現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!! > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


選択と総合

今日の新聞は,どれも学習指導要領の話でした。
国語の時間が増える,社会,数学,理科,英語も増える
体育も増えていました。
代わりに総合が減ると書いてありましたが
たぶん,ちょっと違うと思います。

実は,総合には裏番組のような選択の時間というのがあって
3年生を例にとってみると,
週3時間の選択と週3時間の総合でもOKだし
週5時間の選択と1時間の総合でもOKなんです。
要は,総合と選択を合わせて,年間235時間すればいいことになっています。

今回,それが減らされたわけですから,
総合の時間を減らす学校もあるでしょうし,選択の時間を減らす学校もあるはずです

実は,この選択というのが
楽しそうで,なかなかよかったりもするのですが
ただのおしゃべりにもなりがちで
難しいところなんです。
私に言わせれば,選択なんてカス!っと答えてしまうのですが・・・・。

まあ,それはおいといて,

一つだけ疑問がありました
社会の授業時数は,1年で140,2年で105,3年で140
地歴ではなくて
3年になってからの社会は公民ですね。
そこに力を入れるってどういうことなんでしょうね
にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学力調査の諸費用

授業へらしすぎたって「後悔」しているそうだけど
今更後悔されたんじゃ,今の学校教育どうすればいいの?って感じで,
振りまわされているのを感じます。

現行の指導要領は,確かにやりにくい点がいくつもありました。
ゆとり教育の示す,新しい学力は
なんだか納得できないものでした。

今回は,どうなりますやら
って,指導要領の話じゃなかった

77億でしたね。

今年,文科省は教員を増やす概算要求を出すんです。
たぶん通らないけど。
今,不正にまみれてる公務員たちのとばっちりは
必ず「無駄遣いだ」にくるし,
そうじゃなくても苦しい国民は
公務員に甘い顔なんかしたくないのは当たり前の話。

77億もあったら,年収500万の教師(雇用側の負担は年収の2倍と見て)
77億で700人以上の人材投与ができますよね。
都道府県あたり,15人の増員です。
それだけじゃ焼け石に水かもしれませんが,
あのくだらない調査よりはましだと思いますね。

ところで,今,去年からの成果と課題って文書がきて,
何か書かなきゃいけないんですけど
はじめからわかっていたことを証明しただけの学力調査において
いったい,何を成果とし,どんな課題を見つければいいのでしょうか

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

後には引けない・・・・

学習指導要領の改訂が決まって,文科省の概算請求が出てきまして
そこに出てきました。学校支援地域本部
今から4年間で10000校に設置せよ
1万って,中学校全部じゃないですか。
そんな簡単にいくものなのかなあ

すずめの学校は今年,地域本部を作り始めたのですが
手探りなので,なにしろ,うまくいかないことだらけ
あれはどうする?これはどうしようって
文字通り暗中模索,五里霧中
でも,こんな動きになってきたとあれば,
もう後には引けないのでしょう。
行くしかない。

あ〜

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学力調査ときめ細かな指導の怪しい関係

今日は片付けしながら,新聞に目を通していました。
木曜日の新聞は,7紙とも,見事なくらい学力調査の記事で,
それぞれに違ったまとめ方をし,全部読んでると,頭が狂いそうです。

中に1紙だけ,文科省が習熟度別少人数と点数の関係だけは黙秘して語らなかったという記事を書いているところがありました。
ふ〜〜ん

かつて,きめ細かな指導にともなう加配の教員は
TTまたは少人数指導のためと言われました。
私の教科では,話し合った結果,習熟度別に分けるよりも,成績のいい子がよくない子とペアを組んで教える方が効果があると考え,
また,一人が授業を展開し,一人が補助に当たる方が生徒指導的にもいいとして,TTを選択しました。
子どもたちにとって,質問したり,さりげなく補助に回ったりできて,サポートになったことに加え,
違う教員の授業を見ることは,この年になっても,新しい刺激で,
数多くの学びがあり,1年経ったときには,一皮むけた思いがしました。
生徒のためのプロジェクトなんですから,教員がベネフィットを得てはいけないのかもしれませんが
私には,教員の力量が上がり,生徒指導的にも意味があり,お互いがカバーしあえるTTは夢のシステムに思えました。

ところが,しばらくすると,教委はTTを認めなくなりました。
加配は習熟度別少人数でと条件がついたのです。
確かに,TTは名前だけでほかに流用してしまう学校も多く,
チェックが難しかったかもしれません。
でも,教委は「TTはもう終わった。少人数は効果が認められている」の一点張りで
TTを認めず,すべてを少人数加配にしたのです。

しかも,少人数にあたるのは,ほとんどが講師で
少人数で週21コマ以上という(現在は18コマ)縛りがかけられたので
講師は授業が21に選択と総合で,23〜24コマ/週28コマという
空き時間なんか一個もないようなとんでもない条件で通年講師をしているのです。

で,少人数加配と学力調査の因果関係をしゃべらないってことは
そういうことなんですね。

潔くないぞ!文科省!

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gifランキングオンライン


おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

またまた学力調査

学力調査の順位になんの意味があるのかって記事を書いたら
いろいろ書いてくださった方がいらして
ありがとうございました

もっとみなさんがどんな風に感じていらっしゃるのかなって聞いてみたかったりするんですけど。
順位の公表って意味あるんでしょうか?
1日限定で新聞の1面がすべて学力調査。
扱いはばらばらでしたが
都道府県ごとに表になって一挙掲載のところから
分析結果だけのところまでありました。
私は一挙掲載なんてえげつないだけだと思ったんですけどね

今日はこれから,教務主任と,保護者向け説明会の打ち合わせしてきます。
ほんとに何しゃべろう・・・・
今年の3年生は小学校の時から,そこそこ「いい」って言われてきた学年で,
全国よりも県よりも,市よりも,結果だけならずっといい。
でも,生活調査によれば,家に帰って,宿題も,予習も,復習すら
全国レベルよりも5ポイントから10ポイント下。当然,家庭学習もしていない。
生活の中で,「自分で決める」ポイントも下。
じゃあ,どうしているのかというと
ガリガリしごくタイプの進学塾ではなく,授業の補充的な塾に通い,
時間の管理は親にしてもらっているという結果。
教頭曰く,「生徒が立派なんじゃなくて,親が立派やってほめとけば?」

なんか,すっきりしないんですよね。

新聞なんか,「やっぱり朝ご飯を食べて,学校の決まりを守る子が成績もいいようで」って
おまえは再生会議の回し者か?って言いたくなる。
生活習慣のきちんとしている子のほうが成績がいい傾向にあるのは当たり前の話なんで
なにをでかい見出しつけて毎回同じこと言うてんねん!って
で,それは,親が親の仕事をきちんとして,子どもに気を配っているっていうことの証明なんで
朝ご飯食べれば成績がよくなるなんて
そんな単純な構図じゃないことぐらい,考えなくてもわかるだろうに。

