組合つぶしの意味は

この前からマスコミの日教組攻撃がひどいです。
現在の日教組は組織率も30%そこそこ。
勢力としては大きいですが,目の敵にしなければいけないものでもないように思います。
いじめの体質は日教組が道徳教育を怠っているから。
学力低下は日教組が真面目に教えていないから。
日教組が教師の権威を奪い,こんな乱れた世の中にした。
。。。。。などなど

まあ,確かに日教組の中にも,首をかしげたくなる人たちもいて,聞いてるだけで疲れてきちゃうこともあるのですけど,
どんな集団にも鷹もいれば,鳩もいるわけで,

こと,今の状況だけをとってみれば,いいようにマスコミに利用されているような気がしてならないわけです。

評論家たちに言わせれば,最近訳のわからない親が増えて,自分の子どもだけしか目に入らなくなってしまったのも,日教組の教師たちがかつて,その親たちを,そんな風に育てたからであって,やはり日教組の罪なのだそうです。

でもねぇ,そうやって,教師バッシングで,真面目な教師を壊していることは?
都合のいいように事実をねじ曲げてまで,マスコミが教師をたたくのは,その方が視聴率も購読率も上がるからではないのでしょうか。
政府が公務員,教員バッシングをやるのは,もう,スケープゴートでどこかに国民の怒りの矛先を向けておかないと,国民のエネルギーをかわしきれないのではないかなと思っています。

やめさせて欲しい教師も確かにいます。でも,大半の教師はとても真面目(私は真面目すぎると思う)で,資質も高いです。
仕事も熱心です。

批判ばかりする人たちは,本当に見に来て欲しいです。
立ち仕事が多く,その分流産も多いのが学校女性の教職員です。
クールビズでも,エリのないものは着ないようにと通達がだされ,今時35℃の冷房なんかないところでスーツを着ているのも学校という現場ならではです。
信じられない労働条件です。
ヒマだろう,といわれますが,私の勤務時間は平均12時間。休憩時間なんて取れませんから,1ヶ月に約80時間の時間外があることになります。その手当が月16,000円つきます。
ふざけるなっていいたいけれど,それが教員です。
この記事へのコメント
あなたは教師を辞めたほうがいいかもしれません。
厭味ではなく、その方があなたのためでもあるし、何より、子供達のためでもあると思います。

どんな仕事でも、どんな職場でも、辛いこと、思い通りにならないこと、理解してもらえないこと、嫌な上司、嫌な客(学校ならば子供・親)は存在します。

あなたは、既に自分の仕事の辛さ、思い通りにならないことの理由を、自分以外の他人に求めています。世の中のほとんどがそうですから、それも無理もありませんが、教師がそれでいいのでしょうか? 教師なら思い通りにならない境遇を変えてゆく気概と努力を生徒に見せるべきではないでしょうか?
あなたがそのような姿を毎年30人の生徒に見せていけば、もしかしたら、その内の何人かは、あなたの生き方や志を継いでくれるかもしれません。

私の尊敬する先生は1人しかおりません。連絡をとっているわけでもありません。でも、私は今でもその先生を尊敬し、感謝しています。

繰り返しますが、あなたが思い通りにならない理由を他人に求めるのであれば、あなたは教師を辞めるべきだと、私は思います。それがあなたのため、子供たちのためです。
Posted by at 2007年03月03日 15:13
トラバのお返し、有難うございました。
ちょうど不適格教師データベースさんhttp://blogs.yahoo.co.jp/shli5974/44711357.html
とトラバが並んでいて、壮観です(苦笑)。

日教組問題、どうなんでしょう。
私はすずめさんのスタンツは好感が持てます。私も、日教組に対しては批判半分期待半分というところでしょうか。なくなってしまうのも怖いような気がします。
Posted by redu06 at 2007年03月04日 13:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34858395
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

教師の不祥事率は高いのか?
Excerpt: 小学校教諭を別容疑で逮捕 HPに子供の写真を無断転載(asahi.comより)が、ニュースで報じられています。困ったものです。この件については言語道断で、擁護する余地はありません。渡辺容疑者は不適格教..
Weblog: 学校通信DX
Tracked: 2007-03-04 00:02
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。