現役おばちゃん教師 日教組の何が悪いのよ!! > <% archive.createstamp | date_format("%Y 年%m 月")%>


こんにちは。すずめです

現在,公立中学校で英語を教えています。
最近もっともたたかれるジャンルの教員です。

もともと教員になりたかったわけではないけれど,コネもなく,就職難の時代に口もなく
やっとの思いで受かったのが教員採用試験だけだったわけです。

教育学部卒業でもなく,高校でしか実習していなかったにもかかわらず,採用は中学校。当初は右も左もわかりませんでした。

授業は下手。ヘマはしょっちゅう。失敗はいろいろと
先輩には「こんなのが先生になる時代になったのね」と
後ろ指を指され,校長先生には校長室に呼ばれてご指導を受け,
自分でも,よく続いたものだと思っています。
初任の年,私がしてもらったことは,先輩教師に手取り足取り
学級経営のイロハを教えてもらったことでした。
それぞれにやり方は違うけれど,熱い心の教師たちでした。
今は指導主事になったり,もう退職したり,日教組の役員になったりと,そりゃあ様々な教師たちです。

私の住む地域は日教組の組織率がほぼ90%。組合員でない人を探すのが大変なくらいです。けっして異常な偏執集団(そんな人もいますが)ではない,普通の組合員の感じ方を書いてみようと思いました。

お付き合いくださいまして,ありがとうございます。ご支援頂けるなら,クリックして下さると嬉しいです。
にほんブログ村 教育ブログへ ブログの惑星 人気blogランキングへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。