現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!! > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


修学旅行−説教編

学校におけるすべての行事には,生徒一人一人の内面の成長と人間関係での成長という,2つの目的があると言っていいと思います。
わかりやすく言えば,自立と協力。
生徒からすれば,よい人間と,よいクラスを作るために行事があると言えばわかりやすいでしょうか。

修学旅行なんて,今の時期にする場合
当然,クラスの親睦を深め,団結のもとを作るわけで
これが,そのあとの合唱コンクールに生きてくることになります。
当然,合唱コンクールでの取り組みはその年の学級経営を左右します。

今回,すずめのクラスでは
不要物持ち込み事件,その隠蔽工作,
一部の人間だけが盛り上がって,他がしらけるという分裂事件があり
ほぼすべての人間が何らかの形で関与していました。

その根底には,面倒くさいことにはかかわりたくなく,気の合う少人数と仲良しグループがあればいい。というコミュニケーションのド下手な子どもたちの実態があります。
ここまで問題がはっきりした形で出てきたのは珍しく,
すずめとしたら,これは楽しみとわくわくしながら説教の機会をうかがっていました(説教ってけっこうタイミングが重要で,誰かが地雷を踏む必要がある)

で,本日5時間目,時は来ました。

リーダー会から提案のあった,修学旅行の目標の一つに「一致団結」があることはみんなもなんとなくわかっています。
では,一致団結するのはなんのためか
順番に聞いていくのですが,それがいいクラスにするためというのがなかなか出てきません。
あんなに「いいクラスにしたい」と4月しょっぱなの自己紹介で,口々に言っていたにもかかわらず,です。
こいつら,「いいクラス」なんて口では言ってても,棚ぼたで自分の努力も心がけもなしにいいクラスがもらえるって思ってるのか???と
情けなくなってきました。

誘導尋問と刷り込みにより,協力しあうことでいいクラスができること。
クラスをよくするために自分も協力をすることを全員に言わせ,
そのためには,勝手に自分だけテンションあげてもいけない
わかってくれないと勝手にすねてもいけない
誰かが決まりを破ろうとしたら,注意してやらなくてはいけない
ということを確認。
行事や取り組みにがんばることが,いいクラスづくりには欠かせないんだということを,なんとか頭の中で結び付けました。

さて,これからそれを行動に移せるかが問題です。
リーダーは少しずつ仲良くなり始めています。
輪が広がっていくでしょうか

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

どこが「大いなる陰謀」なのか疑問だけど

どこまでも軽いノリのすずめなので
ついていけるかどうか,不安だったが
昔からなんとなく切れ者を演じるメリル・ストリープと
これまた昔は美形で(ブラッド・ピットが若い日のレッドフォードによく似ていると思うのは私だけ?)今は渋い監督さんになったロバート・レッドフォードにトム・クルーズがどう絡むのかを見たくて久々の映画に行った。

「57歳」と解雇通告をちらつかされて
それでもジャーナリストの良心を捨てきれないメリル・ストリープが
熱い女を熱演してて,
だんだん年を感じ始めているすずめは妙に思い入れてしまって
アーリントン墓地(戦没者が眠る)の横を通りながら
複雑な表情を見せるメリルに,わけもなくじーん。

で,これまたアメリカの理想を地で行くようなロバート・レッドフォードが
裕福で冷めた学生に説教するのだが,どうにも空回って
自分の昔やら,他の学生やらを引き合いに出しながらも
手ごたえが感じられず,時間ばかりが過ぎていくってのは
私自身が無気力な生徒にああでもないこうでもないと
いろいろ説教するのだが,のらりくらりとかわされる,まさにそのものだったわけで
これも他人事とは思えないシーン。

しかも,そこに引き合いに出される学生って言うのが
野心満々のトム・クルーズが仕組んだ
「どこがテロとの戦いやねん」と思わず突っ込みたくなるような
やらせの戦略(すずめには事情がわかんないから,あれはわざと敵の真ん中にヘリを落とさせて,攻撃させておいて吹っ飛ばすという作戦だと思った)の,いってみればエサになった兵士。
授業料が払えないから,志願して,帰還兵になれば授業料払わなくていいって悲しい事情を抱えてて,
優秀でも金のない奴はカスで,その一人や二人,死んでも痛くもかゆくもないってことを,公然と言う奴が大統領に大手をかけ
いい大学を出れば,一生涯金には困らないという裕福な白人たちが
のんべんだらりんと日常を過ごしている。

これって日本もそのままじゃん

原題は「子羊のためのライオン」って,どうも無能な上層部とその下の勇猛果敢な兵士たちという意味らしいのだが,
ライオンはいなくても,子羊以下の日本の上層部と
金にあかしてそれを「勝ち」だとほざく富裕層と
非正規労働者たちの苦しみが
日本をそのまま投影しているようで,悲しくも腹立たしくもなった1本でした。
重いよ。

結局日本もアメリカも,
一部の富裕層が,貧困層の犠牲の上に,
私利私欲を優先させて国益を吸い取ってる
と,ちょっと怒りモードになっちゃった映画でした。
読み取りの浅さは勘弁ください。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

修学旅行の総括

明日からまた普通に授業が始まるのであるが
最初は修学旅行の後始末というか,旅行記づくりの話がある。
しかし,そこにいくまでに,私にはどーしても許せないことがあるのだ。
クラスを作っていく上で,許せない奴がいる。
明日はその説教から入らなければいけないのであるが
さて,どうやって話をもっていくのがいいか
悩むところなのだ。

本人だけよびだせば,話は具体的になるが,
他の子からは他人事のままで終わる。
しかし,事件を起こさない,特に女の子たちにも
分かってほしいことがある。

クラスで話せば,みんなに伝わるが
プライバシーもへったくれもなくなっちゃうので
それもまたおっぴろげすぎかなと懸念する。
また名誉棄損で親から怒鳴りこまれるような気もする

悩む。

まあ,ここまではっきり問題がでてくれると
担任としてはクラス中けちょんけちょんにできるので
落ちるところまで落とされたあとは
浮上してくると信じている。
3年生のクラスだ
思い出に残るようにしてやりたい。
ドラマと涙がないと,いいクラスはできないから
担任としては,ラッキー,やったぜベイベとほくそ笑んでいる(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

お前はバカか?

お前はバカかとよく言われるが
なんでも楽しいすずめである。

ノー天気というのか,極楽とんぼというのか
楽天的とか,前向きとかいう,聞こえのいい言葉もある。

だいたいは悪い言葉といい言葉は裏表なもので

あと先も考えない出たとこ勝負で,「なんとかなるさ」と考えていることが楽天的なのであり
底が浅くて,隠しごとができないため,裏表がなくて,わかりやすいのである。
そのくせけっこう鼻っ柱が強く,男勝りなところはやる気があって前向きであるともいう。

こういう言葉の裏返しは中学校の教員が調査書を書くときによく使うもので,調査書を量産するようになって(大規模校で3年生を連続して持ち,全員が複数受験すると,昔はPCが使えなかったので,年間100枚ペースの調査書をかくことになる)改めて,短所は長所なんだと思えるようになった。

こういうド幸せな性格なので,
「お前はバカか」と言われながら,バカとアホではどっちが親しみがあるかなあなんて真剣に考えている。

今回の修学旅行でも,御禁制の品がいくつか見つかって,本人をきつく指導したり,親に連絡したりしていたわけだが,
私としては,命にかかわったりせず,犯罪でもないこの手の行為自体は,別に腹も立たないし,気にもしていない。
むしろ,そういうことをやってくれたおかげで,首根っこを押さえられ,指導が入りやすくなる点では,飛んで火にいるなんとやら。でかした。よくやった。ざまぁみろ。って感じで,楽しくてしょうがないのである。

さて,連休中,ちょっと親にも絞られ,大人しくしているしかなかったという御禁制品持ち込みの下手人たちは,あしたどんな顔で出てくるだろう。
また学校に行く楽しみが増えた。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:楽天家

苦情電話の処理方法

連休の前半が終わろうとしている。
結局部活だった

これがモンスターなのかどうなのかは受け取る側にお任せするが
修学旅行が土曜日にかかったため
昨日の月曜日が代休になった。
それについてである

だいたい,学校で勝手に日程を立てておいて
いきなり月曜日を休みにするなんて非常識である。
親だって休みじゃないし,いきなり休みをとれと言われたってできるものではない。
平日なんか休みにしたら,ガラの悪い連中がそのへんにたむろってタバコでも吸うのが関の山で
そうなった場合,学校はきちんと指導できるのか?
日程に関しては,保護者会でも開いて,全体の承認を得てから決めるものではないのか。


