現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!! > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


バカな子ほど可愛い

とはよくいったものですね。
卒業生が何人か遊びにくるのですが,すぐ前の子どもたちの中に,何人か,いまだに毎日気になる子がいます。

そのクラスは成績が悪かったのですが,温かくて可愛いクラスでした。
点数は何故か最下位でした。
同じくらいになるように分けているにもかかわらず,
何故か最下位。
順位の逆転はありませんでした。
勉強時間を増やす取り組みをしてみたり,
新聞記事を根気強く読ませてみたり
いろいろやってみましたが,成績だけは伸びませんでした。
何でだろう・・・・。

その中に,可愛いのだけれど,行動の整わないシンくんがいました。
いえ,犯罪系ではありません。
でも,何かが壊れる,悪戯される,
立ち入っては行けない場所に入る,触ってはいけないものにさわる
持ってきてはいけないものを持ってくる,
などなど,何かがあると,たいていシンが絡んでいました。

呼んできて叱りつけると,たいていはシュンとして,
「先生,ごめんなさい」が出るのですが,
後悔しているのかと思うと,また次の日には違う悪さをしたりするのです。
まったく,学習機能がついていないのか,実はわかっていないのか。

本人にきけば,気を付けているのだけれど,ついふらふらっとやってしまうのだそうで,
それじゃ社会人になっても,ついふらふらっとろくでもないことをしでかすことになるから,直さなきゃダメだといっても,
まあ,そんなに簡単に直るのなら,苦労はしないよなあ。

で,卒業も間近になったある日
何の話をしていたのだったか,忘れましたが,
シンがいうのです。
「すずめ先生には中学校に入って一番怒られたけど,説教される中から勉強になったこともあったなあ」
「そうか?私はそんなに怒ってた?いやあ,でも,バカな子ほど可愛いって言うけど,私にはシンは特別可愛い生徒だったわ」
「え?先生,それって褒めてなくない?ちっとも嬉しくないんだけど」
「あれ?わかった?それだけでも国語の力あるかもよ」
シンは卒業後も何度か遊びに来ていますが
今のところ,高校も続いているし,バカなこともやっていないらしい。

「先生,大丈夫や。いつまでも子どもじゃないし」

こういう時って,教師っていいなあと思ってしまうのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

マズイ・・・・高値更新

気がつくと,はや夏休みに入って1週間が過ぎました。
何してたんだろう??

頭痛の種だった今日の研修会が終わって,
ちょっと一息ついたすずめです。

マズイ事態に気付きました。
授業がないので,大きな声を出さない。
遠い教室まで歩かない。
職員室にいることが多いので,ついつい食べる。
これじゃ太らない訳がない。
しかも,年1回の健康診断が終わってしまったので,
体重測定に怯えなくていい。
これは,よほど気を付けないと,また高値更新をしてしまう。
さらに,今週は飲み会が2回。
ん〜〜〜〜,どうしよう。。。。


今日は,全国大会に出場する子の交通費をどうするかでいろいろと悩みました。
今年の大会は東北で行われます。
すずめは山形まで生徒を引率します。
これがまた,遠いんです。
どうやっていくのが一番か。
値段を度外視しますと,一番接続がいいのは,東京まで行くことなんです。
東京からなら,どこへ行くのもアクセスが一番いい。
いいかえれば,すべてが東京中心で,日本海側の都市どうしなんて,誰も必要を認めないのか,お金にならないのか,きちんと整備されているとはとても思えません。

地方の切り捨てじゃん!!

と暴れながら,交通手段を探すすずめでした。
だって,公務員と,公立学校の生徒です。
基準は特急自由席って,特急ないじゃん!!
以下,教頭との会話です。

「新幹線乗っていいですか?」

「交通費ないぞ。一番安く行け」
「一番安くだと,6回乗り換えて,15時間かかるって」

冗談でしょ!中学生連れて,15時間の旅なんてあり得ない!!

「大宮で乗り換えるのが一番便利なんですけど」

「何のために埼玉県まで行くんや?最短距離で行け」
「これが最短時間です」
「値段も考えろ」
と,突然の提案です。

「高速バスって手もあるよ。調べてあげよう」
なんと,在来線の電車を細かく乗り継ぐより,高速バスの方が速いんです。しかも,値段も安いし。問題点は一つだけ,目的地への到着時間が夜の9時頃になる。これじゃ,生徒は疲れ果てます。
結局,明日,事務ともう1度相談して決めることになりました。
公式戦なので,学校から派遣補助が出るのですが,
その規定に関してのやりとりなんです。
生徒の自己負担を減らしてあげたいと思うのも一つですが
派遣補助はPTAのお金です。
無駄に使えるものではありません。

正直言うと,文化部ばたけのすずめは,全国規模のコンクールとか,連れて行った事もありますが,生徒は自己負担でした。
なんで運動部だと交通費が補助されるわけ?
運動部ってそんなにえらいの?
なんて,ちょっとひがんでみたくもなるのです。

他の学校ではどうされているのでしょうね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

それでも低い投票率

岡山では暑い日でしたが,夏休みとはいえ,涼しい日が続いています。
まだ梅雨明けてないもんなあ。
今日は27度,明日は25度の予報です。
涼しいのはありがたいけど,何のための夏休みなのやら。
それで9月に入って連日30度超えるなら,
夏休みの意味がないよ。

今日は選挙でした。
投票率はどうだったのでしょう?
4時頃にテレビを見たときは,伸び悩んでいましたが,
その後みなさん,選挙に行ったのでしょうか?

すずめは初めて出口調査ってのにあたりまして,
アンケート用紙を書いてきました。

選挙の話題は微妙です。
もう投票終わっちゃったから,書いていいよね。
日教組は神本みえ子さんっておばちゃん議員を立てています。
民主党の比例代表っていうのが,
個人的にはちょっとひっかかるのですが,
元気なおばちゃん議員に,働いてもらうためには多少のことはガマンしましょう。
すずめは決して熱血組合員ではありませんが,
今回の選挙は,自民党に勝ってもらいたくなかったので,
ちょっとアツくなりました。
だって,ここんとこの自民党ってあんまりじゃなかったですか?
法案いくつも,意地のように無理矢理通すし,
不祥事,失言,いくらでも出てくるし,
それでも安倍さん,辞めないって頑張るんですから
ちょっと面の皮厚すぎませんか?って言いたくなります。

今日ばっかりはちょっと言わせてもらいますけど,
「世界がもし100人の村だったら」
って本をご存じでしょうか?
55億人ですか?の人を100としたら,というパーセンテージで世界を考える文章です。
インターネットのどこにでも転がっているので,
全文見たい方はどうぞ

その中にこんなフレーズがあります。

6人が全世界の富の59%を所有し
その6人ともがアメリカ国籍


お暇な人はグラフにでも描いてみて下さい。
富の一極集中がわかりますよね。
小泉さんも,安倍さんも,目指す社会構造が。
市場最優先の社会はそうなるのです。

一方で
80人は標準以下の居住環境に住み
70人は文字が読めません
50人は栄養失調に苦しみ

1人は(そうたった1人)は大学の教育を受け
そして1人だけがコンピューターを所有しています


これを自己責任という言葉で片付けて,
富めるものは天井知らずに富を蓄え,貧しいものはどこまでも貧しくなるのです。
アメリカは最初考えました。
富めるものが富の再配分をすることで,それが社会の牽引役となり,
社会全体が豊かになる。。。
と。

ハイ,ではここであなたに質問です。
一生有り余る程の富を得たとしたら,あなたはそのどれだけを社会に還元し,貧しい人たちのために使いますか?
その答えが,日本の行く末でもあります。

それで社会全体が富めますか?