あ〜あ書いてるときりがない

行ってきます

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

まいった,まいった。

いや〜,まいりました。
今日は朝からどうも調子が悪かったんです。
朝の飛行機も5分遅れたんですが,私も遅れて,結局ぎりぎり。
しかも駐車場がいっぱいで,一番遠いところに置きました。
ま,値段は安いけど。

で,台風じゃんってわかっているのに,傘持つの忘れた・・・・
やむなく,穴の開いているビニール傘を持って行きました。
ないよりはまし。

なにせ,雨降りで,風も強くて,どこかで油を売ろうにも,どこも行けない,歩きたくない。
歩いていたら,会場に着いちゃった。けど,まだ受付もできていない。
ぼーっとすることしばし。
本持っていたので,少しお勉強代わりの読書をしました。

終わって,外に出ると,けっこうな雨。
でも,飛行場まで行かないことには話もはじまらないわけで,
とにかく行きました。また,時間がぎりぎり・・・・
チケットレスなので,空港でチケットを買わねばなりません。
うわ,間に合わない!
と思ったら,飛行機,飛んできてない!
台風でなかなか降りれなかったらしく,30分遅れ。
しかも,出発時間は未定とかアナウンスするし。
待ってるしかないですよね。
乗らなきゃ帰れないんですから。
キャンセルも出たらしく,満席のはずだったのですが,私の横は空席でした。

家に帰り着いたのは,かれこれ11時
はぁ〜,疲れた

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教師も勉強?

今日は東京でセミナーなんですけど
台風が来てるそうで
帰りの飛行機が飛ばなかったらどうしよう・・・・

この日帰りセミナー参加って
けっこう体力的にはきついんですけど
飛行機は行き帰りともけっこう混んでて
ビジネスマンらしき人たちがたくさん乗ってるんです

みんな大変なんだなあって前回感じました。
混ざって乗ってると
自分まで,なんかお勤め人!って感じがして
変な気分だったのを憶えています

無事帰れますように


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学力調査って,無意味かも

で,全国学力調査の結果を,分析してなんとかするようにってお達しが来て
保護者向けに何らかのコメントをしなきゃいけなくて
なにしゃべろうって頭抱えながら,いろんなものを見ていました。

ただね,
たとえば,全国の平均より都道府県がよくたって悪くたって,
中学生がセンター試験受けるわけじゃないんだから
ほかの都道府県の結果なんて,全くと言っていいほど関係ないわけで
県内の公立高校受けるときだって,ほかの県からの受験生なんてないんだから
自分の県がトップでも,ビリでも,実は大して変わりがないんですね。
ましてや,県の成績がいくらよくたって,本人の成績が変わるわけでなし。

もっと言うなら,学区で区切られてしまえば,
その学区の中の人間としか勝負しないわけなんで,
県のほかの部分がどうでも,実はどうでもいい。
ってことは,あんなに大騒ぎしている全国学力調査といえど,当の中学生には
あんまり関係がない話になってくるわけです。

じゃ,何のための順位公表?
もうマスコミの自己満足としか言いようがありません。
あんまりおどらせんといてほしいなあ。
そうじゃなくても,親って過敏なんだから

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:学力調査

全国学力調査結果

全国学力調査の結果が出たって,昨日から騒々しいことです。
結果は発表するとか,しないとか,うるさいことでしたけど,朝からテレビでしっかりやってるし,
新聞にも一挙掲載。

ほんとに傾向をみるだけなら,5年に1回ぐらいで良さそうなものなのに
来年からも悉皆調査は続いて,
今年でこれだけすっぱ抜きのような報道があるのなら
来年からだって,ひどくなっても,収まることはあるまい。

今頃どこかの教育長が隣の県に負けたって,指導主事呼んで対策を求めているんじゃないかな。
競争が全く不要だなんて言うつもりはさらさらないけれど
過度の競争と,プレッシャーの掛け合いは違う問題を生むし
その結果どこかの学校で,また不正が行われたんじゃ本末転倒でしょ。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学習の基礎を補う体験としての総合的な学習の時間

この前,勉強のバックボーンには就学前の原体験,原知識のようなものがあるってお話ししました。
ぐうたさんからもトラバいただいたのですが,
私は,この原体験,原知識,けっこう大きなもんなんじゃないかと思っています。
特に知識が消化され,ほかの情報と融合されて,その人の中での応用力になって発現される
言い換えれば,知識が生きた知恵になる過程で,この原体験の存在は大きいように思います。

本来は学校外で,家庭や地域における活動の中で,こどもはこの体験を獲得していくものと思います。
でも,その体験がなかなか獲得されず,なにも知らないまま学校へ上がってくる子が増え
学校でそれを補うものとして出てきたのが「総合的な学習の時間」ではなかったのでしょうか。

で,乱暴な言い方をすると,教師の方の,そうした原体験の不足と煩雑さから
総合は教師にとっても地獄の時間となりました(もちろん,そうじゃない人もいます)
次の指導要領で総合の時間を減らすようになるということです。
どんな運用の仕方になるのでしょう?
現在,総合と選択教科はだきあわせで,時間を区切っています。
総合をつぶさずに,選択をなくすというのも一つの方法でしょう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

お勉強って楽しいのに

勉強が好きか嫌いかを訪ねたら,ほぼすべての人が「嫌い」と答えるでしょう。
でも,実は私自身は昔,勉強が好きでした。
っていうか,楽しかったんです。

たとえば,理科の時間に天気図を習いますね。
その頃は新聞だって今みたいに記号だけ並んでるのではなくて,しっかり天気図が出ていました。
なんで今は北風が吹くの?
今日のお天気はこれからどうなるの?
どうして冬になると雪が降るの?
いろんな「なんで?」がどんどん解き明かされて,自分でいっぱしの予想を立てられたりするんです。
楽しくて仕方がなかった。


数学で難問が解けたとき。
国語の長い文章を読み終えたとき。
社会で昔の人たちの叡智にふれたとき。
知識の点がそれまでの点とつながって,体系化していくって,単純に喜びを感じました。

今でも,英語の単語を説明するとき

fulってのは「いっぱい」って意味ね。care(注意)がいっぱいだからcareful。beauty(美しさ)がいっぱいだからbeautiful。ついでにまん丸の月だからfull moonね。なんて言いますが,昔ほど,フンフンと喜んで聞いてくれる子はいません。
いろんな知識が結びつくって実感がないのか,その程度じゃ楽しいと思えないのか。
(じゃ,そんな単純なことも楽しかった私って,よっぽど退屈だったってこと?)