というもの。
もちろん匿名である。

まあ,はいはいと聞いておくしかないのだが
修学旅行の日程が土曜日にかかるというのは彼らが1年生の時からわかっていることで,その時から月曜日が代休になるのはわかっていた。
これまで2年近く,それについて何かを言ってきた人はいない。
当然,1年の終わり,2年の1月,2月にも懇談会できちんと説明をし,プリントも出しているから,今更知らないはないはずである。

あとの問題は,生徒指導上のことや家庭の都合なので,私には何とも言えないが,
私には,普段月曜日なら,給食があるので,お昼の心配をしなくてもいい保護者が「勝手に休み変更されちゃ,私がお昼ごはん作らなきゃいけないじゃないの!」と言っているように聞こえた。

んなこと知るか!中学生にもなれば,日中ひとりでいるぐらい,できるだろうが!あんたんとこの子は昼ごはんも作れないくらい甲斐性なしに育てたんかい!で,なにか?ひとりで置いておくと,タバコ吸いに出ていくんかい!我が子の指導ぐらい親がしてくれよ!
と言ってしまったら訴えられるので,静かに聞くしかないのである。

この前の対応マニュアルで,こういう電話に出くわしたときは
「貴重なご意見をありがとうございます。今後の参考にさせていただきたいと思いますので,録音させていただきます。今一度,ご住所をお名前からどうぞ」と丁寧に応対するのだそうだ。
9割はその瞬間ガシャン!と切るそうである。
今度試してみようと手ぐすね引いて,わくわくしているのだが,未だその機会には出くわしてない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

修学旅行−え?メモリアルパークって・・・・

ちょっと足を延ばして,神戸で震災学習をしてきた。
「神戸港メモリアルパーク」「人と防災未来センター」に行くことになっており,生徒たちは一応,大震災がいつあったのかということと,何人の人が亡くなったかぐらいは予習している。

すずめの町でも揺れたし,なんといっても,ブルドーザーが通っていくのかと思ったぐらいの(すずめは真面目に除雪車だと思った)地鳴りと,そのあとテレビをつけた時の火の海の衝撃は,今でも忘れることはできない。
しかし,13年という年月はおそろしいもので,なんと,この子たちは生まれて1年。震災の記憶はない。
中には「そもそも,地震なんてほんとにあったのか,疑わしいもんだね」なんて,不遜なことを口にする奴もいる。

メモリアルパークについたときは小雨。
何か建物があると信じていたすずめは,傘を持たずに外へ出た。
しかし,歩けど歩けど何もない。
私の後から雨男がバスを降りると,雨脚は強くなった。
地震で崩れた港の岸壁がそのまま保存されており,
そこを回ってまた歩く。いつになったら着くんだ?
と思っていると,バスに戻ってきた。
あれ?これで終わり?メモリアルパークって,
よく考えれば,パークって公園じゃん。
え?建物じゃないんだ・・・・

雨の中を歩いてきたので,髪の毛も服もびちゃびちゃ
私がそうなんだから,生徒も当然びしょぬれである。
ごめんね。建物だと思ってたんだ。
風邪ひかないでね。

で,次に来たのは防災センター。
こっちは4階建ての建造物である。
ここで映像から資料を見せられて,さっきの不遜なボクも,ようやく黙った。
やっぱり視覚資料の威力は強い。

あまり時間もなかったので,語り部さんのお話を聞くには至らなかったが,
そう言えば,ここにはたくさんの被災者の方が震災を語り継ぐべく
働いておられる。
資料の前に立ち止まると,誰かが見つけて「これはね」と説明が始まる。

阪神淡路のときの教訓が,その後の中越や能登に生かされている。
もっと学習が深まればいいと思う。
昔の卒業生の親に,大学で地震の研究をしている人がいた。
その人は,地震が起こると,データを集めるためにそこへ飛んで行く。
そこでは車なんて使えないことが多いので
自転車に乗り,走りまわるための体力トレーニングをふだんから欠かさないといっていた。

その人に「液状化」という言葉を聞いて,
すずめは初めて脆弱な地盤の怖さを知った次第である。

生徒たちは何を学んできたのだろう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

修学旅行−自分で読んでよ!

すずめの町は,地方都市のそのまたはしっこの方で
電車なんて関係ない地域である。
したがって,生徒たちも,駅といってもピンとこないし
電車なんて,修学旅行まで一回も乗ったことがないという生徒だっている。

それが,USJの近くで1泊し,そこから班別行動で,大阪に出ていくことになった。
ユニバーサル・シティから大阪へは,ゆめ咲線という電車で西九条まで行き,そこから大阪環状線に乗り換えて出ていく。ゆめ咲線の何本かはそのまま環状線に乗り入れており,乗り換える必要はない。
生徒たちは一応,その路線は学習してきているはずであった。
西九条でしばらく見ていると,なるほど,派手なキャラクターを描いた電車は西九条とユニバーサル・シティを往復しており,
普通のオレンジ色の電車が大阪環状線に乗り入れているのだが,もちろん,生徒たちはそんなこと,知る由もない。

そのオレンジ色の電車から,生徒がばらばらと降りてきた。
「あんたたち,降りなくていい」
と大声で言っても,もちろん生徒にわかるわけはない。
ポカンとしている生徒たちを残して,電車は行ってしまった。

「あの電車,乗り換えなくてよかったのに」

「え〜〜〜。だって乗り換えって先生いってたし。」

「そのまま行けるのと,乗り換えるのがあるの。そんなことぐらい,自分でちゃんと見てよ」

「そんなん,わからん」

「まあいいわ。次に来るのに乗ったらいい」

ところがまた,こういう時に限って,次に来たのは京橋止まり。大阪城に行こうと思ったら,一駅足らない。
しかしまた,電車の行き先なんか読んでいない生徒たちは,
「大阪城にいくのなら,次のを待って」
というより早く,ゾロゾロ乗って行ってしまった。
あ〜あ,どうするんだろう。まあ,いいか。

と,
「先生,みんないなくなっちゃった」と現れた女子2名。

「あんたたち,何してたの」

「自販機でこれ買ってたら,みんないなくなっちゃったの」

「電車,乗ってったよ」

「え〜〜〜〜,どうすればいい??」

聞けば,大阪城に行く人たちだという。まさにはまりのグループ。
どうするも,こうするも,追っかけるしかない。

「きっと,他の人たち,京橋で,次の電車待ってるから,駅で見つけて合流しなさい」

むちゃくちゃ言ってるのは承知だが,走っている電車から見つけて合流するしかない。しかも,京橋より向こうには行っていないのは確実なのである。

「わかった,じゃあ行くわ」

本人たちだって必死である。出発して5分で置いていかれたのでは,
その後を楽しく行けという方が難しい。
あとで聞くと,大阪の駅で合流できたらしい。めでたしめでたしである。

彼らも,少しは電車に乗ることを勉強したことだろう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

修学旅行−最初の失敗

出発は小雨だった。
天気予報を信じていたすずめは,強硬に傘も持たずに出発した。
(午後からは回復傾向)
雨男の威力は想像以上に強大で,実は活動が一つキャンセルになった。
(キャンセルになったとたんに晴れてきたのだが)

いやいや,失敗はそんなことではない。
電車に乗り込んで,様子を見ていると,予想以上に朝ごはんを食べてきていない生徒が多かった。
5時起きで頑張っているのだから,その時は食べられなくても,7時も過ぎれば空腹になるのは見えている。
10分間我慢させたところで,朝食を解禁した。
あちこちでパンだの,おにぎりだの,お弁当だのを食べている。
それに交じってさっそくお菓子を食べ始めようとしている生徒がいて,
そちらはストップ。
まったく,暇さえあれば食べるらしい。
それでも,そう長くは持ちそうにないと判断して,出発から30分ほどで通過する駅を目安に,ゲームとお菓子を解禁することにするとアナウンスした。
生徒たちの視線は一斉に窓の外,次の駅はどこかと一生懸命見ている。
テンションはかなり高いらしい(そりゃそうだろう)

約束の駅が過ぎ,列車の中は一挙にパラダイス。
てんでに好きなことをしている。
まあ,見なれた列車内の風景で,修学旅行では当たり前のことだったので,大して気にもしないで,生徒がギャースカ騒ぐのを眺めていた。

問題はその直後

トイレをしに行った生徒からのレポートで,隣の車両がとても静かだというので,それとなく様子を見に行った。

し〜〜〜ん

全員前を向いて,座っている。
担当の先生は一番端の席で眠りに入っていた。

さりげなく
「お菓子とゲームの指示お願いしますね」
というと,
「指示はだしてあります。教師用のしおりに書いてあるとおりです」
という返事。
ん????
あたし,なんかまずいことしたかな??

