日の丸・君が代のこと

先日,
「なぜ学校で日の丸・君が代をきちんと教えないのか。
この2つが軍国主義につながるなんてあまりに短絡的。
世界中で国歌を歌えない国民のいる国,国旗に敬意を示さない国民の国なんて,国としての誇りが問題。
教育を担う人達がそんな短絡的でいいのか?まず教えるべきである。良い・悪いは個々人が人生の中で考えることで,日教組が拒否するのは子供の知る権利を奪うことにならないか?」


という旨のご質問をいただきました。
質問者の方の学校の事情とか,この方の年代とかによって,多少差がありますので,正確な答えにはならないかもしれませんが,私見で答えさせて頂こうと思います。

まず,多分,君が代も日の丸も,学校で教えています。
君が代に関しては,小学校の学習指導要領にありますので,特に小学校の低学年で,「日のまる」の歌とともに教えられています。
ここにいらっしゃる方の何人かも当たり前に歌っていたといっていましたから,多分,今より日教組がうんと元気だった頃でもそうだったんです。
私自身も小学校のころに歌った憶えがあります。
もちろん,だからといって,毎時間歌っていたはずもなく,小学校はまだまだ幼いころですから,記憶に残っていなくても,その人を責めることはできないと思います。
ただし,中学校では,もう指導要領に君が代なんて記述はありませんから,他の題材を考えても,週1時間という時間的余裕を考えても,教えてはいないと思います。が,今度は,文科省が教えろと言ってない訳ですから,だから問題だ!とは言えないはずです。

組合の中で,「緑の山河」という歌がありまして,日教組は当初,これを君が代の代わりにどうかと提案したらしいのですが,
今は組合の定期大会の時なんかに歌っています。
これを音楽の時間に「これが国歌になるはずだったのよ」なんて教えている人が居たら,これは問題ですから,教育委員会にきちんと訴えるのがいいでしょう。

日の丸に関しては,これをまさか,「日本の旗は日の丸ではない」と教えていたら,これは問題です。けれど,おそらく100%の学校では日の丸を日本の旗と教えているはずです。

ただ,これも,アメリカの学校のように,星条旗がすべての教室にあり,朝は国歌を歌って始まるとかいうのを「教える」活動だととらえているのでしたら,それは確かに,教えていません。
これからも「教える」ことはないでしょう。
私たちは星条旗への忠誠を誓うことを以て,国民としての契約を交わしたような,アメリカ国民とは違います。

日教組の中でも,個人により,少しずつ見解は違いますし,私なんかはあまり抵抗のない方ですから,卒業式にも歌ったりしますが,
学校の行事なのに,校旗を使わず,国旗を掲げることに職務命令を出してくる管理職や,君が代を歌わなかった教師を処分したり,
君が代の時に起立しなかった生徒に指導することを強要する委員会に対して反発しているのであって,事実を否定しているのではありません。もし,本当に,日の丸を否定するように生徒に教え,君が代を歌わないように強制する教師がいたら,それは間違いなく偏向教育ですから,処分されて当然です。
教師はあくまでも事実として,指導要領にあることを,きちんと生徒に教えることを求められていますし,その通りに努力しています。

あれ?と思いましたね。今。そのとおりです。多くの人が,いろんな事実をゴチャゴチャにしています。
それは,対日教組の切り札の一つとして,「おまえら,非国民や」と大衆に言わしめる,日教組つぶしのプロパガンダです。
誰かが裏で糸を引いているか,またはその方がお金になると判断したかわかりませんが,マスコミが,味噌もクソもいっしょくたに報道した結果,国民の間には「日教組は日の丸も君が代も否定する極左集団で,そんなものに教育を任せたのでは日本の国は潰れる」という意識が見事なまでに広がってしまいました。

日の丸も,君が代も,間違いなく国旗であり,国歌です。法的に裏付けもあります。でも,その裏に隠された戦争の歴史をも,きちんと教えなくてはいけません。
この国旗を振って,どれだけ多くの人が大切な人を失い,この国旗の元にどれだけ多くの血が流されていったか。君が代の持つ意味は何なのか。天皇万歳とどれだけ多くの若者が,死ななくてもいい命を捧げていったか。最後は日本軍によって殺されたともいえる,多くの沖縄の人たちの涙には,今でも「日本から独立を!」と叫ぶ沖縄人がいることを。それを知った上で日の丸を振り,君が代を歌い,二度と戦争を繰り返さないと誓って欲しい。それでも歌いたくない人がいることもわかって欲しい。
栄光も,誇りも,その影にある涙と恥辱も,すべて知った上で日本人としての誇りを持つ事が,愛国心なんだと認識します。
汚い面を隠して,「ほら,日本ってこんな美しい国なんだよ」ということは,まやかしなんじゃないかと私は思うんですよ。

答えになったでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
この記事へのコメント
すずめさん、こんばんは。
私の記事へのトラックバック有り難うございました。私もトラックバックさせて下さい。
国旗・国歌については、私の記事にあるとおり、組合に加入する前に話を聞き、さらに独自に調べてきました。実は私は、法律を専攻していたこともあって、すずめさんの記事とはまた違った視点の内容になっていると思います。
今回の記事を読ませて頂いて、より一層思ったのは、気づかないうちに外堀を埋められてきた過程の中で、組合つぶしの巧妙さがあったということがよくわかりました。
私も日本の国旗は日の丸、国歌は君が代ということを否定する立場ではありませんが、学校教育の場で国旗掲揚、国歌斉唱を子どもたちに強制することは、憲法違反だと考えています。少なくとも君が代は、歌う、歌わないを選べる状況に無ければならないと思います。
Posted by ユウ at 2007年08月18日 00:22
根は深いし巧妙だし…
国旗国歌法制定のきっかけになった、
広島の世羅高校の校長の自殺の件なんか、
ある意味、怖いものがある。

広島の組合を潰すために、
文部省の若手官僚が広島県教育長に来て、
次々と“平和教育”を潰し、日の丸・君が代を強制していく。
世羅高校から卒業式に掲揚できるとの確約がとれず、
連日のように校長を呼び出し恫喝する…。
校長は逃げ回るように午前様を繰り返し、
卒業式目前に…。

その日の朝、教育委員会の連中が校長の家におしかけ、
校長は「ちょっと待っていてくれ…」と家をとび出し、
そして、自殺しました。

その後の報道はご存知の通りですが、
情報のでどこは教育委員会なので、一方の言い分だけで、
組合との板挟みで…となりました。
片方だけの力じゃ挟めないことぐらい当たり前なのに、
日教組が悪者で終わりました。

広島での民間校長の自殺も、
日教組のせいになっていますが、
鬱状態にあり助けを求めたのに、
委員会が手を打たなかったことが原因のようです。

そうそう、学習指導要領に日の丸君が代の強制をもりこんだのは、
高石某という文部省の事務次官で、
当時、そのことに抗議して学習指導要領の委員が何人か辞任しました。
その後、高石は自民党文教族の森元総理とともにリクルート事件で名を連ね、
なぜか自民党公認で福岡あたりから立候補していたような…?