原因の一つは,その土台になる,就学前からのいろいろな生活体験が不足しているため
知識をよりあわせるだけの原知識のようなものが絶対的に不足していることでしょう。
好奇心の芽をつぶさないことも重要な要因です。
第1次の反抗期に「自分で!」と言っているのを取り上げてしまうと,その子の自立心はなくなると言われています。
「なんで?」「なんで?」を「あとでね」とか,「うるさいわね」とかいってあしらってしまうと,好奇心は消えると言います。
それって6歳までの話ですから,学校に来てからじゃ遅すぎるんです。

難しい問題ですね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ご迷惑をおかけします

時節柄,仕事が立て込んでしまい,
生徒指導も重なって,なかなかPCに向かって落ち着いていられない日が続きます。

せっかくコメントくださった方にも,ちゃんとお返事できなかったりするのですが
申し訳ありません。
しばらくすれば,山も越えると思うので
失礼をお許しください

さて,今日も頑張ってこよう

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

全国教研ふたたび

なんのご縁か,再び全国教研に行くことになりました。
今度はレポーターで,正規の参加です。
去年は,もう一生行くことはないだろうと思っていたのですが
今年ははまりました・・・。

まあ,どっちみち行かなきゃいけないのなら
前向きに,全国に名前売ってくるくらいのつもりで。
全国教研のレポートは一般公開ですから
すずめのレポートもどこかに載るわけで
たいした中身じゃないんですけど
書きたいこと書いて,公開しちゃえ!

ってたぶん,県教組の書記長レベルの厳しいチェックとつっこみが入って
組合らしいものに直されるんだろうな。
ケケッ
やってることは,現場を離れて久しい書記長には
実感わかないほど,特に中学校の教員は血の出る思いで実践してるんだけど
その辺どこまでわかってくれるかな。

とはいっても,全国教研は2月の話なので
まだまだ先です。
機動隊に守られて,右翼が遠くで気勢を上げる中バスに乗って移動した思い出がよみがえってきます。
あれからこのブログを立ち上げて,8ヶ月経ちました。
いろんな方におつきあいいただいて,大変楽しく過ごさせてもらっています。
当初は,もうちょっと組合色の強いものも書いていきたいと思っていたのですが
性格はかなり闘争的ですが,組合的ではないもので,結果的に学校の中を書いているにとどまっています。
ここへ来た書記長が「アツいし長いし」って(笑)
いいです。自己満足なんだから。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

グループ学習のすすめ

グループでの活動は,昔から随所に入っていました。
コーラスでリーディングしたり,劇をしたり,会話の発表をしたりするのに使います。

ところが,今年は新たな壁が出現しました。

グループは,好きな子同士で組んだり,そのまま横にいる人とグループになったりします。

いろいろ問題があるので,おなじグループがずーっと続かないようにしています。

で,なにが新たな問題かというと,

せっかくグループで並んでいるのに,お互い質問はおろか,相談もせず,
一人ずつ黙々とプリントや課題に取り組んでいるのです。

「プリントは一人じゃつらいから相談してやっていいよ」といったら
次はどうしたかというと,よくできる子のプリントが次々と人の手に渡って行くのです。
書いた本人は,暇そうだし,写している人は,なにも考えていません。
これじゃ,ダメです。

音読をするように課した時もそうでした。
役割分担をさせると,自分の持ち分をいい加減に練習して,
合わせて練習するということをしません。


仕方なく,「全員ですべての文を声をそろえて読みなさい」
女の子の元気な人たちは,これで何度も何度も読み始めました。
男の子はほぼ全員が,全く取り組めませんでした

ちょっと変化が見えたのは,
授業課題のプリントが少し難しくて,要領のよい賢い子でも,そんなに簡単には埋まらない。
でも,答えは必ず教科書本文中にあるので,あまり英語の得意じゃない子でも見つけたり考えたりできるのです。
ようやく,お互いに話し合うということができました。

さらに変化が見られたのは,英作文とその暗記を宿題にしたときでした。
何回言っても,立たせても憶えなかった人が,グループの点数をひっぱるまいと,暗記してきたのです。
なるほど,自分のためとか言っても,勉強の「べ」の字もしませんが,
人のためなら勉強するのね。
おもしろいじゃないの。

というわけで,こればっかり頼るわけではありませんが,
一つか二つの課題をグループで取り組むということを,少し恒常的にできないかなと思っているわけです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

先生,高校行きたくない

さて,情けない状態になってきた教室です。
底辺のある子はいいます。

「先生,オレ,高校行きたくない。暴走族に入る。」

「そうなの?でも,暴走族ってアンタが思うほどいいもんじゃないかもしれんよ」
「え〜,かっこいいじゃん」
「そう思う?でも,20歳も過ぎて暴走族してる人なんていないよ。それからの長い人生どうするの?」
「ま,なんとかなるんじゃない?」
「そうかなあ,中卒じゃバイトしても給料安いし,だいたい,暴走族に入ってたなんて言ったら,雇ってくれる人なんていないじゃん。
それじゃ彼女もできないよ。惨めじゃない?」

「大丈夫や,先生。オレやし」
「どうしてそう思うの?」
彼だって,そのままじゃいけないってわかってるんですよね。
でも,努力ができない。
面倒くさいから。

こんな子が各クラスに2〜3人ずつはいて,よく似たもの同士が集まって徒党を組んで
数が多くなると,気も大きくなって
女の子ちゃかしたり,弱い子いじめたり
そのたびに先生から怒られるので,「先生はオレたちを差別してる。なんでも,オレらが悪いと思ってる」
ちょっと被害妄想も入って,そう信じています。

それでも授業に座っているのですから,まだまだいい子なもんです。
でも,ちっともちんぷんかんぷんの授業です。
そりゃ,寝るか,内職するか,窓の外眺めるか
そんなことにしかなりませんよね。
なんだか,不憫だなあと思ってしまうのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

教室の現状

で,お恥ずかしい話なんですが
最近,どうも成績が下げ止まらない
優秀な人もいるにはいるんですけど,
ちょっと前みたいに,やり込めにくる子はいません。
代わりに,採点の基準や方法などに親が抗議の電話をかけてくるようになりました。
一見まじめに勉強しているように見えますし
授業が成立しないってこともありません
でも,テストの結果を度数分布に表したとき
思わず目を見張りました。
90点台から30点まで同じ人数だったのです
正規分布なら真ん中が高くなります
上から下まで同じ高さの度数分布をエアーズロック型といいます。名前がついているってことは,よく見られるってことなんでしょうね。