もう一回ちゃんと読みなおしてみると,
がーん

お菓子は出発後1時間

やらかした。
しかし,これだけパラダイスになっちゃったものが止まるわけはない。
仕方ない。
他の車両から生徒が来て,他の先生批判になっちゃうとまずいので,
ひたすら誰も来ないように願うこと30分。
ようやく他の号車もほぐれてきたらしい。
クラス数が多いと,気を遣う・・・・(その割に無神経でした<(_ _)>)

その頃になって
次に気づいたのは,やたら暑い。
ガラスは曇るし,むわっと湿度も温度も高い。
車掌さんに冷房をお願いしたのだが,なかなか効かない。
また他の車両から遊びに来た生徒が言った。
「あっちの車両,寒いよ」

なんで??

そう,他の車両よりも若干早くお菓子やゲームを解禁された子どもたちの笑い声や,熱気や,活動により上昇する体温のせいで,車両内の気温が上がってしまったのである。

若い子ってすごいや,と一人感心してしまう年寄りすずめであった。

いやぁ,まったく,生徒には「ちゃんと文字を読みなさい」と言いながら
まったく指示を読まずに勝手な指示を出してたんじゃ,先が思いやられると,一人大した反省もしていないすずめだった。。。。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:修学旅行

真っ向勝負!

生徒指導というと,悪いことをした子を捕まえてきて指導するみたいなイメージがあるかもしれない。
実際,すずめも初任のころ,そんな思い込みに悩まされた一人である。
悪いことをした子,それもやんちゃくれを指導するのは
臥体のいい,男の先生が得意なのは当たり前で
それでもすずめもよくやるが
自分より大きい男の子に説教垂れるのは,もしかしてボカンとやられたら
すずめなんかひとたまりもないのは誰が見ても明らかである。

わかいころは非力なすずめなど

あ〜〜ん?

と生徒になめられて,言うこと一つ聞いてもらえず
職員室へ呼んでいこうにも,頑として動かなくなってしまって
とてもじゃないけど生徒指導にならないということがいくらでもあった。
当然,存在するだけで威圧感のある男性の教師からすれば,
なぜ言うこと一つ聞かせられないのかが理解できず
単に不真面目で生徒に何も伝えようとしていないのだろうと思われた。

「お前みたいな教師がありの一穴になるんやろう」とよく怒られた。

それでも,教師には,涙を踏み越えて,真っ向勝負を挑まなければならないときがある。
自分でそこを乗り越えないと,2度と授業は成立しない。
そんな瞬間があるものだ。

最近,学級担任の中に,生徒指導の係を頼って,自分で指導しきれていない人がいる。
確かに係りに頼って指導してもらえば,自分は安全かもしれない。
でも,逃げた分だけ生徒との距離も離れるし,そうすれば,一層影響力は減ってしまって,ますます言うことなんか聞いてもらえなくなる。

自分で泥まみれになりながら,それでも3月には,指1本,目くばせ一つで指示が通り,私がいなくても,なんとか自分たちで回していけるクラスができる。
そうなれば,もう,自分より30cmも背の高い男の子たちも怖くないし,(むしろボディガードになってくれる)
やんちゃで反抗的なやつも,なんとか丸めこめるようになる。

やっぱり1度や2度敗れても,真っ向勝負をあきらめてはいけない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

修学旅行の練習

飛行機の場合はしらないが,
電車での修学旅行の際は,必ず練習をする。

何の練習かというと,集合隊形である。
確かに,紙だけ見ていたからってわからないので,実際に並んでみる。
それともうひとつ並んでみるのが,列車の座席順。
そりゃあそうである。1分ほどの停車時間の間に
200名が全員乗って,または全員降りなければならない
簡単そうに見えるが,列車の狭い通路を通って全員が列車にのりこんだり,おりたりするのはなかなか時間がかかってしまう。
短い停車時間の間に乗ったり降りたりできるように練習するわけである。

関係ない人がみたら,中3にもなって,なんてあほらしい練習をしているのかと思うだろうが,
やっている方はけっこう真剣になる。

で,明日はいよいよ本番。
また数日ブログを見ることもできないのがとても残念だけれど,いってきます。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

雨男vs.晴れ男

さて,明日から修学旅行なのだが
静かな争いが起こっている。

天気

晴れなきゃできない体験は,天気に大きく左右されるわけで

ところが,うちのチーフは雨男なのだ。

筋金入りである。

昔,同僚に,スキー場では雷
運動会の予行では,校舎から出たとたんに雨という
とんでもない雨男がいたが
どうやら,それに迫るものがあるらしい

かたや,今年転任してきたおとなしい教師が
実はスキー場でも晴らしてしまう晴れ男

どっちが勝つかは・・・・天気予報によると,いい勝負らしい。

あとの取り巻き教員は
今日はテルテル坊主を作る・・・・らしい。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:修学旅行

これ以上,仕事増やさないでよ

今日は「何が悪いのよ」じゃなくて,まさに「あんたが悪いのよ」の気分である。

年度当初というのは,どうにもやることが多い。
立ち上げの時期であるから,やることが多いのは仕方がないのであるが,
それに追い打ちをかける提出物の多さなのだ。
普段,生徒には「期限をまもれ」と言っているが,
そんなに,この2〜3日の間に集中されちゃあ,たまったものではない。

委員会に出す書類もわんさかあるのだが,
はっと気がつくと,組合の提出書類が山ほどたまっていた。

冗談じゃない!

そりゃ集約したいのもわかるけど,
んじゃ,せめて,署名ぐらい次にしてよ。

組合は,組合員の生活を守るのが仕事なんでしょ
大事なのはわかるけど,もーちょっと割り振り考えてもらえないかなあ

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました


本日,学力テスト

静かに迎えてしまった学力テストの朝です。
何しろ面倒くさい。
たかがマークシートの解答用紙のくせに
5枚つづりで,1時間に1枚ずつちぎって使っていくのだそうだ。
あっさり5枚にすりゃあいいのに。
わざわざミシン目までつけてつなぐ意味がわからない。
どーせ,整わない奴の一人や二人,へんなところで破るのが出てくるのに,
そっか,そんな整わないのの人数も見てるのかな。

なんでもいいや。

生徒の出来不出来っていうのも変だとは思うのだけれど

小学校以来のいろんな歴史の中で
生徒の特質はある。

今年の生徒は・・・・

それで束ねられる生徒もかわいそうなもんだな
そういえば,国語の3年最初の単元は「私を束ねないで」

なにを言おうとしているのかわからなくなっちゃった。

さて,いってくるか。

今年もどこかで不正が起きるのかな

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

日曜日なんだけど

帰ってきたのが9時半。
まあ,一緒に仕事してた若い子とラーメン行こうって寄り道してたからだけど
曜日の感覚が鈍ってきて
どれが何曜日だかよくわからなくなってきた。

でも,どこかに朝寝坊できるか,映画に行けるか,お買いもの行けるか,なにか残っていないと,週の区切りってものがないじゃん。

今週は映画もいけなかったし,お買い物に行くにはお財布がさびしいし,
おまけに今月に入って御不幸続き。

ちょっとツキかえたいなあ。

今週は学力テストと修学旅行
終わるともうGWに突入してしまう。

今年こそダイエットしなきゃ。
卒業式に黒が入らないぞ。

マズイ・・・・

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

え?うれしくないの?

