トラックバックお願いします

いろいろなコメントについてまとめた記事で,よたよたあひるさんが詳しくわかりやすく説明をしてくださいましたので,
私もそういうことだったのねと理解したわけですが(鈍すぎやろ)
日本語ってほんと難しいですね。

ここはTBフリーなので,TBされたものを私が見て,
とんでもない商売用のものだったり,どえらい卑猥なものだったり,明らかないたずらだったりしない限り,削除することはありません。
(最近は減りましたが,一時期ひどくて,禁止のIPがどんどん増えました)

最初,まずろさんがご自分の記事を書かれたときに,私に「TBをおねがいします」とコメントされました。
私は,私にTBを送れということだと思い,記事を読みに行ったのです。
TBというのは,誰かの記事に対し,関連記事を書いたときに送るものですから,私は明らかに違和感を感じました。
だって,火元は私で,関連記事を書かれたのはまずろさんなのに,
しかも,こっぴどく(気に障ったらごめんなさい)こき下ろした記事です。
そこへ,本人にTBを送れってどういうことなのか,私は理解に苦しみました。
もちろん,その時点でも,まずろさんがTBしてこられた場合,私は削除するつもりはありませんでした。それまでにも,kurazohさんもよたよたあひるさんもTBしてこられていますし,批判的なものでも,責任をもってTBされたものを削除するほど傲慢ではありません。
でも,私に送れという要求ならば,意味は違います。
それって,口汚く言えば,
「お前,とんでもないこと書きやがって,そういう教員がいるから全体が悪く言われるんだろうが。俺様がまともな記事を書いてやったから,わびの一つも入れてきやがれ」(おっと失礼)
という,強迫とは言いませんが,脅しに近いものを感じました。

これに対するコメントは困りました。
「TBするのはあなたでしょう?」と言いたくても
真っ向きってはまた新たな火種になるかもしれないし,
そうかといって,「あなたのほうからTBお願いします」って私がお願いするのはもっと変です。
それを相手に伝える言葉を私は持ちませんでした。
黙るしかなかったのです。

この行き違いは,よたよたあひるさんがきっちり書いてくれるまで続きました。
ついに音をあげた私が,「だれか説明して!」とバンザイしたからだと思いますが,よたよたあひるさんの状況判断ってすごいですね。
当事者のわかっていなかったことも分かっているんですから。
脱帽しました。

自分がまいた種ですが,いかに多くの人を混乱させ,
また多くの人のお力を借りてここまで来たかということに
改めて感謝申し上げます。

また,記事の更新が滞ることにつきましては
ちょっとここには書けない生徒指導上久しぶりの事態を抱えて,振り回されているためで,
みなさんへの感情的なものではありません。
本気で闘わないと事態の収拾がつかないだけなのですが,
いい加減やっぱり年齢なのか,昔ほどタフなわけにはいかなくなってきておりまして,ここまでたどり着く元気がないのです。
すみません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。