エアーズロック型のどこが問題かっていうと,
上位層もまんざらいないわけではないけれど
ふたこぶらくだと言われた上の山が崩れて中位に流れ,
下の山が崩れて超下位に流れた結果がエアーズロックなんです。

具体的にどんなところに症状が出てくるかといいますと
一つは提出物の悪さです。
ルーズなのもありますが,それに輪をかけて,できないわけですから
出せません。
先生に怒られると,気持ち悪くなって学校を休んだりします。
(それで休ませるんですよ。保護者が)
むりやり提出させようとすると,個別指導でつかないとできない。
自信がないせいで,答え一つ書くにも,誰かに「いいよ」って言ってもらわないと書けなかったりしますし
それでも,ちょっと目を離すと,
やっぱり,しょまなことして,全部やり直しだったりします。

こんな人が3人いたら,教師の手はそこでテンパイになります。
3人についてしまったら最後,ほかの子に目を向ける時間などなくなるからです。

事態はここから始まることになります。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

グループでの活動 その1

ユウさんからリクエストもらっちゃいましたけど
まだ成果が出ていないもの,そんなに自慢たらしく書きにくいので
おいおいってことで


そもそも,こんなことになったのは
8月にあった校内研修会の時に
「こんなこと,ほんとはしちゃいけないのかもしれませんが」
といいながら,発表したある英語教員の話に始まるのです。

彼女は自分の持っている3クラスを3通りの授業形式で教えました。
一つはふつーに一斉授業。
一つはちょっとゆるめのグループ活動
そしてもう一つは,がっちり制御したグループ活動。

ゆるめのグループ活動のところは,指示も少なめ
ワイワイやりながら本文の読みや練習問題に取り組みました。

がっちりグループの授業では,
ビシバシ指令を飛ばして,グループで授業をしたそうです。
この辺の詳細はよくわかっていません。

で,2ヶ月後の定期テストでは

グループ活動を取り入れたところの成績がアップし,
ほとんどドングリの背比べ状態だった3クラスの成績に差が生じたということなんです。

これは,なんか使えない手じゃないだろう


最近のおこちゃまたちは,誰でものグループで活動するのは至難のわざです
コミュニケーションを取るのが下手くそですから,
常に相手から話しかけてもらえないと,自分からは話しかけられません。

そのくせ,独り立ちもしていませんから
仲良しのお友達と一緒じゃないと,一人ぽっちでの行動もできないのです。

なんか,やってみようと
そのときは思っただけで過ぎていきました

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

学力の2極化に対抗する

今日はちょっとまじめに書きます(っていつもはどうなんじゃい?)

授業中の生徒の稼働率を上げることが今年の私の目標です。

最近,笑っていられないくらい,生徒の学力の2極化が進んでいます。
英語なんて,もっとも面倒くさい教科の一つですから
もう,単語を憶えるなんて,やってられないわけで
単語のテストだろうが,定期テストでさえ,家庭学習の時間は0
どころか,授業だって,教科書さえ開いていれば,何となく時間が過ぎていくわけで
寝たり,しゃべったりしなければ,もう安穏としたボケタイムなわけです。
それじゃ脳細胞だって,萎縮して,考えることすらできなくなりそう。

そのせいか,最近,単語のリストを渡しても,1回予備テストをしても
全く同じ問題でも点数のとれない子が出てきました。

これはもう,日本人の存亡に関わる問題です。
ぼけーっとしていたら,原始のころなら淘汰されてしまっていたであろう人間がちゃんと生きて,再生産にたどり着くわけですから
種としては,どんどん質が悪くなるわけで,
そのうち日本は衰退して滅びるんじゃないかということに真剣に悩んでしまうわけです。

グループ学習と連帯責任

で,授業なんですけど
人間って,自分のためと思うと,つい,「まあ,いいや」になってしまいますが
誰かのためと言うことになると,「仕方ないなあ」とやってしまいます。
じゃあ,思いっきり勉強しないヤツも,仲間の点数を下げてしまうってことになると,
ちょっと焦るんじゃないかと。
いえいえ,邪道といわれようが,なんと言われようが
「じゃあ,アンタ,この子に教科書広げさせて1時間起きていられるような授業やってごらんよ」といいたいわけで,黒板に3行書いて,振り返ったら寝てるかしゃべってるヤツに
勉強をさせるっていうのは,そんな簡単な技じゃすみませんし,
目標としては低いかもしれませんが,
とにかく,寝かすもんか!絶対ノートだけは書かせてやる!というのが私なりのグループ学習に込めた怨念なんです。

みなさんのところは,2極化の問題を抱えていませんか?
それにはどう対処していますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

遠足もう一つ

遠足では,かまどでBBQをしました。
値段の上限を一人800円にしてあったのですが
余裕でオーバーしている班もあり,
お腹の中に入ってしまっては証拠もありません。

まあ,お金のトラブルがなければ,最終的に問題はないんですけど。

と思って帰ってきたら,
問題はありました。

調子に乗った坊やたちは,やみBBQよろしく
いろんなものを鉄板に乗せ,(レタスやぷっちょまで焼いていたようです)
そうかと思えば,「豚のタタキ」とかいって
なんと生の豚肉まで食べたらしくて,
家に帰ってから,吐くの下すので転げ回ったということでした。

まあ,男の子ってやんちゃするものですけど
こういうのは,罰が当たったっていうことでいいんですかね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:中学生 遠足

遠足は楽しい

秋の遠足があったんですけど
川のそばを歩いていたときに,いきなり生徒が質問に来ました。

「先生,この川何川?」

川の名前を教えると

「ねえねえ,この川って,日本で一番長いんでしょ?」

「は?日本で一番長い川は信濃川でしょ?」

「え?でも社会の先生言ってたよ」

言うわけないと思うぞ・・・確かめてないけど。

ところが,話はまだ終わってなかったんです。

「先生,この川って,一番長い川じゃないの?」

「だから,違うって。この県では一番長いけど」

「え〜〜〜,なんでや?」

なんでや,じゃなくて,誰に聞いても,答えは一緒だと思うのですけど。

「じゃあ,一番長い川ってどこ?」

「だから,信濃川」

「それってどこにあるの?」

「だから,新潟県」

「新潟県ってどこ?」

「え?それ,どうやって説明すればいい?」

「いいわ,先生,わからんし」

いいわけないと思うんですけど。説明できないのでやめました。

この子も来年は卒業して,そのうち親になるんですけど
ちょっとまずくないですか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:遠足 中学生

今日もお仕事

おはようございます(早くもないけど)

