夏休み明けはテストから

なんでそうなのかよくわからないけれど,
夏休み明けはテストがある。
教師の強迫観念として,長休みの後はテストをしないと
生徒を野放し状態にするのが怖いのかもしれない。
じゃあ,夏休みなんてなくせばいいのにと思ったりもするが
どうも体にしみ込んだリズムは崩せそうにない。

で,今日がそのテスト。
結果的に5時間出ずっぱりになってしまうと
なかなかトイレにも行けなくなってしまう。
つい水分補給も少なくなりがちで,体にはよくないよね。
熱中症になりそう。

今日も,夕方気がついたが,朝行ったっきり,8時間はトイレに行っていない。
絶対よくない・・・・。

実力テストは3年生にもなると回数が多くて,丸付けの労力も半端じゃないので,3年生のスタッフ全員で手伝ってくれる。
あらかじめ記号や単語の,誰がつけても採点基準もなにもなさそうなところを,模範解答をたくさん用意しておいて,全員でつける。
テストの答案が戻ってくると,教科だろうが,教科じゃなかろうが,
ひと束持って行ってつけられるところを採点する。
自分のクラスの他教科の答案をつけると,自分の教科とはまた違った表情が見えて,面白かったりもする。

難点といえば,いろんな教員がいろんな赤ペンでつけるので,いろんな丸がごちゃごちゃに混じることだ。
美しくはない。
でも,とても早くつくので,次の日にまず確実に答案を返却できる。
処理もとても早く終わってしまう。
こだわりの少ない人ばかりなら,効果的な方法といえるが,
自分の美学か教科の意地にこだわる人には無理だな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。