確かに政権交代して,やっていける党はないかもしれません。
でも,あまりにも横暴に走りすぎている自民党に
一度舞台から降りて頂くことは必要だと思います。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

ニーって読まないで

昨日のNIEについてちょっと説明をしておきましょう。
NIEはエヌ・アイ・イーと読みます。「ニー」っていわないで下さい。ニートの親戚でもありません。
これは, ewspaper n ducationの略で、日本語で「教育に新聞を」という意味です。「青少年の活字離れに歯止めをかけよう」とアメリカで始まったキャンペーンです。

日本では,日本新聞協会が1994年度から本格的な推進事業を展開,97年度は全国約260の小,中高校が実践校に指定されました。
その後も実践校指定は続いていて,社会や国語の授業などで新聞を使った授業を行っています。また実践指定校には新聞購読料の助成(その地方で購読できる新聞がすべて,4ヶ月間支給されます)や,新聞関係者によるレクチャー,新聞社見学などの機会も与えられています。

現在,NIE事業は,新聞協会の関連団体である日本新聞教育文化財団に移管され,2006年度の実践校は459校(第一次指定),規模が年々拡大されています。2005年度には「NIE週間」も設けられ(11月),「わがまち新聞コンクール」など各種事業が全国各地で展開されています。

はぁ,
おわかりいただけたでしょうか?
すずめは国語でも社会でもないんですけど,新聞はよく使います。
英語だって,「意見を述べよう」なんて時には,教科書の例題じゃ面白くなさすぎるので,新聞を使います。
今年はSchool On Saturdays - Students should come to school on Saturdays again.として,賛成と反対にわかれました。
ほとんどの生徒がagainst(反対)にまわる中,少数賛成派もいて,なかなか楽しかったです。

他には,論文指導につなげる前段階としての,コラムの写経。
気になる新聞記事を切り抜いて感想を付けていくスクラップブック。
新聞記事から教材を作るなどなど,いろいろ使い道はあります。

いろんな人に言わせると,新聞は丸ごと利用できるそうで,
教材,習字やお絵かきの下敷き,窓ふき,防寒着,脅迫状の文字,トイレットペーパーと,その利用範囲は多岐にわたるそうです。(今時トイレットペーパーに新聞使う人なんているのかね)

ま,そんなわけで,楽しくお勉強させていただきました。
時々ご訪問下さるユウさんは社会の先生ですから,特に3年生なんかは新聞なしに授業できないくらい,よく使われるんじゃないかと思いますし,昔から,受験には「天声人語」と言われたほどでしたから,塾屋さんでもお使いになるところはあるんじゃないかと思います。
面白い利用法などありましたら,是非教えて下さいませ。

んじゃ,これから飲み会にお出かけいたします。
昨日は夜中に帰ってきて,今日は朝から部活で,夜は飲みに行き,明日も朝から部活です。明後日は夜の見回り当番が当たっていますので,地区委員のお母さんたちと夜回りです。いい加減,家にいないので,年寄りがあきれ果てております。
「あんた,いったい家にいる時間は何分?」
すみません。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

田舎もんで悪かったわね!

ただいま帰りました!(って出かけるなんて言ったっけ?)

お勉強会にいっていました。
雨の中を出かけたのに,あっちはピーカンの(でもないけど)お天気。
33度って気温にドライヤーの前に立ってるんじゃないかってくらい熱風が吹いてて,いや,暑かったわ。日本の南の方の方,お疲れさまです。梅雨が明ければ夏だったんですね。
こっちでは,夏休みに入ってもハッキリしないお天気に,
「今年は冷夏じゃないか?」なんて言う人もいたんですけど。

で,オマエはどこへ行ってたんだ?
って岡山へ行っていました。
NIEの大会があって,そこへ行かせてもらったんです。
岡山の人ってだれかいらっしゃいます??
コンベンションホールって新しくて,駅から直結で,とっても便利が良かったです。
昨日は開会ちょっと前に現地入りしたので,すぐ近くのデジタルミュージアムってところに寄って,会場入りしました。
ま〜山のような資料に,新聞までたくさんいただいちゃって,
紙って重い・・・・

とても楽しく,興味深い2日間でした。

細かいことについては,少しずつお話しようと思います。

昨日は朝の6時に家を出て,電車に乗って岡山へ。
田舎もんは,まず,新幹線に乗り継ぎするときに,切符を3枚重ねて自動改札機に入れなければならないところ,
余計な気を回してアウト!
だって,3枚も重ねて入れたら,機械が読めないって思ったですもの!
自動改札機に阻まれ,駅員さんに「なんでダメなんですか!」と抗議するも軽くあしらわれ,゚~(^O^゚~)))))ヒェェエ。
おばちゃんパワー全開で恥かきっぱなし。
駅員さん,ごめんね
今日も改札口間違えて,自動改札機に阻まれてしまいました。
だって,あんまりたくさんあったら,一番先に目に入った改札口に行っちゃうんですもの。
すずめの住むところは田舎なので,自動改札機なんてないんです。

今日は,さっき帰ってきたのですが,
もう,眠いです。寝ます。
おやすみなさい

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

夏休みの恒例行事

夏休みの恒例行事の一つに健康診断があります。
一番ヒマなこの時期を狙って,一斉に健康診断をするのですが
何しろけっこうな数になりますから,受け入れ機関も大変だと思います。
事業所に義務づけられている職員の健康診断ですが,
いったい,いくらかかっているのかなあなんて余計な心配をしたりしています。
指定日は,朝から100人ぐらいの教員の健康診断をするわけですから,健康診断の会場は教員でごったがえしています。
その雰囲気はあまり好きではありません。

項目として,身長,体重,視力,聴力,血圧,血液検査,尿検査,レントゲン(胸部,胃部),心電図,女性なら乳がん,子宮ガン,
オプションとして大腸ガンや骨密度測定なんかもあります。

だいたい流れ作業で順番に回っていくのですが,
流れを良くするために,係の人が一部,順路を変えて,個別に案内してくれることもあります。
今日のすずめはそうでした。
順番待ちしなくていいのはありがたいのですが,

「すずめさん,先にレントゲンを撮ってきて下さい」

あ〜,やられた。
一番最初にレントゲンってことは,バリウムも飲まなきゃいけないってことじゃん。
それがどういう事かわかりますか?
つまりですね,そろそろ体脂肪と血圧の2点で,メタボリックシンドロームにドキドキするすずめがです。
体重測定の前にバリウムを飲まなきゃいけないってことなんです。

え?まだわからない?
バリウムの重さは約300g
その後に下剤と共に500cc以上の水を飲まなくてはいけません。
体重を量るその前に,1kg近くの液体を流し込んだその値が健康診断表に記載され,それを元に結果が出て,数値を脅かすわけです。
しかも,前日10時以降は飲食禁止。
ほんのお湿り程度の水しか口にしていないすずめのお腹は,
半日ぶりに胃の中に入ってきたバリウムの液体を食べ物と思って
消化活動に入っているわけですよ。
そこでまた,高血圧に怯えるすずめの血圧測定が始まるわけなんです。
案の定,体重も血圧も最高値を更新し
書類の上ではすずめは順調に体脂肪を増やし,血圧を上げ,
生活習慣病予備軍から真軍(そんな言葉あるんか?)に格上げされるのを待つばかりになるわけなんです。いや〜,結果が怖い。

せっかく,これでも1週間程前から間食は控え,甘いものもおいといて,体重を落ち着け,今日の日の準備をしていたすずめの苦労はどうなるの!!
と,ぼとぼと言ってましたら,
隣の教員が口を挟んできます。
「オイラ,去年,前日の夜,10時までビール飲んで深夜のテレビ見て行ったら,γ-GTPの値が200こえちゃってさ」

そういうのは自業自得なんです。
私のは違うじゃないですか!

と,またまた暴れたくなるすずめでした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

教員の夏休み

夏休みに入って,部活動の大会,研修,講習会。。。と自分の予定がまったく頭に入っていないすずめです。

最近はさすがに「先生は夏休みがあるでしょう」なんていわれなくなりましたが,
休んでいるわけではありません。
それでも,年休を使って休む人も当然いるわけで,
年休(有給)は1年間に20日あります。
使わなかった分が翌年に繰り越されますので,最大40日になります。
それを1時間単位で取れるわけですから,上手に使えば,かなり休めることになります。
子どもが小さかったり,介護しなきゃいけない年寄りがいたりすると,けっこうそれでも減っていきますが,普通は繰り越し20日残して,毎年40日の有給休暇を持っている人がほとんどです。
すずめは2年前,ついに38日残して1年が終わってしまいました。
使った2日の有給は,組合の行事のために取った有給でしたので,自分の用事では1日も休まなかったことになります。
何も事件がなかったということですから,ありがたいことなのですが,もうちょっと休めば良かったかなとも思います。

じゃ,夏休みは?というと,公務員ですから,「元気回復のための特休」というのがあって,これが夏休みに当たります。
5日間あります。
でも,これをバーンと月曜から金曜までに入れると,
結局土日から月〜金で,また土日が続いて,9日間の連続休暇になります。
これは,7日を超えるので,なんか,なんでそんなに休みを取らなきゃいけないのかを書いて出さなくてはいけません。
これはとてもやっかいなことなので,連続技はやめた方がいいかと思います。
すずめは・・・・(^◇^;)げっ
部活の大会と,補習と,自分の研修と,学校といれたら,特休入れる場所がなくなりました。
まあ,いいか。

で,今日は久しぶりに組合へちょっと。

書記長が選挙を気にしながら仕事していました。

この,「書記長」という響きが,私にはどうしても違和感があって,どうも好きになれません。じゃ,どう呼べばいいかって言われると,わかんないですけど。

組合には,この書記長と,数人の執行委員というのがいて,この人たちがいろいろ活動方針を決めながら,業務を行っています。
執行委員は,中学校なら各学校1名,小学校からはいくつかの学校をブロックに区切って,そこから1名という形で選出されてきます。
週に1回,執行委員会を開いて,そこでいろいろ話し合いを行いながら,活動していくのです。

執行委員会で決めたことは,支部委員会へ降ろして,各学校(組合では分会と呼びます)に広がっていきます。
支部委員会とは,各学校から1名の支部委員と呼ばれる人たちが出てきて,組合の活動や連絡なんかを聞き,各学校に持ち帰る,そんな機関会議です。
これも,普段は支部委員会と呼んでいるのですが,何か重要な議件があったりすると,支部委員のほかに,分会長も出てきて会に参加することもあります。この拡大支部委員会を闘争委員会と呼ぶのですが,
闘争??とまたちょっと引いてしまうものがあるのです。

20年前の,ストライキを打って処分されていた頃なら,「闘争」もしていましたが,今は,そんなやんちゃなものじゃないはずなんですけど,名前だけが残っているのですね。

夏休みになって,生徒の授業ネタはしばらくなくなりますので,
組合のことも少しご紹介することにしていきましょう。
ま,首をかしげたくなることもたくさんあるので,理解してもらえるかはわかりませんが。。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

最近私語が増えた理由だって?

