現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!! > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


本物の嵐です

ひざしが温かく,ぽかぽかと気持ちよかった職員室。
土曜日に時間がとれるのも久しぶりだったので
夕方から映画を見にいった。

映画館の中は,当たり前だが防音ばっちりで,外の音なんて聞こえないものだから,のんびり暗い座席に体を埋め
(最近の映画館ってどこもシートがいい)
しばし現実逃避をしてから現実に戻ろうとすると

なんじゃ?こりゃ・・・・

外は歩くこともままならないほどの大嵐
そこに雷がとどろき,ひっきりなしに空が光っている。

車でも走りたくないほどの横殴りの雨
止まっていると軽自動車の車体なんてふらふら揺れている。
いや〜〜ん,また光った
お願い車は鉄の塊
落ちないで〜〜〜〜。

しまった。
PCのコンセント抜いてない。
雷入ったらどうしよう。

明日はまた寒くなるのかな。
こうして一雨ごとに冬が来る。
スノータイヤ,いつ換えよう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

嵐のような1日

朝から授業を3つ,残りの一つで生徒の日記へのコメントを書き,
最後の一つが参観日,終わってから学校長のフォーラムの手伝いをしていたら,プロジェクタの画面が出ず,音が小さかったので
結局私もしゃべるはめに・・・・

終わりがちょっと遅れて,終礼に間に合わず,
せめて業後学習を見にいく。
やっとしばし落ち着いた静かな音のない教室に腰を下ろした。
家に帰っても,なかなか勉強が手につかない人たちが,誘惑から切り離されて,静かに机に向かう時間である。

静かなオアシスの時間が終わると,もうじき5時。
ついに今日は朝からコーヒーの1杯も飲んでいなかった。

と校長室からお呼びである。
ろくなことはない。

事件が終わり,やっとこれからその日の後始末にかかれたのが
すでに7時を回っていた。
頭の芯がズキズキする。

コメントくださった皆さん
土曜日にはお返しできると思います。
勘弁してください

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:参観日

お先真っ暗・・・・

すずめには,実際,経済のことなんてちっともわからないので,
間違ったことをいっていたら教えてほしいのだけれど,
アメリカでサブプライムローンとかいうのが破綻して,
シティ・バンクって大きな銀行が経営難に陥って
そこから世界中に金融不安が広がって行った。

不安材料が増えると,今までお金が流れることで回っていた株や為替の世界が一気に停滞し,飛んでいる飛行機でエンジンが停止したように,
経済全体がきりもみ下降状態に陥ってしまったらしい。

世界のトヨタの利益が一気にしぼんだのに象徴されるように,
日本の景気も,バブルがはじけた頃を思わせるお先真っ暗状態になってしまった。

あぁ,またか。
また,長い長い不況の時代がやってくるのか?
小泉さんのころにアメリカを追っかけて,無理をした構造改革のツケが
また国民を苦しめるのか。

裕福な家庭はまだまだ裕福だろう。
でも,あのバブル崩壊以後,悪意がなくても給食費が払えなくなり,
それまで専業だった母たちが条件の悪い派遣で働くようになり,
それでも収入が100万を越えると扶養家族になれないからという理由で,賃金の低いパートの状態を選択する,

だいたい専業主婦の優秀で安価な労働力に,育児も介護も期待して知らん顔を決め込んでいる日本の政治家の発想から考えて,ついにそこに労働力まで担わせては,家庭にひずみが来る所だって多々あろう。

そのひずみは縮図になって子どもに出てくる。

精神的に病む子がどんどん増えている。
親に心配をかけられない,親に本当のことを話せない。親にこれ以上迷惑をかけたくないと悩んで保健室に通う子どもが増えている。
それでも親の期待に応えようと,けなげに苦しんでいる。

