現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!! > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


学校多忙化の理由3 無節操な○○教育

じゃ他にどうするのさ,と言われれば,確かにそうなのだが
あまりにも短絡的だと思う。

いじめ事件が起きれば,「こころの教育」だといい
ニートが増えたといえば,「キャリア教育」に火がつき
「情報教育」が必要だ,「食育」もやらにゃいかん
「金融教育」だ,「ボランティア」だ,「国際理解」だ....
今年はこれに加えて,体力向上と学力向上がいっぺんに加わった。
これ全部,学校でどうやってやれっていうの?
時間の保障なし。予算の保障なし。人材の保障なし。
学校は打ち出の小槌じゃありません。
教員はオールマイティじゃないんです。
それで何かがうまくいかなければ,「教員の力量不足」?
それってあんまりでないかい?といいたい。

確かに,学校でしか引き受けられないとは思う。
こんなに効率的に,ありとあらゆる子どもが無条件に集まっている場所は他にないから。
しかし,安易すぎる。

時間の問題が一番切実なので,これを取り上げると,
学校では,自治体が定めた授業日数というのがあって
その期間も定められている。
週当たりのコマ数は標準で28コマ
それが35週あると数えて,980時間というのが授業の数。
内訳は,国社数理英の5教科が約半分(学年によって若干違う),
音楽,美術,技術,家庭,体育に総合と選択で約半分
当然だが,そこに数の余裕はない
求められる○○教育のすべてを入れようと思ったら
何かの時間を削るか,枠外に時間を設けるかしないと
入りようがないのは誰が見てもわかるはずなのだが
そこはそれ,いろんなところがバラバラに言ってくるわけだから
それぞれはちょっとずつでも,トータルすれば大変なことになる。

で,余裕の時間はどうかと見ると,
大雑把に言って,1年間に生徒が登校するのは200日
1週間は5日なので,40週の計算になる。
授業が35週で組まれているのだから,余裕は5週,25日,140時間。
この中で入学式,卒業式,その練習と学校行事のすべてを行う。
修学旅行,定期テスト,始業式,終業式,運動会,遠足,文化祭,
それにその準備や練習,
まさか卒業式が2時間で終わっても,その後に授業するわけじゃないので,そういう付随した時間も加わってくる。
その他に芸術鑑賞したり,何かの講演会を聞いたり,
そんな時間も加わると,140時間は案外すっきりなくなってしまう。

じゃ,授業を削るかといえば,
誰も必修教科の時数を削っていいとは考えていないだろうから
多分,てんでに「総合的学習の中で,なんとかなるだろう」なんて考えているんじゃないかと思うわけだが,
5種類も6種類もの何とか教育を総合の時間だけでまかなおうなんてどだい無理な話なのである。

しかも,教員は小学校,中学校,高校と上がっていくほど教科の専門性がどうとかで,得意分野が狭くなっていく。
体育の先生が食育だとか言うと頭を抱えるかもしれないし,
数学の先生はこころの教育に自分の心を病むかもしれない。

今のこの状況ですら,私なんかは,教員がものすごく頑張っていると思うわけで
これ以上を求めても,いっぱいいっぱいで踏ん張っている教員が壊れてしまうだけじゃないかと心配する。
壊れたら,不適格教員のレッテルを貼って,取り替えるつもりなのかもしれないが。

もうちょっとやらなきゃいけないことと
どうでもいいことを整理して
現場を片付けないと,そこここで破綻してくるのは時間の問題のような気がする。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

学校多忙化の理由2 直感 主観 客観性

前にも卒業式に歌う歌まで報告を求められて呆れたことがあったが,
最近とにかく調査が多い。
信用されてないのもあるだろうし,文科省がいろいろデータを集めているのもあるのだろうが
教師の主観が信用されなくなってきたということもあるのじゃないかと思う。

ひとつには評価。
教師の直感というのが昔は多かったように思う。
10年ほど前から,観点別評価,絶対評価の導入にあたり,
補助簿をつけろ,評価規準を示せ,説明責任を果たせと
とにかく言われるようになった。
一人一人顔を思い浮かべながら,
「コイツには10はやれん」とか
「コイツに2は可哀想やろ」とか
そんな感情を交えての評価は消えていき,データと換算表による
組み合わせの評価だけが残った。
確かに客観性はあるが,数字の量だけが増えて,生徒の顔は見えなくなった。
誰がつけてもきっと一緒だし,極端な話,授業に出ていない人でも,
補助簿を見れば,成績を出すことぐらいできる。
それを整合性がある,というのかどうかは私にはわからない。

次に調査。
毎年一番大変なのは,教育課程実施状況調査と呼ばれる物である。
昔から,1の1,2の1,3の1という,学年最初のクラスをサンプルクラスとしてすべての授業時数を数える。
国語が何時間で,社会が何時間で。。。。と数えていくのである。欠時は1時間ずつ,何に使ったのかを書き込んでいく。なかなか合わなくて,孤独な作業である。
それを今年は,全クラスについてやるように通達が来た。
え〜〜〜。3回が20回。。。
めげてはいられない。
未履修問題や,授業時数確保がうるさく言われるようになった今
教務の係は,個人間での授業のやりとりも追いかけて入力しようと頑張っている。

さらに今年は,全国学力調査に先駆けて,教科毎の課題と対策調査があった。
教科毎にデータを示して,子どもたちにどんな力が不足していて,どんな指導法を取り入れれば学力が上がると思われるのかを併記する。
今までのように,教師の直感で,「この子たちはどうも・・・・」というのは認められなくなった。
確かに数字には説得力がある。
しかし,認められなくなった教員の直感でも,ほとんど数値による結果と差違はなかった。細かなデータを出せば出す程,
教員の直感も捨てたもんじゃないと私なんかは思ってしまう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 多忙化

学校多忙化の理由1 授業以外の仕事

学校の多忙化にはいろいろ理由があると思うが,
多分,外部の人たちにはよくわからないであろう,学校の校務分掌という仕事の仕組みがある。
いってみれば,授業や生徒指導とはちょっと違う,事務方のお仕事で,大学なんかに行けば,こんな仕事はすべて事務部が引き受けている仕事を,教師が分担して行っている。
これが最近少しずつ膨らんできているのだ。

校務分掌は,学校によって少しずつ違うが,大きく分けて
教務部,研究部,生徒指導部,生徒活動部,管財部に分かれている。
それぞれが何をしているかと言えば,

教務は教育課程に始まり,行事予定,日課,時間割と,学校のハードの部分を一手に引き受ける部署である。

教務主任というと,校長,教頭に次ぐ学校NO3のポストで,
次の教頭候補であるから,上昇志向の強い男の人は,ここを目指して,けっこう熾烈な駆け引きを演じている。
が,その仕事はというと,
行事予定を組むという,メインのお仕事から,
学校に見えるお客さんのためのスリッパを揃えたり,
看板を書いたりなんて地味な仕事まで,
およそすべての隙間を埋めることが要求される,
なかなか神経を使うポストである。

教務の中には,教育実習生の受け入れや,
学校評価に関わるもの,
生徒の学籍や教科書など,
学校運営に関わってくるものがぎっしりと詰め込まれている。

研究部の仕事は,生徒の学力向上のための様々な取り組みと,
教師の研修である。
生徒の学習に関する取り組みを提案して,
学力を伸ばすのが最大の仕事で,
もう一つは教師のお尻を叩いて,研修してもらうことである。

生徒指導部は文字通り,生徒指導に関わることをする。
学校の中でもそうだし,連絡協議会に出て行ったりもする。
学校は生徒で成り立っているので,生徒指導は,文字通り,学校生活に関わるすべてのことがここにある。
生活規律から,避難訓練,自転車通学者の世話,給食のお金の勘定も,ありとあらゆる指導がここに含まれる。

生徒活動部は生徒会担当である。
執行部の世話から,行事のチーフ,委員会の世話などである。
部署としては小さいが,生徒が学校運営にも関わってくる唯一の場所が行事や生徒議会の場なので,生徒の意見をいかに反映させていけるかが生徒の積極性を引き出すひとつのきっかけになる。

管財部は,さすがに事務職員がするところが多い。
物品の管理,お金の管理と,一般の教職員ではとても手の回らない仕事がここにある。

こうした校務分掌の中には,
専門の人間を雇ってもいいような部署がたくさんある。
教員はみな,単独でそれらの仕事を抱えるから,
授業や学級の他にこれらの仕事をこなしている。
この部分の負担が大きいのである。

よく「授業をしているヒマがない」と言われるのは,
この校務分掌における事務量がぐっと増えてきているからで,
中には,ゆうに二人分の仕事を抱えている人もいる。
そして,この辺のところは,仕事仲間にしか見えない部分なので,
同僚には「たいへんだね」と一定の理解はしてもらえるが,
外部の人間には見えにくい。

この2足のわらじ的仕事分担が,なかなかに忙しいひとつの原因となっている。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校

愛すべきやんちゃ坊主たち

いろいろ問題のある子たちもいるが,
さいわい,おばちゃんのクラスには,言う程手のかかる坊ちゃん,嬢ちゃんたちはいなかった。
代わりに,どうも私にはそういう巡り合わせらしく,
罪のないやんちゃ坊主たちがたくさんいたように思う。

ある日,職員室で他の職員と打ち合わせをしているところへ,
そ〜っと扉が開いて,クラスの3人が顔を出した。
「先生,ちょっと」
「ん?」
「先生,やべ」
ヤベなんて言うときはろくな用事じゃないわけだから
こわごわ「何?」

「椅子の脚が折れた」
エレベーターごっこと言うのだそうだが,一人を椅子に座らせて,そのまま,せーの!で椅子を持ち上げて落としたら椅子の脚が折れたそうだ。当たり前である。
一緒に教頭先生と,管財担当の先生の所へ謝りに行く。

それから1週間もしないうちに,またその3人組が呼びに来た。
「先生,ちょっと」
今度は何をしたんだろう。
行ってみると,プランターの花がすべてなぎ倒されている。
玄関マットの泥を払おうとして,後ろからマットを蹴飛ばしたら
マットごと飛んでいってしまって,プランターの上に落ちたという。
こっちは生徒と校務員室へ謝りに行き,プランターの花植え作業をもらって,お詫びのお仕事。