「金八先生」へのコメントありがとうございました。
そうなんですね,やっぱりあんまり見ないようですね。

昨日はいきなり飲みに行ってしまい,午前様で帰ってきて
お風呂に入ったかどうかの記憶もなく,
歯を磨いたかどうかの記憶もなく,
布団に潜って寝てしまいました。

朝は,最近のウコンのおかげで,ほとんどアルコールも残っておらず
ちょっともたれていたのも,水飲んでトイレ行って治りました。

今日はこれから,イベントの準備と,英語のスピーチコンテストの準備に行ってきます。
イベントではA1サイズのパネルを10枚作るのですが
なかなか合格が出ません・・・。生徒の気分でもう一回作ってきます。

今日はその後で映画見てこようかな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

あ〜また金八先生が始まるんだ

金八先生も何年目になるのだろう
公立中学校であんなに長く教員が居座るケースなんてあり得ないし
その間に校長先生がどんどん替わっていくっていうのがなんか不釣り合いだけれど
ドラマなんだから,あんまり細かい整合性を問うてはいけないとは思っています。

ただ,どうも,不自然なんだよなあ
あれ見て,涙流す人もいるんだろうし,自分の担任と比べる人も
あっちがいいという人も,あんな人暑苦しいと思う人も
様々なんだと思うんです。
金八さんの授業も昔よりずいぶん上手になったと思うし
ありそげなシーンもたくさんあります。
そんな意味では小山内美江子さんも,スタッフの人たちもすごいなって・・・

もし一つだけ,何とかしてほしいところがあるとすれば
職員室内の会話と,校長先生をもう少しトーンダウンさせてくれれば
少しは現役教師のイライラも収まると思うんですね。
あんな雰囲気あり得ない!
ってか,あんな学校だったら,生徒は荒れるだろうし,教師は病むだろうって。
あれじゃやってられない。

すずめは個人的には嫌いじゃないんですけど
教員の中には「絶対見ない」って言う人もいて
きっといらいらするんだろうなって思うんです。

テーマの取り方は現実的で
う〜ん,ある!って思ってしまいます。
よく調べてるなって。
今回はモンスターペアレントと学校裏サイト
本物はたいていあんなおどろおどろしいもんじゃなくて,女の子が立ち上げてるケースも多いので,もっと明るくてかっわいいサイトです。絵文字顔文字いっぱいで,ピコピコ動いたりなんかしています。
でしたね。
いかにもありそ〜。
3日間,娘が家出していることに気づかない親が出てましたけど
いるんですよ。現実にも。そこが怖い。

生徒のキャラはちょっと古いかなって思いますけど
小山内さんの年齢(77歳?)を考えると,脚本家ってさすがって思います。

また生徒が学校でいろいろ言うんでしょうね。
ほかの先生たちってどんな風に見ているんでしょうか。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:金八先生

永年勤続って・・・

勤続25年も経ったそうで,すずめも永年勤続なんだそうです。
どこが??って感じですけど。

11月になんか式典があるそうで,今日は教頭に呼ばれて,知事さんに会いに行くと言われました。
一張羅着てこいって教頭は言うんですけど
卒業式か入学式でもない限りいいかっこなんてしません。
でも,卒業式の服はいくら何でも,それ着ていくのは恥ずかしい
入学式のスーツ・・・入るかな(シェイプアップ間に合わない)

着ていけるようないい服なんて持ち合わせていません。

それでも一生懸命考えました。
うーん,うーん,・・・・卒業式以外の黒のスーツ!

「教頭先生,喪服ならあります」

ブッと吹き出した,教頭,それでも食い下がります。(食い下がっているわけではないのですが)
「おまえ,着物はないんか?」
「着物ですか?喪服なら夏冬ともあります」

だって,本当なんです。1回も着ていませんけど。

「アホ,買ってこい」

「・・・・・・」

ゆっくり考えると,喪服で行くのもおもしろいかもって思ったのですが

職員室では受けました(受けてる場合じゃない!)

マズイです。ジャスコの10000円スーツじゃおばちゃん体型には無理だし
高いスーツ買うのは苦しいです。
ということは,あと1ヶ月で絞れるか・・・?
これから忙しくなるってことは,飲み会も多いのに。
と,昨日から悩んでいるすずめでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

採用試験

教員採用試験の結果が出ました。
団塊の世代の大量退職を控え,少しだけ倍率が下がっていると聞きましたが,
私の周りの講師たちは全滅でした。
誰が受かっているのでしょう??

その一方で,毎年新採の1割が2年目を迎えることなくやめていっているという数字もあります。

その人が教師に本当に向いているのかいないのか,
やっていけるかどうなのか,
面接だけではそう簡単に判断できないとは思います。
けれど,どうも,取るべき人が間違っているんじゃないの?と思いたくなるときもあります。
確かに教師になってほしくない講師もいますが,
この人こそ教師に!って誰もが言いながら,受からない講師がいることも確かです。

校務分掌上,講師には任せられない仕事もあります。
そんな仕事を任されないまま30も過ぎた講師は
結局教師としては使い物にならなくなったりもするそうです。
できようとできまいと,若い頃から責任を持たされないと,身につかないこともあるのです。

今の時代,子どもも減りますから,教員の採用を控えて,講師でまかない
人件費を浮かせようということもあるようです。
教育費もガンガン削られているわけですから
それも仕方ないなと思いますが,なんだか悲しい世の中だなと感じます。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

ちょっと言い忘れ

部活動で熱くなってしまいましたが

部活大好き人間は予想を遙かに上回ります。

教育活動にいちづけられるかもというニュースに,
「やっと部活も日の目を見るようになったか」と体育の教師は言いました。

前回は文化部すずめのひがみ根性でしたが

運動部だって苦労しています。

日本の行政って,つねにどこかが他力本願で
子どもの世話は母親が,介護は嫁が,していればいいって頭がどうしても離れない。

その辺のことは,また機会を改めて

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

もういっちょ部活動(すずめのひがみ)

部活動にいろいろコメント,トラバ,ありがとうございました。
部活動がそれだけ,いろんな意味で悩みの種なんだということがよくわかります。

問題は,一般的に多くの人が部活動の教育的効果を認め
それに大きな期待を寄せているにもかかわらず
教育行政は教員に丸投げをして,きちんと予算的措置をとっていないこと。
それ故に指導力を持たない教師たちは
能力以上のことや,そんなもん,労働基準法違反やろう!って言うくらいのサービスを強いられてしまい
それに対して文句を言うこともできない現状が出てきてしまうのだと思います。

しかも,昨今の運動部偏重は,文化部の人権など認めてくれないぐらいのものがあります。

いまでも,時々文句を言うと,そのときだけやってくれて,後はまた忘れられちゃうのですが

夏休みに入ったすぐに運動部の県大会があります。
どこの学校でも,時間を割いて,壮行会(激励会)をやってくれると思います。
すずめの地域では,8月初旬に吹奏楽部のコンテストがありますが,
吹奏楽部は激励会の時に校歌の演奏をしているだけで
激励してはもらえません。
なぜですか?同じ県大会に出場するのに・・・?