すずめが今日,聞かれた質問です。
(なんかの問題なので,事実とは関係ありません。)
「最近,A教諭の授業では私語が増えてきたのは何故だと思うか」

はぁ?

どうもいろいろ話を進めていくと,
A教諭は指導力が不足しているので,生徒が言うことを聞かなくなってきたらしい。こういう場合は,主任や管理職がしかるべき指導をして,A教諭の指導力を向上させなければならない。と続いていくらしい。

あほくさ!

「担任が乗り込んで怒鳴る」と答えたら,「あほ!」と言われた(笑)

中学生の行儀の悪いクラスなら,くっちゃべりもするだろうし,教師の指導力だけでそんなことが決まるものではないことぐらい,
教師じゃなくたってわかりそうなもんでしょ。
いくらおっかない(恐怖政治は長持ちしないけど)教師が前に立ってたって,中学生にもなれば,「数で押す」って力業も知ってるし,
普段は協力体制なんて取れないヤツも,対教師になれば結束して悪さをするぐらいは心得とかなければ教師なんて務まりません。

まあ,こんな場合,担任が授業を見に行って,自分の目で確かめた上で,生徒には雷を,親にはお知らせを,
そして,みんなで話し合いをさせるというのが常套手段だと思います。
ただし,いきなり話し合えって言ったって,マトモに行くわけがないので
まずは地雷を仕掛け,誰かが踏んだところで説教かますところから始まると思うのですが,この持って行き方は教師の個性そのものなので,自分はこうだが,としか言いようがないです。

時々,人間関係がどーのこーのとか言って,注意をしない教師がいますが,それは愚の骨頂です。

本能的に生徒は,しっかり叱ってもらうことを望んでいます。
言うことを聞いてもらいたくて生徒に迎合する教師のいうことを,生徒は真剣に聞きません。
しっかり頼れて,悪いことは指導してくれる大きな樹木のような存在を求めています。
叱り方はともかく,ぶれない指導が必要ですし,生徒を怖がっている場合ではありません。

中学校は義務教育の出口です。
もしかして3年の時の担任が,生涯で最後の担任になるかもしれないのです。
将来,その子がもし,犯罪者になったりなんかして,
「昔の担任は。。。。」なんて絶対いやでしょう?
もう少し危機感をもって指導したいものです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

3年生の夏

夏休みに突入しました。
3年生たちは,すでに部活を引退している子もいれば,
まだまだ勝ち残って試合を控えている子もいます。

高校では体験入学が目白押しで
毎日どこかの学校で何かをやっているといっても過言ではありません。
高校も大変な時代になりました。
自分の学校の学生を鍛え,補習し,さらに中学生の呼び込みに保護者への広報活動。
教育全体がサービス産業になりつつあります。

県大会が終わって,何人かの子どもたちはブロック大会にコマを進めました。全国大会へ行く子もいます。
予想された結果が出なかった顧問の教師が,私にボソッとこぼしました。
「親は文句言ってないかな。」
冗談じゃない。
まったくほったらかしにしているわけはない。一生懸命面倒をみ,心配も気配りもしていた教師に,何を文句を言う必要があるのだろう?

「勝てなかったし。」

勝たすために部活はあるのではありません。
これは譲れないポイントです。
勝たせる目的なら,きちんとコーチを雇って練習させればいいのです。
オリンピック選手は部活だけからでは輩出できません。
所詮,顧問は教科の教師であって,スポーツの監督でもインストラクターでもないわけですから。
それが,インストラクターになってしまっていたら,今度は教科の教師として問題があるでしょう。
どっちでお給料もらってるの?ってことになります。

大人たちの思惑とは無関係に,
子どもたちは泣いたりドキドキしたりしています。
負けた時点で,その子の部活動は終了し,受験生としての夏が始まるのです。
そして,2年生にとっての暑い夏が始まります。
夏休みにはもう少しドラマがありそうです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

驚愕の知識

前回の記事では,書ききれなかったのですけど
子どもたちといろいろ話していると,いろんな事があります。
テストの前など,テスト勉強に付き合ったりもしますが,
新たな発見というか,驚愕の新事実というか,
わかりやすく言うと,

呆れてものが言えない
状態になってしまうのです。

前のテストだったか,日本の都道府県が試験範囲に入っていました。
47都道府県なんてとんでもない。
5つ6つでもアヤシいものです。

じゃ,地図の上の方から言ってごらん
北海道
よしよし,わかってるじゃん。次は?
東京
は?そこは青森
あわもり?

青森県のひと,ごめんなさい。彼女はほんとに知らなかったのです。

じゃ,北陸3県は?
えっと,富山と,
よしよし,いいぞぉ
石川とぉ,
よし,もうちょっと,
大阪!

☆α==(・・#)パーンチ

その彼女。今度は数学を聞きに来ました。
計算が合いません。

え?6÷2は?

でしょ。じゃ,6÷1は?
わかりません。

仕方ない。チョークのにわか算数セット登場です。
ほら,チョークが6つあるでしょ。
これを二人で分ければ,6÷2ね
じゃ,一人で分けたら,一人はいくつ?

え〜,わからん

彼女に6÷1は6を説明するのに,10分はかかりました。

まだあります。
今度は男の子です。
一日一善を一日一膳とかく子が昔はいて,
みんなに笑われたものですが,膳なんて漢字を書ける時点で素晴らしい
彼の答えは,同じ意味でも一日一食
よほどお腹が減るらしい。
その彼,この前はテストに口語自由詩を五体自由詩と書いて
国語の先生をひっくり返らせました。

それがみな,ネタで,うけるためのものなら,それはそれですごいことですが,残念ながら,彼らは真剣なんです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

簡単に「学力向上」って言うけどさ

夏休みを前に,区切りのいいところで,生徒の意識調査をしました。
授業はたのしいですか?
授業でもっとどんな勉強をやりたいと思いますか?
英語を勉強したいと思いますか?などなど

どんな結果が出るかなあと思っていたのですが,
約8割の生徒がどちらかといえば楽しいまでに入っています。
その中には,「先生の話す英語があまり理解できない」人も含まれています。
半分以上の生徒が,「英語の勉強は大切である」と答えています。

全体として数字だけみていれば,そんなものです。

でも,問題は,これもまた当たり前ですが

点数が3割に満たない子のほとんどが

先生は何を言っているのかわからないし,
英語の勉強なんてやりたくもないし
授業は難しくてついて行けないし,面白くも何ともない。
英語でもっと勉強したいことなんかない。


と言ってるわけなんですね。
まあ,だから悪いんでしょうけど。

今年になってガビ〜ンと来ているのは,
去年,毎時間英単語のテストをして,毎日練習したのに
1年生の単語もケロリンとすべて忘れている。
試しに,15問ほどの英単語のリストをあらかじめ見せておいて,
10分間憶える時間を取って,
それから全く同じ単語の問題を解かせても,満点どころか,5点も取れない生徒がうじゃうじゃいるのです。

記憶装置が機能不全??

