静かな土曜日

試験前なので,今日は部活がない。
久しぶりに朝ののんびりした土曜日である。

っていったって,試験作らないといけないから
これから学校へ行く。

忙しいとか,忙しくないとか
教員の数を増やすとか,無駄だとか
いろんなことを言われるが,なにがほんとのところなのかは
実はよくわからない。

ヒマな先生も実在するし,その一方で過労死寸前の人もいる。

すずめの学校は今年,女性職員が不足し,
すずめも,そんな事情で学級担任に返り咲いた。
(すずめ個人の考えでは,母親より年上のおばちゃん教師なんて,子どもにはちっとも魅力ないだろうと思うが)
担任の仕事自体は楽しいし,張合いもあるが
朝7時半から,夜の10時過ぎまで,本務やら生徒指導やら雑務やらに追い回され,ぐったり口もききたくないぐらいに疲れて帰る日が続いて,家の中がスタバタになってくると,
これっていったい何?
と思いたくなってくる。

教員同士でよく話すのだが,
食べるものは,コンビニもあるし,今時,なんとでもなる。
掃除だって,埃で人間死ぬことはないし,どれだけ散らかっていたって,どうせ部屋に長い時間いるわけではない。
けれど,洗濯だけは,しなければ着るものがなくなるので,夜中になっても,洗濯機は回さないわけにいかない。

という理由で,家事の優先順位は1に洗濯,あとはなしってことになるというのが,同意事項なのである。

眉をひそめる人も,特に男の人には多いと思うが,
日本の社会は,外で働く男と,それを無償で支える女を前提に組み立てられている。
忙しい男の一人暮らしなら,よく似た状況になるのではないかと思うがどうだろうか。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:多忙 テスト
この記事へのコメント
私もそろそろ担任業はつらくなってきました。やはり体力的なことが問題ですね。もちろん、私は家でも給食当番なので、このところ、疲れがとれない状況です。今、運動会練習でふらふらです。
Posted by 無敵 at 2008年05月24日 17:28
教員に限らずどの職場も同じような悩みを持つ方は多いのでしょうね。
特に家事に追われることの多い女性ならなおさら。


>ヒマな先生も実在するし,その一方で過労死寸前の人もいる。

このよう現状を解決してほしいです。
頑張っている教員が報われていないのと
いい加減な教員が安穏としている現状を。
もう少し使えない教員には危機意識を持ってほしいものです。
(公務員に危機意識を持てといっても無駄でしょうか)
だから結局自分に甘いのですよ。
Posted by Psyche at 2008年05月24日 23:15
無敵さんでもきついですか?
やっぱり年なんでしょうか(確か同年代・・・)
でも,走りだしちゃったら,3月までは頑張るしかないですよね。

Psycheさんは塾の先生なので,
なおいろいろ感じるところがあるのかもしれません。
甘いと言われれば,身も蓋もないのですが,
今の教員は役者と営業,事務,時には整備とコーチ,全部一人でこなさなければいけません。
その全部が人並み以上,それを当然のこととして要求されています。
そこまで器用な人は少ないのではないかと。
もう少し,分業か割り振りをしない限り,破綻が来ているのではないかと思うのです。
Posted by すずめ at 2008年05月24日 23:54
塾講師というのは特に意識していません。
もちろん似たような業界なので
時折教科内容についての意見で思うところはありますが。

塾講師でなくとも自己保身しか持ち合わせておらぬ教員を見れば
きっと同じような認識をするものだと思っています。
子供を盾にし自己保身を第一に置く教員の多いこと多いこと。

私は何でもかんでも一人で抱え込めとは思いませんし
もちろん必要であれば人員の補充も認めます。

そういえば「イジメはしている人だけじゃなく、
見ているだけの人もイジメたようなもの」という言葉がありましたね。
これは毒された公教員に対する
まともな公教員の態度にも当てはまるのではないでしょうか。
私が知る限り、それを止めに入る教員は少ないのが残念です。

目の前に問題が積まれているのに
見て見ぬふりはできません。
Posted by Psyche at 2008年05月25日 02:58
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/97764961

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。