連絡を取ろうと電話をしても,親がなかなか帰っていない家がある。
派遣で働いているため,毎週のように職場が変わる母たちがいる。
母の不規則な就労時間のため,朝から一人で起きて,ひとりでパンをかじり,ドリンク剤を飲んで登校してくる子どもがいる。
途中でコンビニに寄り,そこでおにぎりを一つほおばって出てくる子もいる。
制服が破れても次を買えない子も増えた。
B級申請(就学援助)の割合が,1割を越えている。
しかも,彼等の場合,家の預金口座に援助費を振り込むと,生活費に消えてしまうので,学校長の口座に振り込んでもらう形にして
給食費や修学旅行の費用を払う。

最近麻生さんの高級な暮らしぶりについていろいろ言う人がいる。
でも,小泉さんの頃からの,このツケを払わなければならない立場の人には,庶民の状態をしっかり認識してほしい。

公務員で,それでも給料がもらえることが申し訳なく思えてくる
っていうと,「なら返納しろ」って声が聞こえそうだが
そんなことを公然と言う世の中なんておかしいでしょ!
国民にそんなことを思わせる政治なんて終わってる!!

失礼しました。
ちょっと愚痴でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

映画三昧

なんて言うとちょっと大げさですけど
連休ともなれば,映画の一本もみたいですよね。
見たいんですexclamation×2

最近,遠くない所にまたシネコンができて,過当競争なんですよ。
判官贔屓のすずめは,こうなるとマイナーな方に荷担したくなるのですが,
なんと,古くからあった所が,防戦のためと思うのですが,割引の新しいシステムができ,
すずめはしばらく割り引きばっかでいけそうです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

因果はめぐる??

校則のことを考えてたら,むか〜しの教え子を思い出した。

そういえば,数ヶ月前に彼女に会った。
ふらっと寄ったコンビニでバイトしていたのである。
にっこり笑って「先生,元気?まだ先生してるの?アタシみたいな子まだいる?」
そうだねぇ,いるねぇ,もしかしたらもっと病んでる子が

彼女は前任校で最後に持った3年生だったが,
聡明で,感性の鋭い子だった。
いろんな原因でリストカットが止められず,ほとんど洗濯板状態。
彼女の場合はカッターナイフで切る。
切ってる時だけスーッとするんだそうな。

私なんかはその後を想像して痛そうでとても真似できない。

治る前にまた切っちゃうから,常に血がにじみ,手首が紫色に変色している。
とても見せれる状態ではないので,常に長袖である。
サポーターなんかで隠している時もあったが
包帯をすると,両手首なので,丸わかりになってしまう。
だから,長袖である。
夏はつらい。
夏服は半袖なので,見えてしまう。
普通に,夏は夏服以外認められないので,隠しようがないのだ。
うすうすは友達も知っているが,そんなこと公言できるはずもなく
日光アレルギーということにして
長袖の特別服を着せた。

こういう例外さんはやっかいである。
生徒指導がなかなかうんと言わないし,
校長だって,ウンという方が少ない。
ウンと言わせた後も,他の子の目がある,保護者の目がある。
こういうのにいちいち説明するのはまっことやっかいなのである。
「ほっとけ!」としまいに叫びたくなる。
アンタの子どもに迷惑かけてないやろむかっ(怒り)

そう,彼女は授業だって真面目。絵を描かせれば入選もの
作文はすっきり上品にまとまる。
控えめで優しい子であった。

そんな子だから,私があちこちでぶつかっているのを何となく感じていたのだろう。
「先生,私のために迷惑してない?」

「なんで?そんな風に思うん?」

「ごめんなさい。私にはお返しができないのに。」

あんまり毎回そういうので

あのね,あなたは私の生徒なんだから,これは当たり前のことなの。
でもね,もしそんな風に思ってくれるんだったら,今はうんと甘えていいから,大人になって,今度はあなたが誰かを助けてあげられるようになったときに,その子を助けてあげなさい。世の中はそうやって回ってるのよ。