中学生の頃って,何でも憶えてて,余計なことまで憶えてるもんじゃないですか?
そこまで憶えられないってことは,
生理的に機能不全なのか,心理的に拒否しているのか。
どちらにしても,一筋縄ではいかないことはよくわかる。

しかも,面子を見れば,ほぼ例外なく,英語だけが悪いんじゃないのです。

ということは,英語を拒否しているのではなく,
学習全般を拒否している。
そこの学力を上げるには・・・・。

しかしなあ,14年間かかって育ってきた学習拒否がそんなに簡単に打破できるとは思えないし。
間違いなく彼らの脳細胞は,娯楽と刺激以外に反応しようがないくらい,カチンコチンに硬化しているに違いない。肝硬変ならぬ脳硬変。
脂肪肝ならぬ刺激脳だ。ヤバイって。

今,これを読んで,「また大げさな」と思っている人も
寸分違わぬ単語テストを繰り返し,4回目でやっと5/20点とっても,5回目で何故か3点に下がったり,
2年生になっても,毎時間尋ねている“How are you?”に答えられなかったり,小学校の時から唱えている曜日の名前がわからないという筋金入りの学習拒否症候群の人たちをみれば,
それが捨ててはおけない問題だと思うでしょう。
それが,自分の家の子どもだったりすると,かなり不安になると思うのですが。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

夏休み前にはなぜか集会

夏休みというと,決まって学年集会というのがあって
やれ,あれをしてはいけないだの,ここへ行ってはいけないだの
言っても聞かないヤツは聞かないし,
言わなくてもわかってる子は心得ているということを話す時間がある。

この年になると,何かを話す順番が回って来るものだが,
今年はお勉強の話を担当することになった。

大きな声では言えないが,すずめは実はお勉強が苦手
しかも,計画性ゼロ
その場しのぎの出たとこ勝負でここまで来てしまったお祭り女である。
中学校の時の学校に通う目的は,好きな男の子の顔を見ること。
年齢がわかるが,学生カバンをぺったんこにして
毎日スカートを寝押しして,ひだの手入れを怠らず
パーマはかけさせてもらえなかったから,命をかけて髪を巻き
なくなるような下手な真似はしなかったが,眉は抜いて形を整え,
毎日のお供にキャンディをカバンに忍ばせて学校に通っていた。
今ならば,生徒指導教師のブラックリストに完全に載っている。

それがお勉強の話である。
さて。。。。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
では,ここから真面目な教師のお話
タグ:夏休み 宿題

Are you happy?

そろそろ夏休み前の最後の授業になり
こちらも区切りのいいところで終わらせて
9月を迎える準備をします。
今から新しい単元なんか入ったって,綺麗さっぱり忘れてしまって
もう一度最初からやり直さなきゃいけなくなるので
最後は余裕を持って終わらせた方がいいですよね。

で,「これが夏休み前の最後の授業になるけど,うれしい?」って聞いてみるんです(英語で)
たいていの生徒は「うれしい」って答えるんですけど,
最近そうでもない子が増えてきたような気がします。

まあ,夏休みといっても
部活はバッチリある。夏休みの夏期講習はある。宿題だってバカにならない。。。。とくれば,だんだん嬉しさも萎んでくるのかもしれません。

実は私にも数人,別の意味で心配な子がいます。
最近お母さんが出て行っちゃったサトシ,時々お母さんが何日か帰ってこなくなっちゃうケンタ,母は普通にいるけれど,家族がそれぞれバラバラの生活をしているユースケ。
みんな学校の給食で栄養をとっていました。
サトシとケンタの食欲はどう見ても人の1.5倍。そりゃそうです。もしかしたら次の日まで何も当たらないかもしれません。
サトシのお父さんは,あまり料理は得意ではないらしく,お母さんがいなくなってしまってからは,コンビニ弁当にお世話になる毎日です。

ケンタは,お母さんが置いていくパンなんかを3兄弟で食べ尽くしてしまったら,あとは自分で作るしかありません。ところが,先日はガスが止められてしまい,食事を作ることができなくなってしまった日があったのです。彼は学校給食がない1ヶ月,どうやって何を食べていけばいいのでしょう。

ユースケは,食べるものがないことはないのですが,お姉ちゃんとユースケと,妹と,朝はそれぞれが自分で起きて,その辺のものを食べて出てきます。たいていはパンをかじってでてくるのですが,時々自分の好きなパンがなかったとかで,リポD飲んで出てくるときもあります。お母さんは。。。寝ています。

夏は私もお弁当が面倒くさくて,よくあっちのパスタ,こっちのサンドイッチとコンビニ巡りをして,「限定」と「特製」にやられるのですが,彼らはそんなのんきなことは言っていられません。
時々,家につまんで帰りたくなる衝動にかられます。

食事と洗濯ぐらいアタシの方がマシやわ!!

彼らはどんな思いで夏休みを迎えるのでしょう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました
タグ:夏休み 学校

気になる気になる・・・・どんな勉強法?

今日は学校の入り口に,近くの塾のお兄さんがチラシを配りながら立っていました。
夏期講習の申し込みはもう終わっているだろうから
何を持っていたのか知りませんが,時々立っています。
朝から大変だなあと思います。
だって,塾は学校が終わってからがショータイム。
夜は11時頃までやっています。おこちゃまはお休みタイムに入っています。

で,そのチラシまきをした日の教室のゴミ箱は,
さっき配られたらしきチラシでいっぱいになっています。
もったいないような,仕方がないような・・・・
教頭がそれ見て曰く
「しまった。玄関に廃品回収用のボックス置けばよかった。」
それはそうかもしれませんけどね,
チラシ配ってるすぐ横に廃品回収ボックスってなんかイヤミじゃないですか?
まあ,商売敵?ですから,それくらいはアリ?かな。

でもね,最近,塾が気になるのです。
だんだん子どもが減る中で,生徒の確保に回らなきゃいけない所も出てきたり,
それでもね,たっくさんある塾の中には
きっとカリスマ講師もいるでしょう。
そんな講師の授業を見てみたい!
校区内の塾には『すずめ対策』なんてテスト対策まで存在してるらしいし,
それも是非見てみたい。
私の授業のプリントも,テストも,テスト範囲のプリントもあげるからさ。
授業ぐらい見せてよ!!

と,昨日,ふとしたところで,見つけたこと。
このページにもアドセンスって広告が貼ってあって,
(これがこの前,また匿名で地方公務員法に抵触するんじゃないかとご批判をいただいた)
そこに表示されてる
「90分」で学年1位を取る方法ってのが
とんでもなく売れているとか。
ん?これってどこで売ってるの?
どんなものなの?
ハテナマークが増殖しだしたすずめは潜入いたしました。

見つけた!

ここです。これ。
言っときますけど,売り込みじゃないですからね。
それこそ石投げられます。

でも,たまらなく興味あるなあ。
これってほんとに効くんでしょうか。
(でもさ,そんな簡単にみんなが1番になれたら,塾だって苦労しないよね。やっぱりあり得ないか。)
塾の先生。だれか教えて下さい。
それか,誰か買った人いますか?
知り合いがやってるとか。
教えてほしいなあ。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

褒めるのも楽じゃない

そろそろどこの学校も通知表渡しの保護者懇談が行われる時期ですね。
たいていの学校では,保護者懇談に先駆けて,生徒との個人面談が行われていると思います。
数年前から,この個人面談の時に,すずめは生徒と,保護者懇談でどんな話をしようか,相談することにしています。
どこかいいところと,どこか努力して欲しいことっていうのを生徒と話すのですが,せっかく褒めてあげたくて親に話しても,かえってそれがトラブルを巻き起こしたりすることがあるのです。

その子は成績はボチボチなのですが,
何でもクラスの先頭に立って積極的に動く,とても頼もしい子でした。
私としてはとても頼りにしていて,その子も元気に学校生活を送っていたのです。
保護者懇談の日,先に口火を切ったのはすずめのほうでした。

「積極的なお子さんで,クラスのリーダーになって働いてくれてます。楽しみな子ですね」

後で反省するならば,その時の母親の表情を,もっと注意深く見ておくべきでした。

帰宅した母親は,子どもを前に,こう言ったのです

「あんたね,なんでもやりゃあいいってもんじゃないでしょ。どうでもいいことにばっかり一生懸命にならないで,もうちょっと勉強したらどうなのよ!」

彼は次の日,学校に来て言いました。

「先生,お母さんに,なんていった?」

「ん?積極的なリーダーで頼もしいって言ったよ」

「おかあさんに帰ってきてから,怒られた。どうでもいいことに一生懸命になってないで,もっと勉強しなさいって。」

げ,そんなのあり?
すずめは言葉を失いました。褒めたつもりのことで,生徒が怒られるなんて。
そのお母さんには,お勉強以外はどうでもいいことだったんですね。
多分,普段から,行事や部活に一生懸命になる息子を,歯がゆく思っていたのでしょう。そのエネルギーで勉強すれば,もっと成績だって上がるはずだと思っていたのだと思います。

今,この場で親の批判はしません。大人になってしまっている人の価値観はそう簡単に変わらないし,子どもはその親のもとで生活しなければならないのです。
それからは,生徒と相談して,褒め言葉が裏目に出たり,正確に伝わらなかったりしないように気を付けるようになりました。
前出のような母には

