損もないだろ
こういう押し付けがましいのは逆に引くわ
Posted by 通りすがり at 2008年06月04日 19:36
こんにちは。最近のニュースを見ると、電車の中で痴漢にあっても、脅されていても周りの乗客は見て見ぬふり、ということが目立ちます。子どもだけじゃないんですね。
10年くらい前から、「働くのは損」という感覚が広がってきていましたが、自分の周りで働いている人がいるのに気づかない、という状況なのですね。
Posted by kirara at 2008年06月04日 21:39
数年前、5時間目に授業に行った教室で、教卓の上にスプーンが1個残っているのを見て、「これ、何?」と聞いても誰も返事が無くて、ブチ切れて授業の前半説教したことがあります。スプーンがあったということよりも、「別に自分が置いたわけじゃないから関係ない」って顔しているのが腹立たしくて。今でも他に対する関心を持てない個人主義な学級は許せません。
Posted by なっつ at 2008年06月04日 22:14
> モニママさん
たぶん,年齢が下に行くにつれて,その傾向が強いと思うのですよ。
もしかして,なにか環境ホルモンの影響みたいなものもあるのでしょうかね。

> おっさん
ゲームは確かに影響あるらしいのですが,よく聞いてみると,子どもはゲームをする子ってごく一部で,やらない子は全くやりません。
それでもおなじ傾向が出るのは,やはりそれ以外の原因があるからなのでしょう。
単にゲームや携帯を禁止するだけではきっとなにも変わらないのではないかと思います。

通りすがりさんって,同じ人なのでしょうか??
この前はつるし上げだとか言ってらしたようですが,またいらっしゃいましたね(笑)
生徒もきっとそう思ってますよ。
「掃除なんか,教師がすりゃあいいんだ。なんで生徒がしなきゃいけないんだよ」ってね。
それはまた別の話です。
次はそれを書きましょう。

> kiraraさん
自分がこうむる被害には敏感で,自分の受ける恩には鈍感になるのが,現代の心の闇かなと思います。
私自身にもそうではないかと思われることがあり,
時々きつく戒めなければなりません。
自分の出すオーラは必ず自分に返ってくると肝に銘じて過ごすことが必要ですね。
Posted by すずめ at 2008年06月04日 22:31
> なっつさん
「オレじゃない」って言うんですよね。
あれは心底腹が立ちます。
自分じゃなければどこで何がどうなってようと関係ないのか!!って
私もそれは許せません。
犯人探しじゃなくて,気づいた人がちょっと動くだけなんですけど,それが「損」とかって感覚になるんですね。
それで,友達との人間関係もすぐややこしくなるのですが,それは損とは思わないのでしょうか。
Posted by すずめ at 2008年06月04日 22:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

教師を蝕むリバタリアリズム
Excerpt:  市場原理主義と親和性が高いリバタリアリズムは、中学生の生き方観に強く忍び寄って
Weblog: 教育失敗学から教育創造学へ
Tracked: 2008-06-04 02:36

教師を蝕むリバタリア二ズム
Excerpt:  市場原理主義と親和性が高いリバタリア二ズムは、中学生の生き方観に強く忍び寄って
Weblog: 教育失敗学から教育創造学へ
Tracked: 2008-06-13 23:57
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。