修学旅行では,体験をするので,今時珍しく民宿に泊まります。
民宿の部屋なのですが,大きな広間があったので,
昔の修学旅行の夜を満喫させてもいいかなと思い,男の子たち全員一緒の部屋にしてみました。
最近の修学旅行では,ホテルに泊まることが多いので,2〜3人部屋。
夜は,やはり人数が少ないと,寝ます。
昔のように,大部屋で,寝てる子もたたき起こして,一緒に話し込むなんてことも,まくら投げ合戦もありません。
監督は楽になりましたが,どうなんかなあ?と思っていました。

で,みんな同じ部屋って聞いたら喜ぶかなとおもいきや
「で,女子は女子で一部屋。男子は男子で一部屋。みんな一緒の部屋だから。
と伝達すると,

え〜〜〜,とも,ふ〜ん,とも,いや〜〜,とも,うそ〜,とも
なんとも言えない不思議な雰囲気。
え?この人たち,うれしくないんだ。なんで??

後になって,いろいろ聞いて,どうも,普段は自分の部屋があって,プライバシーが完全に守られている中で,または仲良しと2〜3人でしか過ごしたことのない彼らにとって,大部屋は初体験。
どう反応していいのかわからなかったらしいのです。

なるほど,管理しやすい理由でホテルに入れていたのは,いつの間にか子どものライフスタイルに合っていたわけだけれど
昔なら当たり前の体験が不足してきていたのです。
雑魚寝スタイルまで,学校で指導しないとわからなくなってきているなんて,逆の意味でさみしいというか,信じられませんでした。
そうですよね。下手すると,中学生でバスにも電車にも一人で乗ったことがないのですから。
親元から離れたことも,大人数の他人に放り込まれたこともないのでしょう。
もしかしたら,不適応で熱出す子もいるかもしれません。

なんだかこっちまで心配になってきました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:修学旅行

生徒を呼ぶ時

生徒をなんと呼ぶか,というのは,簡単なようでなかなか難しい問題です。
「○○さん」というのが一般的ですが,たくさんの人間を呼ぶ時や,叱り飛ばす時,いろいろ場面っていうのがありますね。
子どもが教師に「おまえ」と呼ばれて,人権問題だと委員会にねじ込む親もいます。

ちょっと前までは,キョウコ,とかシンペイとか,下の名前を呼ぶと
「親にしか呼ばれたことのない名前で呼ばれると恥ずかしい」
なんて言う子どもがいましたが,最近は見かけなくなりました。
よって私はほとんど下の名前を呼びます。
私の年齢が親の年になっているせいかもしれませんが,みんなひっくるめて,わが子みたいなもんですから,かなり言葉も悪いし,言いたいことを言っていますが,生徒の方はついてきます。

人間関係ができてくると,「おまえ」と呼ばれることに近しさを感じる子も出てきます。
ごっつい男の先生に,「おまえなぁ,それくらい考えて行動せんと,そのうち痛い目に遭うぞ」なんて言われて,
頭をかきながら,うれしそうに怒られている子も珍しくありません。

私なんかでさえ,
生徒を立たせて
「だからおまえにはつける薬がないって言われるの!!」
と腕組みして立っている私と,ニタニタしながら下を向いている私より大きい男の子なんかの構図は,はたからどう見えるんだろうなあと時々考えてしまいます。
(実はけっこう説教おばさんです)

「おまえ」と「オマエ」の差があって,人間関係によって,
どう呼んだり呼ばれたりされたいかというところに大きな差がでてきます。
できれば,「おまえ呼ばわり」しても,生徒がよろこんでついてくるような人間関係をきちんと作っていくことが,生徒指導のかなめになるのでしょうね。(「バカだね,おまえは」と言われて喜んでいる生徒も実はけっこういます。)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

今年は誰も何も言わないの?

来週の火曜日,22日には全国学力テストが行われます。
去年はあんなにギャーギャー騒がれていたのに,
今年は静か。新聞も,誰も何もいいません。

日本人ってば,ほんとになんというか・・・・
マスコミが騒ぐと,みな一斉に大騒ぎするくせに
ちょっと時間がたつと,みんなストンと一斉に忘れちゃう。
問題は何も解決していないし,
2年目ってことで,データは蓄積されて,ますます比べられるのに
なんで誰もなんにも言わないの?

生徒たちってば健気なもんで
来週は学力テストだよって言うと,神妙に聞いています。
全員で白紙で出すぐらいの元気があれば
それはそれで面白かったりするのですが,
ちょっぴり順番を気にしながら一生懸命がんばるのです。

別の意識調査で,
勉強するのは,将来の生活に役立てるため,(意識だけですから,実際に勉強しているわけではありません)
英語だと,世界の人と話をして,わかりあうためって
まぁ,どこの教科書に書いてあったの?ってぐらい素直なお答。
勉強=高校入試のためなんて4分の1もいませんでした。

本当にそう思っているのか,教師受けを良くするためなのか
その辺の真意はわからないけれど,
指導主事はころっとだまされて,
「素晴らしい」って感心してたっけ。

学力テストって,ほんとのところはどれくらい,何の役に立っているのでしょう?11月までもかかって,悉皆テストして
分析に一喜一憂するだけでは意味がなさすぎるし,
ましてやランキング戦では,悲しすぎます。
「学力」という言葉の定義は,一時,方向を変えようとしましたが,
今は再び,暗記中心のテストの点数のイメージを強くしています。

でも,暗記中心のテストの点を取る勉強では
PISA型の成績なんか伸びようがないことを
知らない教師はいません。
そして,学力テストのB問題はPISA型の問題を使っています。
つまり,世間の学力のイメージと,実際のテストの間にはねじれが存在するのです。

なんかなぁ
もうちょっと継続した議論ってしてもいいのじゃないでしょうか?
あまりにも静かすぎます。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

朝じゃないですか

早くも学校に来たくないと訴える生徒と話し,親と話し,
昨日は終わってしましました。

おいおい,授業の準備ができてないって

だいたい,修学旅行一色で
生徒の頭も教師の頭も,授業からどこかに行っている

来週はいよいよ修学旅行です。

なんで3年の4月に行くの?

それもいろいろありましたが
結局ここに落ち着きました。

全国学力テストが22日にあるので
そこをはずすと,日はある程度限られてきます。

うぉ〜
昨日は帰ってきて,洗濯したら1時だったのは覚えているのですが
あとはいつ寝たんだ??

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

息切れ状態の生徒たち

新学期が始まって10日あまり,
そろそろ生徒たちにSOSの症状が出てきた。

緊張して頑張って,1週間は乗り越えたが
土日をはさんだ頃になって,疲れが出てくる。
友達ができない
先生に馴染めない
クラスの空気がなんとなくイヤ
だいたいそんなところであるが
熱が出たり,腹痛に苦しんだり,気持が悪くなったりする
それで学校をぼちぼち休み始めるのだ。
心身症である。

5〜6年前からだろうか
クラス替えの時に熱を出す子が増えてきた。
どうしてそんなに簡単に体に症状が出るのか
私としては半分うらやましくさえあるのだが
とにかく症状がでる。
もちろん病院に行ったって,どこも悪くないので
「風邪でしょう」という話になるのだが
ここまで症例が増えてくると,はっきり『不適応症』だと言っていいと思う。

何しろ,子どもがヤワだ。
そんな子どもたちだから,努力なんてできるわけがないし
ちょっと追い込むと,母から電話がかかってくる

でもね,お母さん
まあ,私はあと1年でどんな生徒でもおさらばなので
それでも構わないっちゃ構いませんが
これからもずっと付き合っていかなきゃいけないお母さんとすれば
もうちょっと鍛えてもいいんと違いますか?

