最終ページ

覚悟はしていましたが,4月に異動になりました。
これまでより30分早く家を出なければいけなくなり,
周囲の状況がめまぐるしく変わって
洗濯機の中で撹拌されているよれよれ雑巾を想像していただければ
私がどんな状態なのかがおわかりいただけるかと思います。

職員が自負する「荒れとは無縁の学校」
そのためにこんなことを,あんなことを,こんな風にしているのだから
あなたもしっかりやってください。

言われたけれど,すずめには旧態依然の息苦しさが残る
なんだか酸欠になりそうな環境で
生徒の座席の並べ方一つから他の職員と衝突してしまい
まさか4月から好き勝手もできず
丈夫しか取り柄のなかったすずめが
体調不良をきたし,いまだにすっきりしません。

どんな理由かは知らないけれど
津波のように押し寄せる学校研究。
最初から成果を予想され,報告書の結果に向かって研究が進んでいくのです。

私がやりたいことと違うんですけど・・・・。


もっとダイナミックに学校改革ができたら
なにか子どもも変わってくるかもしれないと
もう少し周囲を説得しながら,機会を待とうと思います。

あきらめないから。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。