ふーん,と納得したようなしないような顔で卒業していった彼女だが,
その後音楽の学校に通い始め,なんとか暮らしている様子。
この前会ったときも,半袖だったところを見ると,手首もそれ以上にはなっていないのだろう。
卒業してしばらくも,誰も知っている人がいないはずの職員室まで訪ねてきて,
5分ほどさめざめ泣いて帰って行くので,
職員室の話題になっていた時期もあった。
ある時,いきなり,「先生,これを最後にする」と,携帯のメルアドも教えてくれなくなり,2度と訪ねてこなくなった。
いきなりなに?と聞くと,どこかで退路を断たないと,私は前に進めないと。
いい加減にお気楽極楽で生きているすずめには
声も出ない別れとなった。

ああいう子がいろんな場面で大事にされ,
それがまた次の子をサポートすれば,善意の連鎖ってあると思うんだけど,
因果ってどっちの意味にも使えるから,
悪意の連鎖もまたあるのかもしれないな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:生徒

制服の着こなし

最近,一気に寒くなってきたので,女の子たちのスカートの裾からハーフパンツが見えるようになってきた。
男の子がズボンをずりさげる腰パンはよく見かけて,そのたびに引っ張り上げるのだが,
スカートの裾から何かが見える状態は,おばちゃんにはどうにも許し難い。
女の子たちは「寒いもん」というが,じゃあ,タイツなり毛糸のパンツなりはけばいいので,なにもスカートから中身をのぞかせる必要などない。
確かにレギンスとワンピースの組み合わせなんてのも街では見かけるが,制服のスカートはそんな仕様にはなっていないとおばちゃんは思う。

これだけ女性のパンツルックも一般的になってきたのだから
女の子の制服だって,スカートとパンツを選べたっていいのに。
おそらくそういうと,「女子の制服にパンツなんて」と言う人が多いのだろう。
でも,今,ここを読んで,そう思った人は,知らないうちにセクハラをしている可能性を疑ってみてほしい。
女だからスカートonlyという考え方には根拠が乏しいと思う。

いや,今はそんな話じゃないんだ。

寒いからなんて理由で,スカートの下から何かが見えていても平気という,その感覚が理解できないおばちゃんなのである。
そのくせ,「そんな寒いのならババシャツ着ればいいじゃん」という,制服の下は素肌という全くもって理解を超えている娘たちがごろごろいる。

昔はスカートの下には,下着が見えるのがイヤで,ブルマをはく子が多かった。
この,女の子たちがいやがっているのに,男たちの視線を集めてしまう,罪作りな体操服が使われなくなって,
ハーフパンツを代わりにはくようになった娘たちを,だから責めるつもりはないが,どうしてスカートの下から見えるようにはくのだろう。

母たちは何も言わないのだろうか?
おばちゃんの感覚が古いのだろうか?

いやいや,やっぱり許せない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:校則 制服 学校

再度 価値観の押しつけ

以前に価値観の押しつけってことについて書いたところ
今もなお,いろいろ言ってくださる方がいらっしゃるのですが

私は子どもに関わる大人のすべてが
多かれ少なかれ自分の価値観を押しつけて子どもに接していると思っています。
いえ,範囲を広げれば,友達だってある意味,価値観を押しつけています。
それがいいとか悪いとか言う問題抜きに,
人間が関われば,お互いにそういう影響をしあうものではないのでしょうか??