トイレットペーパーが一反木綿になって宙を舞ったり
ゴミ袋がかまいたちにあって,玄関前にゴミが散乱したり
散水用ホースがヘビになって生徒に水を浴びせたこともあったし
誰かの脚がどれくらい開けるかに付き合わされて数学の黒板用コンパスがぽっきり折れたこともある。
校外では,銀行のシャッターに思わずぶら下がって懸垂して怒られたこともあったっけ。

そのたびにこちらも謝ったり,説教したりとなかなかエキサイティングであった。
なんか,ここ2〜3年は,こんなやんちゃ坊主も少なくなったなあ。
にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

どうしたらやる気が出るのでしょう

これもよく聞かれることです。
これも,通訳しますと

先生,もうちょっと宿題でも何でも出して,家でも勉強するようにしてくれなきゃ困るじゃないですか。勉強しないのは先生が甘いからでしょ!
という母の心の叫びですね。

これも男の子に多いように思うのですが,私は「ぐうたら病」と呼んでいます。

で,親が
「勉強しなさい」

「いまからしようと思っとったんに,やる気なくなった」

「宿題は終わったの?」

「ないし」

「復習はしなくていいの?」

「おわった」(もちろんウソ)

「予習は?」

「うるさいなあ」

もうとりつく島のない状態ですね。完全に悪循環。

この悪循環を断ち切るには,どうすればいいのでしょう。

「おかあさん,○○すればいいんですよ」
というと,必ずお母さんはいいます。
「○○するところなんか,ありません。無理です」

なんだと思いますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
押してくれたら教えてあげます。ってウソです。続きをどうぞ。続きを読む

毎日説教。それでも説教。明けても暮れても説教のわけ

それにしても,最近,説教が多いです(笑)
私も面倒くさがりな方なので,あまり長い説教は得意じゃないのですが
それでも,けっこうこんこんとやらなければなりません。

なんでこんなに説教が多いかというと,
私が年取ったせいかな?とも思うのですが
とにかく整わない。

一番多いのがごまかしです。
宿題や提出物を集めていて,
「もう出していない人いませんか?」

し〜〜〜ん(誰も反応しない)

でも,どうも手応えとして,枚数が足りません。

「ほんとに誰もいないの?みんな出してる?」

し〜〜〜〜ん

で,職員室で,名前を確認すると,やっぱり足りない。
それでも,一応チャンスをあげます。
休み時間にもう一回

「なんか足りないんだけど,ほんとに出してない人いないの?」

それでも反応なし。
ついに終礼で名前発表となります。

残して,職員室へ呼んで,確認作業。

「出してないでしょ」
「出したと思っていました」(こんなウソにだまされてはいけない)
「で,どこにあるの?」
「机の中にあると思います」
「じゃ,今すぐ取ってらっしゃい」
「え?」
「机の中にあるんでしょ?とってらっしゃい」
「あの,いえ,あ,う。。。」
「はぁ?どうなってるの?」
「なくしました」(これもウソ)
「はぁ?なくした?いい加減なことばっかり言ってないで,ほんとはどこにあるの?」
「部屋・・・・」
(この答えを言わすまでに少し時間を稼いで,十分気持ちを追いつめておく)
「なにぃ,何で最初からちゃんと忘れましたが言えない!!」
とここだけは職員室中に響くぐらいに大声効果でちょっと脅す。
と,半分程の生徒はウルウル。
このウルウルが大事なんです。これをやらないと,効き目がない。

涙が入ると,たいていの生徒は一気にできなかったいきさつや,
今,その提出物がどうなっているかをしゃべり出します。
これをきちんと言わさないと,後がやっかいなんです。
(ここで手を抜くと,あとで,親からクレームが来ることがある。「うちの子が間違えただけなのに,先生は話しも聞かないでうちの子を怒鳴りつけた。心に傷が残ったら,どうしてくれる。」)

きっちりしゃべらせて,いつなら提出できるかを確かめて,
ウソをついてはいけないこと,
ミスは誰にでもあるのだから,自分から先に名乗り出て,さっさと怒られれば,涙を流す事態には至らないこと。
自分から先手必勝で謝ってしまうのが,一番事を小さく済ませることができること。
自分から謝っている生徒に,無茶苦茶怒る人なんか,学校内にはいないこと。
大人になっても,謝れるかどうかは,点数よりも大事なことで,人に可愛がってもらえるかどうかは,そこで決まるんだということ
を,コンコンと説きます。(ここまでくれば,穏やかに)

最後に
「すみません。ボクの情けない行動で,先生にしょーもない手間をかけさせました。これからは,言い逃れをせず,きちんと自分から言います」と自分の口で言わせます。

その瞬間だけ怒られずにすんでも,後でもっと怖い目に遭うんだってことを,よ〜く確認して帰すことになります。

小学校だって,教師がそんなに見逃してくれていたとは思えないのですが,最近,とにかくその場しのぎのウソやごまかしが多くて
その時だけ怒られなければ,それで何とかなると思う子どもが増えました。

それじゃ大人になって,嘘つきにしかなりませんので,
こちらとしては,涙が出るまで絞ります。
従って,ほぼ毎日,説教が続くことになるのです。

なにしろ,高校の中退率も上がって,去年はさほどでもありませんでしたが,一昨年は1年で一クラス平均3〜4人は高校を中退しました。
ということは,人にきちんと指導してもらえるのは中学校が最後になるかもしれません。
社会に出て,犯罪者にならないためにも,ここは死守しなければならない物があると信じて,今日も説教です。
しかし,疲れるわ。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

先生,塾に通わせた方がいいんでしょうか

と,保護者懇談の折によく聞かれます。

教師としては,
「もうちょっと先生,勉強のことは学校でちゃんとみてくれなきゃ。
うちの子の成績が上がらないのはアンタのせいよ」

と言われているような気分に,昔はなったのですが
今はちょっと事情が違います。

家庭学習です。

学校の授業には予習や復習がいるものだと
多分誰もがそういうでしょう。
テストの前には勉強するもんだと思っていませんか?

いえいえ,
ほったらかすと,テスト前でも1分も勉強しない子が6割はいます。

「勉強の仕方がわからないんじゃないですか?」

いえいえ,
ノートのコピーまでつけて,こんな風に勉強しなさいと
ここまで言うか?ってくらいに指導しているのです。


テストの前は,勉強の予定を立てさせ,教師は毎日40人分を点検します。
何時間勉強したかを記録させ,テストが終わると,反省させて,
それを保護者にも見てもらって,ハンコをもらってきます。
(時々面倒くさいと保護者からクレームが来ることがありますが,
そこまでしないと,特に男の子の半分は試験勉強なしで試験に臨むことになります)

どんなに頑張っても,彼らが家庭で学習できる時間は
1時間半が限度のようで,
なぜそうなるのかを聞くと,
テレビを見て,ゲームをしたり,メールをしたり
パソコンで遊んだり,マンガを読んだり
そんな娯楽をすべて終わらせてからじゃないと勉強に向かえない。
勉強しなければいけないという意識はあっても,
やりたいな,と思う誘惑がそこにあると
ついフラフラ〜っとそっちが優先してしまい
勉強の方へ体がついてこないようなのです。

それで
「先生,もっと勉強させて下さい」
と母に言われても,これ以上は一人一人の家まで行って
後ろに立ってでもいない限り,彼らは家庭学習をしません。
コピーロボット39個下さい。

そうなってくると,塾の持つ意味は違ってきます。
塾の学習室にはゲームも,テレビも,携帯も,MDもありません。
マンガの本も,パソコンも,何もないのです。
彼らを完全に誘惑から切り離し,
勉強に向かわせるにはこれしかないかもしれません。
しかも,そこには塾の講師の方もいて,
遊離しようとする意識を繋ぎ止め,
ノートに向かわせてくれるのです。

そろそろ,昼間は学校,夜は塾という
連携プレイが必要なんじゃないかと私は真剣に考えています。

しかも,別のメリットとして,
母の目の前から消えてくれますから,母の精神衛生上もいい。
イライライライラしなくても
塾で勉強していると思えば
その間は(うちの子は塾で頑張っているのね)と思えますし,
帰ってくれば
「おかえり!今日もがんばってきたのね」
とねぎらってあげることも抵抗なくできるでしょう?
子どもにとっては母の優しい言葉が何よりの癒しになります。

ただし,こうした時間管理は,
本人の自覚によるものではありませんし,
誘惑に打ち勝っているわけでも,何でもありません。
根本的な解決にはならないかもしれないのです。

でも,少なくとも,工夫にはなるでしょう。
努力ができなくても,工夫ができれば,問題は解決できるかもしれません。

保護者に対してはこう答えています。
「そうですね,お子さんが,自分で時間管理をうまくできないのでしたら,塾はいい解決方法になると思います。
お子さんが行きたいと思う塾があり,(相性が悪いと勉強になりませんから)お母さんが安心できるなら,通わせた方がいいかもしれません。ただし,それだけで簡単に成績が上がるわけではないです。
どちらかといえば,お母さんがイライラしないですむ,というものです。
お子さんとよく話し合われて下さい」

ややこしい時代になってきました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

> 中高の母さん?へ  3度目のお願い

『生きてる事が楽しいのは小学校に上がるまででたくさんです。』
は、ないでしょう!
最近思うのですが、小・中・高とある中で、中学校は異色ですよね〜先生が...
まぁ確かに一番扱いにくい年頃なので、つい先生方もいき過ぎてしまうのでしょうが...でも子供たちなりに良い先生・悪い先生見極めてます。
お願いです!
厳しい指導OKです!(甘いとすぐつけ上がるので...)
でも、子供に対する愛情だけは捨てないで下さい。そして物のような扱いはしないで下さい。すごく傷つき憎しみに変わり、全く聞き入れようとしなくなります。無反応に見えて、先生の心、ビックリするほど伝わってます。


というコメントをいただきました。
ちょっと調子に乗って,熱くなった部分があり,私の意図がよく伝わらなかったようです。
己の表現力のつたなさを十分反省し,もう少し研鑽を積まなくてはと思いました。
ちょっと文をかえてみましたけど,これでどうですか?
まだ伝わらないでしょうか?

