ギャングエイジを抜け出さない子どもたち

小学校の3〜4年生あたりの子どもに言われる言葉,ギャングエイジ。
徒党を組んで,文字通り,よく動き,よく走る。
取っ組み合いも多いし,やんちゃもまく。
怖いもの知らずに偉そうな口をきいて,どこにでも突っかかっていく。
リトルギャングたちの群れである。

それが今,学ランを着たギャングが増えてきた。
やっていることが9歳児と変わらないのである。

まず,群れる。
廊下や階段の踊り場に,猫の集会状態で,うざうざに群れている。
女の子たちが通ると,冷やかしたり,悪口を言ったりするので,
おとなしい子たちは通るのを嫌がって,遠回りして避けたり,こっそり逃げたりする。

で,取っ組み合いをする。
学ランがかぎ裂きに破れたり,ズボンに摩擦で穴があいたりする。
何より,体も大きいので,ほんとにぶつかると,どちらかがケガをすることになる。力の加減ができないのだ。

一人だとおとなしい子も,群れると,一緒になって憎まれ口やら冷やかしやらをする。
人の揚げ足を取る,失敗を大げさに笑う,うわさ話をする。
9歳児ならかわいげもあるが,14歳児になると,流石にかわいさは減ってくる。

ガキンチョたちを前に,毎日説教である。

あんたたちね,学ランを着るってことは,もう取っ組み合いやケンカは卒業するってことなの。悪気はなくても,あんたたちの体は大きくて,力も強くなってるから,あたればケガする,ものが壊れる。
自分たちでじゃれてるつもりでも,その年で,町の中でやってごらんなさい。一発で警察が来て事情聴取になる。そういう自覚を持たなきゃだめ。


親も,都合のいいようにかわいがってきたものだから,
このときになって「ちょっとうちの子,幼いんですけど」と相談にくる。
お母さん,そのうち,いやだと言っても,子どもは大人になって行きます。ひとりで生きなきゃいけない時が来るんだから,お母さんが子離れすることですよ。ほっときなさい。

ピーターパン・シンドロームだかアダルトチルドレンだか知らないが
間違いなく周りの大人の責任である。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。