まして学校なんて壮大な押しつけシステムの中にいて
「私は価値観を押しつけるようなことはしていません」なんて
逆にそんなことを言う人がいたら,自覚が足りないんじゃないかと思いますけど
どうも,「価値観の押しつけは罪である」のように思っている人が結構いらっしゃるような気がします。

子どもに対しては
いろんな人がいろんな価値観を押しつけて,いろんな立場から
「こうするもんだよ」
「こんなことはしてはダメだよ」
「こうできたって,偉いねぇ」
「もっとこうならなかったものかね」
とよってたかって育てるのが私はいいと思っています。

いろんな方向からぐいぐい押されて,
子どもはいろいろ考えて,自分に合ったものを,納得できる形で取捨選択し,バランスのとれた人間に成長するのではないかなと
そのためには,甘い言葉と,心地よい思いだけではなく
悔しい思いや,理不尽なことへの反発,悲しさなんかも感じる必要があるのではないかと思うのです。
子どもは,そのすべてを糧にするしなやかさを持っていると,私は信じています。

周りの大人は,「自分はこう思う」ってことをきちんと表明して
子どもに考えさせることが必要なんじゃないかなと。

学校の中で,一番理不尽なのは(私に言わせれば)頭髪や服装の指導なんですけど,
これをやらないわけにはいかないので,まあ,仕方なくやるわけです。
これほど極端な「押しつけ」と人権蹂躙はありませんよね。
ただ,頭髪なんかは,理論上,茶髪だろうが,ストパーだろうが,結んでようがなかろうが,本人の人となりには関係ないんですけど,
実際,勉強が一番だと,前髪が長ければ邪魔だし,顔にかかればうっとうしいし,髪の毛の加工に使うヒマとお金がもったいなくなる(と思う)わけで,一生懸命,髪に命をかけているってことは勉強には力が入っていないんだなあと思われても仕方がないとも思います。

格好かまわなかった大学生も,就活となるとリクルートスーツに髪型もさっぱりさせるのと一緒で,受験期ともなれば,人受けのいい姿になるのも,これも当然でしょう。自分一人で生きているわけではないので,
人からどう見えるかも考えなくてはなりません。
「人は見た目が9割」って本もありましたが,受験生には「人は見た目が10割」と言っています。

こんなことのすべてが,私は押しつけだと意識しているのですが
それって普通じゃないのでしょうか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

子どもが悪くなればいいと思う親なんていません

まだ師走には間があるが,成績やら進学やら事件やらで,毎日バタバタと忙しい。

帰ってきてみると,もう・・・・

kurazohさん,お返事ができないってことは,コメントにも書きましたが,なぜかコメントがうまく投稿できないのです。
で,記事にあげることにしました。

ブログという性質上,いろんな人が見ます。
実名も載せて,更新してらっしゃる方もありますが,
私のところは時々とは言えない放言のため,そこまではしていません。
その結果,どうなるかというと,ここを読む人は,当事者性のない所で
いってみれば対岸の火事を見るようなもので,「自分のことではない」と思っています。
もちろん,ほんとの当事者もいるかもしれません。
それでも「自分だ!」とは確信できない程度のことしかかかれていませんし,多少ねじ曲がっていることもあるかもしれません。
今回の記事も,確かにわからないかもしれないなとは思いましたが,声に出た部分より,私が勝手に思っただけのことが大半ですし,その経緯もほんの一部しか書かれてはいません。

kurazohさんは親の批判を子どもの前ですることに敏感になっていらっしゃるようですが,
これは私としては,たとえネグレクトで,虐待を繰り返し,今は「あんたなんか産むんじゃなかった」と公言している親でも,
実際はレイプの結果できてしまって,すでに中絶もできなくなってから露見してどうしようもなくて産んだ子どもであっても
その瞬間は父と母が愛し合い,望まれて生まれた命であると信じるところから始まります。
そこがないと,自分を肯定できません。
最終的にはどんな事実があっても,ここにこうして存在し,友達と泣いたり笑ったりできるのは親が産んでくれたからなのです。
ありがたいことなのです。

そして,どんな親でも,本気で自分の子どもが悪くなればいいと思っている人はいません。

困ったことに,最近,まるでひとりで生きているような顔をする子どもが増えてきました。
親も,子どもに要求するレベルがとても低くなってきているように思います。
6歳,7歳ならいざ知らず,14,15にもなってしまえば
今更親がちょっとやそっと変わっても,自分は変われないかもしれませんし,今更親にしても,方向転換なんかそう簡単にはできないでしょう。
ならば,18での,高校卒業の時にあわせて,子どもが自分の意思で独立していけるように手助けできればいいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あ〜〜,映画が終わる