「頑張ってますよ。点数はそんな簡単には上がりませんが,学習態度も生活態度も申し分ないので,お母さんがあまり気にしない方が伸びるかもしれませんね。」

実際,お母さんが成績ばかり気にしているうちは,子どもの成績は伸びないケースが圧倒的です。
このように言っちゃった場合,息子の成績は母のせいだと暗に言うことになるのですが,とりあえず,息子は怒られたりしなくなりますし,私が褒めたい気持ちも伝わるようになります。
3年生の時点で,もう一度この親子は対決せざるをえなくなりますが,どこかの時点で子どもの現実を受け入れるのが親の宿命です。

ほんと,親の前で生徒を褒めるって楽じゃないんです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

IT化で仕事は楽に・・・・なりません

すずめの学校でも,3年前に通知表をPC処理にしました。
すずめのようなおっちょこちょい教師は,
手書きの通知表を何度も間違え,訂正印で汚くしてしまったり,
文字のうまい下手で担任によってえらく差があったり
まあ,わかりやすく言うと紙面をきれいにしようとしたわけです。

それまでの通知表の流れは,
成績交換表という科目毎に名列を貼った紙を担任が科目数分用意します。
それを各教科担任に配り,成績を記入してもらいます。
集まってきた紙を見ながら,担任は,まずクラスの一覧表を作成します。
その一覧表を見ながら,通知表を記入していくわけです。

すべてが紙の束ですから,担任はたいてい,それ用の袋かカゴを用意して,一切合切をいれて持ち運んでいました。
当然,家にも持って帰ることになるのですが,その袋,またはカゴごと持ち運ぶことになります。
この時に,真っ直ぐ家に帰らないと,新聞に載ったりすることになることもあるので,そりゃあ,ドキドキです。
でも,たいてい,家でやらないと間に合わないので,
ドキドキしながら持ち帰り,家事も全部終わって,子どもも寝静まってから,やおら取り出してやるわけです。
こと成績ですから,テーブルの上を片付け,万が一にも醤油やコーヒーが倒れてこないように準備をして,裏が汚れちゃいけないので,テーブルの上も綺麗に拭いて始めます。
ときどき,「え!どうしたん?」とか
「うそや,こんなに落ちちゃダメじゃん」とか
「よ〜し,よく頑張ったぞ」なんて独り言を言いながら
夜中にテーブルに向かう教師は,きっと傍目には不気味に映ったことでしょう。

パソコンで打ち出しになると,これがどう変わるかというと
それまで科目毎に用意していた成績の短冊は不要です。
教科担任は,パソコンの中に作られた,教科毎の成績表に成績を記入していきます。
元になる成績もパソコンで作っていた人は,結果をコピペでぺしょっと貼り付けて終わりです。
全教科が入力し終わると,クラス毎の一覧表を打ち出してみます。
そこで間違いがないか,ヘンなところがないかをチェックします。
間違いがないとなると,個人の成績表にパソコンから数値が打ち出され,通知表ができあがることになります。
担任は,モニターで紙面を確認しながら,印刷をしていきます。
一クラス10分から15分で打ち出しが終わり,通知表が完成です。

事務は単純化し,楽になったと思うでしょ。
ところがこれには実は落とし穴があります。
当たり前のことですが,手書きなら,1人ぐらい,成績の遅れる人がいても(週に1回しかない教科だと,作品が間に合ってなかったりして,点数をつけるのにとても苦労するのです)そこだけ空欄にしておけばいいですが,
パソコンで空欄のものを印刷しても,もう一度印刷し直しになるので,全員の成績が揃わないと,印刷作業に移れないのですから,
待っていないわけにはいかないのです。

それから,その通知表のデザインは私が作ることになったのですが,
エクセルで作っていきます。
どこにどんな項目を入れるか決めて,レイアウトしていく事になるのですが,これがけっこう時間がかかります。
次に,成績の入力表,一覧表の形式を作り,その入力表から一覧表と個人の通知表にデータが飛ぶように,リンクを貼り付けていかなくてはなりません。

すずめの学校は全部で20クラスぐらいありますから,
20枚の一覧表,20枚の通知表の型に,20×10教科で200枚のシートからデータを飛ばします。夜中に及ぶ,孤独な作業です。
しかも,システムは学校のサーバの中ですし,データ量としても大きなものなので,家には持ち帰ることができません。
夜中に学校で「トイレの花子さん」と,「学校の怪談」の恐怖と戦いながら,作業を終えなければならないことになります。
それでも,人間の作業ですから,
国語の観点が数学に張り付いていたり,英語の成績が反映されなかったりと,細かいミスが必ずあります。
それは,たいてい,1クラス打ち出してみないとわからないのです。
パソコンだから間違ってないというのは,ウソです。
人間の仕事ですから,ミスがあるものと思って確認をしなければなりません。
その確認作業が一手間余計に入りますから,その分成績を早めに入力しなければなりません。
早めに入力をするためには,早めに成績を処理しなければなりません。結局,すべての予定が前倒しになっています。
しかも,成績担当になった職員はすべての生徒と学級担任が仕事をできるように,2〜3晩は学校にお泊まり状態で仕事を仕上げるのです。

そうなんです,美しい紙面は,
誰か一人の夜中までの作業と,それまでの作業の流れの前倒しによってささえられているのです

しかも,間違いがあったりしたときの,膨大な紙の無駄。
こと個人情報のため,没になった通知表はすべて廃品回収にはできず,シュレッダーへ。

だからパソコン処理しなくていい。なんてだれも言ってませんよ。誤解しないで下さいね。3年後に調査書書いたりするときに,
その下準備が生きてくるんですから。
でも,パソコン導入が事務量を減らして,教師を雑務から解放するっていうのはまやかしなんだってことをわかって欲しいだけなのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました


学校を評価する

台風,行っちゃったようですね。
被害に遭われた方,だいぶいらっしゃったんでしょうか。
四国には少しは恵みの雨になったのでしょうか。

今日も学校でした,パソコンにらんで,リンク貼りという目がしょぼしょぼになる仕事をしていました。
何って,学校評価です。
去年から,また厳しくなって,外部評価をしなければならなくなっているのですが,実際問題としてはやれていません。
今年はさらに,ただの外部評価ではなくて,専門家による外部評価をするようにって文科省からのお達しです。
簡単にいってくれますが,誰に頼めって?
専門家って,何?
大学の先生?評論家?役所の人?オンブズマンでも作るん?
正直途方に暮れています。

教師,保護者,生徒に対し,アンケートを取って,
学校経営がうまくいっているかを問うのを内部評価といいます。
それを元に,たとえばPTAの役員や,学校評議員といった人たちに,内部評価の結果を提示して,客観的な評価をもらうのを外部評価といいます。
今までは,外部評価を,学校評議員とPTA役員にお願いしてやってもらっていたのですが,それを,専門家にしてもらいなさいというのが今年の文科省からの通達なのです。

評価にこだわるのは,自信のなさかもしれませんが,
評価に振り回されるのも面白くありません。
結局,もっと学校は,教育方針や特色を発信して,世間に認めてもらわなくちゃいけないって事なんでしょうね。
こういう事が教師って苦手なんですけど。

で,そのアンケートを取ったのですが,
取ったら集計しないといけないわけで,
1000人まではいきませんが,500人以上のデータの集計ってけっこう大変なんです。しかも,調査項目は全部で200ぐらいあるのですから。いくら数字の入力だけだといっても,かなりかかります。
で,その入力された数字をエクセルで集計し,グラフにまとめ,分析する仕事がこれから夏休みにかけて行われることになります。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif five_red.gif

もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

無敵先生にならって一つ増やしてみました。
女性を応援って何なんだろう??

来そうで来ない。でも雨は降る。。。

3連休です。
台風が来そうで来ないようで,でも雨が止まないので
外でやる部はほとんどできません。
大会を来週に控えて,練習試合ができず,朝からYAHOOの天気予報とにらめっこしている人もいます。
校舎内を走るのですが,湿度が高いせいで汗が乾かず,
体操服が透けて見えるくらい汗をかいている子もいます。
時々男の子の体操服で,お腹の辺りだけ茶色く汚れている子がいるのですが,
見ていると,滴る汗を体操服のお腹を持ち上げて,タオル代わりに顔を拭いています。
なるほど,それでこすられるところだけ茶色く汚れてくるのですね。
洗濯するお家の人も大変です。

さて,夏休みの予定を書けというので(教師も生徒みたい・・・・)
予定表を書いていたのですが,
予定される管制研修と,部活の大会と,登校日と,学校での研修会,
職場体験の見回り,などを入れたら,元気回復のための5日間の特休(わかりやすく言うと夏休み)を入れる場所がなくなりました。
行政職なら7月から9月の間に取ればいいので,教頭に
「特休入れる場所がなくなっちゃったんですけど,9月じゃダメですか?」と試しに言ってみたら「アホ」といわれて終わりました(笑)

『休まず,遅れず,働かず』が一昔前の公務員の姿だったそうで,
いちおう働いてはいるつもりですが,『休まず,遅れず』を地でいっています。朝7時半には学校に着いて,8時ごろまで学校にいるのです。夏休みぐらいくれ〜!
と騒いでいたら,
すずめちゃん,学校に来てた方が,生活のリズムができていいよ。
家にいても,ダラダラするだけでしょ。
と人の生活を見透かしたようなお言葉。
ガン!!