「子どもが,辛そうです」
「そうです」?そこまで慮ってやらなくていいです。
子どもが泣いて訴えるまで待ちなさい。
じっとこらえて我慢してるなら,えらいねって我慢させてやればいい。

「体調不良だと言っています」
それって「ズルです」って言ってるのと一緒じゃないですか。
たまにそんな日もあるかもしれませんが,1日目が勝負なんですよ。
ずるずる行くか,パスっと諦めて学校へ行くかは
お母さんの対応次第。
で,ずるずる休まれたら,結局,困るのはお母さんじゃないですか?
子どもはちっとも困ってない。
パラダイスでぬくぬくとテレビゲームとネット三昧させてどうするの。


子どもって,思ってるより丈夫だし
ちょっとやそっとのことじゃ壊れないんです。
もっともっと負荷かけていい。
でも,真綿で15年もくるんでからじゃ鍛えることはできません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

班決め騒動

滝山コミューンのような強烈なことはできませんが
私も学級経営には班を使います。
班は仕事の班で,それぞれが学習の班であったり,集配物の班であったりします。
集配の班なら,朝の始業前と終礼前に,職員室から集配物を持ってきて,クラスで分けるのが仕事です。
一見なんでもない仕事なんですが,休みの人がいても滞らず,忘れず,抜けず,時間をかけずに仕事をするには,けっこう気も遣わなければいけないはずです。
この「仕事」を請け負う中で,責任感と自負を覚えてほしいと思っています。
「この仕事は俺に任せて」と言えるように頑張ること。貢献度が高まるほど,その人は大事にされる。
一般社会に出てしまえば,なかなか正当な報酬は見込めないかもしれませんが,せめて学校では,努力することが報われるというシチュエーションを作ってあげたい。
そんな思いで班を作ります。

最近の子どもたちですから,トイレに行くにも誰かと一緒。
ひとりで行動なんてできません。
グループを作るといったら,好きなもの同士。
声の大きい子に牛耳られてしまったら,
どこまでもわがままが通ります。

私は班長6人に,全員を分けさせます。
最初は自分の好きな子とグループになれると思って班長になるのですが
好きな子を取っていくと,どこかにひずみがでます。
初めはわがままを言っていた班長たちも,自分の思いを通しすぎれば,どこかで誰かの迷惑になると気付いて,何度も何度も組みなおしが始まります。
そうそう,お互いにがまんしなくちゃね。

班のポスターも書き終わって,仕事もたどたどしいながら始まって

やっとほっと一息していたら,電話が鳴りました。
「一部の子の好き勝手にさせて,班を決めるとはどういうことですか?」

あん?またどこかのお嬢かお坊が,自分が好きな子と同じ班になれなくて,親に恨み事を言ったな。

状況を説明すると,納得した様子で,やっとほんとにほっと一安心。
ったく,文句があるなら,親に愚痴こぼすんじゃなくて,私に直接言えっていうの!
(それができないから親に代わりに文句言わせるんだけどね)


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ネット上での誹謗中傷に対処するには

このブログのアクセスログにも,時々2ちゃんねるとかいうところからつながってきているときがあって
たどるとなんだか怪しげなことが書いてあるときがある。

昔,すずめがネットに浸っていたころ
掲示板やチャットでアラシにあったら,(今で言うなら炎上しちゃったら)
じっと隠れて過ぎるのを待てと言われた。
2〜3日でピークは過ぎ,気のすむように画面を埋めた奴らが,飽きて立ち去っていくのを見届けて,削除するものは削除し,画面上を少しお掃除して,またスレッドを立ち上げていくのだ。
竜巻か何かのように,アラシは掲示板を食いつくし,そして去っていく。

間違っても,暴れまわっている間に顔を出したり,書き込みをいじったりしたら,彼らは必ず勢いを得て,有象無象の加勢をえて,ますます自分が正義のように掲示板上を暴れまわる。
相手にすることは何よりも避けなければいけないことだった。

先日からここにも登場の飛鳥先生だが,
過激なしゃべりのせいもあって,さんざんにたたかれ,
限度を知らない輩に実名まで公表されて
ついに反撃にでちゃったらしい。

警察に訴えるとどうなるのかは私も知らなかったが,
なるほど,こんな風に進んでいくものなのか。

確かに,ネットにちょっと詳しい人なら,
アラシでも,そうでなくても,簡単に身元を割り出してくる。
ネットは匿名というのは,どうやらそう信じている人にとってだけであって,ネットに蠢く妖怪のような人たちがたくさんいるが,彼らには
みんなが名札を付けて書き込みをしているのと大して変わりはしない。

むかし,私に対するあることないことの噂話も,
「書き込みはヤツだよ。ほらね」
と,捨てハンを使おうが,匿名にしようが,割り出してきて教えてくれる人がいた。
そこで反応しては,実世界まで及ぶ泥沼戦争になるので,
何もしなかったわけであるが,
昨今の生徒たちが巻き込まれるいろいろについては
断固とした手段に訴えて,本人をねじ伏せることも必要なんじゃないかと思う。
警察がそのもっとも激しくも正当な手段で,
考えようによっては一番フェアで安全なところだろう。

ネットの中には,アウトローな魑魅魍魎もうじゃうじゃいて,
それが誰に対して牙をむくかはその時次第だということを
忘れてはいけない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

仕事終わらない・・・・

なんつっても終わらない〜。

4月はとにかく提出物の山です。
ざっと10種類ぐらいは集約中です。
生徒も自分が何を出して,何が未提出なのか,よく分かっていないかもしれません。

しかし

修学旅行の申し込みは,出さないと連れて行ってもらえないから
これは完了してるのに
あとのものがまだって
なめとるやろ むかっ(怒り)むかっ(怒り)exclamation×2

ったく,現金というか,当り前というか
これから先が思いやられる。

でもって,この点検作業,不備なものを返して,
あんまりなものは親に連絡し
ほんとに3年生か?これが・・・・

中には,締切間際に,不安そうに持ってきて

「親には渡してあったんですけど,ふーんって後回しにされて,なかなか書いてもらえなくて,はらはらしてました」
なんて気の毒な子もいて,
おかあさん,もらったらすぐ書いてあげてくださいね。

まだまだすべては完了しそうにありません。

この傾向,毎年強くなっていっているように思うんですけど。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

飛鳥さん,がんばれ

昨日,「なんで?」って記事で,
飛鳥エイジさんのことを書きました。

冤罪で懲戒免職になり,今は雪辱を果たすべく,
証拠を並べながらブログを更新している,もと小学校の先生です。
         ↑
ブログ「転落教師の独り言」こちら

たぶん,そのブログに来ていらっしゃった方だと思うのですが,
ここにもコメントを残して行かれました。
ありがとうございます。
確かに口は悪いと思います。
でも,飛鳥さんの語りからは,悪人とは思えません。

ここにも,googleから「飛鳥エイジ」のキーワードで来る人が毎日数人いますので,
そのうち変な炎上の仕方をするのかもしれません。

何が真実なのかは本人しかわかりません。
ただ,飛鳥さんのブログを読んで以来,新聞の記事も,そのまま信じることができなくなりました。
私自身,取材を受けながら,事実とは全く違うように書かれたことがあって,子どもたちには,
新聞といえど,とても本当のこととは思えないことが書いてあるね。
自分のフィルタをきっちりかけて,何が真実か,見極めなければならないよ。

これから,どんな展開が見えるのかわかりませんが,飛鳥さんを応援したいと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

日曜日の学校

今週は学校研究の提案を抱えているので,準備をしに学校へ行った。
月曜日を部活の休みにして,日曜日も朝からバリバリ部活をしている先生は,すでにコーヒーを入れて,ゆったりしている。

修学旅行の準備のためにやってきた人がいた。
明日は生徒にプリントを配らなければいけないので,その準備があるそうだ。

そろそろ授業の準備をするために来る人もいる。
授業が始まっているが,4月のことなので,まだクラスの準備すらうまく整っておらず,最初のオリエンテーションも不十分である。
教師によって少しずつやり方も違うし,異動した教員の後だと,生徒も教師も戸惑っている。

昨日もやってきた人が,また出勤してきた。
思わず「なに,毎日出勤してるんね」というと
「すずめさんだって,学校にいるから僕が来てるってわかるんでしょ。
僕より長いこと学校にいるじゃないですか」と切り返してきた。
そのとおりなので,何も言えない(笑)

電話が鳴った。
最近は休日でも平気で教師を呼び出す電話がかかってくる。
いないと答えると,大人しく引き下がる場合がほとんどだが,
たまに「え,いないんですか?」と露骨に不満そうな声を上げる人がいる。休日に学校にいないのは当たり前なんじゃないのかな?
どうして日曜日にいないからってその理由を言わなきゃいけないんだろう???
でも,「申し訳ありません。失礼いたします」と電話を切る。
なんか解せない。

私が準備を終えて帰る時,まだ4〜5人が作業をしていた。
全員ってわけじゃないとはいうけど,
これでまだまだ学校の先生はヒマでしょうなんて
そんなこと言ってていいのかな??って思ってしまった。
でも,休日の学校はゆったりしていていい。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