最近,土日の出勤が長引いて,朝イチから夜まで学校にいたり,イベントに貼り付けだったりしていたもので
週末の映画のお楽しみからすっかり遠ざかってしまった。

もともと封切り直後は混雑したりもするので
ちょっと経ってからのんびり行くのが好みなのだが
3週間もすると,今度は終わってしまう。
それも,ちょっと興味を引かれるマイナーなものほど
当たり前だが早く消えてしまう
悔しい,いくつも見逃し始めた。
仕事と一緒で,計画的に追っかけているうちはいいが
追っかけられるようになると,おたおたになってしまう。

仕方がないので,レンタルでも寄って帰るか・・・・
TSUTAYAは8のつく日が安いはずだ。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あなたたち,それじゃペットと変わらない・・・・

門限の話から,いろいろな家庭でのルールの話になった。
おもしろいルールでは,お風呂に入る順番から,日曜日の外食から,
家庭によってほんといろいろって思ったが,
中に何人も,「ルールなんてない」って子がいた。

じゃあ,何時に帰ろうと,食事の後をほっぽらかしにしようと,誰も何も言わないの?

「言わない」

決まったお仕事も,あなたがやらなきゃ!ってこともないの?

「ない」

え〜〜〜〜〜,じゃぁさ,あなたがいなくたって,誰もちっとも困らないじゃん。それってペットと一緒。
役にも立ってないし,誰からもあてにもされてないってところに
責任感なんか育つはずがない。
粗大ゴミ化する前に,家族の中で役に立たなきゃ。
可愛いうちは大事にされるかもしれないけど
それで勉強しないわ,金はかかるわ,親の期待通りにならないわとくれば
そのうち蹴飛ばされるときが来る
いや,いつまでも可愛い可愛いと猫かわいがりされたのでは
それこそ社会的に自立できなくなっちゃうよ。

ねぇねぇ,何不自由なく,家で大事にされている子どもたち
いや,あなたたちが悪い訳じゃない。20年後の自立を考えずにひたすらかわいがってきた親たちの,必死の愛情が裏目に出てるだけなんだけど
家の中で何か仕事を作ろう
最小の社会的単位の家族の中で,譲り合って,考えて,お互いの役に立つことができないで,社会に貢献なんてできないよ。
何時に帰ろうと,何をしてようと,誰も怒らないなんて,ペットの猫以下じゃん。
猫だって,柱ひっかけば怒られるし,犬だってむやみに吠えれば怒られるんだ。
まずは「やっぱりあなたがいないと困るわ」って家族に言わせるところからだ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:家族 子育て

なんでこうなるの??

最近,ブログにたどり着くこともできずに,寝てしまうことが多くなった。
ババァが夜起きていられなくなった??
それもあるのかもしれないが,とにかく仕事が終わらない。
なんで?

ほぼ毎日7時半に出勤し,10時頃になるかな。
最後の戸締まりをすることも多い。

それでも追いつかない。

世間からは,ヒマだと言われる身分である。

確かに,この金融危機のなかでも,首になる心配も,お給料が不払いになる心配もないが。
それも,昔,私が勤めだした頃,銀行に勤める同級生も,製薬会社に勤める同級生も,私のお給料と,ボーナス見て,
「公務員にならなくてよかった」なんて言ってたもんな。
そりゃあ,どっちもキリのない話だけれど,
いい所だけ見て比較するのって無理がない??

いやいや,自分で満足できる仕事してないから,何も言えない。

でもさ,こんな仕事じゃだめ!!って言われても,
働きが足らない!っていわれても,
これ以上って,ちょっと無理があるんだけど。
そこまで要求される?

