教室から見える家庭の様子

教室で子どもたちを見ていると,家での様子が見えてくるような時があります。ちょっと痛いお話ですが,でも,たぶん,あたっています。

私は朝,教室の机をそろえ,床を掃き,棚の整頓をします。
子どもたちが来る前に。
ゴミだらけの床や,まがった机や,乱れた棚に囲まれていては,心がざわざわすると思うからです。
今まで,「先生,私がやります」なんて,流石にそこまでの生徒はいませんでした。
でも,いろんな生徒がいます。

ある子はまったく頓着せず,寄せたごみの上を歩いていきます。

ある子はホウキを持ったままの私に,提出物などを突き出して渡します。私の都合なんて,全くお構いなしです。

ある子は私が通り過ぎる時,ちょっと道をあけて,ゴミをはきやすいようにします。

この行動パターンと,その子の性格というのが,あまり相関関係がない。
やんちゃな子でも,無造作にカバンをどけたりしますし,大人しい子が平気でごみの上に立ったりするのです。
そう思ってみていると,いろんなところに見えてくることがあります。

入口で必ずズックをそろえる子。彼は,戸を閉めるとき,必ずバンと音がしないように手を添えていました。(奴は自分のズックの底に接着剤を付けて,床から足が取れなくなって終礼に遅れたという逸話を持つのですが)

給食当番のとき,布きんをきちんとしぼって配膳台を拭く子と,こぼれたものも乾いたままの布きんで拭いて知らん顔の子。

雑巾を使ったあと,洗わずに,濡れたままの雑巾を乾いたきれいな雑巾の上に投げ込んでいく子。(終礼のとき,私に「使った雑巾が勝手にきれいになるわけないやろ」と怒鳴りつけられることになります)

みんな,家での生活の様子が垣間見えると思いませんか。
クラスの子どもたちの行動パターンが見えた後に,保護者懇談をすると,なんとなく感じることも変わってきてしまうのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
この記事へのコメント
以前にもちょっと書きましたが、家庭教育(親も含めての)の重要性をひしひしと感じています。
今の学校の先生にそれを期待する事は到底出来ないし、地域でも難しいですから。
でもこのままで良いわけもない。
Posted by ヤマノオッサン at 2008年05月13日 08:08
近くの学校ではPTA憲章なんてものを作ったところもあります。どこの学校も,親を巻き込まないと,もうにっちもさっちも行かなくなっているのですが
双方の理解はまだ不十分で,まだまだたいへんだと思っています。
Posted by すずめ at 2008年05月13日 21:48
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/96302628

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。