良心的に考えたいと思います。
教師への何らかの不信がおありのようですが,
親御さんが教師への不信を露わにされるのは,あまりいいこととは思いません。
まずは子どもが教師をなめてかかりますし,
最近の子どもたちには,親と教師以外の大人に触れる機会が少ないですから,
やがては親をなめ,世の中をなめ,思い上がった青年に育っていきます。
子どもは大人を値踏みしていますから,人の批判ばかりしている大人を尊敬はしません。思春期の子どもの目は容赦ありませんから,
何を言っても,信用してくれなくなります。
大人を信じられない子どもは可哀想です。

相手が担任なら,よく話し合って見てください。
案外,分かり合えると,とてもうまくいったりします。

〜〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜☆〜

と思いたいのですが,
中高の母さん,IPアドレスがおかしいです。
まさか,操作しているとか?
前にもよく似たような書き込みがありました。
同じ方でしょうか?
だとすれば,悪意しか感じられません。
人の揚げ足をとって,叩く機会をねらっているのですか?
これで3回,捨てハンでの投稿はやめて欲しいとお願いしました。
アドレスもURLもないハンドルネームでは,
信用できないとも書きました。

批判は批判として
きちんとお話がしたいと思います。
見えないところから,石だけ投げて逃げていって,
遠くから,人がケガをしている様子を見て喜ぶような真似は
やめてください。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

勉強は好き嫌いでするもんじゃなくて

小中学生意識調査:中学入学後、勉強嫌いに−−宇都宮市教委 /栃木5月24日12時1分配信 毎日新聞

 ◇小・中間の学習の差浮き彫り−−「理数系離れ」裏付け
 「中学に入学すると、勉強好きの子供が半減する」――。子供の学習意欲が中学入学後、大幅に低下する実態が宇都宮市教委がまとめた意識調査で明らかになった。中学進学後は、理数系科目を大切と思う生徒数も急減しており、小・中間の学習意識の差が浮き彫りとなった。
 市教委の別の調査では、中学入学後、学習意欲低下だけではなく、いじめが約3倍、不登校が約5倍と大きく増えている。このため、小・中間の教員の交流や、小学校での教科別授業の導入など、意識の格差を是正する方針という。【塙和也】


これだけ見てると,また,中学校で勉強が難しくなるから,教員の教え方が下手くそなんじゃないか,などと,いろいろ言いたくなると思うんですけど,ちょっと待って下さい。

勉強って楽しくなきゃいけないものですか?

小学校の批判をするつもりはないですけど,
中学校に上がってきたときに,彼らに一番欠けているものは,
努力して憶えること。
私にはわからないこともありますから,断言はできませんけど,
年配のみなさんなら,
「九九はどうやって憶えましたか?」の問いに
「泣いて憶えました」というのがウンウンとわかると思います。

今の中学生たちは泣きません。
信じられないでしょうが,中学1年で,クラスに3〜4人は九九を言えない子がいます。
もちろん,全部じゃなくて,6の段か7の段辺りがごちゃごちゃになるのですが。
そんな彼らですから,漢字も英単語も頭っから憶えようとはしません。
社会の年代も,人の名前も憶えませんし,日本の都道府県なんて3つも言えないありさまです。

「楽しい」?楽しくなきゃいけないなんて,
こびすぎてないですかね。
世の中楽しいことばかりじゃないし,
苦しくたってやらなきゃいけないものはやらなきゃいけないんです。

楽しいことはするけれど,イヤなことからは逃げてしまう。
大人は「楽しい」神話に踊らされて,
イヤなことから子どもを遠ざけるあまり
子どもはどんどん好きなことしかできない人間になっていくのです。
それを当然の権利として,
イヤなことはやらないという究極のだだをこね
結果的に使い物にならない人間に育っていってしまいます。

中学校に来て
1年生でいきなり不登校になる何割かは
小学校の時には優等生で,先生にも親にも期待され,
中学校でいきなり点数が伸びなくて,
そのギャップを受け入れられなくて
学校にも来なくなるケースがあります。
周りはいじめやイヤなことをいろいろ探すのですが
なかなか見つからなくて,途方に暮れてしまいます。

世の中は楽しいことばかりじゃありません。
それは大人が一番よくわかっていて
子どもにちゃんと伝えなきゃいけないことでしょう。
生きてることが100%楽しいのは小学校に上がるまで。
それからは,楽しくないことをきちんとやっていく中にこそ
キラリと光る楽しさや喜びがあることを教えませんか。

楽しいことしか知らないで育つと,そのうち喜びや幸せを感じる力が退化します。
幸せの中にありながら,それを感じることも,まして感謝することもできないなんて,あまりに可哀想ではありませんか?
周りの大人は,可愛がるあまりに,子どもの「幸せを感じる力」を奪っている皮肉な現実を知らなくてはいけません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:学校 授業

花粉症はつらいよ

今日は朝から,花粉症がひどかったです。
目はかゆいし,しょぼしょぼするし
鼻水はとまらないし
体全体が,だるくて,ぼーっとしていました。

みなさんの中にも花粉症の人っていますか?

生徒にも聞いてみました。
何人かやっぱりしょぼしょぼの顔で
「先生,ボクもひどいんです」と答える子がいて,
「仲間か〜。がんばろうな」なんてわけのわからない連帯意識をもっていました。
そうでもしないとやってられない(笑)

車を運転するのですが
花粉症のくしゃみは5連発,10連発と来ます。
くしゃみの瞬間は目を閉じるし,1瞬揺れるんですね。どうしても。
後続車からは,車がフラフラして走ってるように見えるんです。多分
本人は,止まるわけにもいかず,
もし目を閉じている間に人が出てきたらどうしようと
けっこう本気で心配しているのですが
後続車には居眠り運転でもしているように見えるのかな。

あ〜早く6月になれ
ここ2〜3年,症状ほとんどなかったのに
なんで今年はこうなの?

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:花粉症

学校にお泊まりすれば。。。

今じゃもう,そんなおおらかなこともできなくなってしまったし
塾や部活で,生徒たちの予定も合わなくなってしまったけれど
15年程前までは,夏休みといえばクラス合宿でした

だいたいは少年自然の家とか,○○青年の家とかに行って止まるのですが
ある年,計画をたて遅れたおばちゃんのクラスは,
もうどこにも泊まる所を押さえられなかったのでした。
どうしようかと考えていると,
教頭が一言
「学校でもいいよ」

学校にお泊まり?

最初は面食らいましたが,考えてみれば,学校にはたいてい何でも揃っていますし,
バスや電車に乗って移動することもありません。
これはいいかも,と早速計画に入りました。

寝る場所は,貸し布団1組500円を借りて,
体育館に確保。
1階は女子,2階は男子
食事は調理室にて自分たちで用意
冷蔵庫はミルク室用のものを使い放題
レクリエーションは校内全域を用いたお化け屋敷と
体育館でのバレーボール
その他,運動場での花火大会

体育館は風通しが良く,明け方は寒いくらいでしたが
誰も怒る人がいない学校では
生徒たちは真夜中までドッジボールにバレーボール
深夜のバレー大会は後にも先にも経験がありません。

お化け屋敷は,文句半分言いながら,やりたくてたまらない男の子たちがおばけを担当。
こんにゃくだの,水風船だの,ゴム手袋だのを仕入れてきて
やりたい放題でした。
女の子たちの
「キャ〜〜〜〜〜」という悲鳴に満足してはいたものの
暗がりに待っているのはなかなか怖かったようです。

運動場は広いので,
打ち上げ花火OK,ネズミ花火OK,当然線香花火を束にしてもOK
何でもありの花火大会は,近所の人たちが
最初は不良集団かと心配して出てきたのですが
クラスだとわかると,笑って首を振りながら家に戻っていきます。
40人も入れば,山のようにあった花火もすぐになくなってしまいました。

食事もまた,大騒ぎです。
班毎に好きなものを作るのですが,
魚を焼く班あり,ハンバーグを作る班あり,
上手なのもいれば,下手なのもいる。
それでも,自分たちで作るのですから
まあ,文句も言わず,食べます。お腹さえ壊さなければ
不味いご飯もまたいい思い出です。

ずいぶんやんちゃな合宿で,今なら苦情の1本どころか
委員会まで行っちゃうかもしれませんが
まだまだ何でもありの時代でした。
生徒たちもやんちゃでしたが,生きることを楽しんでいました。

この時期になると,ちょっと思い出してしまう
懐かしいあの頃です。

にほんブログ村 教育ブログへ banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

ゲーム機で勉強?数値目標?なんか違う気がするぞ

携帯型ゲーム機使い英語学習 八幡市内4中学校で始まる
5月21日20時47分配信 京都新聞

 音声機能を持ち、タッチパネルの書き込みができる任天堂の携帯型ゲーム機「ニンテンドーDS」を使った英語学習が21日、京都府八幡市内の4中学校で始まった。2年生計約550人が対象で、授業前の15分間に取り組む「モジュール学習」(短時間の集中学習)の時間に専用の英単語学習ソフトを使って学ぶ。
 今後、数値目標の設定や指導計画の策定など、より効果的な学習方法を検討し、学力向上を図りたい」と期待している。


そこだけ聞くと,任天堂やるなぁと思うかもしれませんが,
ちょっと待って下さい。
家に帰ればゲームしかやらないような子どもたちに
ここでもゲーム機与えて,それで学習??

最近の教室での話題をひとつ。
私の教科は英語。

「教科書の1ページを暗記」

という宿題を出すと
ちょっと前までの子は,その日の休み時間に英語の本を出して,ひたすら覚えていました。
2年程まえからです。

「宿題」といっても,覚えてこない。

はい,確かに,忘れてきたと言ってしまえば
覚えていないものは暗唱できませんから
たとえ1時間,その場に立っていたとしても,それで終わります。

仕方なく,授業中にと思って,時間を計り,

「5分で覚えなさい」というと
みなさんならどうします?
当然,ブツブツ読み始めると思いませんか?
もちろん,読みの指導はしてあります。
読み始める子もいますよ。
でも,

3分の1ほどの子は,じーっと教科書を眺めているのです。

覚えられるわけがありません。
「声に出さなきゃ覚えられないよ」と促しても
まだ数人は黙〜〜〜っています。
当然,5分後。覚えていません。

「全員に言わせるから」
と強硬に出ると,どうすると思います?
私の目を盗んでカンニングペーパーを作るんです。
どう理解すればいいのでしょう。
記憶機能に障害がある?
極端に努力が嫌い?