私はもう終わっちゃったけど,こんな生活じゃ,子どもなんて育てられないし,年寄りが病気になったら,失業もんだ。
「みんなそうなんだから,あんたもがんばりなさいよ」って
それってちょっと,酷ってもんじゃないですか。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:忙しい

もっとみっともなくもがいてほしい

金曜,土曜と
英検の2次試験があるというので,生徒たちが練習に来ていた。

「どんな問題がでるの?」

との質問に,2次試験の仕組みと問題の流れを説明。
実際にカードを使って,体験してみる。
そうはいっても,過去問である。
同じ問題は決してでない。

「先生,どんな問題が出るの?」

だからね,何が出るかはわかんないんだって・・・・。

「え〜〜〜,じゃあ,練習したって無駄じゃん」

そんなわけじゃないでしょう。
流れを飲み込んでいるだけで,ずいぶん違うはず。

そして,今日が本番。

5つの質問の中で,たった一つの単語がわからないために
その問題まるごと落としてしまう子が続出した。

ほんの1カ所の躓きで,思考がすべて停止ししまうらしい。

ほかに言い換えはできなかったものかね。と後で教師の間では話題になっていたが,いやぁ,そこまでもがく子は珍しいだろうと
ちょっとあきらめムードであった。
いや,でもね,もうちょっと何とかならないかってもがいて,
たとえ見当外れでもなにかを作り出す意気込みって大事なんじゃないかと思うよ。
案外,そういうもがきの中から思考力って育ってくるんじゃないのかな。

もっともがけ。もっと苦しめ。
本気で困れば,何かいい知恵が出てくるかもしれない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教師たちの協力態勢は・・・・

10月20日ぐらいだったかと思います。
文化祭の準備が一気に始まってから,あのミシンとの格闘に始まり,
その後の実力テスト,研究授業の準備と未だに学校で生活しているすずめになっています。
10時まで学校なんて,潤いがなくていけないとちょっと反省ですが,仕事が終わらない!
もうしばらくそんな日が続きそうです。

職員の情報交換,協力態勢,私の「仲良し」発言がkurazohさんを刺激してしまって,でも,なんだか考えていることがすれ違っているのか私がピント外れなのか,もどかしさを残したまま仕事に没頭していました。

文化祭への「総動員態勢」というkurazohさんのコメントに
総動員態勢のとれない学校があるの??といぶかしく思ったのですが,
確かに中途半端な取り組みでは,教師の方の参加態勢も中途半端で不完全燃焼を起こすのかなと思いました。
誰かに仕事が集中しすぎたり,誰かが涼しい顔をしているのでは,不満がたまって,職員間がぎくしゃくします。
悲しいかな教員は,自分で判断して,自分に求められて居るであろう役割を自覚し,自分で動くということが下手くそな人が案外多く,何かのチーフとして動くときには,細かな気配りと根回しが必要です。
そうしてでさえ,うまく動かなくて,人間関係に疲れ切る人もいます。
そんな状態の学校を見ていれば,教師に対する不信感もどんどん大きくなるのではないかと思います。
そんな学校はごく一部だけれど存在していますし,その学校に通う子どもにとっても,親にとっても,それがすべてなのですから,
それはそれで大きな問題なのだと思います。

でも,すずめは若い頃から人間には恵まれる運の良さで,そんなしんどい学校には当たったことがありませんし,私は自分の運を信じて,これからもあたらないと思っています。
若い頃は,やんちゃな生徒と職員の間に挟まって,危ない綱渡りもしました。そのときに根回しの大切さと,一人一人とのコミュニケーションの重要性をイヤと言うほど思い知らされたのです。
当たり前ですが,紙切れ1枚に書いてあるだけでは総動員態勢なんかなりませんよね。

とりあえず自分とその周りの人しか見えていないのんきすずめと,いろんな学校を見ているkurazohさんでは,見ている側面も違うのかなと思いました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

人権擁護?単なるわがまま?

