試験のあとは

試験の後は,嫌いですね。
さっきまで丸つけしていたのですが,やっと終わって,明日一斉に返します。
丸つけは単純作業なので,眠くなります。
今年は3年生なので,年がら年中試験を作っているか,つけているかしています。
そんな苦しいのならしなきゃいいのにって
そんなわけにもいきません。

いいえ,一度だけ,前にいた学校で,
「試験なんていらないなあ」と感じたことがありました。
実によく勉強するというか,教師の投げかけに対して意欲的な子どもたちで,
暗唱しようねといえば,私の休み時間も昼食時間もなくなるほど,
「聞いて聞いて」と暗唱の列ができました。
すずめの周りにうざうざあんまり生徒が来るので,
申し訳なくて,職員室にいられなかったこともあります。

書き取りの確認テストをすれば,
できない子はそれなりのパフォーマンスを見せてくれ
単語テストでは,教師に勝利宣言をして,勝負に乗ってくれました。

英語のない日だって,教科書を手放さずに歩きながら英語を覚えたり
授業でも間違いなんか関係なく発表やら朗読やらしていましたので,
毎日楽しくて仕方がありませんでした。

試験をすれば,どうしても序列ができます。
でも,その年の子どもたちに関しては,
多少の間違いのために点数を落とす子がいても,その子は英語が大好きで
教科書を全ページ暗記したりするわけです。
順位なんかつけるのがしのびなくて,
どの子もNo1だって,ほんとにそう思いました。

学校がかわって,時代も変わって,
あれからあそこまで意欲的な集団にはまだ出くわしません。
なにがどう違ったのか,わかりませんが,たまたま,集団の持っていた性質に,課題の投げかけがマッチしたのでしょう。

ここ2〜3年,また一段と,手をかけてやらないと,ものができない生徒が増えています。
少しはほったらかしにしないと,自分で考える部分がないのになあと思いながら,
今日も結局手をかけてしまいます。
テストもさんざん脅してやらないと,勉強に結びつきません。
違うんだって,のどの渇いていない馬に水を飲まることはできないし,
水をやりすぎれば,鉢植えは枯れるんです。
ジレンマですね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
この記事へのコメント
またまた,拝見させていただきました。
応援ポチッ!
Posted by サトシ at 2008年05月30日 03:52
過保護過干渉は絶対ダメですね。
樹木や鉢植えでも、あえて根を切ったり水を極力与えないようにして、実付き、花付きを良くする方法はあります。
人間でも疲れ○ラなんてのもありますからね。
最近育成会の取り組みとして、「他人が褒める」ってのを勧めようと考えております。
Posted by ヤマノオッサン at 2008年05月30日 09:42
私の勤務校は小規模校なので、びっくりするくらい一人一人に手をかけることができます。なので、下位生徒の底上げを図れます。でも、同じように全員に手をかけていたら、中・上位層の意欲が激減して、「言われたことは真面目にやる。けど、自分たちで動こうとはしない」生徒になってしまいました。今年は、「生徒を信じて、任せてみよう」という方針で、目標と、みんなで協力して達成することだけ強く話し、方法は生徒に任せてみたら、びっくりするくらい意欲的に活動します。(去年の姿はどこへ!?っていうくらいです。)
やっぱり水をやりすぎると枯れちゃうんですねぇ。『学び合い』の考え方に通じます。
でも、目の前に動かない生徒がいたら、いけないと思いつつ、声も手もかけたくなるんですよね…。教師の悲しい性です。
Posted by なっつ at 2008年05月30日 22:24
サトシさん,いつもありがとうございます。儲かってますか?

オッサンの言われる「他人が褒める」取り組みが,地域本部の一つの目的でもあります。
いろんな大人に自然に触れて,いろんな価値観で見てもらい,評価と違う目で褒めてもらうのです。そのための仕掛けを今,構築中です。

手をかけすぎているのはわかっているのですが,保護者からの要求に押されている,弱っちい教員のジレンマでもあります。
「もうちょっときめ細かくやってもらえませんか?」
「これぐらい,学校でやってくれてもいいじゃないですか」
こっちも時間に追われていると,つい,待てなかったりするんですよね。
Posted by すずめ at 2008年05月31日 00:59
みんな先生が、おばちゃんみたいに信念もっていればいいんだけど、アホな先生もいっぱい見ていますからね。ヽ(TдT)ノアーウ…
つい黙っていらんないのよPTAとしては。
Posted by ヤマノオッサン at 2008年05月31日 07:48
> オッサン
ありがとうございます。信念なんてかっこいいものは持ち合わせていません。
この年になると,子どもたちが元気なら,多少のことは腹が立たなくなるし,
キラキラした眼をしててくれれば,それで嬉しくなるんです。
結局自分の楽しみだったりして・・・・。
Posted by すずめ at 2008年05月31日 08:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。