時間の流れと、情報の繰り返しは、
真実を隠しますね。

本当の悪がどこにいるのか…。

そういうことより、眠気が気になるところが、
小市民たる所以ですね。 (^_^)
Posted by いちろう at 2007年08月18日 03:21
私見として日の丸・君が代を認める、認めないはさておき、
現実として、国旗・国家として法的に位置づけられている。
この事実をもとにどう教育するかだと思います。
ご指摘の通り、背景や問題点があれば、それに自ら気づかせ考えさせる・・
それが教育者としての責任だと思います。
そして、未来の主権者がどう行動するかですね・・
Posted by che at 2007年08月18日 16:56
cheさん,こんばんは
教師なら,多分同じように考えるのではないかと思います。
事実をきちんと伝え,裏も表も教えて,子どもに考えさせたい。
今,裏を教えようとすることに対しても,無言の圧力がかかり始めています。
負けちゃいけないと思います。
Posted by すずめ at 2007年08月18日 20:53
学徒出陣経験のある短大時代の先生から、「緑の山河」を国の歌に・・という話があったとは聞いていました。
敗戦後、君が代を歌う気分には、なれなかったとも・・・。

今度新しい学習指導要領がでるようですが、最初のものから読み比べていくと、戦後の教育の変遷が実によくわかります。

”歌いたがらなかった”戦争体験者が亡くなり少なくなるにつれて、教育へ支配が強まっているように、私には思えてなりません。

短大時代のその先生は80歳をすぎていますが、憲法9条を守ろうと活動をなさっています。
言論が自由である今だからこそ、悲しい歴史を繰り返さないために、できることを続けていきましょう!

すずめさーん、力をありがとう!
Posted by momotarou at 2007年08月18日 21:45
日の丸・君が代の話と,終戦,原爆,平和教育といろいろ頭がぐるぐるしていました。
ユウさんのブログはいつも整然と書かれていて,計画的に記事が更新されています。几帳面な社会の先生だなって,それだけでわかりますよね。責任感も正義感も人一倍の方なんだと思います。私はいつも,さて,今日は何を書こうかなってよっこらしょと座っていますので,もう少し計画的にならないと,いいものは書けませんね。
見習って頑張ります。
昨日,ウンウン唸らせてくれたのは,いちろうさんのコメントでした。ここから世羅高校のその後,法制定,と進み,ちょっと思いついた日韓併合のこととか調べだしたら,戻って来れなくなりました(笑)
その後のcheさん(この人も社会の先生のハズ)とmomotarouさんのコメントで,底の浅いすずめはバンザイです(汗)
また勉強します。
ここに来られる,教師かどうかは別にして,みなさんが,平和について深く考え,たくさんの知識を有しておられることにすずめは安心半分,感動半分です。
みんなが少しずつ平和を発信していけば,まだまだ子どもたちに残すものはあるのではないかと思いました。ありがとうございました。
Posted by すずめ at 2007年08月19日 09:00
スズメさん、こんにちは

国を持ち出すと、うさん臭い感じがして、警戒してしまいます。
国旗、国歌は、やはり個人はお国のためにあるというイメージを持ってしまいます。
お国より、為政者のためにというのが本当のところだろうと。
国旗、国歌に敬意というのは、国=国歌権力に平伏せよと解釈してしまいます。
個人があるからこそ、国家があると考えています。
国ということばより、社会のための方がよく理解できます。

君が代の君とは天皇を指すものとして、戦時中は天皇ために死んでいきました。
君が代の歌詞は単に家の繁栄を願うという解釈もありますが、明らかに天皇のためにという血塗られた経緯がある以上、主権在民の現代にとっては受け入れがたいと思っています。
最低でも、歌詞は改めるべきものと思います。
Posted by 愛てんぐ at 2007年08月19日 14:54
いつも私はこちらで刺激を受けています。
そして、ポチっと押しておきました!

私は「人気ブログランキング」から、こちらへきたのです。
ポチっとすることも、平和教育かな。
こちらがランクの上位にいれば、またいろんな意見も来るでしょうが、報道には出てこない情報を知らせることにつながりますよね。
今はネットの力も大事と思うのです。

平塚らいてうの言葉に、「生きるということは呼吸をするだけではない、行動することだ」(言葉遣いは少し違うかも)というのがあるそう。
肩肘張らずに、小さなポチっという行動から、はじめていきます。

でも、すずめさん、無理はなさらずにね!


Posted by momotarou at 2007年08月19日 16:47
愛てんぐさん,こんばんは
そうなんですね。君が代の問題はまさにそこにあるわけで,
抵抗のある人も多いはずなんです。特に戦争を生きた人にとっては。
その人たちがいなくなった時が怖いですね。抵抗勢力がなくなるわけですから,一気に「国のために」が息を吹き返してくるような気がします。
どこかのインターネット記事で,「靖国の霊」なんていい方をしていましたけど,ほんとゾンビみたいに起きあがってくるかもしれません。

momotarouさん,ありがとうございます
思いつくまま書いているので,
言葉足らずや,感情的になりすぎたりと,
なかなかうまく表現ができませんが,お付き合いくださって嬉しいです。
平塚らいてう,「元始,女性は太陽であった」の女性運動家ですね。そこまで激しくなくてもいいんですけど(汗)
小さいことでも,あきらめず,できることを,続けていくことで,何かが変わるかもしれません。これからもよろしくお願いいたします。
Posted by すずめ at 2007年08月19日 20:34
すずめさん、こんばんは

抵抗勢力と言う言葉に思わず、引っかかってしまいました。
抵抗勢力、小泉前首相が流行らした、巧妙なトリックのある言葉ですね。
実態は、自分も本来同じ仲間だったのに、自分を改革側に立ち回って線引きし、かつての仲間であった反対するものを含めて、そう呼びました。
抵抗勢力には、正しいことに反対するのは悪いやつだというような響きがあります。
民主主義では反対するものが間違っているとは言えません。賛成するものが正しいとは限りません。
だから反対意見はあっても、抵抗勢力という区分は存在しないと思っています。
Posted by 愛てんぐ at 2007年08月20日 19:31
愛てんぐさん,ありがとうございます。
そうでしたか。抵抗勢力って小泉さんの技だったのですか。知りませんでした。
確かに「抵抗勢力」には否定的な響きがありますね。いろいろ考えてしまうすずめです・・・
Posted by すずめ at 2007年08月20日 22:09
>その裏に隠された戦争の歴史をも,きちんと教えなくてはいけません。

その通りだと思います。

何故、戦争に突入してしまったのか?
日本だけが悪いことのように言われる方もいらっしゃいますが、そうではありませんよね。各国の隠されている事実もあります。法律で裁いたとはいい難い東京裁判をみるとそれが良くわかると思います。

戦後、70年経って、続々と当時の日本を含めた、各国の公文書が公開されています。歴史は、きっと100年経ってようやく本質がわかることもあるのだと思います。その結果としても、従軍慰安婦・南京大虐殺などは、中国共産党やコミンテルンのプロパガンダにすぎないことが証明されています。
 歴史は、勉強し続けなければ、間違った解釈をしてしまう恐れがある学問であると思いました。
Posted by at 2007年08月24日 21:17
もう戦後ではないんですよ。
私はただの生徒ですけど、
別に「天皇崇拝の歌」として歌ってないのですが……。
でも、小学生の時、「君が代」という歌が、教科書の一番最後に、絶対載っているのに(小学一年生の頃からずっと!)、歌ったのは卒業式の練習の時が初めて。歌詞もリズムも全然わからないまま先生が、「はい、歌え」
この時初めて先生に対して「こいつ、ふざけてる」と本気で思いました。
けっこう児童に好かれていたし、自分も好きな先生でしたが、はじめて、その先生を悪く思いました。
だって、国歌ですよ!?国の歌ですよね!?
日本の、国として歌う歌ですよ!?
な ん で き ち ん と 教 え て く れ な か っ た ん だ!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
私は学びたかったのに!!
小学一年生の時からずっと!!!!
気になって気になって、ずっと楽しみだったのに!!!!!!!!
先生たちのことなんて知らないよ!!!
一般教養として、きちんと教えてよ!!!!!
じゃないと、外国に行ったとき、「自分の国の歌も歌えない」って馬鹿にされるじゃないか!!!!!!!
と思っていたのを思い出しました。
小学5年生に一般教養として、国歌を覚えていろというのは、さすがに無理がありますwwww先生www

