世の中なめとる

最近,「なめとるやろ!」と言いたくなる子どもが増えた。
いや,子どもが悪いわけではない。
周囲の大人がよってたかってそんな子どもに育ててしまったのだ。
世の中にものがあふれ,サービスが行き届いて便利になりすぎて
自分でいろんな想定をしながら用意するという必要がめっきり減ってしまったせいかなと思う。

国語でお習字をするから,習字セットを持って来るようにとの指示があり,生徒たちは家からお習字セットの入ったバッグを持って登校した。
授業中に伝達しただけでは忘れ物の嵐になると懸念した教科担任は
終礼時にかかりを通じて伝達。
担任も危険を感じて,『忘れない工夫』(メモに書くとか,手に書くとか)をするように言った。
さて,次の日にお習字セットがどうだったかというと,
やっぱり5人の生徒が忘れてきている。

本人たちは,それぞれに
部屋にみつからなかっただの,書いたメモを見るのを忘れただの,
いろいろな言い訳を並べている。
中に,一人忘れ物の王者がいて,そいつはあろうことか
「ありませんでした」と答えているではないか。

ありえん!!
あとでこっそり呼んで確かめる。

「ほんとになかったの?ならお母さんに言って新しいのを買ってもらわなきゃいけないんだけど,実は単に忘れたんじゃないの?」

「え,お母さんに言うんですか?」

「当たり前でしょ。買わなきゃいけないんだから」
「え,いえ,あの,あると思います」

どうも受け答えが怪しくなってくる。

「ねぇ,正直に言いなさい。わざと持ってこなかったのね」

「はい。」

「なんで?重かったから?」

「いえ,あの,はい」

「まだ理由あるの?」
「いえ,あの,いえ・・・・」

怪しいヤツだ。何を隠しているのだろう。

「お習字したくなかったの?」

「いえ,そんなことはないです」

「はぁ〜ん,先生の筆借りて済まそうと思ったでしょ」

「あ,いえ,あの,はい」

そう,お習字セットは重いので,忘れてきて,先生のを借りて済まそうと思ったらしい。
なかなか見上げた根性だが,自分だけなら借りることもできようが,
人数が多くなったら無理がある。
そんなことは考えないらしい。
なんか,図々しいと思うのは,私だけなのだろうか?

でもって,14歳で,習字セットといえど,わざと忘れて
先生のを一人で使おうなんて,あまりになめてないか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

この記事へのコメント
 同じようなことが起こってます。私のところでは学校行事で使うラジカセです。どのクラスも英語科で授業で使う者をあてにしてきます。クラスの数なんてとうていそろうわけないのに。事前に「学校の備品は原則として貸し出さない。」という決まりを説明しても、さあ練習、というときに職員室に現れてしゃあしゃあと「ラジカセ貸してください(はぁと)。」とのたまいますね(^_^;)。
Posted by kirara at 2008年06月15日 22:30
あります,あります
まして,英語担当がクラス担任だったら,自分のクラスに使うのが優先するでしょう。
自分のクラスに使わないで,人のクラスに貸すと思うか?って思うらしいんですよね。
自分には貸してくれるって・・・・。
Posted by すずめ at 2008年06月15日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。