お騒がせしてすみません

一つの記事に5日もたって,まだ反響があり,
他のブログにまで飛び火して,まだまだコメントがついてしまっているあたり,たいへん申し訳なく思います。

kurazohさんのコメントでは,
前半と後半ではずいぶんスタンスが違うのように感じるのですが,
しょうさんのブログ記事がきっかけかなと思います。
なるほど,私のタイトルがはじめっから開き直り系であることに加え,教師の自己保身ととられる記事を書いていたのでは,
理解を得るどころか,今回のように必要以上に反感を買うのではないかというご意見であったかと理解しました。


こういうことは,何人かの意見のやり取りの中で,最初の混乱や感情的な部分が削り取られて行くのではないかと思われます。
反応してくださった,しょうさんやよたよたあひるさんの冷静なご意見に感謝します。
私自身も,最初はしょうさんのご指摘通り,「それ来た」と構えてしまって感情的になった部分がありましたことを反省します。
もう少し冷静に構えないといけませんね。

繰り返しますが,今回の杉並区のお子さんに対して,また当該保護者に対して深くお悔やみ申し上げますし,
親御さんのショックもさることながら,目の前で死んでしまった友達を,しかも目撃してしまった生徒たちのどんなにショックだったことかを考えれば,のんきにそれを教訓なんていってられる場合ではありません。

また,柵がなくたって,教師が足跡に気づいて,もう少しきちんと事前指導していれば,そうでなくても,全員を屋上から出してしまってから,自分が階段に行っていれば,
こんな事故は起こらなかったかもしれないと考えられることから,
きっと自分を責めて,代わりに死ねたらと思っているであろう女性教諭に対しても,責任をすべて背負わすのはあまりに酷ってものじゃないかと思うのです。


あまりに反響のありすぎた記事ですが,
これを削除してしまえば,コメントのすべても一緒に消えます。
それはそれで別の問題を引き起こしますので,
少しずつ沈静化することを祈りつつ,触らないことにします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
この記事へのコメント
反響の大きさでご迷惑をおかけいたしました。
コメントを入れさせて頂いたのですが、長すぎたためか、反映されませんでした。
TBさせていただきます。
よろしくお願いいたします。
Posted by kurazoh at 2008年06月30日 21:24
“しょう”と申します。
 自ら発信された意見への「批判」に対する誠意ある応答だと感じました。数日間大変だったと思いますが、「私たち自身が意味ある“討論”を創造していくために何が大切なのか」を自らの問題として考えさせられたのは私だけではないと思います。
 安堵の気持ちを持って、「一押し」させていただきます。
Posted by しょう at 2008年06月30日 22:34
お仕事も忙しい中、ほんとにお疲れ様でした。一段落ついたところで、申し訳ないような気もするのですが、トラックバックをお送りいたします。
 頭が固いくせにウカツなところだらけのよたよたあひるオバサンから、身軽で柔軟な、でも時々ウカツなすずめおばちゃん先生へ愛と敬意をこめて。
Posted by よたよたあひる at 2008年07月03日 22:30
みなさま,ありがとうございます。
よたよたあひるさんに「ウカツなのよ」と大きな赤字で言われてしまいまして,
その通りでございますと恐れ入っております(笑)
これが初めてではないのに,時にやらかしてしまう,話題の取り方,不注意な言葉の選び方は,リアルの世界では,相互のそれまでの信頼関係によっておおごとにならずに済んでいても,相互理解のない空間ではとんでもないことになってしまいます。
今回矛を収めてくださった方たちは,それぞれに良識も客観性も持ち合わせていらっしゃったので,これくらいですみましたが,
悪意を持って書き込む人たちに会ってしまえば,ブログの閉鎖をもってしか対処のしようがない場合もあります。
常連さんたちの見えない力で,そのような悪意に満ちた人たちが書き込めなかったということも,そこまでの大火事にならずに済んだ一因として考えられると思っています。
みなさまに感謝いたします。
少しは学習機能を身につけたいと思いはしますが,あまりに安全にこだわると,ちっとも問題性のない,当たり障りのない記事ばかりになってしまい,それはそれで面白くないという,どうしようもないすずめの浅はかな性格により,またやらかすかもしれませんので,先にお詫びを申し上げておきます。
みなさま,申し訳ありません。またやるかもしれませんので,お許しください。
(懲りんやっちゃ)
Posted by すずめ at 2008年07月05日 00:32
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

反響の大きかった記事のコメントについて
Excerpt:  すずめ先生のブログへのコメントが反映されず、自分が書いたことが消えてしまったの
Weblog: 教育失敗学から教育創造学へ
Tracked: 2008-06-30 21:25

ブログの言葉・・「議論」と「おしゃべり」 その1
Excerpt:  さて、杉並区立第十小学校の事故に関して、私自身が考えていることを<杉並区立第十小学校の児童転落事故について>6月28日付けの記事と<教職員の心のケアと「同僚性」>6月29日付けの記事にまとめました。..
Weblog: よたよたあひる’S HOMEPAGE
Tracked: 2008-07-03 22:21

「伝わる言葉」を語るために・・「議論」と「おしゃべり」 その2
Excerpt: 前の日記、ブログの言葉・・「議論」と「おしゃべり」 その1の続きです。 ネットでの友人、齋藤博之さんから、厳しいご指摘・・でも、とても貴重な助言をいただき、このまま記事を書くことについて改めて考えてみ..
Weblog: よたよたあひる’S HOMEPAGE
Tracked: 2008-07-06 16:54
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。