第二次世界大戦ばかりが歴史ではありません。
もっと視野を広くしてください。
君が代は明治時代に、明治時代の人が一生懸命作ったのですよ。フェリトンという、ドイツ人の協力もありました。世界の国家を競う大会でも賞を取ったんですよ、この国歌は。

それに元々は万葉集の読み人知らずの歌で、別に天皇を崇拝する歌ではないんですよ。そのころの天皇は奥さんのために野原に出て花を摘んでくるような素朴な人だっていますし、部下にだまされてしまった、17歳の天皇だっているような時代でした。

大きな岩が、川の流れに身をけずられ、石になる。そしてその石たちは小さくなり、そして集まり、重なり合い、長い年月を経て、再び大きな岩になる。そしてその岩につくみどりの苔。日本人の感覚を歌として、あれほど短く、適切かつ国民性をあらわし、西洋音楽に頼らずに(ほとんどの国の国歌は西洋音楽の真似しているだけ)歌い上げたものは、世界のどこを探してもたった一つしかありません。
「君が代」を暗いという人は、日本古来の美学を理解していないのでしょう。今は西洋音楽が主流ですし。
しかし、この国歌はどこにも「戦争」「血」「民族」「兵士」の言葉のない穏やかな歌です。他の国の国歌はもっと過激ですよ。

それなのに、「戦争」という悲惨すぎる過ちのせいで「君が代」を貶すのは我慢がならないんです。
戦争を体験し、「君が代」という国歌に嫌なイメージがある人も多いでしょう。私の祖母も戦争という動乱の世に生まれた人です。でも、私はちがうし、あなた方もそうでしょう。私は「君主」である天皇を崇拝するためだけの愛国心、歌、というだけの見方で「君が代」を見ていません。そうする必要は、私たちにはないのです。なのに、なぜ、わざわざ嫌な方向に持って行こうとするのでしょうか。私にはわかりません。たしかに、戦争の所為で「君が代」が嫌な人はいるでしょう。しかし、今の、若い私たちまでが、「君が代」を嫌う必要はないと思うんです。

先生、困るのは私たちです。教えて下さい。あなた達に、選別する権利はありません。善悪は生徒が考えるものでしょう。私たちにきちんと教えて下さいよ。生徒には教わる権利はないのですか?

これからは国際化社会です。自分の国の国歌くらい歌えない奴は確実に馬鹿だと思われる。生徒のことを考えるのならば、しっかりと教えて下さい。
「天皇崇拝の歌」ではなくて「あなたたちの平安を願う歌」として。

かなり生意気というか、幼稚な文面になってしまいました。読みづらくてすいません。
生徒達にとっては、先生というのは人間じゃないんです。聖職者なんです。「すごい人」でなければ、先生じゃないんです。先生に対して、絶望するのは、思っている以上に悲しいことなんです。
「強制する」というのは好ましくないことですが、「強制されたから、歌わない」というのもどうかと思いますし、「強制されないと、歌わない」のは掃除の時間の小学生男子レベルです。

最後にひとつ。学校は児童・生徒のための施設。教師は主人じゃない。

でも、「君が代」よりも生徒、じゃないんだね。


異常に長くなりました。ごめんなさい。
Posted by dqn at 2008年02月22日 01:54
「日教組」で検索してきた者です。
スルーしようとも思ったのですが、折角なので。

>その裏に隠された戦争の歴史
こういう思考をしている時点でダメなんですよ。
裏側と称し戦争に対する一方的な思想や史観を植え込んでいる事に気付いて下さい。

と言っても私もインターネットで情報収集するまで気付きませんでした。
戦後に育った人なら無理ないと思います。ですがこの「戦後」が重要なのです。

現在のひずんだ社会の原点でもあるのですから。

戦争とは何か。
教科書では絶対に教えてくれないこの意味を知ったとき、日本人は立ち直り、今の混沌とした社会を立て直せるものと考えます。

ヒントはここまでとします。
この先を踏み込んで調査するかどうかは貴女次第です。
Posted by 通りすがり at 2008年08月14日 12:25
平和を訴える日教組がなぜここまで君が代を否定するのか理解できません。

君が代、日の丸を「天皇崇拝」「軍国主義の象徴」と決め付ける日教組教員もいるのは事実ですしね
極めて短絡的かつ幼稚な考え方ではないのか

それと、日の丸、君が代に逆らったから免職されたのではなく
あくまでも職務を放棄したから免職されたのです。
Posted by あほ at 2009年03月31日 12:57
「あほ」さんは、
日本にミサイルを撃とうとする国の方ですか?
あなたの目指す国の姿って、
どう読んでも北○鮮なのですが?
Posted by うましか at 2009年04月04日 00:53
すみませんが、一応自分沖縄の人間ですが、日本から本気で独立したいって言う人間沖縄にほとんどいませんよ。
あれってそういう宣伝に協力すればお金がもらえるので、やってるだけで独立なんか考えてませんって。
もし独立考えてたら、日本復帰望まずアメリカに所属したほうがかなりメリットあったんですよ。
デメリットでしかない日本復帰をなぜしたかは、自分達は日本人だって意識があったからです。
一部の気が狂った人の言動を信じて、沖縄は日本から独立したいんだと信じるのはいかがなもんかともいます。
それに日本復帰直前、沖縄独立派とかほとんど無視されてました。
今でも大半の沖縄の人間には無視されてますよ。


Posted by らい at 2009年11月29日 13:11
日本兵に殺されたということですが、沖縄戦の悲惨な状況の一部は当時の沖縄県民の行動によるものだし、殺したのはアメリカですよ。
今生き残ってる人たちは本当に運が良かっただけで、噂や流言を信じずきちんと疎開指示に従っていたら、かなり生き残った人もいたでしょうね。
歴史を知れば知るほど、日本兵の人たちがうちら県民のことを考えてくれたんだとわかったとき、何も知らず非難したことが恥ずかしいとおもいました。
話の内容で気になったのは第2次世界大戦て、日本が起こした戦争ではないというのを知ってるんですか?
知っていたら、君が代云々の批判するのってかなり無意味だと思いますよ。

Posted by らい at 2009年11月29日 13:30
はじめてコメントさせていただきます。私が常日頃国歌国旗関連で日教組関連の人々が反対しているようですが全く聞く耳を持っていません。なぜならこの人たちは税金で給料をもらっておきながらどうせクビにはならないとたかをくくって国の方針に反対する蛇蝎のごとき人々だからです。国歌国旗反対は大いに結構であり信教の自由です。ただし国家に雇われの身であることを放棄してから主張してください。私は子供の通う中学校でPTA役員を務めていたとき万一入学式や卒業式で国歌斉唱時規律しない教師が居たら子供たちや保護者の前でつるし上げて会場から叩き出してやろうとてぐすね引いていたのですが幸運なことにそのような不届きな行為をする教師は居ませんでした。教師が国歌国旗を否定するのは自由ですよ。ただし思想も未熟な子供たちの前でそのような行為に出たときは承知しません。徹底的に糾弾して叩き出します。民間会社では社歌斉唱で立たなかったら即クビでしょうね。もう一度言います。国歌国旗に反対で式典妨害する教師は自分だけ安全な立場に居ながら反社会的行為を信教の自由と履き違えている人格不完全者です。こんな人間たちに税金で食い扶持を宛がっているのかと思うと夜も眠れません。
Posted by ぬけさく at 2010年03月17日 19:00
2007年の日記なんですね。
日教組の方の意見が見れてとても良かったです。戦争を体験された方で、日の丸に対する嫌悪感をお持ちの方がいらっしゃると言うのは、身近に居る戦争体験者からは聞いたことがない意見なので、にわかには信じがたいです。イメージとしては、現北朝鮮における総書記さんの写真のような位置づけだったというものだとすれば、理解出来なくはない話ですね。
さて、2007年から3年が経ちました。このブログを主様が管理されているか疑問ではありますが、よろしければ、反対者の意見を踏まえ、今のお考えをお聞かせ頂けると嬉しいです。日の丸に関して「反日教組対抗マニュアル」があるとさえ噂されていますが、実際のところはどうなんでしょうか。

