冬型の気圧配置

国境なんて人間の決めたものですから,自然には効き目はありません。
ロシアにあるバイカル湖が日本に雪を降らせる震源地なんですね。
中学校の時,世界で一番深くて青い水をたたえた美しいバイカル湖が,日本に寒気を送るなんて信じられませんでした。

その寒気団がいよいよ日本に押し寄せてきました。
雪が降り続いています。

ここらの学校では,除雪当番というのがあって,
どこの学校でも2〜3クラスの当番クラスが朝早く登校して除雪をします。
30分程の時間ですが,生徒が手に手にスコップやスノーダンプと呼ばれる器具をもって,登校する通路と給食車の通路を確保します。
まさに人海戦術です。

中学校っていうのは,小学生より力があって,高校生より素直な中学生がたくさんいるところで,この人海戦術をよく使います。
小学校の低学年じゃ除雪には非力だし,
高校生じゃ招集しても来ないでしょう。
そんな中学生を動員することがいいのか悪いのかについては
いろいろ考え方もあるでしょうが
否応なしのボランティアで働くのも悪くないと思います。

最近は暖冬で積雪量が少なく,除雪当番といっても,実働するのはシーズンに1〜2日だけでした。
それが,明日は当たりそうです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。