組合のよくないところ

初任校で私を鍛えてくれた人たちがバリバリの組合員なので,
私の原点はそこから逃げられないのですが,

組合の本組織(親組合といいます)の中には青年部と女性部があり,
若い女性が一番多くの組織とかかわることになります。
ところが,女性のライフサイクルの中で,20代後半というのは
結婚,出産,育児と,多忙を極める中にあり
とても,組合ごときのために割いている時間はありません。

私自身,この時代は,あっと気がつくと夜なかで
日付も変わってから,半分泣きながらおむつを干していたり,
夜の10時も回って,まだ明日配るテストの採点に取り掛かることができず,思わずイライラしてものにあたったりしたこともありました。
妊娠中は,体調だってすぐれず,夕方になると,立っていることもできないぐらいに体は重く,お腹は石を抱いたように張って,
夕飯の用意なんてどうしよう・・・ってこともありました。
それでまだ組合の動員に行け?
冗談じゃない!組合なんかやめてやる!!
最近はもっと多忙ですし,若い人も減っていますから,
その負担はもっとでしょう。

そればかりが理由ではないと思うのですが,
組合の中の執行部人事が固定化してきています。
いろんな人がやってこそ,理解も深まり,新しい変化の風も吹くはずですが,いつ見ても同じメンバー
(すずめにしてみれば,知ってる顔ばっかりで,とても気安いのですが)
これじゃ停滞するし,マンネリになるのは避けられません。

で,どんな人たちが役員を引き受けているかというと
そろいもそろって
まじめお人好しなんですね
これってつまりはイヤと言えない,お人好し集団
狡猾でもないし,人になすりつけたりもしないし,悪人の要素がない。

それが組合のよさでもあるし,ネックにもなっていると思うのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんで?

私がいつも読んでいたブログの中に
「転落教師の独り言」って懲戒免職になったセンセのブログがあって
豪快で口の悪い,ワイルド派教師が冤罪に堕ちていく様子をずっと書き綴っていたのです。
目的は復讐って,小説なら「モンテ・クリスト伯」のようになったのかもしれませんが,まあお世辞にもスマートとは言えない人間臭いセンセで,見ちゃいられない危なっかしさに惹かれるところがあるんですけど,
そのブログがいきなりブログ村から消えちゃったんです。

前にも私のブログのことを取り上げてくれて,
でも,コメント寄せてくれるのではなく,ご自分のブログで
「背筋が寒くなる」とかコメントされて,どうしようって思ってたら,いきなり次の日に消えちゃったブログもあって
(私は削除要請なんかしてませんけど)

なんか,どんな理由かわからないけれど
いきなり消されちゃう,それって何よ?って思っちゃうわけです。

本人の削除要請ならいざ知らず,
いきなり誰かの「情報提供」で消されちゃうのだとしたら,
それって違う意味で怖くないですか?
本人には理由がちゃんと知らされているのでしょうか?
基準は何なんでしょうね。

じゃ,私のブログもいきなり消えちゃったりするのかしらん?って思うと
ちょっとおっかなくなってくるのでした。

飛鳥先生はもがきながら書き続けているようですけど
判官びいきか知りませんが
いっそう「がんばれ!」っていいたくなるすずめなのでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

やっと1週間

月曜日に始まった,新学期の1週間はとても長く感じました。
学活の嵐だった1週間も終わり,授業が始まって,少し時間の余裕も出てくると思います。

それにしたって,来週は選択授業のオリエンテーション,総合のことはじめ,それに修学旅行の準備と,目白押しなんてものじゃない毎日が続きます。

全国学力テストなんてものもあります。

落ち着いて授業になるのはGWぐらいになるかもしれません。

受験生になるのにね。もうちょっと落ち着いて勉強させないと。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:学校 新学期

日教組の何が悪いのよ・・・・

山のおっさんという方からとても親切なコメントをいただきました。
ちょっとそれについて考えてみたいと思います。

前にもこんなこと書いたおぼえがあるんですけど,

googleが多いようですが,ここには毎日20〜50人が,「日教組」の検索ワードで訪れてくれています。
こんなブログでは,これはとても大きな数字で,
その意味では,日教組のおかげで,ここのアクセス数が上がっているということもできます。ありがとうございます(笑)

たぶん,検索で来てくれる人の多くは,日教組にいいイメージを持ってはいません。
なにか,悪いネタや,スキャンダル,ゴシップ,中傷,そんなものを探して,ここにやってきます。
検索のキーが日教組&下着,女教師,ブラ,ロリコン・・・・と,おばちゃんでも恥ずかしくなるような検索ワードでここに当たるって
いったいここはどんなブログ??って自分で思ってしまいます。
おっかしいなぁ,そんなこと書いてないんだけど。

そんな人も,ここを読んでもらえれば,すずめがふつーの(よりちょっと過激かもしれないけど)おばちゃんだってことがわかるでしょうし,
私の周りには,もっと素晴らしい実践を重ねている教師も数多くいるわけで,日教組の教師だってふつーの教師だってことが感じてもらえないかなと思って毎日のことをつづっています。

すずめが若かったころ,イロハを教えてくれた人たちも,私が敬愛してやまない多くの教師たちも,みな組合員です。

すずめは若いころ,「教師の世界は,上下もないし,階級とも無縁」と思っていましたが,多くの派閥や,上下関係,利害関係・・・・と,およそ子どもの教育とは関係ない部分の駆け引きや,勘定のようなもので動いているところがあります。一般社会となんら変わりはありません。
仲間だと思っていた人に足元をすくわれるってことも,アイディア根こそぎ持っていかれて,別の人の実績にされてしまうこともあります。

そんな中で,組合ってところは,対管理職の部分はあっても,
組合の中での上下関係というか,
少なくとも上司の言うことを立って聞いて,「ハイ」しか許されないなんて,そんなことはありません。転覆を狙う同僚も,パワハラをする上司もなく,気持ちを緩めても危険のないところです。

組織ですから,動きの鈍いところも,思いの通らないところも,おっかしいやろ!それ!ってところもありますし,時には日教組だってことで,肩身の狭い思いをすることも,腹の立つこともありますが,
それでも日教組の組合員を名乗り,ここにいるのは
こんな世界をなくして,官僚と同じ構造の教員世界だけを残してしまったら,
それこそ,教師の意識は違うところに行ってしまうのではないかと思うからです。

和田中の藤原校長が,その本の中で,一般社会の常識が通用しない,出世というニンジンをぶら下げても走らない,不思議な教員の世界と言っていますが
自分の地位や収入目的ではなく,良かれと思うところを子どもに実践する,そんな良心で動く部分は,行政の手によれば
利用するだけ使用しつくして,使い捨てにされている部分でもあります。
予算はつけないで,教員の自助努力のみに頼ろうとする,およそシステマティックではない教育改革は,官庁からみれば,10年以上は立ち遅れている施設設備や機材を見れば,いかにただ言っているかわかろうってものです。
未だにエアコンもなく,ページ取り,ホッチキス止めはすべて人力で,黒板とチョークで(それが便利なんですけど)会議をし,60人以上の職場でも電話回線が2回線って
そんな役所がほかにありますか?

そんな教員の立場を守る最後の砦としての組合,
国労が消え,郵政も消え,自治労が瀕死の今,日教組が倒れては
「組合」自体が消滅するかもしれない。
日本は派遣とパートとワーキングプアと,それを牛耳る富裕層と官僚の社会に定着してしまいます。

ま,そこまで真剣には考えていませんが,
それも冗談ではすまない状況の中で
組合は大事にしなきゃいけないんじゃないかなと思うすずめなのでありました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

かなり疲れてきました

4月の初めは,6時間中5時間学活,1時間集会なんて日が続きます。
経験から,少しは先読みも,流れを作ることもできますが
やはり体力的にはキツイです。
何しろ,朝の朝礼に行ったら,それっきり4時まで職員室に帰ってこれないわけですから。

小学校の先生って大変だな・・・・。毎日こうなんでしょ。

で,組織が決まり,係が決まり,班が決まって,子どもが動き出すと
少し教師は楽になります。
やっと掃除までこぎつけました。
ほっとくと,どう動いていいかわからない人達ですから,
1から教えます。
それでも,伝達や指示を聞いてなくて,
仕事が回っていない・・・・なんてしょっちゅう。
それで,「これはだれの仕事?」と聞いたときに誰も反応しないと
雷雨になるという図式です。

家で仕事をやりつけていない子どもたちですから,
とにかく動かないでおこうとするんですね。
でも,仕事の分担は,必ずひとり1役ではなく,誰かが休んでも,次の誰かに責任が行くようにさせてあります。
だから,どんな場合でも,誰も責任者がいないということにはなりえない。
そこで誰かが逃げると,班全体が絞られることになります。
1か月もすると,ちゃんと反応するようになりますから,こっちもあきらめずに雷やら嵐やら起こし続けるわけです。
それでなんとか,自分もクラスの一人として責任あるポジションにいるんだとわかってくれれば,少しは自尊感情もわくってものでしょう。
なにしろ,彼らは役に立ってきていませんから,
動かない上に,自尊感情もない。

家の中で,褒める種を作ってこなかったところに根っこがあるわけですから,時間がかかる作業です。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あん?初日から置き勉??