最後に、私の意見を少々

「その裏に隠された戦争の歴史をも,きちんと教えなくてはいけません。」の件賛成です。ですが、その戦争の歴史とは具体的に何を指し、その内容の正否は、どのように確認がとれたものか気になっております。「日教組=戦争犯罪国日本の歴史」という印象操作がなされていますが、最近問題になりましたNHKの番組「JAPANデビュー」についてご存知でしょうか。『日本が台湾に対し「侵略」を行った。そのことは反省すべき。』という内容でしたが、「台湾の近代化を、大変な苦労の元、台湾の文化に細心の配慮をしつつ行ったことに、多くの国民が感謝している」という側面が報道されず、インタビューを受けた方でさえ、遺憾を伝えるという事態になっています。私はフィリピンとのハーフで、戦時中に祖父が殺されかけたという話を聞いていますが、日本が示した、有色人種が白人から独立出来るという可能性についての感謝も聞いています。
先の大戦を「日の丸に洗脳された日本人による蛮行」と一言で片付けてしまうことは、日本から恩を受け、感謝し続けている外国の方と、その為に尽力した先人への冒涜になると思っています。ハル・ノートの内容に触れていないため、何故開戦をしなければならなかったのかわからず、日清戦争で韓国が中国から独立できたことに触れないため、台湾と同様に、近代化を後押したはずの韓国における偽りの反日教育の姿に気づけないまま、先人が行ったとされる蛮行の理由もわからず謝り続ける日本人を育てることが、本当の平和につながるのでしょうか。

先生となり、己の思想を子供に植え付けることの重大さを自覚されているのなら、もっと歴史を自分で調べ、台湾で話を聞くくらいの覚悟と信念を持って欲しいと思います。そして、「あの時何故戦争をしたの?」と質問されたら、ひたすら謝るのではなく「日本が行った行為と、その理由、そして、過ちから起こった悲劇、その為に今の日本がどうして行くべきか」を語れる日本人を世に送り出して下さい。その為に日の丸を嫌悪する必要があるなら止めようもありませんが、その場合は、今でも日の丸に感謝する外国の方に対する理由が必要です。

って、少々ではありませんでしたね(^^;
Posted by ハーフ at 2010年04月19日 17:19
ブログ閲覧させていただきました。私は、国立工業高専1年のごく普通な学生です。最近、民主党が政権を握ってから、政治に興味を持つようになりました。そして、最近印象に残っているニュースがいくつかあり、そのひとつに北教組による「竹島は韓国領だ。」といった内容の教育を行っていたという出来事がありました。

日教組の皆さんが仰るとおり、皆様方は労働者なのかもしれません。しかし、ひとつだけ違うのは皆さん方教職員の方たちは、地方公務員であり、安定的な雇用を約束され、この国の未来を担う子供たちを教育する責務があるということです。

日章旗の掲揚・君が代の斉唱時の起立・不起立の選択の余地を子供たちに与えるべきとのご見解を持たれてられるようですが、私も確かにそのご意見に全く賛同しないわけではありません。しかし、まだそういった権利を有する子供たちとはいえ、まだ自分の言動に確かな責任を持つことのできない、失礼な言い方かもしれませんが、所詮「子供」なのです。

昔から日本には、先生や両親・ご先祖様を大切にする文化が深く根付いてきました。そのため、まだ純粋な子供たちにとって、貴女や日教組とその傘下の教組が行っておられる、「イデオロギー的な教育」は、子供たちに思想面での大きな影響を与え、公教育という枠組みの中で検討したときに、やはり不適切な行動としか言いようがないのではないでしょうか。いくら平和教育や人権教育をなされていても、そのような行動をされている限り、これは教職員による、価値観の押し付け・子供たちから自ら国歌・国旗・我が国について考える力や機会を奪っているようにしか考えられません。

また、むしろグローバル化する世界において、各国の文化・経済・人的交流がますます加速される社会において、自分の国に敬意を払うことがなぜいけないのでしょうか。自分の国に誇りを持ち、敬意を払うことができない人間が、外国に対して敬意を払い、存在を尊重することは果たして可能なのでしょうか?私はこの国歌国旗に関する、貴女や日教組の考えの一部に甚だ賛同しかねる部分があるのです。

また、テレビなどで一部報道されているとおり、あなた方日教組とその組合員の一部の方々は地方公務員法第36条に抵触する恐れのある、勤務時間中の選挙活動・政治資金のカンパ等を行っているそうですね。一般の国民はこのような報道に耳を疑っています。子供たちに法を遵守するよう指導するはずの立場のものがこのような不当な、もしくは不当と疑われる行動を起こしていることに、私は怒りを覚えています。どうか、私たちのような立場の者の意見もご理解いただけますよう、真にお願いいたします。

長文・乱文、大変失礼しました。
Posted by 未来の日本を担う若者のひとり at 2010年07月13日 20:52
輿石東のような議員を組織的に応援(しかも法律違反)し、政治を我が物にしようとする組織は絶対に許せない。生徒にはルールを守れと教える立場の人間が、自分の思想を優先して国家の法律を守らないのはおかしいことだと早く気付け。

日章旗を否定するのであれば、ワールドカップやオリンピックの会場へ行って、「日章旗を使うのをやめましょう!」と叫んでみろ。できないだろう?お前らの思想なんてそんなもんだ。自分の立場が危うくなる所では主張しないが、弱い者(子供たち)の前では途端に偉そうに主張する。

ご都合主義のイデオロギーは、学生運動と似たようなもの。一生貫くかと思えば、大学卒業と同時に普通のサラリーマンになって終わり。労働組合に入ってコソコソ左翼活動する程度だ。

左寄りの人間は昔から姑息な奴しかいない。卑怯なんだよやり方が。主義主張をしたかったら、正々堂々とやれ。子供たちを洗脳するような最低の手段は絶対に許せない。
Posted by 日教組だから悪い at 2010年08月27日 08:50
あぁ、戦争の責任を国歌国旗と天皇陛下におっかぶせて自分達の反日を正当化しただけですね
この程度の欺瞞ならやらない方がマシです
いずれ日教組は解体されますよ、国民がそれを望んでいますから
Posted by at 2010年12月24日 08:54
日教組系の 知識と訓練屋さんは
金銭と、アイデンティティと自信と正体性 て同じか、を搾取して、
知識と訓練を押し付ける商売の人だと言ふことがよく解りました。

日本を客観視し、
ちっちゃいノモス(國 仕切り)と、 東アジア といったやうなスパンのノモスに注意を払ふ方は、
子供の教育上 憲法21条2節で保障された権利、
日本国籍からの離脱の自由は行使した方がよいと思ひます。

どうも察するに、
「故郷はシナです。海外では 『I'm chinese』で通してます」
と言ってはおられるやうで、その辺は大変素晴らしゅうござゐますな。
Posted by とほりすがり at 2011年01月23日 12:29
ザック監督、故郷からの表彰に「君が代を歌えるように努力したい」
ザック監督 故郷からの表彰に「大変感謝」