そいつらに,英単語を覚えるためのソフトを搭載したゲーム機持たせて,勉強させる?
おばちゃんには,甘やかしすぎとしか思えません。
迎合しすぎ!それで,数値目標だ?学力向上だ?

古いかもしれませんが,彼らに必要なのは
苦しいことでも涙を流して,無理矢理努力することの積み重ねじゃないのかなあ。

にほんブログ村 教育ブログへ  banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

7日間で校長先生になる方法??

ほんとにそうなる訳じゃないですから
だまされずに読みましょう(笑)



現役の校長先生はショックを受けるから読まないように
って書いてありますが
現役の校長と,現場無視の教育改革を論じる人たちにこそ読んでほしい1冊です。

3000人の民間校長を投入せよと始まるのですが,
機能するのは5%ぐらいしかいないかもしれませんし,
下手すると自殺者が出るかもしれません。
鵜呑みにはできないと思いますが
現場をよくわかった外部の目が,改革の可能性を提言しているように思います。

学校にいる人たちが一人1個,何かをよくすれば,1年後には人数分の改革になること。
トライ&エラーで,やってみて,良ければgo,ダメならさっと引っ込めるなど,ちょっと勇気が出る1冊でもあります。

なにより,「7日間で・・・」とか
「これであなたも・・・」とか
最近よく聞くような,数字がはっきりしていて,いかにもほんとにできそうに聞こえてくる,
これでできなきゃ「あなた」がおかしいと,2人称で訴えかけてくる
そのコピーが憎いと思わせる1冊でした。

藤原さん,あんた,やっぱりタダもんじゃないわ
だれでも真似したら,痛い目に遭うよ(笑)

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

授業力ってなんだ?

どこの学校でもそうだと思うのですけど
そろそろ7月の前期分学校自己評価ってのを作らなきゃいけない時期にきています。
去年,重ねての通達が出て,
学校は前期と後期,自己評価を行い
それを元に分析,考察して「学校評価委員会」なるものにかけなくてはならないのです。
評価委員会は,校長と,外部の誰か有識者によって構成されます。

はぁ?そんなもん,自分の子どもが通ってでもいない限り
そこらの中学校の中がどうなってるかなんて,わかるわけないやろ!
と言いたくなるのですが
そこはぐっとこらえて

今年は授業力向上のため,生徒による授業評価を入れることになりました。
ところで,授業力ってなに?
どんな授業がいいの?
生徒に聞く項目って,んんんんん。。。。?

いろいろ調べると,授業力は適切な教材を揃え,生徒のニーズと実態をきちんととらえて,適切な方法で授業をする力で,教師の精神力がこれを支える。と
なんかまとめると,そんなようなことになるらしい。

へぇ〜〜〜〜。

最近の自分の授業はというと,
生徒の稼働率を上げるのが課題。
つまり,じっと聞いている時間をできるだけ減らして,
生徒に活動をさせたい。
極端なことを言えば
私が前でふんぞり返っていても,生徒全員が50分間教科書を読んで,暗記したり,練習したり,相談したり,何かを作ったりしていてくれれば,50分×40人で,2000になるわけで
これが,私の講義50分を生徒がみんな静かに聞いていたら,
活動の時間は0分×40人で0,
10分間の練習時間の後,一人1分のパフォーマンスをみんなで聞いたら,10分×40人+1分×40人で440になる計算。
このかけ算をできるだけ2000に近づけたいのです。

ところがこれがなかなか難しい。
ついつい長々と説明をしてしまう訳で
この辺が自分の課題なわけです。

これを読むみなさんは,どんな授業を理想としていますか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

でもしか先生再生産システム

昨日,教育3法案(学校教育法、地方教育行政法、教員免許法等)が衆議院を通ってしまいました。
え?いつのまに?って感じでした。
もうちょっと,ちゃんと話し合って欲しかったと思いましたが,
昨今の「教員目の敵風潮」からすれば,こんなところに時間をかけずにとっとと潰したい議件だったのかもしれません。

2007年問題と言われるように,今年度から,団塊世代の大量退職に入ります。
一部自治体では,退職金が足りないとかで(ふざけるな!こういう事態になることなんか,20年以上前からわかっとったやろ!と言いたい気分)また借金が増えるそうですが,
たくさんやめるって事は,たくさん雇わなきゃいけないってことで
雇用も増えるはずなんですね。

でもですね,これだけ叩かれている教員に,なりたい人がそんなにたくさんいるのでしょうか?
大量採用って事になれば,それだけ倍率も下がりますし
質が悪くなることも考えられます。

しかも,他の業種の景気はいいそうなので,
(庶民には感じられない不思議な好景気)
求人は当然企業から埋まっていき
魅力のない教員は最後・・・・
これじゃ質の劣化は食い止められないでしょう。
でもしか先生は辞めた後,大量のでもしか先生2世を残していくことになるのでしょうか。
しかも,日本人全体のレベルが低下していますから,
2代目の劣化は甚だしいことになります。
(できればそんな,箸にも棒にもかからないヤツの面倒なんか見たくない)

不思議なのは,来年度,再来年度,年より教員がやめて
若い子がたくさん入ってくれば,
それだけで教育予算はがっぽり減るはずです。
が,誰も,それを言わない。
だって,60になる教員一人に,年間かかる行政の費用は,おそらく2000万を下らないと思うのですが,(給与に社会保険その他,それに管制研修も,なにもかも全部ぶっ込めば,それくらいになると思う)
23の子なら,それは半分になります。

一人1000万なら,10人で1億,100人退職すれば
なんと10億の教育予算が浮いてくる計算になります。
なにもしなくても,10%シーリングなんか,軽く達成できるんじゃないのかな?
なのに,誰もそんなことを言わないで,
まだまだ,これでもかと予算を削ってくるのです。
なぜ?
文句の言えないところからギリギリ搾り取るという
まさにお代官様的行政の手法。

で,ガサガサ教員をやとえば,質の悪いのが増えて,
また教員バッシングが加速するのでしょうか。
実はそれが狙いだったりして。。。。

誰がどんな風に言おうと,
2−6−2の下2割以外の教員は誠実で真面目に働いています。
突出分子がデフォルメされすぎてマスコミから報道されるので
すべての教師(特に日教組教師)がぐうたらで救いようのない
税金泥棒のようにいわれますが
時間外の手当もないのに,
倒れるまで働く教員が数多くいる現実を
もう少し報道はきちんと伝えて欲しいと思います。
おっと,話がそれちまった。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

担任がないなら,全クラスの副担任しちゃお

今年は持ち時数等の関係でクラス担任をはずれてしまったすずめです。
何しろ15年ばかり続けてきた学級担任なので
生活にリズムが染みついています。
どうも調子に乗れません。

まずは朝から違います。
7時半過ぎ,教室に行って,朝の簡単なそうじ
机の乱れを直して,棚の整理をして,最初の生徒がぼちぼち登校するので,その子とおしゃべり。
8時10分に生徒が登校完了。集めるものを集めたり,
荷物の片づけを促したり
昨日のお残り生徒なんかで,お持ち帰り作業のあった子を呼んで
宿題の確認をしたり
8時30分からの朝礼では,その日の伝達に加えて,
余計なことのひとつも言い,
生徒が毎日書いている生活記録を集めて職員室へ
空き時間を使って,40冊に目を通し,コメントを3言ぐらい
(コメントが短いと,生徒がなかなか生活記録を出さなくなる)


これが全部なくなっちゃいました。
え〜〜〜,何しよ

することがないおばちゃんは,学年の先生のためのコーヒーをわかし,
玄関に出て,生活指導に混じって朝の声かけをすることに
「おはよう」のあとに
寝癖がたってるだの,襟が曲がってるだの,ねむそうだの,などなど
生徒はきっとうぜぇばばぁが玄関に増えたって思ってるだろうな。

気にしない(笑)

ただ,今年の学年構成は,級外に私と学年主任と講師
しかも,担任の教師たちの中には,ハッキリ言って
ちょっと心配なのもいる。
これはマズイやろうということで,
学年主任と相談のすえ,副担任複数制というややこしいことをすることにしたのです。
ま,簡単にいうと,学年主任か私かがすべてのクラスの副担任になる。
講師の子も業務には携わってもらうのですが,
バックには必ず学年主任か私がいるというわけです。
さらに,朝学習の時間は
学級担任がそこにいようと,嫌な顔をしようと
級外すべてがすべてのクラスの中に入り込んで順番に声かけをし,
朝学習を促すことにしました。
補欠の時間も,自分が授業に出ていようがいまいが
ガンガン行って面倒を見ます。
給食の時間もシャッフルで,誰が行くかはお楽しみ。
生徒ももう慣れたもので,
「今日の先生は誰?」なんて聞いています。

一見節操のないシステムですが
これで,学年主任と私ですべてのクラスをほぼ掌握できますし
生徒の方も垣根がとれて,誰の言うことでも聞くようになります。
学年の教師が入れ替わり立ち替わり行くので,
情報交換が密になって,誰かが生徒や備品の変化に
素早く気付くようになります。死角が減るのです。

最初は教師の側の学級王国的な意識が邪魔をすることもありますし
抵抗もありますが,やってしまえばなかなか居心地がいい。
なにより,おばちゃんの物足りなさが,ちょっとだけなくなりました
学年を私物化してるといわないで下さい

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

学校の力,家庭力,政府の力はないのかい?

「AERA」2007年5月21日号から,

「家庭力」って言うな!

何でも家庭に母の悲鳴

早寝早起きに頭がよくなる食事や食卓の会話。
学力だけでなく、プレゼン力もコミュニケーション力も伸ばすのは家庭次第の大合唱。
家庭といっても、結局担うのは母親。
「いい加減にして!」。これは母たちの魂吠えである。
(ライター 石臥薫子 編集部 小林明子)


という記事が出ていました。
なるほどなあ
学校じゃあてにならんと「家庭」を声高に叫びすぎると
今度はこっちで悲鳴が上がったわけだ。
そういえば,この前の再生会議の提言
気にする母が読めば,頭を抱える内容だったかも。

読んでみると,う〜ん
母の悲鳴が聞こえてきそうだけれど
最後に有識者が一言
「こういう事は学校できちっとフォローしないと」

やっぱ,学校かい?

