やっぱりストーブがいいなあ

もう長いこと教師をしてきてしまったけれど,
そのうち半分ぐらいの期間はストーブの学校でした。

毎年,11月半ばになると,ストーブの設置に入ります。
座席も少し移動して,ストーブの入る場所を確保しなければなりません。
各教室では,ストーブ係というのを決めて,毎日灯油を取りに行く子とになります。

みなさん面倒くさがるストーブですが,
私は実はスチームよりこっちが気に入っています。

まず,一部屋だけ暖めておけます。
保護者懇談や,お残り学習の時,そこだけ暖めておくことができるのです。

次に,節約が目に見えます。
空き教室になるとき,掃除のあと,せっせとつまみを調節したり,
こまめに消したりすることで,灯油をケチることができますが
その結果が目に見えるのです。
スチームの学校で,多少ツマミを調節しても,どれだけ重油の消費量が変わったかなんてわかりません。
ガンガンにヒーターを強にして,それで窓を開ける男の子たちに注意していても,ピンと来ていないのは,そんなことにも原因があると思います。

また,そうやって灯油をケチった結果,灯油タンクがいつも満杯に近い状態だと,気持ちが豊かになります。
人間なんて単純なんですから,それもいいじゃありませんか。

と,ストーブ推進説を唱えるのですが
誰も真剣に聞いてくれないんですよね(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:省エネ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。