日本代表のザッケローニ監督が出身地のチェゼナティコ市からアジア杯優勝の特別表彰を受けた。

異国での活躍が評価されたことに感激した同監督は「大変感謝している。
君が代を歌えるように努力したい」と日本代表への強い愛着もみせた。

 http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/02/06/jpeg/G20110206000193610_view.jpg
http://www.sponichi.co.jp/soccer/news/2011/02/06/jpeg/G20110206000193450_view.jpg

日教組つぶしのプロパガンダ

ブログ主みたいな教師が、こんなこと言ってるから、
バカなんだよ!
日教組って、糞すぎる!さっさと崩壊しろ!
Posted by ザッケロー二でさえ、君が代覚えるって言うのに at 2011年02月06日 17:32
ブログ主は、日教組脱退すればいいだろう。
Posted by ブログ主は、日教組脱退すればいいだろ at 2011年02月06日 17:34
「教えてよ!」って言ってる人に一言言いたくて。
自分も、小一の時焦りました。
移動式の黒板?に歌詞書いてあったけど遠くて読めないし。
ほとんど口パクで、周りに任せてました。

でも、知りたければお母さんお父さん、他にもいっぱい教えてくれる人はいますよね?
むしろ、それすらいないのに学校が教えてくれないから歌えないってホントに日本?

まあ、一人の意見として聞き流してください。
Posted by まろ at 2011年02月09日 18:12
国歌を学校行事で斉唱することが、強制だとは思えません。

これを強制だ、思想の押し付けだという教職員は気●だと思います。
Posted by 日教組壊し隊 at 2011年02月12日 08:30
反日左翼は日本から出てけ!


>この国旗を振って,どれだけ多くの人が大切な人を失い,この国旗の元にどれだけ多くの血が流されていったか。君が代の持つ意味は何なのか。天皇万歳とどれだけ多くの若者が,死ななくてもいい命を捧げていったか。最後は日本軍によって殺されたともいえる,多くの沖縄の人たちの涙には,今でも「日本から独立を!」と叫ぶ沖縄人がいることを。それを知った上で日の丸を振り,君が代を歌い,二度と戦争を繰り返さないと誓って欲しい。それでも歌いたくない人がいることもわかって欲しい。


国旗と君が代を無理矢理結びつけるな!
それなら、日本人を終戦後も殺し続けたロシアや拉致・漁船を沈めたりする朝鮮民族の国旗・国家をモスクワと平壌で批判してこい!
Posted by 名無し at 2011年02月16日 05:03
日教組=ひきょうぐみ
これが世間の常識です。
日の丸は国旗、君が代は国歌、当たり前のことがわからない人に教師をやる資格など無い。
専守防衛の自衛隊は批判しても、軍拡を続け周辺諸国に戦争を仕掛けている中国を一切批判しないは何故?
誰が見ても中国のスパイとしか見えません。
日本が嫌いなら日本から出て行きなさい。
Posted by at 2011年03月02日 11:36
土足、失礼致します。
本当は貴女の記事に対して反論をしようと思っていたのですが……コメントを見ているとそれ以上に思う事がありました。
記事を感情的に批判している方々はどういう思考の元、主さんを批判なさっているのでしょうか?
主さんが書いている事は普通に見れば当たり前の事では?
国家には様々なイデオロギー有り、その前提に人々は様々な思考を持ちます
君が代を嫌悪する方がいるのもむしろ必然ではないでしょうか?
そんな常識的な事を書くだけで主さんを中国のスパイだ、日教組は何だと情緒的に批判する方の気がしれません
これからは主さんへのコメとなるのですが(先人がおっしゃっている模様)君が代は戦時中だけの歌では無く、はるか昔より語り継がれてきた歌です
某動画サイトでは君が代に対して外国人さん達が『美しい歌だ、日本的な美を感じる』『この曲調が日本という国を表していると思うんだ』などと好意的なコメントを寄せています(まあ『悪の帝国マーチ』っていうのもありましたが)
君が代を単なる国歌としてではなく由来を教える必要もあると思います、同時に主さんの申されているような事も不可欠でしょうね
一方面からだけではなく多面から見るようにしていきたいものです
>>追伸『批判的なコメの方々へ』
コメント名のところにニックネームだけでも示すべきでは?
責任をもって発言をすべき

主さんへ、ブログリンクは受け付けていらっしゃるでしょうか?
もしよければ……
Posted by カノッチ at 2011年03月06日 00:35

緊急事態wwwww
http://p12h3gv.kxyasx.info/
あらゆる股間で大洪水wwwwwwこれはヤバいwwwwwwwwwwww
Posted by 欲求不満カイケツwww at 2011年03月18日 15:40
 拝読させていただきました。
 個人的な感想を言わせていただければ、胡散臭いということになるでしょうか。
 私は元教員で、私の同僚にはいわゆるステレオタイプな日教組の組合員が何人かおりました。毎年の入学式・卒業式直前の職員会議は、常に長時間揉め続けたのをよく覚えております。

 「日教組は日の丸も君が代も否定する極左集団で,そんなものに教育を任せたのでは日本の国は潰れる」という意見は、少なくとも部分的には(特に組合の上層部に関しては)全くの真実であることを知っています。
 貴女のように比較的穏健な思想を持つ組合員がいることを知らないではありませんが(というより、多くの組合員がそのようであるのが実態ではありますが)、貴女方が組合上層部の意見を正そうとしないのであれば、結局は同類と看做されざるを得ないのではありませんか?

 日の丸・君が代の背後には血塗られた歴史がある、というのは日教組サイドの定型文としてよく見るものです。では、先進諸国の国旗の中で、血塗られていない旗はあるのでしょうか? そして彼らはその歴史を子供たちに教えているでしょうか?
 例えば、フランス人に「君らの国旗や国歌は、血みどろの革命や植民地で虐げられた有色人種の血と涙が染み込んでいるのだから、もっと素晴らしいものに変えたらどうか」などと言ったらどんな反応を示すでしょうか? アメリカ人は? イギリス人はどうするでしょうか?
 国が犯した罪は旗や歌のものではなく、それらを掲げて国民を欺いた為政者たちのものです。その区別がつかない者が、旗や歌に罪を着せようとするのです。無知、無分別の輩としか評しようがありません。

 歴史に対する批判などという視点は、少なくともある程度自我が固まり、論理的な思考ができるようになってから教えるべきものだと愚考します。初等・中等教育においては、この国がいかに愛すべき美しい国であるか伝え、国家という名の共同体に対する帰属意識を涵養すべきです。昨今の公共心の希薄さ、モラル崩壊の責任の一端は、日教組による反国家的・自虐的教育にあると確信しています。

 また、国旗掲揚、国歌斉唱の際、生徒たちに規律を強制することを問題視している由、信じられないとしか言いようがありません。貴女は生徒の指導に強制を伴わないと本気で考えておられるのでしょうか?
 例えば、授業を始めるとき、貴女は生徒に挨拶をするよう指導しないのでしょうか?私が勤務していた学校では、座学の開始時と終了時には、必ず生徒に立礼をさせたものですが、貴女の学校では違うのですか?
 私生徒が一人でも欠礼したら、その場でやり直しを命じましたし、全員がそろって礼をするまで何回でも続けさせました。徹底的に強制したのです。別に腹の中でどう思っているかまでは関与しません。ただ、礼儀としてそういう習慣づけをすることが教育の一環だったからです。
 ここで誤解していただきたくないのは、あくまで強制しているのは「礼儀作法」という行動であって「教師に対する尊敬」という信条・思想ではないということです。