でもね。
んじゃあ,前にも書いたけど,
学校を貧乏に追い込んで,
(教科書変わっても教材さえ買えなくて)
さらに予算削って,
教育に金はかけられないって
次々と法改正して法律で学校縛って
機能不全をさらに追い込んで

それで
家庭だ学校だって叫んでる政府って責任はないの?
誰に聞いても,子どもを育てるのは

「家庭」「学校」「地域」

の3本柱がいるっていうのに
「地域」の土壌が壊れてる今,そこを保障しうるのって自治体しかないんじゃないかと思うんだけど。
号令だけで予算も出さず,手を汚さない行政は
害になっても助けにならないじゃん。
なんか,言いように世論操作されているとしか思えませんね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

教育に金はかけられないってこういう事なの?

つい先日,机の上に無造作に置いてあった紙に,ボトッと油が落ちていまして
何かが飛んだのかな?ぐらいに思っておりますと
次の日に,発表に使うはずだった原稿に再びボトッ
え?なに?これ。。。。

その辺を見回しても,油の飛んでくるような物はなく
上を見上げると,(・_・)......ン?
天井から油のようなものが
天井から油??

職員室の上の部屋は,辞書や辞典が置いてある部屋で
そんな油が漏れるようなものはなく
え?天井裏になにか?

校務士さんに聞いてみると,どうも蛍光灯から落ちているらしいと。
電気屋さんに来てもらったところ,蛍光灯の安定器だったかなんだったかの内部から油が漏れて,もう使い物にならない状態。

でも,予算がなくて,替えてはもらえないとの返事。

え〜〜〜,そんなぁ。


と,電気屋さんが,職員室の一番窓際の端っこ
ちょうどソファの上にあった蛍光灯と替えてくれたのです。
曰く
「ここなら誰も仕事してないから,少々暗くてもいいでしょ」
で,当分そこは電気なしになりました。
現在ソファの上空には天井に穴が開いていますが
近日中にボードで埋まる予定です。

それにしても,
そこまでお金がないんですね。

ほんとにそれでいいんでしょうかね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

赤ちゃんポストに3歳児って。。。。

「赤ちゃんポスト」運用初日に想定外の3歳児5月15日13時24分配信 読売新聞

親が養育できない新生児を匿名で託す熊本市の慈恵病院(蓮田晶一院長)の「赤ちゃんポスト(こうのとりのゆりかご)」に、運用初日の今月10日、3歳とみられる男児が預けられていたことが15日、わかった。

 男児は、父親に連れて来られて赤ちゃんポストに入れられたと話しているという。


心が寒くなる事件ですが,この事件と,10代の妊娠中絶の多さとは無関係じゃないように思います。
日本の10代の妊娠中絶の多さは,先進国の中ではダントツです。
もちろん,中絶が認められているかどうかということもありますが。
しかし,特に,望まない10代の妊娠がいかに多いかという事です。

きちんとした性教育がなされていないことも原因のひとつでしょう。
実情に驚いて,コンドームの付け方を説明して,実物を配るようなのもどうかと思いますが,委員会の言うことをきいていれば,
いまだにおしべとめしべの世界から抜け出していないような状況。
女性が身を守る観点も,男女の尊厳もありません。
そうかといって,ちょっと進んだ女性の教員では,すぐに「愛し合った上での性行動」って,またこれも安易なセックスを容認してしまいかねない発言を平気でするし,男性の教員は嫌がって性教育自体から逃げてしまいます。
で,子どもの行動だけがどこかへ飛んでいってしまうことになるのです。

そんな知識でセンチな女子中学生が「14歳の母」に泣き,ネットで狼にちょっと口説かれれば,あっという間にその気になって,走ってしまうことは目に見えています。
多分,親だけが思っているのです。「うちの子はまだ中学生なんですよ。そんなことあるわけないじゃないですか」
あるんです。
内科検診で毎年女の子を脱がせてますが(なんか誤解しそうな表現)私よりいい体している子がごろごろ。そりゃあ,ロリコン趣味の親父じゃなくても垂涎ものです。

それにマスメディアがいろんな情報を吹き込むわけです。
ヤンキーだった女の子たちが,次々とできちゃった婚で10代の母になるのも無関係じゃないでしょう。

生徒たちにはよく話すのですが,妊娠は,五体満足な子が生まれ,順調に育っても,20年を母から奪い去ります。
セックスをすると言うことは,相手に20年を捧げてもいいと覚悟ができる場合のみだし,男の子は20年間,女とその子どものためにすべての楽しみを忘れる覚悟ができたときじゃないといけません。
それでも,20年で済めば一番短いのであって,割合として6%は発達障害のある子が生まれ,200人に一人はもっと重い障害をもって生まれてきます。そうなった場合には,一生をその子のために仕えなければならないかもしれません。あなたにその覚悟はありますか?そして,子どもができなかったときでも,その1回で,あなたは一生HIVと付き合っていかなくてはならなくなるかもしれないのです。
無防備な,気持ちに流されたセックスは,一生を狂わすかもしれません。と。

これから毎日,赤ちゃんポストが満員になりませんように。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

男は損ってことかな

「男の役割不利」 青森県が共同参画意識調査
男性は妻子を養い、リードするべきだが、男性ならではの役割を不利にも感じる―。青森県が男性限定で実施した男女共同参画の意識調査で、社会通念と現実とのギャップに揺れる男性の姿が、浮かび上がった。

なるほどね。
「男らしさ」ってものへの社会的通念があるっとことは,当然「女らしさ」ってこともあるんだな。
まあ,男らしさがどんなものかってことは,ここで言及するのはやめよう。
個性とかなんとか言われて久しいのだから,あんまりステレオタイプなのもどうかと思うし,じゃあ,全部無視してしまえってのも過激すぎるでしょ。
また日教組が古き良き時代のステレオタイプな男らしさを無視してるとかってお叱りを受けそう。

それでも気になったのは,
じゃあ,その男ならではの不利益っていうのが,ぶっちゃけて言うと
「責任を持たされる」「結婚しないと半人前」「期待される」って,意識としては
「責任を持ちたくないし,期待されたくもないし,結婚もしたくない」
って気持ちがどこかにあるってことね。
なんか,それもなあって思っちゃいました。この前の出世したがらない高校生ってのと中身的にはつながってるかもしれません。

責任のないところで,束縛もされず,期待もされずに生きていたいって,
ちょっと身勝手で後ろ向きすぎる気もするのですけど。

昔は「女に生まれて損」ってよく言ったものですし,
もう一度生まれ変わるなら男って私も思いましたが,
最近はそうでもないのかな?
いやあ,でも社会への女性参画も進んでないし,家事も育児も結局女任せだし,おい!男性諸君,自立したまえって言いたい気分

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

やっぱり学級担任がいい。。。。

今年は,10数年ぶりに担任がありません。
毎年,4月の最初の仕事は,クラスが決まって,そのクラス名を入れた学級通信名を考えることでした。
1−5なら,「いちご通信」とか,そういうのです。くだらないネーミングなんですけど,けっこう真剣に考えていたのです。

それがまず今年はありません。

朝礼がありません。終礼もありません。

なんか,ヘンなんです。
体のリズムもイマイチで,どうも調子が出ない。

私の所属する学年は,数年前に,ちょっと学年が荒れて,講師の子の授業が成り立たなくなったときに,全員が交替で授業を見に行ったことがありまして,
その時から,誰でも,どこのクラスでも,いつでも勝手に出入りをするという不文律があります。
給食も担任シャッフルで級外も入れて,代わる代わる行きますし,自分が授業に出ていないクラスでも平気です。
さらに,副担任複数制といって,副担任のクラスが固定していません。級外はチームで,だれでもどこでも誰のカバーにでも入ります。
もちろん,朝学習の時なんかは,担任がいても,ずかずか入っていって,個別に生徒を指導したりします。

ですから,まあ,やることはあるし,
多分普通の学年よりは淋しくないと思うのですが,
やっぱり何か物足りない。

仕方がないので,今年は学年リーダー会(この名称は気に入らない)の担当になり,会長副会長を仕込んで気を紛らわしています。

確かに授業数も多いし,校務分掌がらみの会議もあるし,忙しいっちゃ忙しいんですけど,
それとは別にクラスのない寂しさってありますよね。

学年主任に
「なんか調子が出ないよ」とぼやくと

「おほほほ,1年間ガマンできるかな?ボクのやる気のなさ,わかってくれる?」
と傷をなめ合うことになってしまいました(笑)

やっぱ,クラス持ってなんぼの教員です。
なんか淋しいよ〜

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

もう一つの日米摩擦?WORDvs.一太郎

これを読んでいるみなさんは,ワープロソフトといえば,ワードをお使いでしょうか。一太郎でしょうか。
マックユーザーは,なんなのかな?