夕方,教室の机の整頓にいった。
机に手をかけると,なんか,重い。
中をのぞくと,なんと,教科書が・・・・。

もう3年生じゃなかったっけ?
勉強頑張るとか言ってなかったっけ?
まだ初日で,ほんの2時間ぐらいしか授業なんてないはずなのに
それですでに置き勉?
(置き勉とは,業界用語で,文字通り,学校に教科書などを置いていくこと)

見つけたからには黙っているわけにもいかないので
没収してきた。
明日,誰が一番最初に気づくだろう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

PC?それとも手書き?

クラスが動き始めると,いろいろな活動が始まってきます。
もうじき授業も始ります。
時間割表に始まって,クラスの組織表や班活動,掃除場所,今年の目標などなど,掲示物は山のようにあります。

私の隣の担任は,全部PCで作っちゃいます。だから,整然と,とってもきれい。
ラミネートまでして,もーこれ以上はありませんって感じです。

私は,全部子どもの手書き。
あったかみはあると思うけど,ところどころ「ん〜〜〜」ってこともしばしば。
それでも,やめるつもりはありません。
隣の担任は,「すずめさん,なんなら作ってあげましょうか?」っていってくれるけど
「けっこうです」
きっと負け惜しみだと思ってるだろうな。

だけどね,これ以上なんでも揃えてあげていたんじゃ,
生徒が工夫したり,考えたり,自分で作ったりする部分がなにもなくなっちゃうと思うの。
その先に待っていることっていったら,
工夫しなくなって,人任せになって,そのくせお客様感覚で批判とクレームだけ言うくせに,自分で行動しない人なんじゃないかなって
だから,生徒が,一人じゃできないけど,何人かで工夫して,協力して,面倒くさいけど自分の手で何かを作る作業を残しておきたいのです。

だから,最後の一人になっても,私はPCで打ち出してやったりはしないよ。
残念だけど,私の受け持ちになったら,その辺は諦めておくれ。
求めるのは「自分たちで運営できるクラス」
先生の手なんか借りるんじゃない。
自分たちでまとめて好きにしたらいい。
そのノウハウならいくらでも教えてあげるし,仕掛けも後押しもする。
でも私は直接は動かない。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学級組織決め

4月にクラスがスタートして,学級組織が動き出すまでの担任はわけがわからなくなります。
係まで決まって,動きだしてしまえば,担任がお休みの日でも
クラスだけはちゃんと動いていきますから,心配がないのですが
最初は何しろ1から10まで担任です。
しょっぱなに会長副会長を決めると,とりあえずあいさつや出席簿の運搬が始まり,後ろの黒板に書記が日程を書き始めます。
これで一つは楽になります。

リーダーを決めたあとは,班決めがあります。
私はいつも班長に班員を決めさせるので,最初の1回は
みんな仲良しグループを作りたくて出てきます。
ところが,わがままをいいあい,好きなものを取っていくと,
あっという間に行き詰まります。誰からも取ってもらえない子が出るのです。
誰ひとり泣かせてはいけない。

そこで班長は悩み始めます。
班長同士の思惑やら損得やら,いろんなことがからんで,
結局,好きなものをとっていては話が進まないこと,自分から取りたくない人もとっていかないと,折り合いがつかないことを学んでいくのです。
大方決まったところで,追いうちの一発。
「この子たちはこれでハッピー?」
望まれなかった子たちにも人間関係があります。
仲間はずれもつらいし,せっかくの数少ない友達と離れ離れで
気の合わない子ばかりと一緒でも楽しくなんかありません。
また班長は悩み始めます。

みんながちょっとずつガマンするって意味が,ちょっとだけ分かってもらえたかな。

これから,新しい班で協力することを学べば,
今は「お荷物」と思っている子のいいところも見えてくるからね。
早く,新しいクラスに馴染もう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

今年のクラスは

入学式でお迎えして,今年の3年生ですから
だいたいの子はどんな子かわかります。
そりゃ,遠くで見るのと,近くで見るのとは違う子もいますが
その子の性格の全体像ぐらいはつかんでいると思います。

新入生なんかで,落ち着かなくてクラスに入れないような時は
机の上にエサを置いておくと,教室に入りやすくなります。
昨日は,初めての日でしたから,机の上には学級通信の第1号を置いておきました。

私もうろうろして,生徒と雑談したり,教室を整えたりして,始業を待ちます。
チャイムが鳴って,他のクラスでは,まだ廊下に気弱な人たちがたむろっている中,私のクラスの生徒は誰も廊下にいません。
席について,通信を読んでいます。
まずはエサまき成功です。
「席に着きなさい」という一言を言わずにすみます。

教師には1日目で勝負しなければならないポイントがいくつかあります。
まず,カバンなんかを机の横にかけさせない(収納場所がちゃんときまっているので,そこへ持っていかせる)
遅れて入ってきたような場合には,黙って席につかせない(ほっとくと,理由を言いに来ません)
そんなようなことは,最初になあなあにすると,1年間徹底なんてできません。生徒の方に,「この先生はどうでもいいんだ」と思わせては,あとあとお互いにいやな思いをします。

そんな,腹の探り合いをする中で,
このクラスにはもともと人材として面白い子が何人もいると思っていましたが,
比較的几帳面な子が多そうであること,
教師への反応が素直であること(ってことは正直なんでしょう)
がわかってきました。
冷めた雰囲気にしないように注意して
あったかムードのクラスができるといいな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

入学式はつつがなく

去年の入学式は悪夢でしたが

参考:たぶん一生忘れられない入学式です

前日から
「今年は骨折しても,代わりはしないから」と,教務主任に宣言し,教務主任には,「外出禁止」
無事,今日の日を迎えました。

今年は,去年の教訓もあって,何事もなく,無事に式は進んでいきました。
去年は,最後のアトラクションに出る生徒を案内する教員がタイミングを間違え,プログラムの順番を一つその場で入れ替えたのですが,
今年はそれもなく,すべてが順調。
悔しいくらいに平和に終わりました。

そんなもんだよなぁ。

なんだか,ものすご〜く疲れた1日でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学級通信のタイトル

クラスの担任が決まると,毎年一番最初の作業は学級通信のタイトルを考えることです。
クラスのナンバーが入って,語呂が悪くなくて・・・・。
しょーもないと思われるでしょうが,
始業式の日に,No1を出して,そこで方針について語りたいのです。
途中で続かなくなってしまうときもあるのですが
最初はやっぱり出さないと。

自分でも,バカなことしてるなあと思わないでもないんですが
周りを見ると,けっこうよく似た人がいて(笑)

みなさんはどうやって学級通信のタイトルをつけているんでしょうね?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

職員室の席替え

毎年1度しかありませんから,これはもうたいへんです。
去年は入口から1番近い席で,気がつくと,後ろに生徒が立っていてビックリってこともありました。
今年は分会長もあって,組合の荷物も山のように来るので
「わがまま言っていい??」と端っこの席をおねだりしようとしたら
「はい,わがままは後〜」ってあっさりいなされて
その後,なにか意見を言っても,「はい,すずめちゃんのワガママ」って相手にもされず・・・・