 さて、国旗・国家に対する国際的習慣についてはここで申し上げるまでもないと思います。私としては、単に生徒に国旗・国歌に対する礼を指導するだけでなく、それがどういう意味合いのものであり、国際的な儀礼習慣であることまできちんと指導してあげるべきだと考えております。海外に出た際、国旗に対する礼を取らなかった(知らなかった)ために、国旗侮辱罪で投獄されかけたという旅行者の話も耳にしたことがございます。貴女の愛すべき子供たちがそのような目に合わないためにも、国旗国歌に対する礼をしっかりと教えることは大切ではないでしょうか。

 以上、ご一考いただきたく存じます。
Posted by HAL at 2011年05月26日 23:54
中学校には国旗国歌について記述が無いとしていますが、確かに音楽のところにはないかもしれませんが、社会の項目には国旗国歌について触れていたと思うのですが、私の勘違いでしょうか。
Posted by at 2011年05月28日 14:00
はじめまして。
色んな意見があるようですね・・・。

すずめさんがおっしゃるように国歌・国旗というものは確かに存在し、それは国際間でも認められており、一般的に国歌は起立して斉唱、国旗は掲揚されるのがまずは一般常識としてあると思います。(これが実は異なるのであればご指摘ください。)

歴史的解釈や思想はもちろん色々な解釈があるでしょうが、学校の授業で(少なくとも義務教育期間の中で)この解釈が定まらないことに関して教えるべきではないと思います。

上記を元に考えると国歌や国旗に関する一般的な行動とその内容だけを教え、国歌の解釈やその歴史的背景は小学校や中学校で教えるものではなく、各家庭や高等教育以降で学ぶものだと思います。事実私もそうでしたし、上記にいろんな意見を記載されている方もおそらくそうだと思います。
特にあいまいな部分は各個人で判断すべきであり、事実でない可能性のあるもの(一般的に)は公共の教育の場では教えるべきではないと考えます。

人間はどんなに注意しても自分の思想を優先してしまいますし、思い入れもあります。公共の場の教育者の方々はそのあたりにも気を遣っていただきたいものです。

例えば、南京大虐殺や従軍慰安婦に関しては上記コメントで反論している方もいらっしゃいます。

事実の程度は私も知りませんが色んな知識をつければ、戦争が起こった際に略奪や非人道的な行為が少なからず発生することは誰にだって容易に想像がつくようになります。公共だけでなく家庭でも教育では思想うんぬんより、各自で的確な判断ができるように教育して欲しいものです。(私も心がけます。)
Posted by aso at 2011年06月06日 22:50
「日教組つぶしのプロバガンダ」に笑いました。うそばっかり。
関連のスレには、歌うなと強制された生徒がいくらでも出てくるし、事実愛知県の私の子どもの中学では3つの小学校からの生徒が来ていましたが、我が子の出身小学校以外の小学校出の子たちは、君が代知らないんだよ〜と子どもが驚いていましたよ。音楽の教科書の君が代のページにプリント貼らせるんですってね。
ここは日教組ではなく多分全教ですが・・。
子どもは今22才。まだそんなに昔の話ではないんですよ。
Posted by 紫猫 at 2011年06月07日 13:10
思想の自由を訴える人間が、他人、況や多感な時期のティーンに自分の固定観念を押し付けようってんだから、たまったもんじゃない。

もう少し、歴史を勉強すること。
多角的なものの見方をすること。

そんなことも出来ないような人間の集まりが、裁判だのなんだのギャーギャー騒ぐから、法制化するしかなくなるんだよ。
自分で自分の首を絞めてることを認識した方がいい。
Posted by 医学部医学科4年 at 2011年06月07日 14:09
思考停止丸出しの浅い歴史観語っちゃってるけど、今までどれくらいの書物読んできたの?
おたくら日教組の主張って、そこらのカルト宗教と同じで、偏り過ぎた思想が多過ぎて、未来を向くべき子供たちを預かるには不適合だよ。
いつまで過去の歴史の罪の意識を現代の子供達に負わせれば気が済むの?
教え子達に罪があるの?無いでしよ?可哀想だとか気の毒だとか感じた事は無いの?未来を預かる教師として。
無いなら教師どころか日本人辞めて欲しいんですけど。
それとこのブログってアフィリやってるみたいだけど、公務員だったら問題なんじゃないの?
それこそ法律違反じゃないの?偉そうに憲法とか語ってんじゃねーよ。
Posted by 日教組嫌い at 2011年08月27日 06:26
君が代を何でいつも戦争を結び付けようとするの?緑の山河なんて冗談じゃないよ。日教組には右翼がいないから信用を得られないんだよ。違う立場の人もを抱擁するだけの組織ならまた違って見られるんじゃないの。まー公務員なんだから税金で生活してるのに日本は過去に悪いことばかりしてたと生徒を教育ばかりしてたらそりゃ駄目だよ。日本の戦争で救われた人もいたんじゃない?両方おしえなきゃ。あと教師でなくて一運動家としてそういうことを主張するなら耳は傾けるが。。指導要綱によればとか、、なんて対立を避けているだけでどうも卑怯な気もするな。自分の主張をさらけ出してないだけじゃん。やっぱり日本人も国と国民の契約をするべきだな。
Posted by 日教組はやはり好きになれない at 2011年09月12日 14:53
日教組に属する教師達は個人々々には偏った思想はないかも知れない。
がしかし、反意があっても組合上層部には逆らえる勇気行動力はない。
対外的に組織を巨大に見せかける為のパーツである。これはスイミーやヤクザの手法と同一である。
はっきり言って政治的に利用されているのですよ。
ただ当の組合員達はその部分に目を伏せていれば守られる事をよく知っている。
Posted by 天才 at 2011年09月17日 23:04
長文になる事をお許しください。
上の方々のコメントにもありますが、「日教組つぶしのプロパガンダ」という言葉には、私も納得できません。
私が入学した小学校(田舎の小さな学校でした)は、入学式や卒業式等、式典の時だけでなく、運動会や学芸会等、学校行事の際には必ず国旗掲揚と国歌斉唱をしておりましたし、小さな町でしたが、各小学校からの代表者が集まる陸上競技大会等の各種大会でも開会式には必ず国歌斉唱をしておりました。
また、音楽の授業の際にも頻繁に君が代を歌っておりましたし、それが強制的なものではなく、ごくごく普通の事でもありました。
どのくらい普通かと言うと、音楽の教科書をひまつぶしにパラパラとめくっていて、たまたま君が代のページが目に入った子(最終ページなので目に入りやすいのもありますが…)が「先生、これ歌いた〜い」と言い出しみんなで歌う、というような事がちょくちょくあるくらい日常的な事でした。
それほど頻繁に君が代を歌っていても、その小学校では「君が代の「君」は天皇である」などという事は教わりませんでしたし、私もそのように感じた事は一度もありません。
私は自然と、自分の大切な人(当時は家族や友達)の事を思いながら、あるいは、式典を迎えられた事に対する感謝やその場にいる人々のこれからの無事を祈るような気持ちで、君が代を歌うようになりました。
(その当時は明確にはわかりませんでしたが、大人になって改めて思い返すとこのような気持ちでした。)
高学年になり、父の転勤で否応なしに転校しましたが、転校先の小学校では(こちらも同じような小さな町でしたが)、授業中や学校行事はもちろんのこと、入学式や卒業式等の式典でさえも、国旗掲揚、国歌斉唱は一切ありませんでしたし、その小学校を卒業し同じ町の中学校に入学してもそれは同じでした。
君が代について、その町の教師達のほとんどは「これは戦争を引き起こした天皇崇拝の歌であるので、歌う必要はない」と子供達に公言して憚りませんでした。
そのような教育が蔓延っていたせいかどうかわかりませんが、その町は、揚げ足の取り合いや足の引っ張り合い、陰口の言い合いが多い人間関係で、子供といえどもそのような中に身を置きながらの生活でしたので、途中から入ったよそ者の私などはとても辛かったのを覚えていますし、転勤慣れしている父も母も、職場で、近所で、とても苦労した町だったと言っております。
大人になってから知りましたが、転校先の町は、日教組のとても強い町だったそうです。
前の町では、同じような田舎でしたが、転校生には興味津々でも、のけ者にするというような風潮はなかったので、教育が子供、社会、国に与える影響は計り知れないものがあると改めて実感しています。
(ちなみに、私は30代後半ですので、色々な意味で、この二つの町が現在も同じかどうかはわかりません。)
その後もいくつかの土地を経験しましたが、国旗掲揚・国歌斉唱をあのように拒否している教育現場は、私の中では、後にも先にもあの町だけです。
これ以外にもまだまだありますが、以上のような事だけでも、歪んだ理念の基に存在する日教組は、日本に不要な組織だと考えます。