もう,一太郎ユーザーなんて,学校にしか棲息しないんじゃないかと言われる今日この頃です。
その学校でも最近はワード派が増えてきました。
どこかにファイルを送っても,「一太郎がないから開けないよ〜」(開けるんですけどね)と言われることがたびたびあります。

元上司はバリバリのワードユーザーで,いつも私に

「そんな一太郎なんて,重たいだけで,消えゆく運命のソフトをいつまで使ってるんだ?絶対ワードの方が優れとるぞ」
と言っていました。

私の反論は

「そんなマイクロソフト社の独禁法違反の抱き合わせ販売ソフトを使って,日本のジャストシステムを消えゆく運命にするなんて,教頭は国賊です。日本の製品を使いましょう」
なんて,全然説得力のないものなんですけど,
ことIMEに関しては,MS-IMEよりもことえりよりも,ATOKが使い勝手がよいと思っています。
ワードを使っているときでもATOKを使っています。

実際は,
アメリカ人と日本人の思考回路の違いかなあと思うのですが,
ビジュアルにこだわるときにはワード,
実用にこだわるときには一太郎と使い分けているおばちゃんです。

特に試験の答案用紙を作るときには,罫線を多用し,
ものすご〜くいい加減に作りながら
最後に段数あわせで綺麗にB4に納めるなんて技は
ワードでは私にはできません。

なんか,突然ですが,思い出したので,書いてみました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

またか,無神経な再生会議

どこまでいっても頭に来ることしか言わない再生会議です。

子育て提言のあの,無神経というか,ある意味無邪気な提言。
そんなことしか考えられないのか!っていい加減暴れたい気分。
まぁ,ああやって上から見下ろしている限り,真実なんて見えてこないし聞こえませんわね。

読売新聞に出ていた提言の内容
まったく,ケッって言いたくなる内容でした。
もちろん,いろんな人がいろんな事情を抱えていますから
全部が全部そうだとは決して言いませんよ。
でもね。

茶髪にピアス,学校に来ても先生の言う事なんて聞きもしないで
他の子どもの30倍程も手をかけ,
場合によっては自分の子どもをほったらかして,家出したそいつらを探し
警察に迎えに行き,
祈る思いで高校に送り込むも
中退してアルバイトで暮らしている
そんな子のことごとくは20を前に子どもを産んで親となり,

明晰だった子どもたちは,結婚するより仕事を選び,

仕事に楽しみを見つけた娘は,結婚に二の足を踏んでしまう。

この提案内容は,読ませたい親たちの目には触れないだろうし
読んでしまった人の神経を逆なでするものに他ならない
そして,誓って言うけど,このとおりに育てられなかったぐらいのことで,子どもは悪くなったりはしない。
子どもは,実はそんなにヤワにはできていない。

それでも,きっとこんな提言が出さても,その存在すらしらないであろう,この提言を読ませたい親たちにとって,これがいかに意味ないものかを役人は知るべきだと思う。

再生会議の提案内容

 ▽若い時から子育てを自分のこととして考える

子育てしてもらえなかった子どもたちが,そのつもりもなくて親になっていくのに,どうやって経験もない子育てを自分のこととして考えるのかね。

 ▽早寝・早起き・朝ごはんを習慣化する

昼夜逆転,朝ご飯も作ってもらえず,空きっ腹のまま登校して給食で命を繋いでいた子どもが
親になったら,突然そうなると思うか?


 ▽保護者は子守歌を歌い、赤ちゃんの瞳を見ながら、おっぱいをあげる

だからぁ,自分がやってもらえていないことを,どうして自分がしてあげられるの?

 ▽母乳が出なくても抱きしめる

あのね,産婦人科医も,保健婦さんも多くは母乳を認めてるの。ず〜っと前から。可能なお母さんは母乳をあげてるの。
あげてないのは,あげたくないか,あげられない事情があるかのどっちかだっていうのに,どーしてそんな神経逆なでするようなこと言うのかね。


 ▽授乳、食事時はテレビをつけない

この母たちはテレビに育てられてるんです。テレビ中毒の親がテレビ消せないんですよ。落ち着かないんです。音がないと。

 ▽乳幼児期には本の読み聞かせを行う

読む人は,胎教からして読み聞かせしてるんです。読まない人は,もしかしたら,すらすら読めないかもしれません。。。。なにしろ,勉強もしたことないし。

 ▽小学生時代は今日の出来事を一緒に話す

小学校になるころには,珍しかった子育てにも飽きて,うざいと感じる人もいるし,そんな親は自分の時間が欲しいの。子どもなんかに邪魔されない時間が。

 ▽PTAに父親も参加する

PTAのために休むといって,いったい何人の上司がにっこり笑って送り出してくれるのですか?場合によっちゃイヤミで済まなくて,明日から職がなくなるかもしれない。それでも学校に行けと?

 ▽あいさつの励行

子どもと顔も会わさないのに,あいさつなんてできません。

 ▽「ありがとう」「もったいない」などの言葉を大切にする

ありがとうはね,言われたことがない人は言えないんです。単語でしか喋らない人たちの,言葉は乏しいんです。

といちいちいちゃもんのひとつもつけたくなるのでした。
多分,これを読む人たちには,この程度目新しい事じゃないんです。目にしない人が何割いるか,そこの認識が甘いんですよ。提言出せば,何かがどうにかなるんじゃないかという,その偉そげなものの考え方が気に入らないんです。

中身にしたって,何を目標にしてるんだかよくわからない。

私の元夫もそうだったのですが,
忙しくて自分の子どもの記憶がないことを自分のステイタスにして
そうでない人を蔑むような男の人が何を考えたって
ろくなことは考えられないのですよ。

賢く優秀な女性たちが,仕事を辞めなくても
子育てと仕事を両立させられる,ワークライフバランスが整ってない事から間違いは始まってると思います。
産むのは女性なんだから,女性が「子どもがほしい」と思える環境にしなきゃいけないし,
そのためには,一緒に苦労してくれる,頼もしく優しい男性を育てることが必要なんです。
自分より情けない男はいらないの。メリットのない結婚なんてしたくないんです。

言葉は悪いですけど,ほっといても産む人は産むんですよ。
セックスすれば子どもはできるんです。
産みたくない子だって生まれちゃう。
もっと産む準備のある親から,望まれた子を生まれさせなきゃいけないのに,どっか間違ってないですか?
今だって,子どものほとんどはいい子なんですよ。一クラスに2〜3人,どーにもならない子や,何とも可愛そうな子がいるんです。

あ〜,少しスッキリした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

何のために働くのか

先日の高校生の調査で,出世意欲が低いというのがありました。

中学生はどうなんだろう,と,ちょうどそんな単元がありましたので,聞いてみることにしました。
あなたは何のために働きますか?
  1.人生を幸せなものにするため
  2.人生を楽しむため
  3.好きなことを続けるため
ちょっと離れて,
  人の役に立つため,お金を稼ぐため

う〜ん,やっぱりそうか。
仕事を通して,友だちをたくさん作り,人生を楽しくするのだそうです。
なんか,納得するようなしないような。。。。

でも,それとともにもう一つ目立つのが

人生を楽しみたいと思うのだけれど,何をしたらいいのかはわからないし,今,やりたいこともない。という人。
お金持ちにはなりたくないの?と聞くと,
また首をかしげています。
あのね,好きなことのひとつもないと,楽しい事なんて見つからないのよ。

この前,隣のクラスで
「勉強とは自分にとって,      なもの。
を10個書き出していましたっけ。
今度は私も自分にとって仕事にしてもいい程楽しいことを10個って書かせてみようかな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

できそうでできない,デジタルでアナログな世界

そろそろ1回目の定期テストがやってくるということで,
今年度の成績連絡表をどうするかという話をしていました。

昔は全部手書きでしたが,いつの頃からかPCで打ち出すようになり,あの,一生懸命ホワイトや剃刀で修正するなんて作業もなくなってしまっています。
(おばちゃんとしては,剃刀修正もけっこう得意でした。両刃の剃刀でやるんですけど)

ところが,便利になるのはいいのですが,一部の人にだけ,ドドーンと仕事が行くようになってしまいました。
手書きなら,文字を書けない人なんていなかったのですが,最近はPCについてきていない人がけっこういるのです。
それなりに教育も受け,大学も出た人たちなのですが,ほんのA4程度の書類でも,エクセルで手直しするだけなのに,なんか,ヘンなことをして,元ファイルまで壊す人がかなりいます。

学校自体が時代遅れ
を地でいくような場所なのに,なんで大学まで出た人がPC使えないの?って思うときもあります。エクセルぐらい使えよ!

今は昔の話ですが,学校にパソコンが導入されたのは20年程前。まだフロッピーは5インチでした。
まだ学校の事務室に,和文タイプというものが残っていたときです。
時を同じく導入された,ワープロというものが面白くて,事務室でよくワープロを触っておもちゃしていました。和文タイプの漢字も憶えたんですけど,もう忘れちゃいましたね。

学校を異動したとき,3年生に所属したのですが,
成績処理の係を決めなければならないということで,
学年主任が聞きました。

「パソコンのできる人はいませんかね」

なんか,イヤな予感はしたのです。

「すずめさんは?」

「ワープロなら触ってみたことはありますが。パソコンは・・・・」

「じゃ,きまり。大丈夫。ワープロもパソコンも変わらんし」

はぁ〜?
パソコンなんて,電源も入れたことはありませんでした。
それが成績処理です。
当時はエクセルもなくて,なんと,マルチプランというソフトでやっていました。
最初は点数の入力すらおぼつかず,数学の先生にならいました。
なかなか上達しないので,しまいにその先生は私の顔を見ると,そ〜っと逃げていくようになってしまったほどです。

マルチプランというのがまた,しょぼいソフトでした。
表が大きくなると,処理している内に,だんだん容量が不足して,ついにはぴたっと止まってしまうのです。
最後の進路先一覧の表なんかは,縦半分に分けて,2枚を接ぎ合わせる形で作りました。
エクセルじゃ考えられないことですけど。

最初はほんとに空を見上げて,涙を流して覚えたパソコンでした。
でもね,頭脳集団のはずの教師集団,思ったよりアナログで化石みたいな人も多いのです。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

教師の怒り方2

尻切れトンボになってしまった「教師の怒り方1」
みんなの前で,けちょんけちょんにやってしまう「血祭り」をご紹介しました。

みんなの前でつるし上げることを,極端に嫌がる保護者がいます。
「そんなことをしたら,子どもの心に傷が残ります。可哀想じゃないですか」
いいえ
可哀想なんて一時の感傷で,その子がガラスの心のまま大人になってしまったら,
そっちの方がよっぽど可哀想です。
大人になって,理不尽に怒られたりすることが一度もない人生なんて,あり得ませんから。
子どもって,思っているより強くて,したたかで
悪いということがわかって叱られたり怒鳴られたりしたからって
そんなに凹んだり,立ち直れなくなったりはしません。
まして,教師が計算ずくで叱っているような場合,
必ず,フォローとケアが待っています。

「血祭り」には,クラス全員に気付いてもらいたいことや,伝えたいことがある時にすることで
何でもかんでも同じようにはできません。
その子だけにきっちり指導を入れたいときには,
やっぱり職員室で個別に,ということになります。
この,職員室呼び出しには,また大事なことがいくつかあります。