こんな時間であまりに眠いので,最後まで書けないかもしれません。

文化祭の記事を書いたあとの文月さんのコメントについて
いくつかのご意見が寄せられました。
私が自画自賛ではしゃいでしまったのが
独りよがりの意見になっていたのが最初だと思うのですが
前から思うこともあったので,どこまで伝わるかわかりませんが
書いてみることにします。

文月さんが違和感を覚えて不参加の意思表明をしたがったのは運動会でしたが,
私はいつも,一番つらいのは授業なんじゃないかなと思っています。
中学校にもなれば,発表しなくてもおおかたの順位はわかります。
成績のいい子は優越感もあるでしょうし,何も感じないかもしれませんが,どこをどう頑張っても成績の低迷する子は
授業も苦痛,テストも苦痛,しかも先生の説明もわからないとあっては
3重苦,4重苦の世界です。
よく頑張ってるなと思います。
しかも,「授業」であり,学校の中ですから,不参加の意思表明なんて簡単ではないでしょう。
それでも,いろんな理由で授業に出られない人には,1時間単位での相談室や,最終手段としての欠席,不登校まで,授業に出ないという選択肢は0ではありません。

行事に関しても,学校の教育課程のひとつであり,学習指導要領の中では,教科の授業と並んで特別活動の中にしっかり位置づけられているものですから,「自由意思」なんてもので,出たり出なかったりされては
収集がつかなくなる可能性がありますが,
やはりいろんな理由で見学や欠席,別室登校といった手段はない訳じゃありません。

じゃあ,もっとそんな手段をオープンにすればいいじゃないか,と
それをすると,ですね,たいしたこともない理由で,すべてをさぼろうとする(すずめは「ぐうたら病」と呼んでいますが)生徒と,理由がしっかりしている生徒の線引きが大変難しくなるのです。

で,ぐうたら病がひとりもいないのなら,それはそれでいいかもしれませんが,現実問題として,不参加の意思表明をする8割はぐうたら病の患者でしょう。
ぐうたら病はさらに新しい患者に感染して,学校なんて人口密度の異様に高い集団です。取り返しのつかない事態になることが予想されます。
これは絶対マズイです。

しかも,「教育的効果」ってものを考えると,多少の面倒くささや好き嫌い,そのときの体調ってことを慮っても,参加した方が効果がある場合が多いでしょう。そのときはわからなくても,じわっと効いてくる効果です。

そんなこんなで,文月さんの嫌われる「強制」ってことが出てくるのですが,どんな場合にも絶対はありませんし,教師だって鬼じゃありません。相談してみてほしかったなと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。強制はできませんが(笑)

ありがとうございました
タグ:人権

微妙な年齢

ちょっと前に小室哲哉が逮捕される事件があった。
落ちぶれるってこんなことかなと思うと同時に
この人,たぶん同じ年なんです。私と・・・・

不惑の年になってもいいのに,なりきれず
過去のいろいろを引きずるのは,決してみっともいいものじゃなくて
どうもスマートじゃない。

あぁ,眠い
さっきはこの状態のまま居眠りしていた
文化祭以来どうにも調子が戻らない

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんか,解せない

イベント続きでさすがに疲れてきたすずめです。
明日(もう今日か・・・・)が終われば少しは落ち着くのかと思いますが
すぐに実力テスト,進路説明会と続きます。

学力調査の最終かと思うのですが,学力向上のための有効な取り組みを出せと言う調査がきました。
すずめの学年は,実はとてもいじけた学年です。
小学校から「悪い」と言われ,確かに成績の悪い人が多く,
上位層が薄いため,全体としてふるいません。
中2の時から,下位層にてこ入れをしたり,中位層をのばすために
いろいろ考えて学年全部で取り組んできました。
結果,予想したより子どもたちは学力調査では健闘し,
なんとか県の平均に乗っかったのです。
学年スタッフは,生徒たちのがんばりを認め,さらにボトムアップをはかって,今も補充の取り組みや勉強への手助けをいろいろやっています。
そんな取り組みを教委に書いて出そうとしたところ,
「学力調査の比較として点数が上がったわけではないからダメ」と言われました。
そうなんです。
去年の3年生はずーっと点数がよかったのです。
(だから比較されたすずめの学年がいじけた訳ですが)