つい最近、君が代は万葉集の歌の一節からできたという事を、本を読んで知りました(上の方々のコメントにもありますが)。
その歌は、自分の親しい人を思い歌ったものである、と。
それは、小さな私が教えられずとも感じるようになった気持ちでもあると思います。
そのような気持ちの積み重ねがあれば、わざわざ「命は大切にしましょう」等と教えられる必要もなく、自然にわかるものですし、わからない事が恥ずかしくなるでしょう。

日教組教育の蔓延る町しか知らない子供達が日本にはたくさんいます。
私は、幸運な小学校低学年時代を経験する事ができましたが、その経験がなかったらどんな大人になっていたのか恐ろしくなります(今でも未熟者この上ないので)。
本当にこの国の未来を背負う子供達を大切に思うなら、もっと真剣に考えていただきたいです。
日本に住んでいながら、この国の恩恵を受けていながら、「国旗」や「国歌」という単体で考えるのは間違っていますし、なぜ法整備が必要になったのか、その背景には何があるのか、きちんとご自分でお考えください。
あなたには、教職者になったという責任があります。

以上、乱文をお読みいただきありがとうございます。
Posted by 日教組教師を経験済みです at 2011年09月22日 16:44
私は君が代や国旗についての問題はありませんでしたが、日教組教師による偏向歴史をたっぷりと教えられて来た者です。「日本はアジアの国々を侵略した!」「日本軍は片っ端から人々を殺し非道な行いをアジアでした」という様な事を教え込まれてきました。今、私は東南アジアの某国に20年来住んでおりますが、住みだした当初、インド人青年との話の中で、「日本軍はビルマを抜け、インドまでを侵略しようとしていた。その事について申し訳なく思う」というとその青年は驚いて、「君の史観は少しおかしい。アジアでは西洋の列強が植民地支配し、搾取を続けていたわけだが、同じアジア人の日本人が支配者である白人と戦い、彼らを駆逐しているのを見て自分たちにも出来るかもしれない、と思ったのだ。その後は君の知る通りだ」と。同様の事はインドネシアでも、マレーシアでも、タイでも、ベトナムでも聞きました。特にベトナムでは敗戦後残留した日本兵が、戻ってきたフランスに対して、ベトミンと一緒に戦い、その後、フランスをベトナムから追い出した、と。元ベトミンのお爺さんが言った事は「俺はお前のお爺さんと一緒に戦ったのだ」でした。これがアジアでの現実であり、私が教え込まれたような荒唐無稽な認識を持っている人間はいませんでした。今私はこういった教育を行った日教組の教師に対して非常に憤りを持っています。もちろん日教組としてのスタンスではなく、教師個人のイデオロギーであったかもしれませんが、こういった嘘を平気で子供たちに教え、今なお自虐史観に浸り続けているような教師は万死に値すると思っています。
Posted by Namchai at 2011年10月12日 12:06
馬鹿かと。
教師なんて仕事をやってるくせに歴史もまともに知らないのか。まさに偏向教育の賜物ですね。

私達が今こうやって、欧米諸国とほぼ対等に渡り合えてるのは誰が何をしてくれたお陰か。自明も自明、考えてみれば分かるでしょうに。
彼らが戦ってくれたから、彼らが血を流してくれたからでしょうよ。
だからこそ、私達は馬鹿達がよく言う『無駄な犠牲』とやらも踏まえた上で、日本に誇りを持たねばならない。彼らの守ってくれた日本に誇りを持つべきだと思う。


ほんと、左翼の馬鹿共は、日本の為に命を賭してくれた方々を馬鹿にしているとしか思えない。
Posted by at 2011年10月19日 00:55
日教組も犠牲者だなと。拝見していて思いました。

60年安保、学生闘争から既に、既に中ソ共産党のロビィ活動だった訳ですよね。
アメリカと日本の距離を離して孤立させようという。だから日本には犯罪国家で居続けて欲しかった。

全てを変えたのは、尖閣諸島問題の、海上保安員によるYouTube内部告発事件からだと思います。
あなた方日教組が崇める中国や韓国が、尖閣や竹島でどのような事をしているか。

真実を知れば、当然、とてもマトモにお付き合い出来る国ではない事が誰にだって分かる。
ロシアがグルジアで行った事。韓国がベトナムで行った事。中国がチベットに対して行った事。総合的に判断すれば、彼らの「戦犯国家」への謝罪要求の言い分が如何に的外れなものであるかは明白です。

あなた方の主張は負けたのです。歴史的事実の前に。

日の丸、君が代に罪業を擦り付ける事で、日本の自虐史観を暗示し、無垢な子供たちに刷り込める時代は終わりを告げた。

真実に目を閉ざした無為な集会をやめ、政治的画策をやめて、真に日本の子供達に益する教育を施して頂きたい。
日教組の常識は、最早国民の非常識なのです。
Posted by 或る意味 at 2012年03月08日 17:27
アホな日教組の朝鮮人どもはさっさと祖国に帰ってください。
Posted by 日本人 at 2012年06月10日 19:29
ちょくちょく読ませていただいております。


>>この国旗を振って,どれだけ多くの人が大切な人を失い,この国旗の元にどれだけ多くの血が流されていったか。君が代の持つ意味は何なのか。天皇万歳とどれだけ多くの若者が,死ななくてもいい命を捧げていったか。最後は日本軍によって殺されたともいえる,多くの沖縄の人たちの涙には,今でも「日本から独立を!」と叫ぶ沖縄人がいることを。それを知った上で日の丸を振り,君が代を歌い,二度と戦争を繰り返さないと誓って欲しい。それでも歌いたくない人がいることもわかって欲しい。
栄光も,誇りも,その影にある涙と恥辱も,すべて知った上で日本人としての誇りを持つ事が,愛国心なんだと認識します。
汚い面を隠して,「ほら,日本ってこんな美しい国なんだよ」ということは,まやかしなんじゃないかと私は思うんですよ。

上記の部分をもっと明確に説明していただけますか。
Posted by at 2013年01月06日 02:17
pdf(*^ヮ゚)σ(http://99hagelo.net46.net/up/img/low1228.zip)