ひとつは声の調子です。
開口一番には,やや大きめの声で怒鳴ります。
これは,「今からやるから」という開会宣言のようなものです。
このあと,声は絞ります。
低い声で,それも丁寧な言葉遣いで,
そして,ここでもやはり,
「自分の何がダメだったのか。」をわからせておく必要があります。
それも,自分の口で言わせるぐらいじゃないとだめです。
それこそ,たかが中学生
しかも,おとなしく職員室まで引っ張られて来ているよい子です。
余裕を持って叱りましょう。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

もっとまともに叩いてほしいナ

やった,久々に日教組ネタ♪

このブログを書き始めたのは,2月の日教組教育研究全国集会(業界では全国教研といいます)に行ったことがきっかけでした。
地方都市に住むおばちゃんの日常を超えた,機動隊や警察や,日教組本部のものものしさに,素直にビックリしました。
そんなに日教組への批判が大きいのなら,それも聞いてみたい。
もしかして,私の言葉の間違いのひとつなんかにも,
「だから日教組はダメなのよ」みたいな非難がくるのかな?
ワクワクして書き始めました。

でも,思ったほどの事はなく
(単にランクが低くて,人の目に触れなかっただけということもあるかな?)
他県の教師や,いろんな考えを持つ人たちと,平和に交流もできて,あれ?居心地いいじゃん。

たまにポツポツ書き込まれる批判めいた書き込みも,
はっきり「スパムだ!」というもの以外,一切削除はしておりません。
できれば,批判をいただいた方のブログにおじゃまして,どんなことを書いているのか,じっくり読んでみたいと,これは真面目に思っています。

今日は久しぶりにそんなコメントがついていて,あれ?と思ったのですが,
これもまた,URLがない。
はい,お邪魔できないのです。
もっと意見を読んでみたいのに。
結局,見えないところから,石だけ投げて逃げていく
それって,受け止め方としては
自信がないのか,悪意があるのか,ただの野次馬なのか。。。。

今日のコメント3件は,連続してハンドル名を変えて同じ人が同じPCから投稿したものです。
一見,私の記事にコメントしたように見えますが,
君が代の裁判に関して,職務が云々とか(私は職務命令には従う立場です),日教組が反国家的だとか(一部そんな過激な分子もいるにはいますが),ゆとり教育は日教組が推進したとか(文科省と混同してませんか?)
ちょっと待ってや。って言いたくなります。
反論にもなってない。

せめて,自分のURLぐらい入れましょう。
なかったら,アドレスでもけっこうです。
書き逃げは,ちょっと昔の荒らしと一緒ですよ。
捨てハンで,挑発しては,いなくなる。

決して,批判勢力を排除するものではありません。
取って喰ったりも,袋だたきにしたりも,ヘンな中傷をしたりも
しません。
日教組に過激な分子も,怠惰で権利だけを振りかざす輩がいることも否定はしません。
どんな集団にも,2−6−2の原則は当てはまるし,どんな集団にも過激なものがいます。

マナーを守って,大人の会話をしませんか?

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

教師の怒り方

なんとなく書き記す教師シリーズになってきたな。

今回は,教師のしかり方。
「叱る」と「怒る」は違うと言うけれど
生徒の側からすれば,おっかないことにかわりはありません。
できれば避けて通りたいはず。

教師とすれば,ここを逃がしてはいけないので
きっちり捕まえて,どちらも納得したいものです。

いくつかパターンがあるのですが,代表的な血祭りと呼び出しについて。
(物騒なネーミングですが,たいしたことじゃありません)
血祭りにあげるという言い回しがあります。
文字通り,一人をつるし上げて,さらし者にします。
おもに学習の決まり,生活のきまり,提出物などの躾のために
一人に涙をのんでもらうやり方です。

子どもたちには,先生のムシの居所が悪かったぐらいにしか思っていないかもしれませんが,
実際は起こるべくして起こっています。
忘れ物が多い,提出物が出ない,不要物を持ち込んでいるなどなど
どこかでケジメをハッキリさせなければいけない問題があります。
なんか,最近だらしないとか,
テストの後なのに,提出物が揃わないとか,
そろそろ1回雷を落とさなくては,と待ちかまえているところへ
運悪く忘れ物をしたりした不幸なヤツがBINGOになります。

ただし,突然の落雷はよくありません。
仏の顔も3度。チャンスは何度かあるはずです。
私の場合は,たいてい終礼にドッカ〜ンが始まることになります。
朝礼,休み時間,給食,昼休みと,生徒は何度か私の顔を見ているはずです。
なのに,忘れたとも,ごめんなさいとも,待って下さいとも言いに来ない。
機は十分に熟しています。
終礼にはじっくり,時間の余裕を持って,同僚にも
「今日は暴れるから」とお知らせをして教室に向かいましょう。

まずは穏やかに始めます。
「○○がまだ出ていない人,立ちなさい」
ここで立ってくれれば,まだ短くて済むのですが,
たいてい,そんなヤツに限って,立たないのですよ。これが。
どうも,その場だけでも逃れたい一心のようなのです。
「○○くんは,出ているのかな?」
「(ほとんど聞こえない声で)いいえ」
「はぁん?じゃ,なんで立たないわけ?」
「いえ,忘れてました」
「忘れた?締め切りが過ぎて,朝から言ってるのに,忘れた?」
「はい,いいえ,あの・・・」
とだんだん,生徒は返事もぐちゃぐちゃに混ざって,「はい」だか「いいえ」だかよくわからないことになってきています。

でも,忘れてはいけません。
どんなにぐちゃぐちゃになっても,生徒に喋らせることです。
忘れた理由。先生に言いに来なかった理由。
そして,最後に,自分の何が情けなかったのか。
そのまま情けない状態でいたいのか,先生のアドバイスを聞いて,成長したいのか。

学校の先生が叱るのは,あくまでも謝り方をおぼえてほしいからです。
学校なんて,そんな問題がたくさんあるわけじゃないし,
本気で叱るなんてのも,そんなにあるわけがありません。
生徒に教えるのは
「失敗は仕方がないが,何かあったら,先生の所へ相談に来る。失敗は隠さずに,先手必勝,誠意を持って謝るが勝ち」
これってある意味,勉強よりも大事です。
謝れる人間は強いですし,最近の子どもたちは
「謝る」ということに慣れていません。
これはたいへんに不幸なことです。

これは学校で教えることなのかなあ??
疑問に思いながら,でもやっぱり叱るネタが尽きません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

センセは人間で勝負しなくちゃ

だんだん年を重ね,お局の域に入ってくると,
どうしても新人さんに厳しいことのひとことも言わなくてはいけないような気になってきます。
ヤな性分とも思いますが,苦しい思いをするのが見えていれば
やっぱりなにか一言言いたくもなろうってものでしょう。

まして,自分が若い頃,人一倍情けない教師で
周りに教えられて,育てていただいたのです。

初任からしばらく,授業もろくにできなくて
今で言う教育困難校のようなところで,
「オーシ,行くぞ」と気合いのひとつも入れないと
教室に行けませんでした。

ちょっと楽になってきたかな〜と思ったとき
何が違ったのだろうって考えると,
「自分らしさ」を確立したときだったように思います。
人と違って何が悪い!私は私。
と思えた時から,少しずつ変わってきたかなって。

子どもだけじゃなく,
大人も今はみんなが画一,没個性。
〜らしさが先行し,みんなと違うとたたかれる。
でもね,出る杭は打たれるけれど,出すぎた杭は打たれない。
今は,ちょっと大げさに,人と違う自分を演出しているかもしれません。
生徒たちにも示したいから。
「人と違ってもいいんだよ」

ただ,そのためにはひとつだけ,
教師が教師であるというだけで,教師になれる時代じゃない。
人間で勝負しないと,子どもは足下を見てくる」
何となくでいいから
「この人ってすごい。この人の傍にいれば安心」って
力じゃなくて思わせないと,子どもに影響力はないんですよね。

シュタイナーの教育論にもあるように,
14歳までの子どもには権威が必要。
権威というのは,安心して寄りかかれるもの。
自分を守ってくれると,安心して頼れるもの。

教室の中では私が大木(巨木ではないし,見た目の問題ではないからあしからず)にならなくちゃ。
生徒が安心して教室にいられるように。
ここがきちんとしていなければ,
人と違うのってタダの変人,変態と変わらない。

自分でもなかなかその域にはなれないけれど,
新人さんたちには一度は話す教師の姿でした。

なんか,思い出すことが多いのは
年のせいかな。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

授業って何なんでしょう

だんだん学校現場が忙しくなり,「授業するヒマがない」と表現する人もいます。
確かに今週私がしたことと言えば,
管理運営計画と,教育課程の原稿書きと編集
リーダー会の準備
目標管理
職場体験の事業所への受け入れ要請
その合間に授業をしていたようなものでした。
教育課程と管理運営計画は連休までかかりました。
3日の日にやっと印刷が終わりました。
新採の教師ならともかく
経験も少し積んでくると,授業が一番後回しになったりします。
本末転倒ですよね。

ずいぶん前になりますが
まだまだ駆け出しで授業も下手くそで,
自分に自信なんて全くありませんでした。
(今でも授業は苦手なときがあります)
尊敬する先輩教師と授業について話をしました。

彼は言いました。
授業は教師の命だ。
持てるすべてを注ぎ込んで授業をするのだと。

もともと出たとこ勝負の私にとっては
今もそうですが,授業はステージのようなものでした。
教室は舞台。私は芸人。

彼は,私に言いました。
「お前,軽すぎる」

でも,私にはそれが精一杯だったのです。
彼は私に信念を持つことを教え,生徒と共にあることを教え,
今は日教組の役員をしています。
私には永遠のチェ・ゲバラ。

今でも,私は芸人。
授業はステージ。生徒は観客。
親の死に目にも会えない芸人。芸を磨くのは芸人のつとめ。

他のことに時間を取られて,芸の仕込みができなくなれば
少しは過去のネタで食べては行けるだろうけれど
いつまでも持たないのは分かり切っています。
売れなくなれば捨てられる芸人と一緒で
授業ができなければ教師なんてできません。

みなさんはどう考えているのでしょう。
同業の人は?生徒は?親は?世間の人は?