いえ,いじめられてるんじゃないんです。
すずめの後始末というか,整理整頓能力のなさをみんなが知っているので,好きな席を与えたら,周りがどんな状況になるかがわかっているのです。
まったく,最近「片づけられない女」(こんなようなタイトル)とかいう本まで出るほどで,
すずめも,ダメなんです。
一応整理しているつもりなんですが,
「すずめちゃん,右のものを左にやっただけじゃ,片づけたって言わないんだよ」
そうですね。

で,見えないところに置いておこうと,つい資料室の片隅とかに私物を入れて,見えないようにすると,忘れてしまって
あちこちにすずめの荷物が,まるで宝探しのハズレ宝箱のように点在していることになります。
引っ越しのとき,どうしよう。

で,まあ,とにかく,座席は決まりました。
念願のはしっこですが,教頭先生のすぐ近く。
この教頭先生が,また徹底的に片付けの上手な人で,机の上はいつもすっきりさわやか。
また毎日,明らかにすずめの方を見ながら
「先生方も,机の上の片づけをよろしくお願いします」って言うのを聞いてなきゃいけないんだなあ。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

新年度が始まる

月曜日から新学期が始まります。
昨日はやっと自分のクラスを見に行きました。
机を並べて,黒板に紙を貼って,1年間眠っていたクラスグッズを運び込んで・・・・。
教室整備とは言いますが,つまりカスタマイズです。

去年は1年間,朝は職員室の周りを掃除していましたが
それも,「今日で終わりだから」と宣言しました。
月曜日からはクラスに行くからです。
クラスで,ゴミを掃除したり,掲示物を整えたり,あと始末の悪いカバン類を片づけたりしながら,登校してくる生徒たちとおしゃべりをします。
玄関で出迎えるべきだという人もいますが,私は教室で待つのが好きです。

もう20年以上も前になりますが,
私の尊敬してやまない社会の先生がいました。
いつも凛としていて,世の中のことをよくみていました。
何を聞いてもちゃんと知っていました。
昔の市長さんの娘さんで,美人というわけではないのですが,知的な雰囲気のする人でした。
その先生が私をつかまえて言いました。

「すずめちゃん,先生は笑顔が大事。生徒は先生の表情を見て,ほっとするの。朝,教室で一番最初に見るのは先生の笑顔なのよ。」

それから,毎日クラスで子どもたちと話をしながら開始を待つことにしました。
確かに早くから教室にいると,生徒たちは落ち着きます。
始業のベルが鳴って,「座りなさい」なんて大声を出さなくても,みんな座っているのです。
(最近は,大声で座るように言っても,誰も動きません。ひとりひとり声かけしながら,背中を押さないと動かなくなりました。素直なんですけど,全体に対する指示は通りません。それだけコミュニケーションの能力が稚拙なのです。)
朝から声を荒げることがなければ,その分生徒も教師も穏やかに始められます。
もうずいぶん前に退職された先生ですが,私には今でも大事な師であると思っています。(本人は知らないでしょうが)

さて,今日は少しグッズを買い足してこなくちゃ。
いつの間にか色鉛筆もなくなっちゃったし,雑巾干す紐も張りたいし。
(学校の教師には雑巾は貴重な財産です)

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:新級 新学期

生徒会の行事

7日が入学式なので,8日には対面式という行事があります。
文字通り,新入生と在校生が顔をあわせて,これから同じ中学校の先輩後輩として仲良くやっていきましょうという式です。

今年の生徒会担当が言いました。
去年の対面式って,ちっとも面白くなかったから,なんか,雰囲気を和らげるようなゲームとか,やりたいんだよね。

乗りやすい教師がいいました。
全員でオクラホマミキサーとかどう?

なんか,こう,みんなが楽しくなるようなことってないかな。

みなさんはどう考えるでしょうか?

すずめはもともとがお祭り大好きなので,みんながうまく乗るようなことならいいなぁと思っていました。

と,年配の教師が不機嫌そうに言いました。
式ってつくからには,儀式なんだから,みんなで楽しくとかいうのはふさわしくない。やめてください。

音楽の教師が言いました。
ほんとはね,全校合唱とかしたかったんですよね。今年は仕込めなかったけど。顔を合わせて,みんなで素敵な歌を歌うってすばらしいでしょう?

それならいいが,ゲームは困る。ゲームは止めてくれ。

全校合唱は良くて,ゲームはダメなら,どこまで許されるのか,すずめにはたんなる形式主義にしか思えず,ちょっとムッときたのですが,
私には決定権はないので,黙って聞いていました。

結局,来年度は合唱に持っていけるようにがんばってみるけど,今年は何か・・・・ということで,前出の生徒会担当は
ずっと後になっても,「何か面白いこと」を探していました。

式って文字がつくものは儀式で,厳かでなければならないって
入学式にふざけた芝居をしようって言ってるわけじゃないのですから,どうもなんか,違和感を感じるのですが,
それってすずめが非常識なんでしょうかね・・・・?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

なんてこった!負けるもんか!

早こんな時間になっていました。
今日は明日の職員会に出す書類を作っていて遅くなりました。

頭に来ることもありました。

すずめはずっと総合の係をしています。
たいていは学年で,どんなことをするかを決めて,
学年で見通しを立てて動きます。
1年生が入ったときに,卒業までの計画を立て,
少しずつ段階をあげていき,3年生で総まとめをして終わります。

そりゃあ,決して大したことやってるわけじゃないですが
それでも子どもたちと試行錯誤し,ものもない,金もない状態から
何かを作り上げていく過程が好きでした。
お金をかければ,何でもできるのは当たり前のことです。
なにもないから,人の善意に触れ,みんなで助け合って一つのものが出来上がっていきます。
そりゃお金をかけた既製品に比べれば,貧相なものですが,
子どもたちに満足が残れば,それは次へのエネルギーになるのです。

総合を目の敵にする人はたくさんいます。
すずめに言わせれば,じゃあ,いったい何をしたいの??と
不思議に思うのですが,何もしたくないのかもしれません。

今回の指導要領が出た時,彼らは諸手をあげて喜ぼうとしました。
総合がなくなるのではないか。
少々時間が切り詰められましたが,何かをするには,まだまだたっぷり時間は残されています。
まして,今年度は試行にもならない。

「前年からの予定で行かせてください」

すずめの提案に,態度が硬化したのを感じました。
だって,すずめはこの子たちが1年生に入ったときに,
3年間の総合の流れをしゃべり,こんな風に取り組んで,こんなものを作るんだってぶっちゃったんですもの。
今更変える気はありません。
すずめの学年は教師全員,それで納得しているのです。

さっそく他学年の教員が言いました。

「来年は全く違うかもしれませんよ」

いったい何をしたいんだ??どこまでも潰す気か?
相手は,やれ3年間を見通してないの,計画性がないのと文句ばっかり言っていた教師。

「次の学年のことは,学年でよく話し合って決めていただけばいいのですが,1年生のときに3年間を見通して予定を立てているはずですから,それから離れないようにしてください。生徒に説明してありますよね。いきなり方向転換するのはお互いのために良くないと思います。」

ケッ黙った。

そりゃあそうだ。ヤツがいつも言ってたことをそのまま返したわけですから,意気揚々とつぶしに来て,返り討にあったわけです。
あったりまえです。こちとら,ずっと前から,きっちり3年間プログラム組んでやってたわけです。予定表見もしないで,計画表読みもしないで,文句だけいう輩に負けるわけにはいきません。

すずめは決して過激な方ではないと思っていますが,
負けちゃいけない勝負はあると思っています。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

4月1日

積んでは崩す,毎年恒例のリセットの日です。
学校という職場がちょっと違うだろうなと思われる一つに
すべてが1年でリセットされることがあります。
校務分掌と呼ばれる役割分担もチャラ,学年もクラスもチャラ
何もかもが,今日,新しく決まります。

といっても,すずめはあんまり代わり映えがしなかったのですが,
それでも3年生に上がって,新しくクラスが決まりました。

今日と明日は,そのために朝から1日中会議です。

今日がエイプリルフールだったことなんて
すっかり忘れていました。

今年の大変さは,まず女性の少なさでした。
女性が出て行って,異動で入ってきたのが全員男性!
産休に入る予定の女性を除くと,担任できる女性がいない!
中学校現場の職員の男女比は男:女がだいたい4:6といわれていますが,
うちの学校の,今年度は,担任の男女比だけみると,女性が3分の1です。
だからって大事になんかされませんけど。

ともかく,第1歩がスタートしました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。