私のやってることは体罰になるのか

学校教育法により,体罰が禁止されていることは,誰もが知るところである。
生徒でもしっていることなので,小賢しいヤツになると
それを逆手にとって,やれ体罰だの先生の処分だなどとうるさいのが出てくる。
精神的苦痛ということなら,ガチャガチャうるさいそんな生徒や親の存在こそ
教師への体罰みたいなもんだなんて,思わず考えてしまうこともある。
かくいう私も,生徒の腕を掴んで,「体罰だ」と騒がれたことがある。
指一本すら,触れるときには気をつけなければならない学校はいくらでもある。

すずめはもしかしたら,学年では1,2を争う体罰教師かもしれない。
「だめですよ,忘れものしちゃ」
「油断しないで,授業聞きましょうね」
「掃除はサボってはいけません」
なんて優しく言っても,効果なんか0であることは明らかであるし
だいたい,こんなに何文字もしゃべっている時間ももったいない。
こんな,もともと大したことのない忘れ物なんかにこそ,
「先生,教科書忘れました」
ゴツン「隣に頼んで見せてもらってください」
ぐらいで済んでおくのが,あっさりしていいと私なんかは思うのだけれど。
もちろん,生徒と私の人間関係がきちんとできていることが前提であって,
初対面の生徒にできることではない。

だいたい,生徒だって,中2にもなれば,男の子ならほぼ全員が,
私より背も高くなり,力もずっと強くなっている。
私の「ゴツン」がほんとに耐えられなくて,私にやり返せば,
私なんかひとたまりもなくすっとんでしまうだろう。
今のところ,不満も文句も聞いていない。

ただし,ほんとの意味での体罰は,これはやっかいである,
だいたい,教師は神でも何でもないのだから
その教師の制裁で,本人たちの罪が償われるなんて,それはありえない
それに,体罰教師の存在は,実はほかに悪影響を及ぼしてくれる。
痛みや恐怖によって行動することを覚えた子どもは
痛みや恐怖によってしか動かなくなる。

つまり,その教師の言うことしか効かなくなってしまって
すずめのような非力な教師の言うことぐらいじゃ動かなくなるのである。
これでは,学校の中では生徒が教師に従うという,契約にもにた人間関係が構築できない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif  

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

この記事へのコメント
日教組も体罰教師も吐き気をもようすくらい嫌い。 根本的に学校特に公立の教師が嫌い。私立の超進学校や国立高専、一方で自由の森、和光系列は公立の馬鹿教師どもとはものが違うと思う。ただあんたのいうことはもっともだとおもう。
Posted by 通りすがり at 2013年02月04日 09:10
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。