ちょっと考えた日曜の夜でした。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:教師 教育 授業

好きなことを見つけられない子

前回は危機感も持てずに安易に流れる生徒の話をしましたが,
もう一人,いえ,最近はたくさん,心配な子を思い出しました。

彼は(男の子に多いです)
好きなことがありません。
目標も,目的もありません。
欲もありませんし,誰かに負けたから悔しいとかの感情もありません。
毎日学校へは休まずに来ますが,
朝から帰りが待ち遠しいらしく,家に帰ってゲームをするときが唯一楽しいときなのだそうです。

高校へ行く段になって,彼は困りました。
何がしたいの?と聞かれてもやりたいことがない。
高校もいきたくないけど,行かなきゃいけないし,でもどこも行きたいところも,やりたいこともありません。

彼は言いました。
「どこでもいいし。どっか高校決めてや」
お母さんは相談に来られました。
「どうしましょう。先生,どこの高校なら行けるでしょうか」
やる気nothingですから,点数なんて,惨憺たるものです。
でも,ここでお母さんが選んでしまったら,1年程後に
「お前が行けって言うから行ってやったんや。」と悪態をついて,おそらく学校をやめてしまうでしょう。

「お母さん,ダメです。あの子の意志で選んでもらわないと,おそらく卒業まで持ちません。」

彼は,大事な大事な長男で,それこそ下にも置かないで育ちました。
立っているだけで,ばあちゃんとかあさんが身支度まで整えてくれます。

可愛くて仕方がなかったのでしょぅが,
可愛がりかたがどこか間違っています。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

高校へ行きたがらない子どもたち

出世意欲が低い高校生たちの話題から,いろいろなご意見をいただきました。
競争もさせなくなったし,リーダーも育たない。
将来に夢がない。大人の鏡なのだから無理もない。などなど。。。。

聞いているうちに,2年程前の話を思い出しました。
進学の話をしていたときです。

「先生,私,勉強嫌いやし,高校行きたくない。」

「高校行かないで,どうするん?」

「わからんけど,のんびりしたい」

彼女によれば,勉強はしたくないし,高校に行かなければ,朝からたたき起こされることもなく,好きなことをしてのんびり生きていけると思ったようです。

その子については,お母さんと話をして,
将来について,夢をもって話をすること。
その中で,高校を卒業したら,少しは自分の好きなことができるようになるけれど,高校へ行かないということは,「働く」事なんだということをハッキリ言い渡してほしいということをお願いしました。

危機感がないのです。
高校へ行かなければ,自分の今の生活から,勉強だけが消えてなくなるということなんだと理解していたようで,
漠然と,好きな時間に起きて,携帯で遊んで,町へ行って,
友だちと喋って,1日が終わると思っていたのだそうです。

恵まれた環境で,不自由なく過ごし,親からも,周りの大人からも,将来の義務や,責任や,そのための訓練や,心構えや,
そんなことを仕込まれないまま蝶よ花よと育てられた結果,
思春期の頃になって,親や教師を愕然とさせることになるのです。可愛がって育てたはずなのに,子どもが15歳になってそのツケを払わされるって,なんとも皮肉な話だと思いませんか?

「中学校に入学して,制服を着るって事は,カウントダウンに入ったってことなんだよ。
君たちに与えられた期間は3年。3年経ったら,君たちは学校から追い出されてしまう。
今は,何もしなくても,中学校に来れたし,特になんの努力をしなくても,極端な話,勉強なんか1分もしなくて,テストなんか全部0点でも,君たちは朝起きて,学校に来れば,座席もあるし,友だちもいる。
3年後,もし,君たちが何もしなければ,君たちの行く場所はなくなる。高校は試験を受けて,合格しないと行けない。0点じゃ入れないし,いさせてはくれない。
3年間の間に,自分の進む道を見つけ,そこに向かって何らかの努力をしないと,君たちには,行く場所も,友だちもなくなってしまう。
ガマンもし,好きじゃないことにも努力することができれば,何かが見えてくる。中学校はそんなガマンと努力の場所なんだ。学ランとセーラー服を着るってことは,君たちは十分それに耐えられる年齢になったって事。
頑張りなさい。努力して,耐えなさい。もう小学生じゃないんだからね。」


なんか,こじつけだなあと思いながら,語り続け,洗脳し続ける毎日です。
効果があるかどうかは検証できませんけどね。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。

部活,締め切り,授業の準備

連休後半も半分終わってしまい,後は普通に土日を残すのみです。
今日も学校に行っていました。
といっても,2時頃までですが。
午前中は部活です。
昨日までは締め切りに追われていました。

学校は,すべてが4月に始まるので,
5月初めまでに,その年の予定を立てるという作業があります。
研究発表なんか抱えていようものなら,発表までの綿密な予定を書いて報告しなければなりません。
出たとこ勝負,行き当たりばったり,その場しのぎのはったり人生を歩んできたおばちゃんには,これは耐え難い苦痛というか,限界を超えた能力を求められる作業なのです。

まずは管理運営計画と呼ばれるものを,作ります。
毎年,あれが足りない,これが書いてないと散々委員会に文句を言われ,(だんだん言うことが増えてくるんです。どこまで行くのか・・・・)ついに今年は100ページになってしまいました。

こんな分厚いもん,誰が読むんや?

でも,作らなくてはいけません。
つぎに,年間指導計画,全教科分。
教科書が変わった2年目なので,まだまだ変更箇所がたくさんあります。
これも,指導書なんかについているものを参考に作るのですが,
指導書にでているようなものをもう一回書く意味はなに?
しかも,今年,ちょこっと書式をいじったところ,
各教科の教師によって,何故か微妙にいろんなところに狂いが。。。。
パソコンぐらいマトモに使え!!
と怒りモードに入りながら,直しましたよ。全教科。
中には勝手にでっち上げたのもあって
大きな声では言えないけれど,
なんで技術の先生がエクセルぐらい扱えないの?
まあ,いいんですけど。

原稿に追われてまだ授業の準備ができていないので,
明日もちょこっとだけいってきます。

なんで今日やらなかったかって?
そんな根詰めて作業するのはイライラしてくるので,
どこかでポイッと気分を変えて,(なんて悠長なこと言ってられるのはまだまだヒマなのかな)ショッピングと映画に。

ちょっとすっきりして帰って来ました。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:連休

日本国憲法って読んだことありますか?

憲法記念日にちなんで,いろいろなところで憲法の話が出されていたようです。

憲法なんて,知らんという方はこちらから読んでみて下さい。
      ↓
   日本国憲法全文

憲法には条文の前に前文というのがついているのですが,
学生だった頃,この前文を読んで,妙に感激したのを憶えています。
(ただし,英語だったので,半分程しかわかっていなかった。
大人になって,日本語を読んだが,やはり難しかった(爆))

そっか,憲法って言うのは,単に紙に書かれた条文だけじゃなくて,これは日本人の宣言なんだ。
と,妙に日本人の平和宣言文に感動していました。

前の教育基本法の時もそうでしたが,憲法にだって,細かい具体的なことは何一つ書いてありません。
細かなことを規定するのは,条例や施行令というもので,憲法そのものは,その時々の情勢や,いろいろな条件によって左右されない性質のものだからです。

いま,国民の意識に憲法が合わなくなってきたという理由で,憲法が変えられようとしています。
いったいどこが,どう,合わなくなってきたのか,私には理解できません。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:憲法

人事考課のための目標管理というもの

今年も人事考課のための目標管理の提出期限がやってきました。
査定するのなら,そんなややこしい,自分で書いた目標管理なんてもの見なくても,とっとと査定すればいいと
半ば投げやりなすずめです。

なにが気に入らないかといえば,
一番は,自分で目標を決めて,

そこに数値目標まで求められて


教師の仕事は単年度決算じゃないのに,
たとえば,私は教科が英語なので,
「今年は英語嫌いの生徒を20%以下に抑え・・・・」なんて書くわけです。
だいたい統計からみて,英語を「嫌い」と答える生徒は3分の1強です。
ですから,自分の数値目標を,「英語嫌い3分の1以下」なら,多分,冗談と脱線で,楽々クリアできますし,(成績が上がるかどうかは別)
「英語嫌い20%以下」なら,おそらく達成できないでしょう。
そんなもの,

目標値の取り方次第でどうにでもなります。
そうです。絶対達成できる辺りを目標にすればいいのです。

くだらん!!

しかも,今日は,提出した目標管理書が校長の添削で真っ赤っかになって戻って来ました。

日本語の表記が良くないとか,もうちょっと表現を丸くとか
だいたいは体裁の問題です。
私としては,一番自分でしっくり行くように,けっこう言葉も選んだつもりなのですが,
よっぽど私は常識がないのか,
「日記じゃないんだから」と笑われて終わりました。
おっかしいなぁ,笑われる場面じゃないはずなのですが。
一応,直しはしましたが,なんか,違うんですよね。いいたいことが伝わらない。

結局,役所なんて,そんなもんだなあと自分を納得させて飲み込んでしまいました。
これを元に連休明けから校長面接が始まります。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:人事考課

連休真ん中の学校はやる気0%

学校というところは,融通の利かないところで,連休の中日だってなんだって,カレンダー通りに進んでいきます。
GWだって,2日間休みをずらせば,どーんと7連休になるのですが
そんな器用なことができるはずもなく,
今日と明日は授業です。

中には親が休みで,一人恨みがましく出てくる子もいます。

今日は朝から電話が止まりませんでした。

「朝から熱がありまして。」
「夕べから体調が悪かったのですが・・・」

そんなにいっぺんに調子悪くなるか?
多分,何人かは仮病で,何人かは家族旅行でしょう。

ちょっと悔しいので,休み明けはたっくさん宿題だしてみようかな。なんて,ひがみ根性半分のすずめです。

連休は,でも,教師にとっては溜まった仕事の解消と気持ちのリセットにとても大切です。
この間に4月のドタバタでやらずに終わらせていることや
4月中に提出しなければならない書類の整理を終わらせてしまうことができますから。

それにしても,提出書類多すぎませんか?

提出書類については,また別に書くことにします。

にほんブログ村 教育ブログへ banner2-a.gif banner02.gif
もう一押しって,嬉しいんですけど。。。。
タグ:連休 学校
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。