今でも南中ソーラン

踊るんだそうだ。
そう,あの金八先生で踊ってた,あれ。
今じゃヨサコイもメジャーになっちゃって,あちこちで大会がある。
踊ってるグループも随分の数になるだろう。
それでも,オリジナルを作るに至れない中学生たちは,とりあえず登竜門のように南中ソーランを踊る。
全国の中学校では結構な数になっているのじゃないかと思う。

教えてくれる人がいて,今日は生徒と一緒に踊ってみた。
もー,ついていけない。
途中で混乱して,振りも混乱してしまう。
子どもたちは上手だ。
どんどん覚えていってしまう。
1時間程のレッスンでとりあえず最後までついて行くぐらいはできるようになっている。

構えるところから腰の落ちないすずめは
「杖ついた婆さんみたいや」との同僚の笑いにもめげず
とりあえず最後まで行ってみた。
3分ほどの踊りだが,死ぬかと思った。
(ダイエットにいいかも)
指導の人が
「先生,飛んでいきそうやわ」とわけのわからんコメントをして通り過ぎて行った。
しこを踏むように大股開いて腰を落とすのがキツイキツイ。
終わると骨盤と股関節が悲鳴をあげているようで,
太ももの筋肉に妙に脱力感がある。
「筋肉痛で階段登れんくなるぞ〜〜」と先般の同僚がまた笑う。
うるさいなぁ。土日休みだから,その間静かにして,月曜日を乗り切れば火曜日も休みだ。隠し通してみせる(意地)

さて,踊れるようになるかな。それとも腰をグキッとやるのが先か,
肉離れでも起こすのか,ちょっとMな気分になってきた(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。