科学部の子がロボコン大会に出場しても,
演劇部がコンクールに出ても,
3年生の代表が主張大会に出ても,英語部がスピーチコンテストに出ても,
声楽コンクールに出ても,
激励会なんてありません。

あるのは運動部の大会の前だけ。

学校代表に何か差があるのでしょうか?

運動部の大会には校長と教頭が手分けして応援に顔を出してアピールしますが
吹奏楽部のコンテストに来てくれる校長が何人いるでしょう?


そんなことを考えていると,だんだんひがみ根性が入ってくるのです。

「運動部がそんなに偉いんかい!」そして生徒の間ではささやかれます
「文化部なんてヤミやし。」
「ヤミ(闇系)」と呼ばれることで存在を抹消されかねない生徒たちは
おいそれと文化部に入ることもできなくなります。

なんか狂っとるやろ!!と叫びたくなります。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

幸せのレシピという映画

幸せのレシピを見て,何となく幸せになってしまいました
単純おバカのすずめです

あり得ない!って非現実的なおとぎ話なんですけど
すずめはこういうのが好きで,つい,いいなぁって見てしまいます。

なかで一つだけ気になるシーンがありました。
ゾーイって女の子が学校で居眠りしているのを見とがめた教師が訳を聞くと,
ゾーイは「夜も働いて部屋代を稼いでいる」と答えるのです。
それで,校長先生が保護者である叔母さんに話をするのですが
単刀直入,「もしそれが事実なら,ゾーイは養護施設に行くことになる」って
つまり,虐待通告をして,それにより,子どもは保護され,保護者は告発されるというもの。

あっさりしてるというか,わかりやすいというか
もちろん,けっこう乱暴な作りの映画なので,
細かい所までは見ていないかもしれません。
でも,それで監督さんが不自然を感じないってことは
あっても不思議じゃないことなんでしょう。

日本でも増えている子供の虐待。
殴ったりけがさせたりするのではなく,ご飯を食べさせなかったり
不当に働かせたり,学用品などを買い与えないのも,育児放棄と見られ,
虐待通告の用件になります。
学校には警察または児童相談所へ届け出る義務があります。

なんかなあ。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

今日から後期

体育の日が終わりまして
(昔は10月10日固定だったから,晴れの特異日だったらしいけど,ハッピーマンディは1日中雨でした)
今日から2学期制後期です。
3日間の休みだけで
それも運動部は地区大会があったりで
あんまり区切りのはっきりしていない学期末。

評価についても,今月の通知表渡し(子どもに渡します)なんか
忙しいだけで,緊張感もありがたみもないって話

今年から地元の私立校の中には3学期制に戻す所が出てきました。
夏休みと冬休みの前で一区切りというのが
日本人の生活リズムには合っていると思うのですが

行政は何を考えているのやら・・・
この辺については,今年の私の教研レポートの課題なので

「教研ふたたび」

そのうち長々と話したいと思います

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへようこそおいでくださいました。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
ありがとうございました

またまた部活動

今までにも何回か部活動に関して書いたことがあります。
コメントしてくださったこちおばさんが,どうもトラブルの渦中にあり
仲良し(また出た勝手に仲良し)のユウさんもかつて困ったことがあったそうで
もちろん,すずめにも数知れず・・・・

いままでにすずめが書いた部活動関連の記事

 「たかが部活,されど部活」
 「部活未亡人じゃなくて」
 「もう一度,部活動」

すずめは取り柄のない部活ジプシー(得意技がないので,毎年のように手の足りない部活の副顧問を渡り歩く人を業界ではこう呼ぶのです)
人ごとではありません

部活については,これまでにも書いたとおり

現在は教育活動には入っていません。

中学校における教育は,
必修教科と選択教科,
道徳,総合的な学習の時間,
それに特別活動
で成り立っています。

特別活動は,学級活動,生徒会活動,それに学校行事で
そこに部活動,クラブ活動の文字はないのです。

ですから,現在はどこからどうみても,部活動は学校教育における「モグリ」です。

しかし,その教育的効果や意義から
次の改訂では部活動を教育活動に位置づけるという方向に動きそうです。

現在は,ボランティアであって,ボランティアを超え,
正規でなくて,正規以上の
ある意味教員泣かせの部活動がこれからどうなっていくのか,とっても不安なところです。

私も含め,専門外で,指導なんかできるはずもない教師が顧問を任され,
教育活動ですなんて言われた日には,それこそ心も頭も病みそうです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,どうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました
タグ:部活動

テストに関する傾向と対策

で,前回書いたテストの作り方に対する傾向と対策なんですけど

これはもう,

 1 授業を聞くこと
 2 にワークブックをきちんとすること
 3 教科書の音読を徹底的にやること


なんですね。で,これは教師が口を酸っぱくして言ってる。

すずめの教科は英語なので,これに,単語の暗記がくるんですけど
これができないらしい。
特に男の子に多いです。

「テストの点はどうしたら上がりますか?」と言う質問には

「単語を全部憶えてきたら相談に乗ります」と答えているのですが,
そういうと,
「そんな面倒くさいことできない」って言うんです。

「それじゃ無理です。さようなら」って答えると

「そんなん,責任放棄や」とかかってきます。

「ちょっと待て。勉強ってのは面倒くさいもんや。それをやらないのは学生の責任放棄と違うんか?」とやり返すと
たいてい,そのままいなくなってしまうのです。

どうしたもんかなと悩んでしまうすずめです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,そうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

テストの処方箋

テストの問題を作るときには,まずネタを用意します。
たいていの場合,教科書,ワーク,授業で使ったプリントが定番

次に,私の場合は,観点別なので,どの観点の問題を何点作るかを決めます。
だいたい観点は4観点ですが,
関心・意欲・態度には提出物や課題レポートが入ったり
授業中のパフォーマンステストが入るので,3つだったりします。
3−3−4か2−2−3−3ぐらいに分けて作ります。

次に問題のバリエーションを考えます。
前回はこのパターンだったから,今回はこれにしようとか
記述式のお題は何にしようとか。

大枠が決まったら,パーツを探します。
教科書の大事なポイント,ワークの問題,プリントの内容などを参考に
問題を作っていきます。
このときに,難易度を決めます。

20点以下の子が出にくいように,ワークと寸分違わぬ問題を少し。

ちょっと単語や場面を変えたものを少し

最後に100点防止のために難問を一つ,スパイス代わりに入れます。

(最近はこのスパイスなんかなくても,100点が出なくなりました。代わりに,ワークと寸分違わぬ問題すら解いてくれない子が増えてきました)