君が代すわろうず活動報告φ( ̄▽ ̄)b

「君が代すわろうず」の活動してきたでぇ∠(・ω・)ピッ

第85回記念選抜高等学校野球大会
於:阪神甲子園球場
2013年3月22日 開会式 [52段21]の席 v( ̄▽ ̄)v

チェックチェックゥ♪ヽ(´ー`)ノ

君も「君が代すわろうず」に入らへんか?(笑) o(^▽^)○

それと・・・
日の丸の不掲揚や君が代の不起立と不斉唱を貫いとる愛国者の諸君!
おきばんなはれo(^-^)o

あと、
コラ!ヤハウェ!!誰がお前に口を開いていいと言った!!!ボケエ
m9(^Д^)ノ彡プギャーーーッハハハハハハハ♪

「君が代すわろうず」活動停止条件
日の丸の掲揚および君が代の起立斉唱を義務づける全ての法令および行政規則の廃止。

次回活動予定ρ( ̄▽ ̄)b
2013年4月3日 閉会式 v( ̄▽ ̄)v

以上
Posted by 春九千 at 2013年03月22日 22:31
pdf(*^ヮ゚)σ(http://www.age2.tv/rd05/src/up6634.zip.html)
君が代すわろうず活動報告φ( ̄▽ ̄)b

「君が代すわろうず」の活動してきたでぇ∠(・ω・)ピッ

第85回記念選抜高等学校野球大会
於:阪神甲子園球場
2013年4月3日 閉会式 [52段21]の席 v( ̄▽ ̄)v

チェックチェックゥ♪ヽ(´ー`)ノ

君も「君が代すわろうず」に入らへんか?(笑) o(^▽^)○

それと・・・
日の丸の不掲揚や君が代の不起立と不斉唱を貫いとる愛国者の諸君!
英霊のみなはんは諸君等を見守ってまっせぇ♪
おきばんなはれo(^-^)o

あとついでに・・・
コラ!ヤハウェ!!誰がお前に口を開いていいと言った!!!ボケエ
m9(^Д^)ノ彡プギャーーーッハハハハハハハ♪

「君が代すわろうず」活動停止条件
日の丸の掲揚および君が代の起立斉唱を義務づける全ての法令および行政規則の廃止。

以上 φ( ̄▽ ̄)b
Posted by 春九千 at 2013年04月03日 23:29
pdf(*^ヮ゚)σ(http://www.age2.tv/rd05/src/up6634.zip.html)
(גרסה עברית)φ( ̄▽ ̄)b ה קמגיו סורוז דוח פעילות

∠(・ω・) pi! ."השתתפתי בפעילות של "ה קמגיו סורוז

אליפות הלאומית 85 תיכון בייסבול
ב: הנשנ קושין אצטדיון
V (¯ ▽ ¯) v [52段21] הסיום טכס מושב מספר 3 אפריל 2013

ヽ(´ー`)ノ♪〜בדוק! בדוק

o(^▽^)○ (חיוך) ?"זורוס ויגמק ה" תצטרף לא

...ו
יקר מדי פטריוט המחזיקים בחברה שלא להניף רמונה, ולא לעמוד לעם לא לשיר וליגמק!
הרוחות של מתינו גיבורים תברכנה אותך!

!לדבוק בה

...דרך אגב
מטומטם !!!סתום את הפה שלך !!יהוה !היי
♪הההההגפ m9(^Д^)ノ彡

התנאי להפסקת פעילות של "ה קמגיו סורוז"
ביטול החוקים והתקנות מנהליות שחייבים במנוף של רמונה, ומעמדו בשירה לקמגיו.

φ( ̄▽ ̄)b זה הכל נגמר.
Posted by ןיטו'ג ןו'צ at 2013年04月03日 23:53
pdf(*^ヮ゚)σ(http://www.age2.tv/rd05/src/up6634.zip.html)
(ייִדיש אַדישאַן)φ( ̄▽ ̄)b דער קימיגייַאָ סווואַראָוס טעטיקייט באַריכט

∠(・ω・) pi! איך אנטייל אין דער טעטיקייט פון "דער קימיגייַאָ סווואַראָוס".

85 נאַציאָנאַלער הויך שולע בייסבאָל טשאַמפּיאָנשיפ
אין:הנשנ קושין סטאַדיום
V (¯ ▽ ¯) V [52段21] רעמונ ןצעזקעוואַ עינאָמערעצ גניזואָלק יד 3 אַפּריל 2013

ヽ(´ー`)ノ♪〜קוק! טשעק

o(^▽^)○(שמייכלען) ?"סואָראַוווס אָייַגימיק רעד" ןדניבראַפ ריא טינ יצ

און ...
!ליב יעדער פאטריאטן וואס האַלטן פעסט נישט צו כויסט הינאָמאַרו, און ניט צו שטיין פֿאַר מיט נישט צו זינגען צו קימיגייַאָ
אונדזער גייסטער פון די העלדיש טויט בענטשן איר!

o(^-^)o!צוקלעפּן צו אים

...אין גייט פארביי
שטום !!!פאַרמאַכן דיין מויל !!יאַווע !היי
♪הההההגפ m9(^Д^)ノ彡

די צושטאַנד פֿאַר די פּויזע פון טעטיקייט פון "דער קימיגייַאָ סווואַראָוס"
די אַבאָליטיאָן פון געזעצן און אַדמיניסטראַטיווע רעגיאַליישאַנז וואָס לייאַבאַל פֿאַר די כויסט פון הינאָמאַרו, און דער שטיין מיט די געזאַנג פֿאַר קימיגייַאָ.

φ( ̄▽ ̄)b אַז ס אַלע איבער.
Posted by ןיטו'ג ןו'צ at 2013年04月04日 00:09
pdf(*^ヮ゚)σ(http://www.age2.tv/rd05/src/up6634.zip.html)
THE KIMIGAYO SUWAROUS ACTIVITY REPORT φ( ̄▽ ̄)b (English Version)

I participated in the activity of "THE KIMIGAYO SUWAROUS". ∠(・ω・) pi!

The 85th National High School Baseball Invitational Tournament
in HANSHIN KOSHIEN STADIUM
April 3, 2013 The closing ceremony seat number [52段21] v( ̄▽ ̄)v

Check! Check〜♪ヽ(´ー`)ノ

Don't you join "THE KIMIGAYO SUWAROUS"?(smile) o(^▽^)○

And...
Dear every patriots who hold firm not to hoist HINOMARU, and not to stand for with not to sing to KIMIGAYO!
Our Spirits of the heroic dead bless you!

Stick to it!

In passing...
Hey! Yahweh!! Shut your mouth!!! Dumb
m9(^Д^)ノ彡PuGyahahahahahaha♪

The condition for the pause of activity of "THE KIMIGAYO SUWAROUS"
The Abolition of laws and administrative regulations which liable for the hoist of HINOMARU, and the standing with the singing for KIMIGAYO.

That's all. φ( ̄▽ ̄)b
Posted by Chun Jiuqien at 2013年04月04日 00:17
何言ってんだキチガイババアめ
Posted by at 2013年10月05日 17:03
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/51750854

この記事へのトラックバック

入学式と卒業式の葛藤!?
Excerpt:            m(_ _)m 今回の記事は、「ORな日々」史上、最長な文章となりました。すみませんが、最後まで読んで頂けるとありがたいです。できるだけ中立に書くつもりでしたが、たぶんに私の意見..
Weblog: ORな日々
Tracked: 2007-08-18 00:13

君が代問題って微妙・・・・
Excerpt: 君が代はねぇ。 東京の石原さんが躍起になりすぎているような気もするのですが, 国旗と国歌に対して敬意を払う云々と 押しつけ,強制に対して云々は違うように思いますし, 裁判でも,そのように判決が下されて..
Weblog: 現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!!
Tracked: 2007-08-18 00:16

『君が代』歌えと命じられ、通院が必要になった?
Excerpt: 1: 東京都教育委員会の「日の丸・君が代」強制に従わなかったことを理由に懲戒処分された都立学校の教職員66人の処分取り消しを求めた訴訟の口頭弁論が3日、東京地裁(青野洋士裁判長)であり、教師、原告側弁..
Weblog: 2ちゃんねるコメントNEWS
Tracked: 2011-02-04 21:32
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。