ま,いいか。
仕事もたくさんあるし。
今年は授業に重点をおいて頑張ろうって4月に決めたんだから
夏休み中にネタ考えよう。
楽しくて,教師は楽で(最近体力に自信がない)生徒の稼働率が高くて,それで実質トレーニングになるような技。
だれか,ヒント下さい<(_ _)><(_ _)><(_ _)>

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

台風はいつ来るの?

うわ,こんな時間になってしまって
さっさと寝ればいいのに,PCにむかっているすずめです。
明日(今日)も部活あるっていうのに,何してるんだろうね。

今日は先日の学校行事の打ち上げでした。
ダイエットしないと,そろそろ真性メタボで
夏休みの検診にひっかかるぞって心の声が脅すのですが,
やっぱり飲んでしまう,弱さが自分ながら情けないです。

お盆のせいで,道は最高に混んでるし。
それというのも,台風がいつ来るのか,明日からずっと雨が予想されるので,墓参りも前倒しになるんですわね。
まあ,その台風君の影響でか,気温もそんなに高くもなく
雨もまだ降るってほどじゃなかったので,
過ごしやすいっていえば,そうでした。

そろそろ中学生の県体育大会が近いので,
熱心な人たちにはこの3連休は部活に始まり,部活に終わるわけで,
私のような文化部思考回路の人間には,
運動部ってそんなに偉いの?ってひがみともやっかみともつかない
割り切れない思いが残ります。
まあ,こどもがそれでいいなら,いいんですけど。
いつも思うのですが,学校と,部活しかない生活をしている子どもの生活体験なんて,哀しいほどに狭く,何も知らず
もうちょっと生活圏が広がったりはできないものかなと
もどかしく思います。

さて,寝よう
明日も早い。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押ししていただけると,とっても嬉しいです。。。。ありがとうございました

どうにも行儀の悪い教師たち

まあ,私もそのつもりがなくても,抜けてしまうときはあるから,
人のことを言えた義理ではないのだけれど
やはり教員の中にはルーズな人が多い。

7月は成績を出したり,保護者懇談の予定を組んだりと,かなり忙しい。
この週末にはどこの学校も,おそらく成績を締め,打ち出したり通知表を記入したりしている事だろうと思う。
ちょっと前までは,通知表も全部手書きで,ひとりふたり成績が入っていなくても,そこだけを残して後の部分を仕上げることができたが,PC入力,一括出力となると,一人でも未記入がいた場合,にっちもさっちも行かなくなってしまうのだ。

私の学校も,一昨日が〆切だったはずだが,いまだに入っていない人がいる。最後にまとめて点検する係が大変になるのだが,あっさり忘れてくれる。
仕方がないので,私はお電話をかけて,夜中でも出てきて頂くことにしてる。
まあ,自分も夜中まではいないから,「勤務時間終了後でも」が正しいね。
とにかく,容赦なくいかないと,なかなかできないというあたり,
「ったく,生徒といっしょじゃん」と思ってしまう。
いや,生徒ほど簡単に言うことをきかないし,やっぱりこっちのほうが手に負えない。

宴会なんかだと,行儀が悪いのが教師と警察官なんだそうで,
確かにお酒が入ると人が変わっちゃう人もたくさんいる。
ストレスの多い職種なのかなと言われるけれど,
そればっかりではないような気がする。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。                                                                                                      
タグ:学校 成績 〆切

なんでこんなものが売れるんだろう(笑)

こんなもの,どこか遠い世界の話だと思っていたら,
なんか,みょ〜に最近身近になってきたんです。
なんだと思います?
これです。これ,ビリーズブートキャンプ ↓


Billyさんの軍隊トレーニングからできた,7日間集中ダイエット脂肪燃焼運動なんだそうで,ビリーと一緒に脂肪を燃やし尽くせ!!ってやってるんですね。
誰かがやり出すと話題が話題を呼んで,広がっていったらしいのですが
インターネット,テレビショッピング,通販で評判のものってくらいしか私には認識がなくて,
まさか,こんなにじわじわ浸透していたなんて,ビックリでした。
体育の先生が自分のトレーニング兼シェイプアップ用に購入したっていうのは,まだ納得がいったのですが
若い講師の子が,脇腹も曲がらないくらい筋肉痛になっているかと思えば,
普段だったらヨサコイソーランかなにか踊りたがる生徒たちが,選択の授業の中で一生懸命汗を流したりしてるんです。

なんでそんなに人気があるのか
およそスポーツと無縁の私には理解できなかったりします。
でも,ちょっとやってみたかったりして(笑)
どなたか,やってご覧になった方はいらっしゃいますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

女は得か,女は損か。。。。

ちょっと前まで,「生まれ変わるとしたら男」でした。
女なんて,損だと思っていました。
学校現場という,本来一番男女平等が浸透していなければならない職場でも,男尊女卑は横行していました。
男女共同参画なんて,総理府が大きなお金をかけて
女性の社会進出の旗を振っていますが,
学校で,ちょっと前まで,「起案は男性のみ」なんて不文律のある学校がいくつもありました。
中学校レベルでは職場の60%を締める女性職員ですが,私の住む自治体では,管理職の登用は10%以下です。
それでも,私は仲間にも上司にも恵まれたため,20代の頃から,提案はいつものことでした。そんなことで,文句を言われたり,行く手を阻まれたりしたことはありません。だから,あまり女の壁を意識したことはありませんでした。
「すずめちゃんには女性を感じないんだよね」
って言われて,
「それがセクハラなんじゃないの?」
そんな程度の会話はありますが,ヘンな意味で迫られたりしたことはありません。
ですから,あまり「女の不都合」や「ガラスの天井」を意識したことはありませんでした。
まあ,もともと教員には管理職のポストが異様に少ないので
天井なんか感じる機会もありませんでした。

むしろ最近は年齢もあって
「女って得」ってことが増えてきました。
まず一つに,生徒からセクハラを訴えられることが極端に少ないです。
男の子たちは私が母親に見えるのか,私の前でも平気で着替えます。
泣いている女の子の頭をなでたり,肩をさすったりしても,誰も何もいいません。
これがごつい男の先生だったりすると,
それだけで大問題になりかねませんからね。

しかも,年齢がそうなってきたのだと思いますけど
「親からのクレーム」にも,立ち向かうことが容易になります。
最近モンスターペアレントなんて言葉が出だして,確かにとんでもない親っていうのもいますが,手応えとして9割以上は「話を聞いて欲しい不安な親」です。でも,子どもに負けずコミュニケーションが苦手かして,上手に教師に話ができない。
年も近くなってくると,そんな話も気安くできるようになってくるのでしょう。
じっくり時間をかけて聞いていけば,そこまで理不尽な親もいません。

というわけで,最近は「生まれ変わるなら女」でもいいかなって思い始めてるすずめです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しっていただけると,とっても嬉しいんですけど。。。。

え?更新費用の3万円を自己負担?

テレビでニュースを見ていたらやっていたので,
紙面は確認していません。
誰か,見つけたら教えて下さい。
教員免許の更新は,地元の大学等が主催し,30時間。
その費用となる約3万円は本人負担とする
という内容でした。

費用はどうするんだろうなあと思っていたので,

げ,自己負担かい!
というのが正直なところですが
待て待て。。。。

30時間3万円ってことは,1時間1000円?

ショボ!!!
今時,映画だって2時間1700円。
講演会だって2000円は普通に超えます。
しかも,地元の大学は,夏休みに教員向けの講座なんか開いていたら
研究のための時間が確保できないと渋っている様子。

ってことは,イヤイヤ開催される1000円程度の講座に30時間も出ろと。
大学がイヤイヤ行うわけだから,準備もいい加減かもしれない。
中央講師を呼ぶでもなく,
手前で適当にお茶を濁されることも十分に考えられるって事ですね。
それでブラシュアップが望めると?