こうして問題を作っていくのですが

どうですか?お母さん方,少しは参考になりますか?
っていっても,もうテストは終わっちゃったかもしれませんね。

生徒にはちゃんと手の内明かして,
テスト返しの時には,
「これはワークの○ページの問題」とまで言っているのに
ワークをやらない子が何人もいます。

「何してたの?」って聞くと,「テレビ見てました」

テスト対策には「テレビを封印」
が一番効くかもしれません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところへ来てくださって,そうもありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。

ありがとうございました

デモしか先生すずめC 初任の頃

今年の教員採用試験の結果が出たようです。

すずめは幸か不幸か1回で受かっちゃったので
講師の経験はありません。
ですから,この時期の,また,採用試験前後の大変さってのは
実はわかっていないのです。

自分の採用試験の時も,どんなものが来たんだったか憶えていないのですが
健康診断の用紙を出せって言うのがあって
保健所へ検査に行った憶えはあります。

そんなことを考えていると
初任の頃を思い出しました。

今だからいえますが,相当ひどかったようです。
「こんなのが教師になる時代になったのかと頭を抱えたくなった」
10年経ってから言われました。

当時はまだ初任研ってものもほとんどなく,のんびりしたものでしたが
その分,「初任のうちから学級を持たさないとダメだ」との方針で
右も左も教師のイロハもわかっていないすずめが学級担任でした。
1年生のクラスでしたが,はぁ,もう,今から考えればかわいそうなもんです。
(もちろん生徒がです)
すずめは高校の教師志望で,中学校での教育実習をしていません。
中学生以来,生徒以外の経験がない職種へいきなり一人前として放り込まれたのです。

最初の日から躓きっぱなしでした。
最初の保護者からのクレームは,休みの日にソフトクリームをなめながらショッピングモールを歩いていて,匿名の電話がかかりました。
「教師のくせに行儀がわるい」

はぁ?

電話をとって,泣いちゃったこともあります。
すずめの初任校は児童養護施設を校区に抱えていました。
そこから,学年に3〜4人の生徒が通ってきています。
「あんな施設,今すぐどこかにやってしまえ!」
電話の向こうで一方的に怒鳴られて,思わずびっくりして泣いちゃいました。


それでも楽しい日々でした。
若い教員が多かったし,みんなでよく遊びに行きました。
22歳だったすずめは,何となく,いい人いないかなと周りを見ていましたが
先輩の女性教師の「すずめちゃん,イギリスではね,Good men are taken.っていうのよ」という言葉通り,いいなぁと思う人はすべて結婚していました。
どんな意味かって?
「いい男は取られている」って意味です。
まさにそのまま。

そのときに,私に仕事のイロハをたたき込んだのが
いまは県教組の役員をしている人と,去年,一緒に市教組の役員をしていた人でした。
私の,ちょっと反抗的な教師生活は,そこから始まったのだと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

いつもおつきあいくださいまして,ありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
ありがとうございました

親の願いは(メールへのお返事)

メールをいただいたのですが,実はよく理解できていません。
どうも,お子さんと闘っておられる真っ最中なのかな?と思われます。

私にも大学生の息子がおり,その経験と,
スクールカウンセラーで私の学校に来ておられる先生の話を総合すると

「子どもが無事に学校を卒業するっていうことは,それだけでものすごく親孝行な子どもなんだ」

どこの子も,何かのきっかけで,ある日突然とんでもない面を見せてくれますし
でも,どんなすさまじい子どもの親でも,子どもがそうなればいいと思っている親はいません。
断言できます。第3者の目から見て,どんなに整わない親で,
こんな親だからあんな子になるんだと10人のうち10人が言う親でもです。
子どもが反社会的な行動に出たり,悪くなったりすることを望んだりはしていません。
願わくば幸せに生きてほしいと願っています。

でも,立つだけで,話すだけで喜んでいた幸せな日々が終わり
中学校に入ると,親子の様相が変わってきます。
中学校ってところが諸悪の根源ではないかと,私は本気で考えているのですが,
子どもが昔の素直なあの子ではなくなって,
親の一番痛い所をついてくるし,
いつのまにやら親の理解を超えた所に行ってしまって
服装から持ち物から,親の理解できないものがふえてくるのです。

たいていはそこで戦闘が始まります。
たいていの場合,親が負けます。
ただ,そのときに功を奏するのが小さいときからの親子関係。
これがきちっとしていれば,親は負けても,親子関係が逆転することはありません。

小さい頃から。「お子様」状態になれきってしまっている親子では
「お子さま」がついに「皇帝」になってしまうことになります。

小さいことばかりでしたが,私も闘った例外ではありません。
ですから,「親が悪いから子どもがおかしくなる」という意見は
そうなのかもしれませんが
素直に「ウン」といえないのが現実です。

みんな苦労してるんです。
時が解決する場合も多いですけどね。


にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

秋の眠りも暁を覚えない

彼岸過ぎまで暑い日でしたが
最近やっと朝晩涼しくなってきました。

同時に朝が眠いのは,夏の疲れってのでしょうか。
とにかく眠い・・・・

春眠じゃなくても眠いのは眠いんですね。
(こういうのは惰眠っていうのかも)

午後一番も強烈に眠くなるので
生徒も一緒かもしれません。

ユウさんとこでは,眠らさない授業の工夫をって話をしていましたが
なかなか講義の中身だけじゃ難しいですね。
説明の段階になると,一人ずつ討ち死にしていくのがわかります。

やっぱり,立たせて,動かして,
隣としゃべらせて,なんならちょっと歩かせたり,走らせたりしないと
なかなか脳は活性化しないようです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

教研ふたたび

今日はちょっと愚痴になりますが

私の住む地方には,日教組支部による教研活動ってのがありまして
年3回の教研集会を開きます。
いわゆる現場での実践レポートを持ち寄って研鑽を深めるわけですが
32の分科会があり,教科での取り組みのほかに
養護教諭や事務職員,学校の校務分掌や特別活動に関わるような分科会もあります。
この3回目の集会のときに,その年の一番よさそげなレポートを選んで
県教研に送ります。10月半ばの県教研で,また一番だったものを
2月の全国教研に送るわけです。

そうです。すずめがこのブログを書くきっかけになったのが全国教研で
今年の2月に宮崎で行われたのです。


そのときの様子は ここ

で,去年のすずめは組合の執行委員で
教研担当だったので,
レポート発表ではなく,オブザーバーとして参加したのでした。

今年の教研は,1回目がPTAの参観日だったと思うし
2回目は北信越の試合の日でした。
すずめは長野にいました。

で,ついに3回目に
「おまえ,今年は1回も出てこんで,なにしとんじゃ〜〜!!レポートもって必ず来い!」みたいな
(実際は,丁寧な文面ですよ。私が勝手にそう読んだだけで。)
督促状をいただいたので,
春からの愚痴愚痴をいっぱい書いて,持って行ったわけです。

