日の丸・君が代のコメント

日の丸・君が代のことを書いた記事に,コメントをいただきました。
(そのまた元になっているのがこの記事かな)

そろそろ卒業式も近付き,学校の中では君が代の登場する季節です。

もう戦後ではないんですよ。私はただの生徒ですけど、別に「天皇崇拝の歌」として歌ってないのです……。 でも、小学生の時、「君が代」という歌が、教科書の一番最後に、絶対載っているのに(小学一年生の頃からずっと!)、歌ったのは卒業式の練習の時が初めて。歌詞もリズムも全然わからないまま先生が、「はい、歌え」 この時初めて先生に対して「こいつ、ふざけてる」と本気で思いました。 けっこう児童に好かれていたし、自分も好きな先生でしたが、はじめて、その先生を悪く思いました。 だって、国歌ですよ!?国の歌ですよね!? 日本の、国として歌う歌ですよ!? な ん で き ち ん と 教 え て く れ な か っ た んだ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! 私は学びたかったのに!! 小学一年生の時からずっと!!!! 気になって気になって、ずっと楽しみだったのに!!!!!!!! 先生たちのことなんて知らないよ!!! 一般教養として、きちんと教えてよ!!!!! じゃないと、外国に行ったとき、「自分の国の歌も歌えない」って馬鹿にされるじゃないか!!!!!!! と思っていたのを思い出しました。 小学5年生に一般教養として、国歌を覚えていろというのは、さすがに無理がありますwwww先生www 第二次世界大戦ばかりが歴史ではありません。 もっと視野を広くしてください。 君が代は明治時代に、明治時代の人が一生懸命作ったのですよ。フェリトンという、ドイツ人の協力もありました。世界の国家を競う大会でも賞を取ったんですよ、この国歌は。それに元々は万葉集の読み人知らずの歌で、別に天皇を崇拝する歌ではないんですよ。そのころの天皇は奥さんのために野原に出て花を摘んでくるような素朴な人だっていますし、部下にだまされてしまった、17歳の天皇だっているような時代でした。 大きな岩が、川の流れに身をけずられ、石になる。そしてその石たちは小さくなり、そして集まり、重なり合い、長い年月を経て、再び大きな岩になる。そしてその岩につくみどりの苔。日本人の感覚を歌として、あれほど短く、適切かつ国民性をあらわし、西洋音楽に頼らずに(ほとんどの国の国歌は西洋音楽の真似しているだけ)歌い上げたものは、世界のどこを探してもたった一つしかありません。「君が代」を暗いという人は、日本古来の美学を理解していないのでしょう。今は西洋音楽が主流ですし。 しかし、この国歌はどこにも「戦争」「血」「民族」「兵士」の言葉のない穏やかな歌です。他の国の国歌はもっと過激ですよ。 それなのに、「戦争」という悲惨すぎる過ちのせいで「君が代」を貶すのは我慢がならないんです。 戦争を体験し、「君が代」という国歌に嫌なイメージがある人も多いでしょう。私の祖母も戦争という動乱の世に生まれた人です。でも、私はちがうし、あなた方もそうでしょう。私は「君主」である天皇を崇拝するためだけの愛国心、歌、というだけの見方で「君が代」を見ていません。そうする必要は、私たちにはないのです。なのに、なぜ、わざわざ嫌な方向に持って行こうとするのでしょうか。私にはわかりません。たしかに、戦争の所為で「君が代」が嫌な人はいるでしょう。しかし、今の、若い私たちまでが、「君が代」を嫌う必要はないと思うんです。 先生、困るのは私たちです。教えて下さい。あなた達に、選別する権利はありません。善悪は生徒が考えるものでしょう。私たちにきちんと教えて下さいよ。生徒には教わる権利はないのですか? これからは国際化社会です。自分の国の国歌くらい歌えない奴は確実に馬鹿だと思われる。生徒のことを考えるのならば、しっかりと教えて下さい。 「天皇崇拝の歌」ではなくて「あなたたちの平安を願う歌」として。 かなり生意気というか、幼稚な文面になってしまいました。読みづらくてすいません。 生徒達にとっては、先生というのは人間じゃないんです。聖職者なんです。「すごい人」でなければ、先生じゃないんです。先生に対して、絶望するのは、思っている以上に悲しいことなんです。 「強制する」というのは好ましくないことですが、「強制されたから、歌わない」というのもどうかと思いますし、「強制されないと、歌わない」のは掃除の時間の小学生男子レベルです。 最後にひとつ。学校は児童・生徒のための施設。教師は主人じゃない。 でも、「君が代」よりも生徒、じゃないんだね。 異常に長くなりました。ごめんなさい。

と,すっごい力作なんです。

ただね,読んでいただければ,わかると思うのですが
本編の中では,「教えています」と断言しているのですけどね。
教えてもらっていなかったら,それはそれで,別の問題なんです。
指導要領にはしっかり書かれています。しかも,小学校の1,2年生の間にきちんと教えておくように文科省は考えているようです。
中学校には当然,もうありません。


こんなにたくさんかいてくれてるのに
しかも,よくこれだけ調べましたって
こんなエネルギーがあったら,その時先生にかみついてみればよかったのにね。
「なんで教えてくれないんですか?」って聞いてみれば
その先生の答えもあったでしょうに。
今となっては取り戻せない過去の話ですよね。
まさか,今,中学生だなんて言わないでしょう?

最初から書きたいことがあって,ブログの内容など関係なかったかもしれません。
申し訳ないですが,小学校の状況はよくわからないところがあるので,お答にはなりませんね。

残念だと思います。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

タグ:君が代 国歌
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。