なんか,やっぱり,笛や太鼓でドンドンやって,決めるだけ決めて,
あとはいい加減に適当にって
結局どうでもいいって考えてるんじゃないのかな。
マスコミが,企業が,いろいろ言うもんだから,
苦し紛れにいろんな事やってみるけど,どれも中途半端。
それじゃ効果なんか望めないって。

私は研修バグって若い頃言われたんですけど,
取れる限りの研修に出ました。自分の授業に自信がなかったから。
今までで,一番苦しかったけど,ためになっているのは,数年前に筑波で受けた教科の研修。これは今でも実戦で使っています。
一番しょーもなかったのは,これもいつだったかな,受けた,県の教育課程か何かの研修。これは得るもののない,史上最低の研修でした。
今のままじゃ,更新研修も最低を更新しかねませんね。
げっそりです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

学校の不思議

生徒と映画を見たら,いまだに頭の中で音楽がなって,体が動いてしまうアヤシいすずめです。

昨日から足立区の小学校の問題,教員の倫理の問題が言われていますが,
教師の倫理性を保つ要因の一つが,競争原理を導入していないことにあると思っています。

利益を生まない公務員の,目に見えない結果に競争原理を導入しようと企業の人たちは躍起になっていますが,
教員というのは,「いい先生」になるほど,競争原理から遠ざかる部分があります。
その一つが管理職試験です。

民間の事情は知りませんが,管理職の試験を受ける時には,校長推薦が必要ですから,自分で勝手に受けに行くということはできません。
校長さんから,「受けてみないか?」と話があって始めて受験資格が出てきます。

ところが,校長が勧めても,受けない教師がけっこういます。
生涯1教師を貫き,出世や昇級と関係なく子どもたちに接する人たちです。
これがまた,いい人が多い。
校長にしてみれば,取り立ててやろうと思っても,相手にその気が全然ないという,じゃ,何をご褒美にすればいいの?ってことになります。
管理職になって,偉いと言われ,給料が上がり,周りから一目置かれるということに価値観を見いだすのではなく
子どもの成長と笑顔と,日々のふれあいに価値を見いだすのです。

もちろん誰かが管理職にならなくちゃいけないのですから,
それを全面否定するつもりはありませんが,
やはり何か違っているのでしょう。
学校の不思議なところです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 管理職

やっぱりこうなった。人間の弱さかね

足立区立の小学校、

障害児童3人の成績を集計除外


7月8日3時5分配信 読売新聞
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070707-00000016-yom-soci

 東京都足立区教育委員会が昨年4月に実施した独自の学力テストで、区立小学校の1校が、障害のある児童3人の成績を、保護者の了解を得ないまま集計から除外していたことが7日わかった。

 また、前年度の問題を校長らが再現し、テスト前に児童に繰り返し練習させていたことなども判明。区教委では、今年度実施された全国学力テストを含め、同様の問題がなかったか区内の全小中学校を対象に調査する方針。

 同区教委によると、区独自の学力テストは、全区立小中学校を対象に2005年度から本格的に実施。昨年は4月25日に区内の小学校で一斉に行われた。問題があった小学校でも、1年生を除く全児童が国語と算数のテストを受けたが、情緒障害などがあり、特別支援教育学級に通っていた6年生3人の答案については、保護者の了解を得ず、採点しなかった。


この学校でしたっけ?校長の指示で(こういうのを差し金っていうんか?)指さし(間違っている答えを指さしてそれとなく生徒に教える)してたの。
も〜,こうなると救いようがないですね。で,70以上ある足立区の小学校の中位からトップになったっていうんでしょ?
トップってわかってるって事は,どこかで結果を公表してるってことで,来年の生徒集め用にPRしようとしたのだと思いますけど,
これほっといちゃ,来年から全部の学校に広がりますよね。
可哀想ですけど,校長さんには辞めて頂かないと,示しがつかない。
文科省と,足立区の教育委員会はどうするんでしょう。
かばってる場合じゃないでしょ。あんた。

さらに言うなら,これって完全に人権問題でしょ。障害を持ってる子の答案を採点からはずすって。これこそ親も怒らなきゃダメですよ。
「うちの子がそんなにジャマなんか!!!」って。

だから言わんこっちゃないって感じなんですけど,
氷山の一角に間違いないので,徹底的にやらないと,来年からの学力調査は単なるランキング争いになっちゃいますよ。40年前の学力テストと同じように。

しかも,足立区っていうのが,皮肉なことに,11月だったか,「学力調査の結果に応じて予算配分を行う」なんて発表して,そこら中から叩かれて,即座に「やっぱり学力調査の低かったところに手当をすることにする」って180度発表をかえたところじゃなかったですか?
きっと,公式発表は変わっても,内部の圧力っていうか,ランキング戦への校長会のこだわりが強かったんじゃないですか。
そのうち首くくる人も出てくるかもしれませんよ。そうなったら,文科省はなんて言うんでしょうかね。

まったく,力に弱い人間の性を露呈するような事件で,気持ちも暗くなります。
もうちょっと明るいこと,ないかな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押していただけると,とっても嬉しいんですけど。。。。

世の中なにか狂ってないかな

日本の「富裕層」、147万人に…

金融資産100万ドル超

7月7日20時10分配信 読売新聞


 100万ドル(約1億2300万円)以上の金融資産を持つ日本国内の「富裕層」が、昨年1年間で5・1%増加し、147万人となったことが、米証券大手のメリルリンチなどが実施した調査でわかった。

 増加率は、前年(4・7%)を上回った。富裕層は企業経営者が多いとみられ、同社は「戦後最大の景気拡大が続き、ビジネス環境が好転したことが要因ではないか」と分析している。

 世界全体の富裕層は、新興国の急成長を背景に8・3%増えて950万人に達した。日本の富裕層はこのうち15・5%を占め、米国に次いで世界2位となっている。


ウソやろ?って感じのニュースですね。
今年,ついに就学援助を受ける子どもが13%を超えたんですけど,どんどん差が広がってるって事でしょうか。
一部の人に言わせると,世界水準から見れば,こんな差は誤差の内なんだというのですが,一度一億総中流の生活を知ってしまってからの格差の広がりは,そう簡単に「そうですか」とは言えませんよね。

九間さんの発言といい,格差問題といい,強者の立場での発言が目立ちますよね。弱いものの立場がすっぽり抜けてる。
学校でも同じ事が起きています。
声の大きいものが勝つ。力を持つものの発言が通る。
「一番弱いものにあわせる」どころか,自分より弱いものを踏みつけていくってことが当たり前になりつつあります。
それが自己責任で,のさばるのも転落するのも自分のせい。
なんか淋しくないですか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

気になるのは明日の天気

夏休みも近くなり,やる気もだんだん失せるこの梅雨時

実は生徒に負けない程教師のやる気も失せています。

子どもら,頑張るよなあ,このジメジメした天気
脳みそまで黴びそうな中,ちゃんと座席に座って,ノート広げてるなんて,尊敬してしまいます。
この時期,まさに,生徒を見習って授業をしているすずめです。

こんな時は,ちょっと気分直しに映画でも。
最近はDVDも安くなって,手に入りやすくなりました。
下手に借りてきて,時間を気にするより,自分で買っちゃった方が楽です。
ちょうど合唱コンクールの前だし,「天使にラブソングを2」でも見せるかな。(って教師は気楽に言いますが,聞き取りさせられる生徒はどっちが楽なんだか。。。。)

あ〜,あいにくエアコンの効く部屋は空いていません。
ってことは暗幕しめて見ますか?
うわ,へたするとサウナだよ。
雨降って欲しいなあ。
涼しかったら,映画にしよう。

「先生,明日の英語はなんですか?」
生徒が聞きに来ると,
「明日の英語は英語をします」
だいたい,前の時間にきっちり予定は話してあるので,聞きに来る必要はないはずなんですけど,聞きに来るってことは,聞いていないのか,忘れているのか。
たまに,言ってもいないことを予定黒板に書かれることもあります。
今回も,映画だと予告してあるのですが,やっぱり聞きに来ました。
「涼しければ映画」
「は??」
そりゃそうです。いったい何度なら涼しくて,何度なら暑いんでしょう?
実は30度超えても,映画に決まってるんですけど,
ごめんね,混乱させて。単なる私の願望なんです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 授業

七夕です

七夕が近いので,教室に笹を飾った。
生徒の家からもらってきたもので,天井まで届いている,立派な笹だ。
生徒たちは思い思いに短冊を書き,好きな場所に吊している。
ムシがついている枝があったらしく,青虫が落ちてきて生徒を怖がらせている。
男の子が一人,器用にいろんな飾りを作って飾ってくれた。
最近,忙しさに流されて,忘れてしまいがちになっているが,こんなことが大切なんだろうなって思う。

生徒の書いた短冊を見て,思わず吹いてしまった。
何でも略してしまう日本語のクセで,合唱コンクールを略すと「合コン」になる。
教室中に「合コンがうまくいきますように」なんて貼られると,
不純な教師はヘンなことを想像してしまう。
明日,いろんな先生たちが授業に来て,なんと言って帰ってくるかが楽しみなような,怖いような・・・・。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 七夕 行事

教師なら勝負しなさい!