すずめの分科会は「評価」です。

細かいことまで書くと,長くなるので,内容はそのうち別記事にしましょう。

そしたら,それが,県教研にあたっちゃったんです。
がびーん。
だって,その日はスピーチコンテスト。
すずめは朝から係でそっちに行くのです。
体は二つありません。

結局,レポート発表の順番を一番最後に回してもらって
コンテスト終了と同時にすっ飛んでいけば,何とかなりそうということになりまして
皆さんはワーッと拍手。
いいわよ,あなたたちは拍手してればいいから。

二つのイベント掛け持ちで,運転手なんていないから,自分で車を運転して,
約10km離れた会場を跳んで回るすずめの身にもなってください。
まあ,言ったって仕方ないけど。

ってわけで,レポート書くこと。成績出すこと。目標管理書くこと。
みんな締め切りはほとんど変わらないんですけど
どこから手をつけようか。
3連休をあてにしてたら,今日,正顧問に言われました。
すずめちゃん,土曜日と日曜日は試合だから
ちゃんと空けといてね。
あ〜そうですか。試合ですか。

じゃあ,いったいいつ仕上げたらいいんでしょうね。
明日は残って頑張ろうかなって思っていたら,お通夜が入りました。

も〜,どうにでもして!!

また全国教研ねらってみようかな。今年はどこだろう・・・

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
タグ:日教組 教研

前期の終わりの人事考課

前期が終わっちゃう
ってことは,成績を出さなきゃいけないし,
人事考課で,中間評価を出さなきゃいけない。

人事考課なんて,も〜,管理職がつけてよって
なんで自分でつけなきゃいけないの?って甚だ疑問ではあるけれど
コメントをつけなければいけない。

評価って,あいまいなもので,
生徒でも,「おまえ,どこをどうしたら,この程度でAになるのよ!」って
とんでもなく自分に甘いやつから
「アンタがCじゃ,誰もAなんかつけれないでしょ」ってぐらい
自分に厳しい子までいる。

だいたいが,頑張っているように見える子ほど自己評価が厳しい。
当然,いいものを作る子が多い。
どーしようもないヤツほど自分に対して甘いものだ。
そう考えると,自分に対しても,
これくらいじゃ・・・・なぁと思ってしまう。

結果,自分でつける評価は厳しい。
そのまま行政にあげられると,給料が下がっちまう。

なんか,おもしろくないなあ。
でも,正直,すずめの年はピークを過ぎたかして
抜けもミスも目立つし,
こんなに下手くそではなかったのになと嘆かわしくなる。

こうして仕事のキレが鈍ってしまえば
そのうち不適格教員になってしまうのだろうか

ぶるぶる

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

おばちゃんのところに来てくださってありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
ありがとうございました

デモしか教師すずめ3

はい,じゃあ今日はやっとすずめの就職試験です。
世間知らずのおバカすずめにも社会人にならなきゃいけないときがきます。

まずは公務員試験ですが,やはり政経のできないすずめはあっさり引っかかりもせず
同様に裁判所も返事は返ってきませんでした。

教員採用試験は暑い夏休みの中学校が会場でした。
周りを見回すと,40人の教室にぎっしり受験生。
それが普通教室をほぼ全部使っているのですから
いったい何人が受けているのでしょう?って感じでした。
専門科目の試験なんか,ハイ?って・・・あれは,0点でも不思議じゃないです。
何で受かったか?
さぁ〜,他の人も全員0点だったのでしょう(ありえん!!)

もっとあり得んかったのは航空管制官の試験でした。
英語があるのは,仕方ないです
管制官の使用言語は英語ですから。
記憶の試験があるのです。
今はどんな試験をしているのか知りませんが,そのときの試験は
滑走路らしき絵に飛行機が何機も描いてあって
それぞれにあっち向いたりこっち向いたり
上向いたり,下向いたりしてるわけです。
そのそれぞれに機体番号がアルファベットと3桁の数字で書いてあります。
そうです。飛行場に行ったらお目にかかるANA0157とかJAL357とか書いてある
あの番号です。
それを1分間だったかぼーっと眺めて
「はい,やめ」で回収し,次に「今から離陸しようとしているのはどの飛行機か」とか
「着陸を待っている飛行機は何機いるか」とか
そういう質問に答えるんです。

飛行機なんか,そのときの受験に行くために生まれて初めて乗ったようなすずめには
まずその見慣れないアルファベットと数字の組み合わせが憶えられませんでした。

なんじゃこりゃ??
合格通知が来たときにはびっくりしました。
ほんとにいいの?
2次試験は羽田の航空保安大学校で行う。とありました。

田舎もんのすずめです。
羽田の飛行場に,あんなにたくさんの施設があるとはまず知りませんでした。
飛行場の外れを歩くっていうことも
おそらく一生ないでしょう。
行くだけでわくわくしました。

2次試験の最初は視力検査です。
これは自信がありました。今でも調子がよければ視力表の一番下が見えるすずめです。
老眼がかかってきて,近くのものが見えないんですけど
当時はまだまだ最強です。
これにドキドキしている人は気の毒でした。せっかく1次試験通ったのに,視力で落ちちゃ浮かばれないじゃありませんか。

お昼の時間帯になったときでした。
きっかけも,何も憶えていませんが,受験生が2〜30人いたと思います。
みんなで輪になって,自分のいろんなことを話し始めたのです。
日本全国から集まっています。様々の事情を抱えています。
家の人も親戚も,みんな航空関係って人もいました。
周りの人に黙って受けに来ている人もいました。
本来,ライバルのはずなんですけど
なぜか和気藹々,順番にいろんな話をしていったのです。
試験が終わって,すずめは一人の女子学生と一緒に帰りました。
二人とも,航空管制官になるかどうかはわからないけれど,なったら仲良くしようねと
住所を交換して帰りました。
今でも年賀状のやりとりは続いています。
結局二人とも管制官にはならなかったのですが
不思議な縁です。

1981年でした。
あのときの,あのメンバーはどうしているのかなあと今でも思い出します。
まさか,ここに来てくださってる方に関係者はいらっしゃらないと思うのですが
もし,そんな話を聞いたことがあったら,教えてください。
みんないいオジサンとオバサンになっているのだと思うのですが
ほんとに管制官になった人はあの中で何人いたのかなあと思うと,不思議な気がします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

こんなすずめのところに来てくださってありがとうございます。
もう一押ししていただけると,もっと嬉しいです。。。。
ありがとうございました
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。