実力テストの難易度

3年生では7回の実力テストを実施します。
手作りするっていったら,今年他郡市から来た教員に
「え〜〜,業者のテスト使わないんですか?」って驚かれちゃいました。
いろんなところがあるのでしょうが,どうなんでしょうね。

前回ちょっと良かったので
(当たり前です。範囲は1年生のところ)
どうしようかなって悩んだのですが,ちょっと難しめにしました。
ちょっとショックぐらいのほうが夏休みに勉強するか。
それとも,やる気をなくして勉強からも逃げるか
今回はそこまでバカじゃないだろうと
前者に賭けてみました。
どうなるかは,わかりません。

私立の入試と,公立の入試の両方のパターンをミックスし,
私立高のレベルと,公立校のボリュームを持たせてみました。
よって,問題は内容のある話題のドーンと長い長文問題。
これを何度かやらせておくと,私立を受けに行ってもビビりません。
でも,今回はたぶん音をあげてます。
しかも,公立校に匹敵する長さのリスニングをつけてみました。
ってことは,試験時間50分のうち,リスニングに10分をとられて,実質40分で,しこたま量のある問題を解かなければならないってことなんですね。
もー,ボケっとしている暇も,のんびりする暇もないはず。
でも,苦手な人のために,記号の問題もたくさんあります。

つまり,限りなく勘に頼るひとから,限りなく力技に頼る人まで
さまざまのレベルが出てくるわけです。
それがいいか悪いかはわかりませんが,
そうやっておくと,90点以上も取れない代わりに
10点以下もいないという,得点分布としては2極化の少ない分布図になります。
これで90点取れたら大したもんです。

と,まあ,自分としては好き勝手にやってるわけなんですけど

他の地域ってどうなんでしょうね。
ここから出たことがないのでわからないのですが。

で,採点を終わらせて,集計してみると
お〜〜〜〜っと,これは50点満点かぁ〜〜?
というひどい結果になっちゃいました。
う〜ん,これはダメやろう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。