むっか〜〜!!と気持ちの中でブツブツが溜まってきたので,
暴発する前にちょっと吐き出します。
聞き流しといてください。

私もそんなにきちんとしている方じゃないので
てきとーに流すところはいくらでもあります。
だから,ひとのこと言えた義理じゃないこともあるんですけど
学校の中で,ここは押さえておかなきゃいけないポイントってあると思うんですよね。

たとえば,8時10分に生徒が着席するときには,
教師は8時に教室整備を終わらせ,朝の荷物の整理を促しながら
教室にがんばっていれば,10分には生徒も落ち着いて席に座っているから,声を荒げたりする必要もないんです。
それは躾の問題じゃなくて,朝から担任がにっこりおしゃべりの一つもしながら生徒を迎える,そんな「気持ち」の問題で,実はこういう細かいところが教師の勝負所じゃないかなってすずめは思うんです。
朝の一言で,コイツは今日はちょっとヘンとか,
コイツは朝ご飯食べてないんじゃないかとか,
前の日休んだヤツに「治ったか?」って声かけるだけで,その子は嬉しそうににっこりするし,
心配なヤツに宿題の確認をすることだってできるし,
そりゃ教師の個性もあるかもしれないけど,私のような非力な教師はそういうところできちっと詰めとかなきゃ,後々苦労するのです。

だから,朝のチャイムの段階で,教室に影も形もない教師で,教室の中も荒れ放題って人は,基本的に信用できません。
それでもあまりある指導力で,豪快にクラスをまとめる人もいますけど,生徒から逃げちゃって,朝の戦いを放棄してる輩には,思わず吼えたくなるってわけです。
子どもに罪はないですから,朝自習の世話や,欠席の確認など,いくらでもしますけど,やっぱり許せない。
「ば〜ろ〜,教師なら,勝負するとこはずしたらダメやろう!!」と罵声の一つも浴びせたくなるのを,まてまて,とこらえるのは神経に良くないという,まあ,そういうわけで。


数年前に,私のクラスへの関わり方をみて,隣の担任が,
「すずめさんって勝負師だね」
私はからっきし運がないので,ギャンブルはやりませんし,パチンコもしません。だから,勝負師と言われたのには驚きました。
きけば,賭博師と勝負師は違うらしくて,賭け事しなくても,勝負師にはなれるとか。
それから自分をよく観察するに,確かに生徒に勝負をかけてるんですね。
朝,掃除の時,さらには授業中,生徒とは細かい駆け引きや仕掛け,トラップを仕込んでいくわけで,言ってみれば一つ一つが小さな勝負なんです。で,教師は勝ってなんぼのもん。
だから,逃げるヤツを見るとイライラくるんです。
フォローはするけど,
「生徒と真剣勝負できないなら教師辞めてしまえ!」と怒鳴りつけたくなるのです。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

自主性は自主的には育たない

合唱コンクールが近づいてきました。
小学校では,所により,競争を避け,みんなが仲良くなんてやっているようですが,どっこい,中学校ではガンガンに競争が入ってきます。
その第1弾がこの合唱コンクール。
ここで入賞はともかく,クラスをどうまとめるかが担任にかかってきます。
最近の子は,ほっといても燃えません。
だいたい,クラスでもめて,誰かが泣いて,誰かがケンカしたり
もう出ないなんてゴネたりする中で,少しずつ協調性や団結力が高まってきます。もめ事は必要な通過儀礼です。
ほっとくと,そこまで行き着かないうちに本番がやってきちゃいますから,仕方ない,担任は責任者や指揮者を追いつめ,悩ませ,涙の一つもこぼさせないと,うまく事が運んでいかないのです。

よく「自主性」なんて言葉が出され,教師の中には「生徒の自主性」なんてまやかしのもとに,何も指導しない人がいます。
残念ながら,そんなことで自主性が育ったのは30年前の世界で,
経験の少ない生徒たちには,事細かに指示し,最初はとにかくやらせ,手順を教え,自信を持たせ,もう一回やらせて,褒めないと,自主性の欠片なんて見えなくなってきました。

今日も,並ばせてみて,次は並ぶのを待ち,歌わせて,褒めて,でもパートリーダーにはボロカスに言い,責任を自覚させ,少しずつ「やらなきゃどうしようもない」状態に追い込んでいきます。
本番は来週。それまでに間に合うか・・・・

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

日曜日って不調

今日は久しぶりにお休みにして,
花に水をやり,海外から帰ってきた同僚の報告会に行きました。
行く前とはちょっと変わったかな?と思う同僚の話を聞きながら,
いろいろなことを考えていました。

そいつはちょっと人を食ったヤツで
何を考えているのかわからないところがありますが,
根は温かくていい人です。
向こうに行っている間に,日本の中も変わって
学校も変わって,おたおたしているんじゃないかななんて
余計なことを考えながら報告を聞いていました。

外国へ行くと,仕事に対する取り組み方や,休日の過ごし方が,日本とえらく違って,価値観がひっくり返ると言います。
それをどうとらえるかはその人その人で,
中には不適応を起こす人もいるし,
帰ってきてから,日本に不適応になる人もいます。
彼も,向こうに行った当初はひっくり返ったといいますが,
今度はこっちで,やはり苦労しているように思えました。

私はといえば,去年は組合の委員で,平日の夕方書記局に詰めた分,土日に授業の用意をしておかないと,その週が成り立たなくて
ずいぶんせわしない思いをしましたが,
今年はそれがなく,その分調子が狂ったまま,元に戻っていません。
家にいても落ち着かないし,学校でもどこから手を付けていいのかわからないし,居場所がないのです。
こういうのって定年になってからだと,呆けになるのかなと思いながら,何となく日曜日って落ち着きません。

こんなときってどうしたらいいんでしょうね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

お勉強のできる子 ゆうちゃんの場合

今まで,教員生活も長いけれど,東大まで行った子は
田舎のせいもあり,そんなにたくさんはいない。
最近ボチボチ出てきたのだが,ゆうちゃんを思い出すに
どう考えても少子化のせいか,東大のレベルが下がっているとしか思えない。

ゆうちゃんは今は卒業して,なんたら研究所とかいうところにいるけれど,それまでは研究で世界中飛び回っていた。
それも,山の中ばっかり。
中学校の時は体育とはあまり縁がなく,音楽が好きだったゆうちゃんが,世界の山地,ジャングル,森林地帯をめぐるのだから,人生ってわからない。

そのゆうちゃんは,中学校の時,とにかく何でも興味を持つ子だった。
授業中でも,終わってからでも,「なんで?」「なんで?」と子どものようにまとわりついてくる。
実験などしようものなら,「なんで?」「なんで?」はよりスピードと迫力を増し,教師が納得いくように答えるまで許してくれない。
納得すると,目がきらきらして,「へ〜〜え,おもしろ〜い」と帰っていく。
教師の言うことに合点がいかない場合は,眼鏡の奥で,目が据わる。
「なんで?」
それは,教科の内容に留まらず,大人の矛盾も鋭く突くことがあり,
キッとにらまれたら,けっこう怖いものがあった。
私の授業じゃなくても,
「先生,今日ね,ゆうちゃんこわかったよ」と生徒たちが報告に来るぐらいだから,よほど迫力があったのだろう。

ゆうちゃんは自分に対しても厳しい。厳しすぎるくらい厳しい。
塾なんて行っていなかったから,学校の勉強だけなのだが,
「宿題がなかなか終わらなくて」と夜中まで勉強しているときがよくあった。そうなんだ,塾がなくても夜中までかかるんだ。10時に寝てるヤツは要領がいいのか,それともやっていないのか。

予習も欠かしたことがなかった。常にきちんと準備して授業に臨み,終わった後の教室にゴミを残すようなことも絶対にしない。教師が集め忘れるような宿題でも,できあがっていなかったことはないが,それを自慢にしたり,他の子どもをバカにするような事はなかったし,質問されれば,誰にでも一生懸命教えていた。
もっとも,あまりにもすばらしいゆうちゃんの説明に,ついて来れない子も何人もいたようだけれど。

でもって,そんなゆうちゃんは結局3年間塾にも行かず,
テストは平均96を下がったことはなかった。
いや,97を割って,96点だったときに,悔しくて泣いていた。
「だって,教科書に出てたことが解けないなんて,悔しくて」
と彼女はぽろぽろ泣いた。
あまりの激しい反応に,教師にも慰めの言葉は見つからなかった。
いや,正確には,96点で泣いちゃうほど悔しいということが,経験がなくてわからなかったのである。

こんな子もいるんだ。すずめには新しい発見だった。
卒業して3年後,東大に受かったときいて,
「なるほど,こういう子が行くのが東大なんだ」と妙に納得した。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。