なんで?

私がいつも読んでいたブログの中に
「転落教師の独り言」って懲戒免職になったセンセのブログがあって
豪快で口の悪い,ワイルド派教師が冤罪に堕ちていく様子をずっと書き綴っていたのです。
目的は復讐って,小説なら「モンテ・クリスト伯」のようになったのかもしれませんが,まあお世辞にもスマートとは言えない人間臭いセンセで,見ちゃいられない危なっかしさに惹かれるところがあるんですけど,
そのブログがいきなりブログ村から消えちゃったんです。

前にも私のブログのことを取り上げてくれて,
でも,コメント寄せてくれるのではなく,ご自分のブログで
「背筋が寒くなる」とかコメントされて,どうしようって思ってたら,いきなり次の日に消えちゃったブログもあって
(私は削除要請なんかしてませんけど)

なんか,どんな理由かわからないけれど
いきなり消されちゃう,それって何よ?って思っちゃうわけです。

本人の削除要請ならいざ知らず,
いきなり誰かの「情報提供」で消されちゃうのだとしたら,
それって違う意味で怖くないですか?
本人には理由がちゃんと知らされているのでしょうか?
基準は何なんでしょうね。

じゃ,私のブログもいきなり消えちゃったりするのかしらん?って思うと
ちょっとおっかなくなってくるのでした。

飛鳥先生はもがきながら書き続けているようですけど
判官びいきか知りませんが
いっそう「がんばれ!」っていいたくなるすずめなのでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
この記事へのコメント
すずめ先生、こんにちは

素顔の飛鳥先生は、あの激しい語りをしている方とは思えない紳士でした。
そのハートは、純粋(ピュア)で、傷つきやすいものだと私は思いました。

数々の武勇伝と、激しい語りに、強靭な体と、決して折れることの無い屈強な心を持ち合わせていると考えている人も居ると思いますが、私はそんな人間なんて存在するはずが無いと考えています。

某掲示板では、実名や現在の勤務先、マイミク限定の日記が公表され、とんでもない誹謗中傷の嵐、更にはブログ村からの削除と、ブログが更新出来ないばかりか、精神的にも肉体的にも相当なダメージを受けております。

人間は決して一人では生きれません。
みんな支え合って生きているのに、どうして彼を寄って集ってイジメルのか、本当に悔しくてやりきれません。

オレもこの理不尽な奴らと、彼と共に戦います。
Posted by マンディー at 2008年04月13日 16:06
飛鳥さんは,某委員会を仮想敵として闘っているようですが,どうやらいたるところから,混乱に乗じた有象無象が調子に乗って飛鳥たたきを展開している様子で
よってたかって自分が正義のように弱い者いじめをしているようですね。
あまりにも醜いと思うのですが,このゴキブリのような(ゴキちゃんごめん)輩はどう処理したらいいのでしょう。限りなく湧いて出てくるような気がするのですが。
Posted by すずめ at 2008年04月13日 21:27
あまりの口の悪さに呆れるわ
自分から敵を作ってるようなものだ
Posted by 通りすがり at 2008年04月13日 22:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93157332

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。