え〜〜〜〜,
そりゃ数値は確かに,そう言われればそうだけど
違う子の点数比べて,上がったの下がったのとヘンじゃない?
追跡調査じゃないじゃん!
それって最初から自分より点数のよかった子を
次のテストで抜けなかったから,おまえは勉強していないって言われてるようなもんじゃん

なんか解せないなあ。
そんなために学力調査をしたの?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:学力調査

だから行事はやめられない

行事精選とかで,文化祭がなくなったり,運動会が変わってしまったりしている学校が多い。
すずめの学校はもともと「行事は生徒の成長を大きく助ける」という考え方で,学校行事を大切にしてきた。
文化祭も,形は少しずつ変わっているが,けっこう賑やかにやっている。
なかなか全員を平等に動かすというのには無理があるし,
一部の子に負担がかかってくるのは致し方ない部分があるが
そんな苦労をした子はかならずといっていいほど大きな充足感と,満足と,次へのエネルギー,さらにはグループの中での人間関係を得て成長していく。
今年,追い込まれて,苦労したチームは体中を筋肉痛でがたがたにし,ひとりはテーピングでミイラ少年になっていた。もうひとりはすでにひとりで歩くことすらできなかった。
その満身創痍の人たちが,今日の日記には,「やってよかった」と書いてあるのだ。きっと何かをやり遂げることに大きな満足感を得たに違いない。

彼等の満足した演技と他への指導,そして,ちょっと誇りを得たさわやかな笑顔を見ると,やはりやってよかったなあとこちらも思えてくるのだ。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あぁ,ピンチ・・・・またピンチ

やっと布とミシンの呪縛から放たれたすずめです。

今日は今週末に迫ったイベントのための印刷をするつもりでした。
しか〜し,調子よくプリントアウトしてみたものの・・・・
なんか,色がヘン。
ああでもない,こうでもないと確かめたあげく,インクジェットのヘッドがどうにかなっているらしい。
ダメじゃん!!!

はい,そうです。
もうちょっと余裕を持って仕事していれば,こんなに焦らなくてよかったのです。
わかっています。
これも無駄ないいわけですが,文化祭まではそれどころじゃなかったのです。
あぁそれにしてもピンチ!!

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ふぅ,終わった

行事が一つ終わりました。
さすがに夜なべが何日か続き,ちょっとへばり気味です。
若い頃はもう少し踏ん張れたように思いますが,
作業をしていて授業ができていないわけにはいきません

中学生たちの不器用さ(?)が話題になったりしました。
確かにミシンなんかできなくたって,生きていけますし,
ちょっとだけお金を出せばいくらでも便利なサービスがあります。
でも,ほんとにそれでいいの?ってことが引っかかった1週間でもありました。

現在,中3だと家庭科は技術と抱き合わせで年間35時間
国語や数学の6分の1です。
何をどこまで指導するのかという問題もありますし
家庭科の教師一人で,40人のミシンかけを仕込めるかというのも
元が元だけに苦しい気がしました。
でも,食育も,環境も,金融も,保育,衣類,住居・・・・
すべて家庭科の領域です。
子どもたちの知識が生活に生きていない,教科がくらしと結びついていないという問題がとても大きいのに,これで本当にいいのかな?と考えてしまいました。



眠いです
これを書きながら,2度ばかり居眠っていました。
あきらめて寝ることにします

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
おやすみなさいの挨拶代わりに一押ししてくれると嬉しいです。

ありがとうございました
タグ:文化祭 行事
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。